「人生、無事是名馬」|雑談系競馬ブログ

2006年創刊の雑談競馬ブログ。主に毎週のレースや好きな馬・ジョッキーについて。時に野球やドラクエについて熱弁。

タグ:POG2020-21

昨日はオーソクレース民の方々に聞いていただけてよかったです。内容はぐう凡でガッカリだったでしょうけどw





シャフリヤールいいね、タメて切れるディープインパクト産駒の優等生。これが今季の牡馬エースかもしれない説。それにひきかえアークライトは..崖っぷちとか言うてると松岡昌宏くんに「あなたは崖の下に落ちてしまっていることに気付いていない」と言われそう。絞って出てこないとこのまま終わる。
そしてリフレイム。阪神ジュベナイルFでサトノレイナスの強敵になるかも。京王杯2歳Sでも勝負になりそうで..注意して見ておきたい。

これは思った通りの大物かもしれない。札幌の新馬戦で非凡な素質を見せてくれたオーソクレースが、アイビーSも勝ってデビューから2連勝。期待の良血馬がクラシック路線に乗った。



まずは新馬戦直後に書いたエントリを改めて読み返してほしい。これだけ手放しで称賛していたわけだから2戦目も楽しみにしていた一方で、本来はじっくりと力をつけていく血統だけにいきなりOP級を相手にするとちょっとどうかなという思いもあったのだが..







改めて誉めて誉めまくることになってしまった。ラジオで触れるの忘れたけどあのド根性こそマリアライト譲りよな。

続きを読む

結局そこまでボルテージが高まることもなく菊花賞を迎えることになってしまった。しかし裏を返せばコントレイルの凄さを物語っているのかなとも。三冠すら当然、通過点と思わせるズバ抜けた能力。勝ってほしいというよりも負けてほしくないという感情で見守りたい。



相手はヴェルトライゼンデでいいんじゃないでしょうか。馬連3倍のガッチガチ決着。買わないけど。

続きを読む

さっきまで久々にオンラインでしゃべってたので今日はラジオ録る気になれず通常のブログ形式で。たぶん訪問者の皆さまとしてはこっちの方がいいのだろうw

明日は全国各地でPOG的注目馬が走りますが、まずは格を重視してアイビーSの話からしましょうか。オーソクレース、どうでしょうね。新馬戦の内容がインパクト十分だったのに対して、まだまだ完成はこれから。それなりに揃ったメンバーを相手にどこまでやれるか、結果が出ればすばらしい!ダメでも切り替えていける、そんな現状ではないだろうか。

立ちはだかる相手としてはバニシングポイントが筆頭に挙げられるだろうが、この馬は芝でどこまで行けるのか。狙うはケンタッキーダービーと聞いているが、それなら早めにポイントを確保できるレースに使わないの?いけるところまで芝で、という気持ちもあるのだろうか。明日も雨の影響が残るようならまだ走れるかもしれんが。

むしろ警戒すべきは力のいる阪神の馬場で勝ち上がったラーゴムと、坂路で動けているアドマイヤハダル。どちらもここで好走できればなかなかのレベルまで出世できるのでは。





続きを読む

はい、ヨーホーレイク勝ちましたね。まあでもここまではクロウキャニオンの最低保証。問題はここからどれだけ伸びしろが残ってるか。G1で勝ち負けレベルではないだろうと言い続けたい。
府中牝馬Sは8頭立てで嫌がらせのような荒れ方。下位人気3頭でワンツースリーという。ラヴズオンリーユーは馬場かなあ、にしても伸びなかった。

秋華賞も含め明日の見どころもラジオでしゃべってますよー。



デアリングタクトは外枠ゲットでもう死角ないよね。ついでにウインマイティーもいいところが当たったのでこの組み合わせを軽く買おうかなと。ワイド1点とかでもいいですかw

続きを読む

週末雑談もラジオ化の流れである。



注目はヨーホーレイクの紫菊賞。この馬そんなに強いと思ってないので早くも壁にぶち当たるかもしれない。雨だしゴールドシップ産駒2頭・アオイゴールドとマカオンドールに期待である。

府中牝馬Sは少頭数とはいえラヴズオンリーユーが登場。普通に走れれば勝てるんじゃないでしょうか。ダノンファンタジーもG2なら何とか頑張りたいが、実力的には一枚レベルが落ちるのかな。あとはシゲルピンクダイヤと幸さんのコンビで次につながる競馬を。

