「人生、無事是名馬」

2006年創刊の雑談競馬ブログ。主に毎週のレースや好きな馬・ジョッキーについて。時に野球やドラクエについて熱弁。

競馬って不思議な力が働くことがたまにあるけど、ジョーカプチーノやディアデラマドレの血を引く馬の奮闘を見ていると藤岡康太の魂がここに息づいていることをひしひしと感じた。
そしてとどめはジャスティンミラノ。
自らが仕上げた逸材が皐月賞を勝つとか。



でも、もうこんな感動のドラマは二度と見たくない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

愛弟子と和解しました。
毎週火曜は仕事終わりに軽く雑談する決まりになってるんですが、
お互い気の重い週末を過ごしていたようで。

「言い過ぎましたすみません」
「さすがに落ち込んだわ」

そんなやり取りを経て次回へつづく。
このエントリーをはてなブックマークに追加

メンタルが忙しかった週末の特記事項に触れるのを忘れていた。
土曜の夜はおさやこと檜山沙耶キャスターのラスト出演を見守った。
卒業が発表された際にも感じたが、ひとつの時代の終わりである。

何きっかけで見始めたかはもはや忘れたが、
21年の春ごろからウェザーニュースLIVEにハマって以降、その美しさと天性のバラエティ性にすっかり魅了されてしまった。
前職はリモートやコワーキングで働くことも多かったので、もう仕事中もつけっぱなし。
KANGOLとのコラボTシャツもお買い上げた。沼である。

さすがに転職してからは見る機会も減り、彼氏バレしてからはニコ生のコメントもギスギスし始めてちょっと敬遠しがちになり、
個人的にもややフェードアウト感があったのでいい潮時だったのかも。
これからおさやの番組が見られなくなるとかいう寂しさもない。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

色々とメンタルが忙しい週末だった。
まず金曜の夜はいつもの愛弟子と飲みに行って、まったりトークを楽しむつもりでいたら..

「もうちょっとこういうところに気をつけた方がいいと思うんですよ」
「私もみんなも慕ってるし尊敬もしてるし、だからこそ言ってるんです」

みたいなきっついご助言をいただきましてね。

ウソやろ、と。
ただでさえ酒の席でのお説教トークってご法度だと思ってたのに、
まさか下の子からそんな話をされるなんて。

でも言うてる内容は超ごもっともだったので明日からがんばります。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

坂井瑠星のマッドクールが高松宮記念を勝った。
もはやこれしきのG1を勝ったくらいでは喜びもそこそこである。
もっとこう、デビューから手綱を取ってきた相棒とクラシック制覇とか、それくらいのレベルじゃないと響かん。
贅沢な話だが。

とはいえその騎乗ぶりは見事。
勝因はコース取りに尽きる。
香港のビクターザウィナーが直線で馬場の真ん中に持ち出したのとは対照的に、迷わずラチ沿いを選択。
内一頭分のコンディションがいいことを把握していたからこその判断が光った。

これで土日の重賞を勝って、来週はまたドバイへ遠征。
フォーエバーヤングとケンタッキーダービーへ続く道を力強く歩んでほしい。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

のんびり毎日杯を見てたらゴールドシップ産駒メイショウタバルが6馬身もぶっちぎって勝ってしまった。
重馬場を味方につけての勝利というのは間違いないのかもしれないが、勝ち時計が1:46.0で上がり最速34.4秒でまとめてることを踏まえると、馬場だけが勝因じゃないと主張したい。

坂井瑠星も思わぬ形で強いお手馬に巡り会えたかもしれん。

日経賞がここまでメンバー落ちたの初めて見た気がする。
ボッケリーニが抜けた人気って..案の定、早め先頭から押し切れず負けてるし。
勝ったシュトルーヴェはダノンギャラクシーが故障したあのレースの勝ち馬か..全く印象にない。

明日の高松宮記念もぬるく見守るだけ。
たぶんオープン戦の方がしっかり見てしまうはず。
阪神は勝てないばかりか主力に離脱者が続出して暗雲ムード。
さすがにちょっとヤバいのでは。
このエントリーをはてなブックマークに追加

藤岡佑介が止まらない。
先月のフェブラリーSで5年ぶり2度目のG1制覇を成し遂げると、2週間前にはフィリーズレビューをエトヴプレで勝利。
すると先週の若葉Sもミスタージーティーを勝利に導き、皐月賞の優先出走権を手に入れた。

