「人生、無事是名馬」|雑談系競馬ブログ

2006年創刊の雑談競馬ブログ。主に毎週のレースや好きな馬・ジョッキーについて。時に野球やドラクエについて熱弁。

タグ:2012複勝馬券

◆新潟11R 天の川S
◎ステラロッサ

ヨシトミ相談役の特別ハットトリックが見られると聞いて。
前走は消耗戦で持ち味を出せず敗れたが、キレ勝負なら負けられない。

◆小倉11R 小倉記念
◎トーセンラー

もうすっかり「買えば来ず、買わねば来る」の愛馬になってしまったが、
今回はチャンスっぽい気がする。
きさらぎ賞のイメージに拘りすぎていたのか、
ずっと「広いコースでロングスパートが勝ちパターン」と思い込んでいたが、
すなわちそれはマクリができる脚の持久性の裏付けであり、
ローカル重賞にも対応できる証と見てよかったのかもしれない。

前走は馬場も悪かったし、スパートのタイミングが遅れた分だけ敗れた。
今回はパンパンの馬場でやれそうだし頭数も手頃。
歯車が噛み合う瞬間が、ようやくやってきたのかもしれない。

○ダノンバラード
▲ワルキューレ
☆ミキノバンジョー
△アスカクリチャン
△タムロスカイ
△エクスペディション

◆新潟11R レパードS
◎ホッコータルマエ

基本的には実績優先で考えていいレース。
そのボーダーラインが「古馬相手に1000万下勝ち」。
それに準ずる成績を収めているのが、そのまま単勝上位人気の面々。

中でも、前で勝負できる機動力があって、
端午Sでハタノヴァンクールと接戦を演じたホッコータルマエが本命。
当時の走破時計1:50.9も強調していいレベルだし、
左回りも東京で経験して勝っている。
ハナに拘るタイプでもないので、
何頭かを前に行かせて自分のタイミングで動く形が取れれば勝機は十分。

なので幸さん頑張ってください。新潟は得意でしょ。

○ナムラビクター
▲フリートストリート
☆キングブレイク
△イジゲン
△ダノンゴールド
△アドマイヤレイ

◆新潟11R アイビスサマーダッシュ
◎アフォード

「直千」の申し子かもしれない。
前走の駿風Sが、中団に控えて末脚を伸ばす強い競馬で、
新潟1000m3戦目での初勝利となった。
父サクラバクシンオーは言わずもがなの直千チャンピオンサイアー。
そして母プリティメイズも現役時代にこのコースで勝ち鞍を挙げるなど、
4戦して【1.2.1.0】と相性抜群だった。

前述のとおり、ただスピードに任せて押し切るのではなく、
いったん控えてからでも差して来られる決め手があるのが強調材料。
今回も内からハクサンムーン、外からエーシンダックマンと速い馬が揃っているので、
それらを標的に差す展開が期待できる。

もともとデビューから連勝しその素材には期待されていたが、
その後は伸び悩む期間もあって結果を出せずにいた。
それだけに、1000万下→準OPと連勝してきたこのタイミングこそ、
一気に出世を果たすチャンス。
鞍上も、そろそろこのタイトルが欲しいところだろう。

○ビウイッチアス
▲オウケンサクラ
☆エーシンヴァーゴウ
△ハクサンムーン
△ナイアード
△エーシンダックマン

歴史を紐解けば牝馬が圧倒的に有利なのだが、
同じく函館スプリントSも今年、牝馬の連勝が途切れたところなので。
ビウイッチアスとか斤量を考えても条件的に有利なのは明らかだが、
速い時計での決着に不安を残しているのが気になって。
むしろ、短距離にシフトして新境地を開拓しつつあるオウケンサクラが不気味。
エーシンヴァーゴウはやはりひと息入った分だけ割り引いた。

◆中京11R プロキオンS
◎シルクフォーチュン

検討しているうちに本命馬がグルグルと入れ替わったが初志貫徹で。
快速テイクアベットが飛ばす展開なら、末脚を余すことなく発揮できるはず。
左回り、直線の長いコースで最後に坂と、結果を残している条件だし、
マイルまでこなせるようになってきた最近なら、
坂を上がってからも脚が鈍ることはない。
連覇いきましょう。

○テイクアベット
▲インオラリオ
☆アドマイヤロイヤル
△ファリダット
△セレスハント
△ニシオドリーム

ウインバリアシオンも4着とかもうね......