続きを読む

アルマドラードも新馬勝ちならず。知ってた。今季ここまでの2歳戦を見ていたら何ら驚きはない結果。4角まではいい位置につけていたけど、そこから伸びきれないどころかゴール前は突き離される完敗だった。
期待の大きい一頭だけに、1戦しただけでネガるのも早計かもしれないが、馬場ガー仕上がりガーと言いながらきっちり巻き返した例もあまり思い浮かばないのが現実。東京開催のうちにもう一回は使うだろうけど、そこで一変なるかどうか。

あんまり言い過ぎるとアークライトにブーメランが返ってくるからやめとくけどw

続きを読む

サウジアラビアロイヤルCは案の定というか、血統的に道悪適性の裏付けがある2頭が力通りにワンツーを決めた。
それにしてもステラヴェローチェは強かった。行き脚がつかず心配させたが、大外から見事な末脚。鞍上の横山典弘いわく「馬場は得意じゃなかった」とのことで(ホンマかいな)、それでこのパフォーマンスなら先がますます楽しみ。ターゲットは朝日杯FSになるのかな。最近ちょっと低迷気味だった須貝尚介厩舎も牝馬のソダシと合わせて2歳勢が好調。

インフィナイトは内で我慢して馬群を割る経験ができたのは収穫。なおかつ賞金も加算できたことで、手応えを持って阪神ジュベナイルFに臨めそう。

ちなみにサッカーみながら軽い気持ちでポチったこの2頭の馬連が当たったので来週もおいしいお昼ごはんにありつけそうだ。

続きを読む

いよいよ明日から競馬場にお客さんが帰ってくる..!という記念すべき日です。でも台風です。特に東京は心配。ちょっと進路が逸れていきそうな予報でもあるので、開催は大丈夫かなーなどと思いながらも馬場への影響は避けられなさそう。

うむ、サトノレイナスはここ回避で正解だったのだ。

結局この雨だとバゴ産駒でいいんじゃないですか、ステラヴェローチェ。新馬戦も強かったですし。インフィナイトも不良の新馬戦を圧勝してる。さすがはキャサリーンパーの一族。この2頭が有力と見ていいんじゃないですかね。

本当ならブエナベントゥーラやレガトゥス、アークライトあたりが夏休み明けにここを使ってくる青写真だったんでしょうな。やや小粒な印象は否めず。

続きを読む

出遅れて後方からのレースになり、4角に差し掛かってもまだ最後方..これはもうダメかと覚悟した、次の瞬間だった。ルメールの抜群のハンドリングに導かれながら、コースロスを最小限に留めつつコーナーをクリア。直線入り口でスムーズに外へと持ち出されると、余裕たっぷりの足取りでスパートに入り、先行するグランデフィオーレらをあっさり捕らえて先頭へ。そのまま1馬身半差の完勝。

見事な進化を遂げたサトノレイナス。新たな女王誕生の予感を漂わせる勝利だった。

追い出されてからの末脚は迫力満点。新馬戦での遠慮がちで頼りなげなフットワークとはまるで別物だった。他馬と少し並走するところもあったが、外に逃避するようなこともなく真っすぐに伸びてこられた。短期放牧も挟んでのこの4ヶ月、追い切りの時計もガンガン詰めてはいたが、実戦でもその成長ぶりを証明してくれた。これこそPOGドラフト前から期待されていた本来の姿。阪神ジュベナイルFはもちろん、桜花賞・オークスへ向けての手応えも感じさせてくれる勝ちっぷりだった。

続きを読む

今日は朝から..といっても9時過ぎてからの出発でしたが「近江富士」こと三上山を登ってきた。JR琵琶湖線の車窓からも拝める、何ともいえない存在感を放つその姿が印象的。トレッキングシューズを探しに行った際、モンベルの店員さんも勧めてくれたとあって一度は行ってみたかったのだ。

しかし登山の話はしないw

ひと通り登って充実感に浸りながらの帰り道。JRで野洲駅始発のガラガラ電車でレモンサワーを飲みながら見届けたのはサフラン賞。今週イチのビッグイベントで我がドライチのサトノレイナスがどんな走りを見せてくれるか、期待と不安が入り混じる心境だったが..