そもそもミスタージーティーは主戦の坂井瑠星が騎乗予定だったのだが、サウジアラビアで受けた騎乗停止処分の影響で乗り替わりに。
巡ってきたチャンスを活かすあたりに目下の勢いが感じられる。
テン乗りで操縦するには難しそうなタイプだったが、これまで後方で構えていた馬を先行させてソツなく抜け出す騎乗もまた内容の濃いものであった。

ちょうど5年前にNHKマイルCを制した当時も、クリンチャーやガンコらとのコンビで次々に重賞を制し、充実ぶりがうかがえたことを思い出す。
念願のタイトルを手にして、ここからいよいよトップジョッキーへと上り詰めるのかと思われたが..
その後は再び足踏み。勝数こそコンスタントに残すものの、ビッグタイトルからは遠のいてしまった。
ジャックドールのような強いお手馬との出会いもあったが、ここ一番で消極的な騎乗で期待を裏切ったことも。

禁煙やダイエットと同じく、ブレイクもまた何度も起きてはならないことである。
間もなく40歳を迎え円熟期に突入するが、今度こそトップへの足がかりを築けるだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

今週のビッグニュースといえば、おさや(檜山沙耶)のウェザーニューズ退職に尽きる。
ひとつの時代が終わってしまった感。
さみしくなるのお。

21年の春頃やったかなあ。
もう何がキッカケやったかも忘れたけどこの人のことを知って、美しさとおもしろさに魅せられどハマリ。
それ以来、仕事中でもよく番組を見てた。
さすがに転職してからは以前のようにはいかなくなったけどw

昨年の夏に彼氏バレしてからも、堂々としてくれていればよかったんだが、さすがにそうもいかんかったかな..

今後も表舞台で仕事をしていくのか、何も知らんけど未来に幸あれ。
とりあえず残りわずかなオンエアを噛みしめたい。今もムーンを見ながら書いてる。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事が忙しくなってくると「週末ずっと家にいたくない」とか思わなくなるね。
そんなわけでこの土日はほぼ引きこもってた。

土曜は福永祐一厩舎の初陣がとにかくアツかった。
惜しくもハナ差負けだったが盛り上がり具合としては十分。
武豊と口取り写真を撮れる日もそのうちやってくるでしょう。
勝ったレディバグはこれがラストランだったとか。それなら仕方ない。

金鯱賞はプログノーシスが圧勝。
札幌記念の勝ち方や天皇賞での奮闘ぶりを考えれば妥当な結果。
ドゥレッツァも試走感の強い乗り方でこの着差が力の違いとは言わないが、にしても4歳世代低レベル説を払拭するどころかますます信憑性が。
天皇賞で真価を問う。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ひな祭りですね。
二人の娘を持つ父としては、やるべきことをせねばなりません。

行きつけの店でケーキ買って、夕食はちらし寿司作って。
イクラ大好き長女が喜んでくれたらそれでええんです。
小学生ともなると、こういうイベントごとへの反応も良くなってくるのでやりがいもある。

こういうのが今の自分にとっても幸せの形なんかねえ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

走る馬ほど乗り手を選ぶもんなんですかね。
これまで荒削りなレースが続いていたスウィープフィートが美しい差し切り勝ち。
言い方は悪いけど、永島まなみにはまだ早かったってことかな。
こういう競馬させたら武豊が巧すぎる説もあるけど。

しかし今季の3歳牝馬戦線けっこうカオスじゃね?
阪神ジュベナイルF勝った馬も抜けて強いとは思わんかったし。
一番印象に残ってるのはクイーンC勝ったグレナディアガーズの妹。

..どっちも名前が出てこない問題。

オーシャンSは坂井瑠星ビッグシーザーがどんなもんかと見てたけど2着。
手応えが怪しくて凡走もあるかと思ったけど、どうにかこうにか。
能力的にはこれくらいが限度なのかもしれんね。

まあ今日は加用正厩舎のミラクルティアラを勝たせるのが至上命題だったのでヨシとしておく。
明日もやたらとお世話になった中野栄治厩舎の馬に乗るし、ベストを尽くしてもらいたい。

そういえばサウジアラビアで暴れ回って騎乗停止になったらしいやん。
フォーエバーヤングのムチ使用はともかくリビアングラスはもったいない。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすっかり毎年恒例の行事になりつつあるが、サウジアラビア遠征で4クラに騎乗できる坂井瑠星が誇らしい。
その中でも最重要案件はもちろんフォーエバーヤングである。
国内の2歳ダート戦線を制圧し、ケンタッキーダービーを目指しての明け3歳初戦。
ブックメーカーでも圧倒的1番人気に支持されていたらしく、海外のホースマンも一目置くだけの存在として認識されていた。

ここをステップにUAEダービー経由でアメリカへ。
注目は結果よりも勝ち方。

とさえ思われていたのだが..