◆阪神12R 加古川特別
◎ハリケーン

勝って同条件。
他にも降級馬はいるけど、
この馬の底の知れなさはなかなかのもので、
近いうちにオープンまで行けると思ってる。
ここでつまづいているわけにはいくまい。

○ナムラビクター
▲タナトス

ちょうどこれで上半期の投資レースは45に。
44で終わるよりこっちの方が節目っぽいので買うw

ガンバ大阪が 2 ヶ 月 ぶ り に 勝ったもんですからウキウキしております。
こんなに楽しい週末いつ以来かしら。
許されるならば宝塚記念も当てて上半期を気持ちよく締めくくりたい..

◆阪神11R 宝塚記念
◎ウインバリアシオン

宝塚記念はバリュー的に微妙な立場のG1ではあるものの、
引き締まったペースで流れるのがデフォルトで、
昨今の日本競馬の花形であるミドルディスタンスの覇を競うには、
十分な役割を果たしているという感覚が強い。

ネコパンチが逃げ、
それをアーネストリーやビートブラックが追う展開ならば、
今年もスローペースは考えづらい。
恐らく直線は各馬が死力を尽くした攻防が予想され、
ゴール前でガラリと勝負の行方がひっくり返りそう。
開催4週目でだいぶ内の馬場も荒れてきたようだし。



オルフェーヴルの影に隠れる存在で、
まだビッグタイトルには縁のないウインバリアシオンに待望のチャンスが到来した。
これまで馬場や展開を問わずコンスタントに末脚を使っており、
ハイペース想定の今回も条件的には向くはず。
他の有力馬の顔ぶれの多くが、
どちらかといえばスローペースでキュッと切れるイメージだけに、
上がりのかかる展開が最も向くのはこの馬。

突き抜けるまでは難しいかもしれないけれども、
ちょうど父ハーツクライが05年に強烈な追い込みで2着に入ったように、あの再現を狙う。
当時もタップダンスシチーがグリグリの1番人気だったが、
ハイペースと外差し馬場に屈し失速。
スイープトウショウの歴史的な優勝の舞台となりましたね。懐かしい。

新パートナーの岩田康誠とも手が合いそう。
ここ2戦コンビを組んでいた武豊の不運(トレイルブレイザーの回避)は今に始まったことではないが、
ウインバリアシオンが勝てば「ユタカやっぱり持ってねえ..」ってなりそうな。

○ショウナンマイティ
▲オルフェーヴル
☆エイシンフラッシュ
△ルーラーシップ
△フェデラリスト
△トゥザグローリー

当初は本命予定だったショウナンマイティだが、
どうしても極端な脚質だけに不発もリスクも低くない。

オルフェーヴルはバッサリ行ってもいいけど、
この単3倍という微妙なオッズなら抑えておいた方がむしろ得策かもしれんね。
あとは昨年3着のエイシンフラッシュ。

ルーラーシップはやっぱり33秒台の上がりを使えるレースでこその印象。
前走の香港はちょっとよくわかりませんw
トゥザグローリーについても同様。

◆阪神9R 舞子特別
◎パワフルキリシマ

昨日の雨で時計の掛かっている馬場なら末脚が届く。
同じ降級のウエストエンドが強敵だが、
ゴール前で捕らえきれるはずだ。

○ウエストエンド
▲カノヤミノリ

◆阪神11R マーメイドS
◎シースナイプ

雨上がりの阪神2000mで、引き締まって流れそうなハンデ戦。
ここはロベルトの血統の出番でしょう。
本来ならもっと早く重賞戦線に名乗り出てもおかしくなかった素材。
やや遅ればせながらの感はあるが、ここで初重賞を。

○アグネスワルツ
▲レジェンドブルー
☆グルヴェイグ
△スマートシルエット
△メルヴェイユドール
△アカンサス

相手はよくわからないながらもピックアップしてみたが、
まあだいたい人気どおりにってところですかね。
軽ハンデの馬も多く出てくるレースなので、
さすがに減量ジョッキーちゃんにもチャンスが。
ルーキーの中井裕二くんは初めての重賞騎乗らしいが、
近年このレースで重賞初騎乗ってパターンは多いような気がする。
時期的にもちょうどいいのかもしれませんね。