強い。

出遅れながらも一頭だけレベルが違う末脚。コースロスを防ぐルメールの騎乗もカンペキだったが、その能力の高さも確信させるものだった。これなら重賞、いやG1に出ても引けを取らないどころか十分に主役を張れるのでは。次は阪神ジュベナイルFへ直行しそうな気配だが、年末に向けて一気に期待が膨らむ勝利。この結果にはニヤニヤが止まらず、瀬田〜石山あたりの景色を見るふりをしながらごまかしていたw

続きを読む

スプリンターズSには悪いけど今週最大の注目レースはサフラン賞です。我がPOGドラ1のサトノレイナスが出走。6月の新馬戦を勝って以来のレースで、どれだけ成長を遂げているか楽しみにしたい。美浦に帰厩後は追い切りの時計もデビュー前から大きく縮めており、進化の可能性を感じさせてくれている。
と同時にここで案外な結果に終わってしまうと、他に目ぼしい活躍馬がいない現状だけに早くもPOG終戦の危機にさらされてしまうという事情もw

どうにかビッグレースを狙えるだけの真価を見せてほしい一戦である。

新馬戦が地味な内容の勝利だっただけに、いきなり重賞で壁にぶち当たるよりもサフラン賞あたりで復帰するのがちょうどいいのではと考えていた。なので陣営の思惑は十分に理解できるが、問題はタウゼントシェーンという強敵とわざわざぶつかってしまうということ。分けて使ってくれればいいのに、ずいぶんとナメられたもんだ。

続きを読む

セブンサミットは2戦目での勝利ならず。どうも序盤から行きっぷりがよろしくない。発馬直後から福永祐一が促していかないと流れに乗れないというアリサマ。ゴール前は末脚を伸ばせず、内容的にも新馬戦からさらに一歩後退といった印象。思い切って成長を促すために放牧に出した方がいいかもしれない。

長篠Sのカレンモエの勝ちっぷりが際立ってましたね。楽な手応えで早めに抜け出しての完勝。ここまでじっくり大事に使われてきたが、ついに素質開花の時がやってきたか。今年中のターゲットでいえば京阪杯。賞金面でまだ狙い通りにローテを組むのは難しいかもしれないが、いつか大きい舞台で走るところが見たい。

続きを読む

本題に入る前にだな..



これはキツい。恐れていた以上のことが現実になってしまった。感染者が出てしまったこと自体は責められたことではないが、あらかじめ定めていた以上の人数での会食が行われていたなどの問題が明るみになってしまったのでは弁解の余地も同情の余地もない。

自業自得とはいえ、こんな形で戦力をがっつり削られてしまっては競技としてまともに成り立つはずもない。どうやって勝つのと完全に心を折られてしまい、さすがに今日の試合は全く見る気になれなかった。エース西勇輝を立てた試合も逆転負け。今後も大連敗不可避である。もう覚悟を決めた。
続きを読む

全くエンジンがかからないままレースを終えてしまったその姿が信じられなかった。阪神での新馬戦を完勝した期待馬ダノンシュネラが連勝を目指した野路菊S。ここを勝って2歳女王の座を狙うプランが立てられていたことだろうが、結果はまさかの5頭立てシンガリ負け。完全に計算が狂ってしまった。

道中はじっくり後方待機。4角手前から徐々に前との差を詰めにかかり、直線で末脚を伸ばす形に持ち込んだが、いざ追い出されてからがサッパリ。逃げるホウオウアマゾンを捕らえるどころかジワジワと離されていく始末。上がり3Fの数字もメンバー中で最も劣り、全くいいところなく終わってしまった。

続きを読む

リアアメリアは正直どこまで成長の余地があるのかなと思っていたのですが..w 終わってみれば完勝。しかも番手から抜け出して押し切るという、これまでのイメージを覆す勝ち方。デアリングタクトはものすごく強い相手ではあるものの、本番に向けて手応えをつかめる一戦になったのでは。

これで紫苑Sに続き春の実績馬がトライアルを制することになったわけですが、セントライト記念はどうでしょうか。弥生賞の勝ち馬サトノフラッグは中山の荒れ馬場をこなした実績があり、今の時計のかかるコンディションがよさげ。ガロアクリークもキタサンブラック路線を行くならここは好勝負に持ち込みたい。青葉賞好走組のヴァルコス、フィリオアレグロも問題なく走れそうな条件。

続きを読む

武豊が凱旋門賞に参戦することが決まった。パートナーはジャパン。キーファーズの共同所有馬ではあるが、昨年に続き外国調教馬に騎乗することになった。
しかし思い返せば昨年の今ごろは、野路菊Sをぶっちぎったマイラプソディに大きな夢を見たものだ。今でもあの勝ちっぷりは相当なスケールを感じさせるものだったと思うし、まさか春を迎えてこれほど苦戦を強いられるなんて想像もしなかった。秋は神戸新聞杯から菊花賞という道を歩みそうだが、あのワクワク感が肩透かしに終わるとはどうしても思えないので、どこかで覚醒イベが起きると信じている。