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の土曜が出勤だった影響もあって、木曜から4連休を消化した。
何も楽しい予定を入れられなかった年末年始とは違い、今回は自分らしい休日の過ごし方ができてやや満足。

たま木亭でパンを仕入れてワインと一緒に楽しんだり、おでんを大量に仕込んで日本酒と一緒に楽しんだり、温泉でゆっくりくつろいだり..
Jリーグも開幕して爽快さと苦痛を味わう日々も帰ってきた。

もちろん、まだまだ余計なことも考えてしまう時間もあるけど、一時期に比べればだいぶマシ。
このまま平穏なメンタルを取り戻したい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダートの強豪がサウジアラビアの国際G1に矛先を向けるようになり、メンバーの弱体化が懸念されるようになったフェブラリーS。
今年はその傾向に輪をかけるような顔ぶれで、いよいよG1としての権威も危機的な状況になってきた。

1番人気がオメガギネスとかもうね..

それでもG1がG1である以上、そのタイトルを手にした人にもたらす喜びは大きい。
18年のNHKマイルC以来の栄冠をつかんだ藤岡佑介、そしてあのテイエムオペラオー以来約四半世紀ぶりにスポットを浴びた杵臼牧場。
日頃なかなか順番が回ってこない人々から歓喜の声が聞こえてくるとこちらもうれしくなる。
ぐりちゃの生産者インタビューのチグハグさとかぜひ聞いてほしかったw
ノーザンFのテンプレ化したやり取りとは味わいが違いますわ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

もう年末年始みたいな鬱屈な想いはゴメンとばかりに、この三連休は自分なりに精いっぱいの過ごし方をした。
初日は実家に帰って食事。
お正月に楽しめなかった分まで楽しめたと思う。途中で爆睡してたけど。

2日目は軽く買い物。
会社でマメからコーヒー淹れる部が発足したもんだから、その周辺機器を揃えに。
イオンモールの無印良品へ(ここでトーンダウン)。

そして3日目は7歳の娘とカラオケ。
ここ最近、2ヶ月に1回くらいのペースで行ってる。
小学生のカラオケをナメてはいけない。アニソンとかちゃいますからね。
YOASOBIとか歌えますからね。ちなみに十八番は「群青」。
あとVaundyの「怪獣の花唄」も一緒に歌えますからね。
終盤のパート分けるところとか楽しい。

「眠らない夜に!」
「手を伸ばして〜」



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

かつて共同通信杯といえば個人的に「ドル箱」扱いしていた得意のレース。
危ない人気馬を的確に見極め、まだバレていない伏兵の中から上位を争える馬を探してきた。
しかし昨年のブランク期間を経たことで今季の3歳馬は本当に顔と名前が一致しない状態。

もちろんジャンタルマンタルやエコロヴァルツあたりはわかるけど、他の1戦1勝馬なんて誰が誰やら。
ジャスティンミラノのことも知らんかったです、はい。

超スローをサクッと32.6秒でまとめたあたり、シンプルに将来有望。
キズナ産駒は土曜のクイーンCでもクイーンズウォークが勝ってたし、牡馬牝馬ともにクラシック有力候補が出たと見ていいのでは。

ジャンタルマンタルは瞬発力だけの勝負になると分が悪そう。
無難にまとめられてヨシとすべきか。
ホープフルS不発からの巻き返しを期した坂井瑠星とミスタージーティーはこの流れだとしんどい。
道中も折り合いを欠く素振りがあったし、あらゆる側面から力を発揮できなかった印象。
次はさすがに乗り替わりかな..