続きを読む

6月の東京で不良馬場に沈んだレガトゥスが巻き返しに成功した。各POGでも人気を集めているであろう「モーリス四天王」の一角だけに、ホッとしている人も多いに違いない。



新馬戦は色々な敗因が重なっての大敗だったが、そのひとつが明らかに緩かった仕上がり。それだけに今回はどれだけ中身ができているかと気にしていたのだが、馬体重が発表されると562(+8)と想像を絶する数値が飛び込んできた。まさか絞れるどころか増やしてくるとは。

続きを読む

札幌2歳Sは手に汗握る熱戦でございました。早めに先頭に立ったバスラットレオンを目がけてソダシとユーバーレーベンがロングスパートを仕掛ける展開。直線はこの2頭の追い比べとなり、先に抜け出したソダシがそのまま押し切って勝利。ゴールドシップ産駒の連覇は残念ながら成りませんでしたが、それでもユーバーレーベンが2着、そして4着にアオイゴールド、5着にヴェローチェオロが入る奮闘ぶり。十分に存在感を示してくれたと思ってます。

さて、明日も2歳重賞。小倉開催のフィナーレを飾るのは小倉2歳Sです。台風10号の接近がめちゃくちゃ心配ではありますが、今のところは予定通り開催されそうで。土曜は札幌で騎乗した武豊は無事にフライトできたんでしょうか..

続きを読む

先週の2歳馬で最も注目を集めていたのはセブンサミットだったのではなかろうか。日曜新潟5Rでデビューを迎えた、シンハライトの初仔。初年度から期待馬揃いのモーリス産駒の中でも「四天王」の一角として早くから評判を呼んでいたが、気がかりだったのはブエナベントゥーラやレガトゥスといった良血馬がもたついていたこと。そして悪い連鎖というのは続くもので、セブンサミットも単勝1番人気に支持されたが4着に終わった。

期待ハズレの初陣を終えると「レース慣れしてくれば」とか「スイッチが入ってくれば」と半ば強引にポジりにかかるのがお約束だが、実際はなかなかそう甘くはない。ただ、一つの指針となりそうなのが「負け方」。ゴール前で加速しながらも届かずというパターンならばまだ先に希望は残る印象だが、ダラダラとしか脚を使えないままの入線だと実力が伴っていないように映る。

その点セブンサミットは最後にエンジンがかかっていたように思うので、文字通りレース慣れしてくれば走ってきそう。次を楽しみにしたい。

続きを読む

はい、またしても。

日曜札幌5Rの新馬戦を勝ったのは、ゴールドシップ産駒のヴェローチェオロ。藤沢和雄厩舎のディープインパクト産駒バッソプロフォンドが重馬場に苦しむ中、それを全く気にする素振りも見せず鮮やかに差し切ってみせた。

これはいつもの勝ちパターンやろ、と単勝だけ軽くポチっておいたので、今週どこかでおいしいお昼ごはんでも食べに行こうと思う。

父を手掛けた須貝尚介厩舎が送り出す、今季の期待馬の一頭である。早い時期から栗東坂路で乗り込まれ、好時計をマークしてから北海道へ移動するのはサトノゴールドと同じパターン。札幌入厩後も順調に調整は続き、初戦から色気は持っていたが..見事に結果を残してくれた。余談ながらPOGでも指名候補の一頭に入れていたのだが、残念ながら牡馬の指名枠がすでに尽きてしまい見送らざるを得なかったという事情がある。

どうやら連闘で札幌2歳S参戦も視野に入れているようで、実現すればゴールドシップ産駒は最大5頭出しということに。せっかくだからぜひとも実現させてもらえれば。

続きを読む

先週の2歳戦ダイジェスト。

まずはレッドジェネシス。2戦目も残念ながら3着に終わった。序盤ゆったりと入るのは新馬戦と同様。そして後方から脚を伸ばすかと思いきや、そこまで差を詰めて来られないというのも同じ。1000m通過が59.3秒、レースの上がり3Fが36.4秒かかる消耗戦は合わないタイプのようにも思うが、それにしても物足りない内容。広いコースで33秒台の上がりを使う瞬発力勝負でこそ本領を発揮できるのかもしれないが、現時点では大きな期待を寄せるのも難しいように感じる。

それにしても、このレースを勝ったサウンドウォリアーは強かった。前述の速いペースを刻んだのがこの馬自身で、にもかかわらず最後まで脚色は鈍らず3馬身半差の逃げ切り勝ち。2秒以上もつけられての大敗だった新馬戦からの見事な変わり身。この非凡なスピードは今後の対戦が予想されるクラシック候補生にとって厄介な存在になりそうだ。

幸さんも楽しみな馬との出会いになった。同じ馬主さんではサウンドブレイズがダートで新馬勝ちを収めたが、芝でも上を目指せる駒が出てきたのはありがたい。

続きを読む

7月阪神の新馬戦で人気を集めながら3着に終わったレッドジェネシスが、土曜小倉2Rの未勝利戦に出走する。

前走は傷んだ馬場が合わなかったか、末脚の伸びを欠き勝ち馬から0.7秒差の完敗。ゴール前は先に抜け出したラーゴムにむしろ突き離されるような脚色で、内容も乏しいと言わざるを得ないものだった。今回は一度使われての変わり身に期待が集まるところだが、果たしてどんなもんだろう。

続きを読む

今週のwebスポルティーバ砲はセブンサミットでした。いかにもって感じですね。



もはやわざわざリンク貼るのやめようかなと思うほど中身がない。どんどんその傾向に拍車がかかってる。今回の記事なんて7割方シンハライトのことですからね。肝心のセブンサミットに関しては超ふわっとしたコメントしか載ってない。そもそも取材対象が取材者っておかしいよね毎回。

こんな内容でも媒体の大きさと馬の注目度でPVガッポリ稼いじゃうわけですから。本当イヤになりますよ。

続きを読む

先週は土曜の朝からガッカリであった。POG指名馬ディアマンテールが6着と大敗。新馬戦は不良馬場でまともに走れず、さあ良馬場で本領発揮と期待していたのだが..今後の見通しも厳しくなってしまった。

しかし、納得のいくレースをしてくれたならまだしも、なぜ逃げたんでしょうね?

2歳戦によくある「誰も行かなくて押し出されるように..」ではなく、それなりに序盤から促しての先行策。わざわざ先導役を買って出たばかりか、前半1000m59.9秒と新潟外回り1800mでは速い部類に入るラップを計測。これがこの馬の力をフルに発揮するための乗り方には思えないのだが..



続きを読む

もしかしたらやってくれるんじゃないかという期待はあったが、見事な勝ちっぷりだったウインアグライア。これでデビュー戦のブエナベントゥーラに続いてカランドゥーラも撃破。押しも押されぬ「モーリスキラー」の誕生である。

しかし、よく考えればこの2頭、共通点は「モーリス産駒」というだけではなかった。

ブエナベントゥーラの祖母ビワハイジ、カランドゥーラの祖母エアグルーヴといえば近年の日本競馬を代表する名牝系。重賞勝ち馬だけでも片手では足りないんじゃないかというくらい活躍馬を多く輩出しており、今後も末永く引き継がれていく名家となることは間違いない。

彼女らが25年前の3歳牝馬女王の座を争った同期生というのも、今となっては不思議な運命だ。

続きを読む

まだ記憶に新しいあの激走。6月の新馬戦開幕週、いきなり「目玉」の登場となったモーリス産駒ブエナベントゥーラに注目が集まった一戦で、ゴール前まさかの強襲を決めたのがウインアグライアだった。単勝109.3倍と超人気薄の立場ながら、来季のクラシック候補に土をつけたインパクトは絶大なものがあった。

そんな看板を引っさげて参戦するのがコスモス賞である。今度はちゃんとマークされる立場に変わるが、再びの大仕事があるかもしれない。そうなれば立派なクラシック候補である。

続きを読む

アークライトは思わぬ苦戦を強いられてるし、レガトゥスは今後どこまで動けるのか見通しが立たないしで厳しい戦いが続いている我がPOG戦線。サトノレイナスとて新馬戦の内容だけでは強気になれないし、そこにグラヴィルの戦線離脱という誤算まで発生。とにかく一頭でも多く計算の立つ駒が欲しいというところで迎えるのが、ディアマンテールの2戦目である。

続きを読む

指名馬が期待どおりの走りを見せてくれないのも困ったものだが、故障でレースに使えない以上に残念なことはない。我が軍のオークス候補グラヴィルの骨折が判明し、約半年ほどの戦線離脱を余儀なくされることとなった。


このツイートでは全治3ヶ月との見込みだったが、詳しく検査が行われた結果、さらに時間がかかる見通しとのこと。今から半年後となるともう来年の2月。仮に上を目指せる能力が備わっていたとしても、ほぼノーミスで勝ち進まないとオークスには間に合わない。