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

京都3Rの死闘がおもしろすぎたのでnote書いた。読んで。


このエントリーをはてなブックマークに追加

相変わらず愛弟子の公私にわたる悩みを聞いてるうちに2月になってしまった。
マジでここ1ヶ月の脳内どれだけ支配されたんやろうというくらい色々と考えさせられた。
この時間は報われるのだろうか。
徐々に雑念は薄れつつあるような、ふとした瞬間にも頭をよぎってしまうような。

終わってほしいような、終わってほしくないような時間が流れている。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

坂井瑠星ってライバルにも恵まれてるよな。
近い世代にイキのいいジョッキーがたくさんいる。

西村淳也もその一人。
確かプライベートでも仲良くしてるんじゃなかったっけ。
シルクロードSでもアグリと人気を分け合ったルガルを勝利に導き、早くも今季重賞2勝目。
今年こそG1をと本人も意気込んでいるようで、それが決して夢物語ではないところまでステップアップしてるよな。

何やかんや岩田望来も目の上のたんこぶみたいな形でバチバチやり合ってくるし、
有力馬を降ろされる不遇も味わいながら結果を残してる鮫島克駿だって筋がいい。

みんなで互いを高め合いながら、川田将雅の牙城を崩せる日を目指してほしい。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京開催が始まれば冬の終わりはすぐそこって感じするよね。
あっという間にJリーグが開幕してプロ野球のオープン戦が始まって、気忙しさが戻ってくるはず。
そしたら気分も変わるかな。

今はボーっと考え事をしてしまう時間があまりにも長すぎる。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

完全に先頭に立ってたやんボッケリーニ。
なのにゴール前で急ブレーキをかけたかのように止まってしまい、内から追ってきたチャックネイトにハナ差負け。
これもうわざとやってるやろとしか思えない伝統芸である。

しかしレイチェル・キング姐さんは金になるな。
年明けから外国人ジョッキーが短期免許で大挙来日しているが、使える使えないがハッキリしてる。
ピーヒュレクとかモリスはもう騎乗馬の質からして見限られてる感あるし。
このへんはどんどんシビアに切っていったらええよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

何かもう心ここにあらずな週末が続いてる。

先週金曜は職権濫用して愛弟子と二人で展示会に出かけ、その帰りにコーヒー飲みながらサボ..いや休憩してたら話の流れで人生相談に。
付き合ってる彼氏が結婚を視野に入れて同棲しようと言い出したが、自分はまだピンと来てなくて決心がつかないと。
しかも義理の母親にあたる人物が曲者で..どうしたらいいですかね?と。

いやー、予兆がなくても予期せぬいざこざが起こるのが結婚生活なのに、見えてる地雷をわざわざ踏むかね?
ちょっと慎重になった方がええんちゃうとその場ではアドバイスしたが、
いかんせん話を切り出したのが帰社リミットの直前だったのでこちらも十分に趣旨を伝えられたかどうか..
もし前向きな進展がなければ改めて時間を作って話をした方がいいかもな..

などと考えてたた自分の週末が全く心休まらんのですが! 年末からずっとこんな調子よ。

つーかこの結婚だの恋愛だのの相談に乗ってるって危険なフラグじゃね? 大丈夫??

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今週はそれなりに忙しかった。
帰って用事済ませて23時に寝落ちしたのが二日連続みたいなことも。
そして相変わらず咳ゴホゴホは止まってない。
もうかれこれ2週間になるんですが?

いつもなら仕事の合間にもちまちまTwitterなんか覗いてるけどそんな時間もなく、今日の午後パッと見たら藤田伸二が逮捕されててもうね。
何が悲しいってちっとも驚きがない点な。ああ、でしょうねで終わってしまう。
華々しい世界であれだけ輝いていた人間がこんなに落ちぶれてしまうとか人生はわからん。
このエントリーをはてなブックマークに追加

徐々に体調は良くなってきたが喉のゴホゴホだけが止まらない。
これで明日、仕事に行っても「大丈夫ですか?」のラッシュ。
心配させて申し訳ない。

とはいえずっと家におっても仕方ないので軽くドライブ。
こういう日は嵐山から広沢池を通り抜けて街に降りてくるルートを採用する。
身近なところでいい景色が楽しめるのはよいことだ。

脳裏をよぎるのは仕事のこと。部下のこと。愛弟子のこと。


さて。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始にメンタル消耗して睡眠不足が続いたのがよくなかった。
5日に発熱して週末まで引きずり、そして11日に再発熱。38.8℃まで上がった。
でも一晩寝たら治った。最近こういうの多い。
まだ咳ゴホゴホ鼻ズルズルで本来のデキには程遠いが地力でどうにかしたい(短評)。