要するに、POG期間内の活躍はほぼ絶望的ということです。

続きを読む

先週オーソクレースが見事に呪縛を破ったことで、webスポルティーバ砲も少しは勢いを弱めただろうか。今週のターゲットはサトノスカイターフである。



もちろん知ってるで。POG検討期間でも何度もその名前は目にすることがあった。しかし池江泰寿厩舎×サトノ冠の組み合わせも毎年のように期待だけ集めながら、POG期間での成功例は未だにサトノダイヤモンドくらいしか思いつかずアベレージは低い。まして上にまだ活躍馬のいないシーヴの仔という意味でも、なかなか指名するには勇気が必要。

という経緯でリスト入りも見送った。

続きを読む

縁起の悪さでおなじみのwebスポルティーバ勢は、先週オーソクレースが鮮やかな新馬勝ちを収めたもののヴィルヘルムはあっさりと敗れてしまった。前評判は高く、レースでも単勝1番人気に支持されたのだが4着。押し出されるようにハナに立たされたのも災いしたか、勝ち馬には0.7秒差をつけられての完敗だった。

距離や馬場など、まだどこが最適解かわからない部分もあるので色々な条件を試してみることで活路が開けるかも。個人的にはマイル戦くらいがちょうどよさそうな気がするのだが。馬場はこなせそうな雰囲気なんですけどね。

続きを読む

オーソクレースの華々しいデビューに注目が集まった先週の2歳戦線だが、出遅れていたモーリス産駒が新馬戦で3勝を挙げ巻き返しの気配を見せた点も見逃せない。
中でも取り上げておきたいのが、土曜新潟の芝1600m戦を勝ち上がったストゥーティ。母母シンハリーズ×モーリスの配合は、現在デビューに向けスタンバイ中のセブンサミットと同配合。オークス馬シンハライトの初仔として期待を集める一方、モーリス産駒の不振ぶりが懸念されたが、こうしてほぼ同じような血統構成で新馬勝ちを収めたストゥーティの存在は心強い以外の何者でもない。

続きを読む

昨日も書いたが、オーソクレースの勝ちっぷりはなかなか衝撃的なものがあった。

もう少し詳しくレースを振り返っておくと、スタートは遅く後方から。道中もずっとインを回り、動く気配もないまま4角へ。またルメールやる気ないモードか?とも思ったが、直線入り口で外に持ち出されると、あっという間に前を捕らえ1・3/4馬身差の完勝である。

続きを読む

今日は新潟1Rの2歳未勝利戦にも注目したい。7月阪神の新馬戦でヨーホーレイクの2着だったセファーラジエルが出走する。正直あのレースはそこまでレベルの高い一戦には思わなかったのだが、この馬がここでどの程度のレースをするかが一つの指針となりそう。

POGでヨーホーレイクを指名している人からすれば、ぜひとも頑張ってほしいと思っているところだろう。

続きを読む

先週は無事にトレデマンドとアカイトリノムスメを馬群に沈め、相変わらずの絶好調ぶりをキープするwebスポルティーバ。次は誰が指名されたかというと、池江泰寿厩舎のヴィルヘルムだった。



はて..?

この連載にしては珍しくミーハーどころを外してきたな。名前を聞いても全くピンと来なくて血統を見てみたら母カイゼリン。なるほど。上に目立った活躍馬が出ていない現状では、さすがにリスト入りすることもないわな。祖母がブロードアピールでワグネリアンと同じ一族といえば確かにそれはそうだけど、アベレージは低い印象だけに指名するのはちょっとリスクが。


続きを読む

やっぱり強いよねえフォティノース。新馬戦が負けたとはいえ十分にやれる手応えを感じさせるレースだったし、負けたダノンシュネラも上まで行けそうな器。もうこれ以上は取りこぼすわけにはいかないというところで、しっかりと初勝利を挙げた。

ぎりぎりハナ差だったけどな!w

続きを読む

まあ、不安は的中というか..調教で動けない馬が実戦でいきなりガラッと変わるのは難しいよね。そんなわけでトレデマンドも完敗。POGドラフト前から各地で高い評価を受け、個人的にも桜花賞有力馬の一頭くらいのつもりでリストアップしていたんだけど、よもやの5着。勝ち馬から0.8秒差をつけられての入線は現時点での力不足を受け入れざるをえない結果だし、せめてラストの脚くらいは際立つものがあればよかったが、ただ流れ込むだけの内容にも今後に向けてのポジ要素は見当たらなかった。

続きを読む

評判馬が次々と敗れ、相変わらず混沌とする2歳戦線。改めて1勝の重みを痛感する日々だが、特に短距離向きの血統であれば好発進を決めて上のステージを目指したいところ。

重賞5勝の強豪ダノンスマッシュの全妹フライングバレルの陣営も、きっと描くビジョンは同じだろう。1週前の追い切りで53.9-12.2をマークしており、非凡な能力の片鱗を見せている。一部では先週もう使うという話もあったが、1週スライドしてここへ。もちろん勝負は先ながら、できればつまづくことなく勝ち進んでいきたい。

ちなみにこの馬は我がPOGのライバル陣営の持ち馬。なかなか勝ち上がる馬が出てこないので、敵ながらそろそろ朗報が届いてもらいたい。

続きを読む

いくら調教に不安が残るといっても、トレデマンドに注目が集まるのは間違いない。この仕上がり具合で勝っちゃうようだと、一気に牝馬路線の主役に躍り出るかもしれない。元々それくらいの器だと思っているだけに驚きはないものの。

まあ、お手並み拝見といきましょうか。

続きを読む

「ハイレベルの新馬戦で2着」といえば、先週のワンダフルタウンと同じ立場かもしれない。

新馬戦ではダノンシュネラにこそ敗れたものの、高い素質を十分に見せつけたフォティノースが新潟2Rに出走する。デビュー前から楽しみにしていた一頭だが、思い描いた通りの能力を感じさせた。

今後のことを考えても、あまりモタモタせずに勝ち上がったおきたいところ。さすがに8馬身差でレコード勝ちとまではいかないだろうが、ここでしっかり初勝利をモノにするのではないだろうか。

続きを読む

おや?

今週土曜の新潟でデビューを迎えるトレデマンドが、あまり調教で動けていないようだ。1週前の追い切りはしまいのみで全体時計は遅め、そして今週の直前追いは坂路で一杯に追われるもラストは13秒を要したとのこと。

POGドラフト時点では今季の2歳牝馬トップクラスと評価が高く、個人的にもサトノレイナスかこの馬かのどちらかは絶対に確保しておかなければと思っていただけに、ここまでの低調な動きには少し戸惑いを感じている。

続きを読む

ただでさえ追い切りがサッパリで不安を募らせていたところにwebスポルティーバにも見つかってしまったグランメテオールは案の定、新馬戦で大敗を喫してしまった。いよいよ毎週の更新のたびに「もう勘弁してくれ..」と祈りたくなる心境だが、今回はあの三冠配合から産まれた初めての牝馬のご登場である。



調教で乗った戸崎圭太が「反応はよかった」とコメントしただけで、あとはトラックマンとやらが好き勝手に話してるのを引き伸ばして当たり障りのないポジ記事に仕上がっているだけの文章です。例によって。内容はホンマに何もない。

さて、アカイトリノムスメ。金子真人オーナーもそろそろ飽きてきたのではないかと思うネーミングだが、ディープインパクト×アパパネの血統だけに注目度は高い。と言いつつもこれまでモクレレ、ジナンボーがクラシック戦線では稼働せず、ひとつ上の兄ラインベックもG1出走にまではこぎつけたものの、そこでは力不足を露呈。どうにも期待ほどの成果は上げられていないのが現状だ。

続きを読む

グレナディアガーズが負けてしまった(日曜新潟6R芝1400m)。スタートダッシュを見込んでいたであろうだけに、ここでの足踏みは痛恨である。ローテ的にはまだ余裕があるとはいえ、2歳G1を目指す上でいきなり力負けを喫しているようでは先行きも不安。
ただ、レース前に書いたようにいきなりスピード任せでぶっ放すような競馬はしたくないよねというポイントだけはクリア。お行儀よく好位を追走できていたし、むしろ少し促しながらの走りだっただけに、いい意味でのズルさを持っているのかもしれない。

次はきっちり決めたいところだが。

続きを読む

新潟の長い直線を、気持ちよさそうに駆け抜けていった。日曜5Rの新馬戦(芝1800m)を制したのは、二冠馬ドゥラメンテ産駒のドゥラヴェルデ。道中は中団待機からエンジンがかかると一気に突き抜け、3馬身差をつけての快勝だった。先週はワンダフルタウンやバスラットレオンの勝ちっぷりが目についたが、それに遜色ないパフォーマンス。徐々に調子が出てきたお父さんもほっとひと息といったところだろう。

木村哲也調教師のコメントからも手応えが感じられるが、ノーザンファーム天栄を使わない自前の仕上げの方が本領発揮できるんじゃないのと思ったり。けっこう在厩でしっかり乗り込んできたんでしょ?