土曜の競馬はヌルっと見ていただけだが小倉が始まって一気に賑やかな雰囲気。
ミッキーゴージャス強いな。ハイペースを自分から動いてねじ伏せる。
ヴィクトリアマイル向きとはとても思えないのでエリザベス女王杯までどれだけ成長できるか。
場合によっちゃチャンスあると思う。

坂井瑠星に乗り替わって2走目となったビッグシーザーが淀短距離Sを勝利。
さすがにここではね。問題はこの上を目指せるだけの力がまだ残っているか。

それよりミスティックロアの差し損ねがもったいない。
「ミスタージーティーしちゃった」とか言うてる場合じゃないから。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ずーっと一緒にいるのもしんどい。特に子どもと。
仕事から帰ってきて「ただいまー!ウェーイ」くらいがちょうどいい。
そんなことを再認識した、本格始動日。

日曜の夜は猛烈に眠くなってしまい(眠りが浅かった年始のことを思うとありがたい話)、早々に寝落ち。
シンザン記念のことも王将戦のことも書けずに沈んでしまったのだが、今日はまた遠藤さんの引退というビッグニュースも飛び込んできてもう。

まだ自分の感情も整いきっていない状況で波風どんどん立たれても追いつけないから。

でも磐田でひっそりと現役を続けるよりガンバでコーチしてくれる方が我々にとっては身近に感じられるわけだから素直にうれしかった。
帰ってきてくれたんだなということも含めて。
アッチアチの火中の栗ですけどよろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱ1回京都初日Aコースはこれよ。
岩田康誠の必殺イン突きもハマってコレペティトールが差し切り勝ち。
netkeibaの記事では改装後の京都マイル戦は内枠が苦戦気味みたいに書いてあったのを見たけど、1回開催は過去の傾向そのまま活きるみたい。
他のレースでもイン有利は顕著だったし。

来年は自信を持って参戦していいのでは。

中山金杯は特にノーコメント。リカンカブールが今年どうなるとかも別にないでしょう。
強いて言うならエピファニーを御せなかったピーヒュレクは今後も心配ということ。
京都でもモリスが4角を曲がれず大外に吹っ飛んでいく事象があったし、なじみのない短期免許騎手の見定めは早めにしておいた方がよさそう。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

会社行くの楽しかったわー(えっ
しかし心が病むと身体がやられてしまうようで、軽く発熱してしまった。
一晩ちゃんと寝たら治るやつやと信じたい。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

やっと休みが終わる..
この一週間はマジでつらかった。

家族が体調不良で実家にも行けず、ただひたすら家で過ごすだけ。
退屈をもてあます小学生と、すぐ泣きじゃくる赤ん坊の相手に明け暮れる休みの何が楽しいのか。

家のこと、仕事のこと..あれこれ考えさせられることもあって夜はまともに寝られず、せめて夜泣きをあやすのに好都合とポジティブに捉えるしかなかった。

みんな楽しく出かけたり、おいしいもの食べたりしたんですかねえ..うらやま。
このエントリーをはてなブックマークに追加

気づいたんですけど年末年始はメンタル落ちがち。
せっかくのお正月、気持ちも新たに頑張ろうというところで家族に体調不良者が続出。
昨年は自分がノックアウトしてたっけ。

なので休みではあるけどひたすら自宅にいて、退屈してる上の子としょっちゅう泣いてる下の子の相手ばかりしてる。
実家用のお寿司のデリバリーもキャンセル。なんて華のない。

なまじ時間だけはあるから色々ムダに考えてしまう。
近い将来のこと、遠い将来のこと。

なので気晴らしにスパイファミリーの映画を見に行ったけど全く没頭できず。
むしろ「かりそめの関係」が今の現実問題とフラッシュバックして自己投影してしまうなど。

もう休みはいいから早く仕事に行きたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2024年1月1日。
今夜こうして未だにブログを更新しているのが奇跡だと思う。

昨年は競馬ファンとして最大の危機に瀕した。
これといった理由は思い浮かばんのだけど、今まであれだけどっぷりとハマっていた競馬に対する興味が薄れ、
週末のレースを見るのもおざなりなんて日々が春から秋にかけて続いた。

イクイノックスやリバティアイランドがどれだけずば抜けたパフォーマンスを見せても心は動かず。
そうこうしているうちに始まった2歳戦もまともに追いかけず、重賞の出走馬を見ても誰が誰やら状態。
放っておくともう知らない馬だらけになってしまい、気持ちもプツリと切れてしまってもおかしくないところまで来てしまっていた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

営業最終日の28日は愛弟子とお忍びで飲みに行った。
こうして二人だけで行動できるようになっただけでも距離感が近くなったことを実感する。

「最初めっちゃキライでした」というぶっちゃけコンテンツもあれば、
「そっちがやめるなら私もやめます」だの「独立するなら連れて行ってください」だの何ですかこれはイチャラブトークですかみたいな話も。

成長を促してくれるマネジャーと、安心して案件を任せられるデザイナー。
お互いの利害が一致して信頼関係が構築できたのはよかったが、たとえ職場で毎日、顔を合わす間柄でもある日を境に別れが訪れることだってありえると思うと急に寂しさがこみ上げてくる。

そんなことを考えながら、じゃあ残された有限の時間で最善を尽くそうと心に誓う年末年始休暇の一日目。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつまで経ってもゴンバデカーブースが覚えられない。
脳内で「ゴンバカデーブース」とか「ゴンデカバーブース」とか言ってしまう。

これ、教養のある人なら全く問題なく言えるんでしょうね。
馬名の由来を見ると「イランにある完全レンガ造の塔」とある。有名?

画像検索したらでっかい鉛筆みたいなのが一棟でたたずんでた。見たこともない。
でもレンガ造で高さ72mはすごい気がする。
しかも建てられてから1000年以上も経ってるって。すごい。

ゴンバデカーブース。覚えた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

徐々に更新をサボる日が増えてきたのはお気づきの通りです。

山本悠樹が川崎に移籍することになった。
今の我が軍のことを思うと「ですよね」としか言えない。
たとえレギュラーは安泰とはいかずとも、もっとまともなサッカーができる環境に身を置いて成長したいと思うのはごくごく自然な話。

こうして主力が平気で抜けていく、そんなフェーズがやって来てしまったんだなあ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドウデュースの勝利に胸を打たれてそれなりに気合を入れた文章を書いたので今日はこちらを読んで。



武豊が持ったままマクってくる姿は日本競馬伝統の美。
ええもん見せてもらいました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

金曜夜は会社の適当なメンバーで忘年会。
普段あまり絡むことのない人とご一緒できたのはよかったのだが、1月から入社する部下がゲスト参加したところ盛大に暴れ散らかして撃沈するという先行き不安極まりないできごとが。
酒の飲み方から教えなければならんのだろうか。

そして今夜は家でクリスマスパーティ風。
初めてローストビーフ作ってみたけどなかなか上出来。
湯煎してじっくり熱を入れていくスタイルでやってみた。
低温調理器など最初からいらんかったんや!

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分らで会社やってた頃は有馬記念の抽選も平気で仕事中にリアタイしてたけど、今はなかなかね..周りの目もあるしね..
ってことでスマホでちまちま枠順の様子を見てたら(それもどやねん)、例年と同じく悲喜こもごもな声が聞こえてきた。

まずはドウデュース3枠5番。いいとこじゃないの。
過去何年で勝ち馬が何頭とかは関係ない。

関係ないとは言いつつスルーセブンシーズの8枠15番はキツい。
ぶっちゃけドウデュースとの組み合わせガッツリ買おうと思ってただけに再考が必要。
しかしこの馬の脚質でもアカンようなら有馬記念のピンク帽子はホンマにアカンのやろな。

逆にスターズオンアースの大外枠はちょっとニヤリ。
まあこれで人気も落とすかな。ジャスティンパレスが1番人気っぽい。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の続き。

「あるジンクス」とはキングカメハメハ系が有馬記念を勝てないという話。
一番これを痛感したのが、18年にレイデオロが2着に敗れた時だった。
秋の天皇賞を勝って、絶頂期にあった当時。
自信を持って◎を打ち、単勝を中心に馬券を持っていたらブラストワンピースに屈した瞬間、血統の限界を感じた。

その反省が活きたのが翌年。
アーモンドアイを危険視できたおかげで◎リスグラシューの単勝にドンできた。

やっぱりキングマンボからミスプロにつながる軽快なスピードと冬の中山2500mは相性が悪いのだろうか..