もしかしたらドゥラヴェルデが本当の厩舎力を示してくれるかもしれない。

続きを読む

これは噂通りの大物だ。日曜札幌5Rの新馬戦(芝1800m)を勝ったのは、キズナ産駒のバスラットレオン。好スタートからハナに立つと、そのままスローペースに落として上がり3F33.6秒をマークしての「逃げて差す」完璧な競馬だった。これだけの楽勝だと相手関係がどうだったのという気にもなってしまうが、まずは非の打ちどころのない勝利だったと言えるだろう。

現3歳世代ではパラスアテナやパンサラッサなどが地味ながらもコツコツと活躍してきている広尾レース軍だが、この馬はさらにその上のグレードを目指せるだけの器がある。まさに躍進の象徴的存在。札幌2歳Sを勝てれば早々に来年の日本ダービーの舞台も見えてくる。それだけの夢を託すに相応しい、華々しいデビュー戦となった。

続きを読む

土曜新潟5Rの新馬戦は、終わってみればリフレイムの独り舞台。スタート直後からどうにも抑えが利かず暴走気味にハナに立つと、直線では全く制御ができず外ラチに向かって一直線。それでも、かなりの距離ロスがありながら最後まで粘り腰を見せ、2着のギャリエノワールを半馬身差抑えて逃げ切り勝ち。手綱を取った木幡巧也も、管理する黒岩陽一調教師も勝利の喜びなど微塵も感じさせないコメントに終始し、気性の改善に向けて課題を残す結果となった。

あれだけのぶっ壊れたレース内容で勝ってしまうのだから能力は相当..と言いたいところだが、果たしてそれはどうか。道中から楽に逃げられたのも、元々だいぶ危なっかしいという情報は知れ渡っていたから後続が離れて追走していたのかもしれない。2着以下のメンバーについては、まずは無事にレースを終えられて何よりといった心境かも。

続きを読む

2戦目での変わり身を期待したが、残念ながら落胆の色濃い敗戦となってしまった。土曜札幌1Rに出走したアークライト。新馬戦2着から中2週で初勝利を目指したが、またしても2着に終わった。
途中からハナに立つ競馬になった前走とは違い、今回は少し引っかかりながらも抑える競馬。4角手前からジワリと前との差を詰めにかかったが、ディープインパクト産駒らしいキレは見られず。マッチレースと目された相手のギャラントウォリアには先着したものの、内から脚を伸ばしたウインルーアには2馬身近くの差をつけられての完敗だった。

続きを読む

まともに臨戦態勢も整わないまま予定通りのデビュー戦に突撃しボコボコにやられるパターンは枚挙にいとまがないが、新潟6R(芝1400m)に出走するグレナディアガーズはきっちり仕上がって盤石の出陣となりそうだ。
フランケル産駒の持ち込み馬で、2歳戦の強さに定評のある中内田充正厩舎だけあって「朝日杯要員」としてリストアップしていた人も多いことだろう。もはや「速攻系」という言葉も死語になりつつあるが、早い時期から稼ぐタスクは遂行してくれそうな気配。

続きを読む

セレクトセールで2.7億円で落札されたサンデーアーサー(シンハディーバ×ハーツクライ)はPOGの検討段階で何度も目にする機会のあった名前だが、いかにも不発くさいプロフィールなので見送った。馬主さんは近年やけに張り切って高額馬を手に入れているが、その成果がサンデージャック(2戦0勝)だったりするのでまだまだ当たりを引くには道半ばか。クラシックと縁のない岡田稲男厩舎に入る経緯もよくわからないし、走られたらビックリくらいの気持ち。

レイオブウォーターも友道康夫厩舎のディープインパクト産駒ということで話題にはなっていたが、上がノーブルカリナンというのがどうも押し材料として物足りない。こちらもセレクトセールで9,600万円の高額馬だが、そこまでの値に見合った活躍ができるとは..

2頭ともリスト入りすら見送るほどの評価にとどめただけに、走られたら(ノ∀`)アチャーである。果たしてその実力やいかに。

続きを読む

2場開催で出馬ラッシュ状態になっている新潟の新馬戦と比べ、まったり落ち着いた雰囲気でくり広げられている札幌の新馬戦。そこでデビューする「非ノーザン」のキズナ産駒が好評価を集めている。

矢作芳人厩舎のバスラットレオンである。このところコンスタントに活躍馬を送り出している広尾レースの所有馬で、すでにこのコンビでは函館でカイザーノヴァが新馬勝ちを収めている。函館で乗られている頃から評判が良く、デビューが待たれていた一頭。欲をいえば坂井瑠星が乗ってくれれば最高だったのだが、まあそれは言うても仕方ない。

続きを読む

↑このページのトップヘ