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日も言いましたけど私の夢はドウデュースです。

理由は色々あるんですけどね。
まずこの馬、たぶん中山は向いてる。
2戦して2回とも差し損ねてるけど弥生賞も皐月賞も勝つ気なかったでしょ。
あくまで次を見据えた乗り方だったし、早めに動いて前を捕まえに行く競馬をすれば結果も違ってたはず。

あのピッチ走法のシャカシャカフットワークが小回り向いてないとは思えんのよなあ。
実際、阪神2200m内回りで圧勝した京都記念なんてその象徴みたいな競馬してたし。

天皇賞→ジャパンC連敗でモヤモヤしてる馬が復活するのが古き良き有馬記念ってもんよ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

シュトラウスが出遅れて引っ掛かってワーッてなったのとは対照的に、ジャンタルマンタルは実にクレバーなレース運び。
どこぞの名将の「普通にやればええんよ」という言葉が脳裏に思い浮かんだ。
それと同時に「普通にやること」が簡単じゃないということも。

早めに動いて先頭に立つ内容も含めてこのメンバーでは実力が一枚上だったことはよくわかったが、かといって来年以降の活躍まで保証できるかと言われるとやや微妙。
メンバー的にも手薄というか、そもそもこの2歳世代で「こいつ強いな!」と思った馬がほとんどおらんので、まだどこかに隠れた逸材がいるんじゃないかと。

それに昨年のドルチェモアみたいに年をまたいで2歳時の威光が完全に消え失せることもあるし..


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

橋本英郎氏の引退試合は大変な盛り上がりだったそうな。ええこっちゃ。
しかし情報が解禁された時点で「行きたい」と思わなかった時点でスルー確定。
最も特別な感情を持って見ていた選手の晴れ舞台に対してこの仕打ち、いよいよガンバサポとしてのアイデンティティも揺らぎ始めている。

自分は何なのか。

季節外れの暖かさに包まれた土曜日は家でおでん仕込みながらいつも通り競馬を見ていた。
ターコイズSのウインピクシスは好位を追走も直線で一度も追われることなく撃沈。まるでやる気のないジョッキーの騎乗に怒りを覚えるのも馬券を買ってるからこそ。
この感覚すら懐かしい。

勝ったフィアスプライドはここ数戦2桁人気の低評価を覆す好走を続け、さあルメールに乗り替わって1番人気とか最も危なっかしいシチュエーションだと思ったがお構いなし。
わざわざこの馬のために中山へ来たんだから勝負気配..と思ったが一番のお目当てはイクイノックスの引退式でしたねそういえば。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

先週のオリオンSでマイネルラウレアが重度の骨折を発症してしまった。
すぐに6時間にも及ぶ手術が行われたとかで、ひとまず術後の経過は良好らしいが油断ならないし、たとえ復帰できたとしても失われた時間は果てしなく長い。

ユーバーレーベンもウインマイティーも引退し、ゴールドシップ産駒も手詰まり感が著しい。

ターコイズSに出走するウインピクシスは重賞戦線でやっていける貴重な駒。
クイーンS2着、福島記念4着と好走を続けているが、外枠が嫌われたか人気薄での出走になりそう。
ならば希望を託してみようじゃないか。1点買いチャレンジ発動。

相手はフィールシンパシーかフィアスプライドかサーマルウインドかそれとも..検討したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日が短くなるこの時期はレースの発走時刻が「ローカル→東→西」の順になるのがお約束である。
なのに暮れの中山開催から「中京→阪神→中山」の順に組まれてるのはなぜなんだぜ?
11月はいつも通り「東京→京都」やったのに。急に変更とかするもんなの?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は会社の忘年会。
時節柄、インフルやコロナも心配なので二次会は控えるようにとの通達だったが、まあお察しよ。
ほぼ終電で帰ってアイス食べながら将棋放浪記を見てたらいつの間にか寝落ちしてて気づいたら26時になってた。
そして今日の業務はロケ撮影。しんどい。

全日本2歳優駿をフォーエバーヤングが圧勝。
強いですねこの馬。北海道2歳優駿の時にも思ったけどスケール感がある。
上にモンファボリがいるように芝でも対応できる血統だけに、
海外の速いダートでも適応できるんじゃないか説。
近年はサウジだドバイだケンタッキーだと若いダート馬にも夢のある舞台が用意されるようになったし、来年からは地方競馬のダート路線も大改革が施される。

さあこの馬にはどんな未来が待っているか。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

終わってみればだいたいいつも通りの阪神ジュベナイルフィリーズ。
マイル以上の実績ある馬が、しっかり速い上がりを使って末脚勝負を制する。
そして生産はノーザンファーム。

新潟2歳S勝ちから臨んだアスコリピチェーノは安心と信頼のダイワメジャー産駒。
この血統が2歳女王に輝くのは何度目の話か。
先日、種牡馬引退の報せも届いたほどに歳を重ねてもなおこの影響力。偉大。

2着はステレンボッシュ。国枝栄厩舎の赤松賞勝ち、これもまた安心と信頼のブランドである。
香港遠征の予定がなかったルメールが空いてるあたりも運の良さ。

ただ、チェルヴィニアやボンドガールが回避したこともあってこの上位メンバーがそのまま桜花賞で勝ち負けかと言われるとやや微妙。
そこまで圧倒的な強さみたいなものも感じられなかったし。
どこか別路線に怪物ちゃんが潜んでるのかも。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

香港国際競走、今年の日本勢は全敗。
ひとつも勝てなかったのって久しぶりじゃない? 意外と最近あったりする? 覚えてない。

まず香港ヴァーズはトウカイテイオーの血を引く期待の逸材レーベンスティールがまさかのシンガリ負け。
日本の馬券だけでなく現地でも高く評価されていたのだが、不発に終わってしまった。
経験の浅さかなあ..まだ日本でもG1を走ったことのない馬だけに。まだまだこれからよ。

香港スプリントはお家芸と言わんばかりに地元の雄ラッキースワイネスが圧倒的人気に応えて勝利。
やはりこのカテゴリは生半可な気持ちでケンカを売るべきではない..
スプリンターズSで僅差の2着だったマッドクールもまるで歯が立たなかった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

しばらくマジメに競馬を見ていなかったせいで2歳馬のキャラと名前が全く一致しない。
しかも阪神ジュベナイルFはチェルヴィニアとボンドガールの有力2頭が回避したせいで余計に訳がわからないこ
とに。
さすがに京王杯2歳Sを勝ったコラソンビートや、新潟2歳Sの勝ち馬アスコリピチェーノくらいはわかるけど、各馬がどういうところに適性を持っているか等の想像を巡らせる材料すら持ち合わせていない状況。

ツケを払わされていると反省して黙って見届けるしかない。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

すまん、昨日は職権を濫用して若者とデートしてた。
色々あったので順番に書いていく。

サトテル1.5億。ちょっと上がりすぎやろw
最終的な数字は見栄えいいけど、ほとんど優勝が決まった9月以降に帳尻合わせた印象が強い。
序盤から中盤、攻守にわたって不安定だった時期が長く、ここまでの評価が妥当なのかどうか。
もちろんフロントも「もっとやれる」とハッパはかけてたけどね。

木浪の5000万アップは妥当オブ妥当。
彼が「8番・遊撃」でハマらんかったら岡田構想はぶっ壊れてた可能性ある。
本当に人生が変わったな。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神ジュベナイルFが知らん馬だらけなので今週は香港にアツくなるしかない。

しばらく香港競馬の情報も全く追ってなかったけど、ゴールデンシックスティは春の時点では相変わらず王者やってるんですね。
今回は約半年ぶりの実戦ですけど、実力を発揮できればまだまだ他には譲れない気持ちでしょう。

しかし今のナミュールならやってくれるんじゃないか説。

先日も書いた通りマイルCSの末脚は見た目も数字もずば抜けてた。
ずっと体質に弱さのあった馬が詰まったローテで秋3戦できるだけでも、心身の充実ぶりがうかがえるし、初の海外競馬でも彼女本来の走りが見られれば..

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

将棋ウォーズ3級で1年近くうろついてる。
自分のセンスではこのへんが限界なんじゃないかと思わされることもしばしばだが、こないだ前職の社長と飲みに行った時に「どっかでガーンと強くなる時が来るで」なんて話をしてたら、
本当にその翌日くらいから人が変わったように勝ちまくり。
3日間で11勝2敗の猛ペースで達成率もグーンと上がって、おおついに実力がついてきたかと思ったのだが..!


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