◆東京12R 3歳上500万下
◎サトノモンスター

1000万下での2戦はともに4着だったが、
ソツなく好位を取れる競馬ができており、決して力負けというわけではなかった。
今回は降級初戦で相手にも恵まれ、
実績ある脚抜きのいい馬場と条件も揃った。

○ホクセツキングオー
▲アルベルティ

オッズが示す通り、この3頭の争いと見る。

◆阪神9R 出石特別
◎スギノエンデバー

トーホウアマポーラがえらく人気のようだが、
仮にも昇級戦で、こないだとは全く違う馬場コンディションでは、
簡単に前走の再現を望むのは無謀じゃなかろうか。

重賞、OP特別で何度も上位争いをしながら、
勝ち切ることができなかったために1000万下に降級するスギノエンデバー。
阪神1200mはファルコンSの2着があり、条件的には問題なし。
トーホウアマポーラが速いペースで引っ張ってくれるならおあつらえ向きのペースに。

○ウインドジャズ
▲トーホウアマポーラ

複オッズが今のとこ1.4-2.5と信じられない好配当なんだけど、
どうせ締切時には最低1.1まで落ち込むだろうなあ...

おれ認定G1。ダートのダービーです。
数少ない番組を勝ち抜き、
まさにサバイバルを制してきた精鋭たちにとって、
クライマックスとも言うべき舞台。

例年の傾向でいえば、
狙いは1800mのOP特別以上の格で連対(勝ちといってもいいかも)がある馬から。
ちなみに本格的に馬券に参戦し始めてからの本命馬は、
グレープブランデー、バーディバーディ、シルクメビウス、
シルクビッグタイム、フェラーリピサ、ナイキアースワーク、
アグネスジェダイ、ビッグウルフとほぼパーフェクトの成績。
この中で、上記条件を満たしていなかったのは、
シルクビッグタイムとナイキアースワークだけで、
ほぼ間違いのないガイドラインだと自分の中で確信している。

それだけに昨年のアイアムアクトレスには参った。
あんなスピードに傾倒した牝馬が好位から押し切るなんて、
ユニコーンSの何たるかを真っ向から否定するような振る舞いには愕然とした。
今年もまるでその再来のような馬がいるが...


◆東京12R ユニコーンS
◎オースミイチバン

今年の夢はオースミイチバンで。
川島信二が手綱を取ってから、
不自然なまでに能力を発揮し始めたオースミハルカの仔。
単勝36倍で未勝利戦を圧勝すると、
続く500万下、そして兵庫CSも楽勝。
ダート巧者が揃うこの世代においても、
そのポテンシャルの高さは一際目立っている。

湿ったダートでしか結果を残しておらず、
またマイルの距離も芝スタートも左回りも初めてと、
未知数な要素も多く含んではいるのだが、
過去の勝ち馬も(たとえばシルクメビウスとか)それらを克服していった。
あとは、突然に目覚めたこの馬の神秘性、いわゆる「持っている」部分が、
出世を予感させてくれる。

○ネクタル
▲キングブレイク

2番手は、OP初参戦ながら非凡な末脚を誇るネクタル。
スピリタスの半弟で、マイル適性は高そう。
展開ハマればナイキアースワークの再現があるかも。
手堅く先行できるキングブレイクはコース替わりがポイント。

前売り段階ではレッドクラウディアが1番人気だが、
やはり1400m昇竜Sからの参戦には疑問符を投げかけておきたい。
その次に高く評価されているストローハットとか関東の平場を勝っただけで、
何をそこまで買われているのか全く意味がわからない。

だいたい登録段階ではオースミイチバンが抜けた人気になるのかと思ったらコレですもん。
川島信二が不安視されてるのかな?
今年は地味ながらすごくいい仕事をしているし、全然安心して任せられるけど。

◆阪神10R 安芸S
◎シゲルソウサイ

総裁、出番ですよ。
OPでの2戦は結果を残せなかったものの、
見せ場は作れていましたし、全然しょぼくれることはありません。
そこで今回は降級戦。
同じく現級勝ちの実績がある馬もいますけど、
阪神千四(たぶん現状ベスト条件)で外枠先制濃厚とくれば、
負けるわけにはいかんのです。たとえ58kgでも。

○トーホウプリンセス
▲テイクアベット

予定通り、東京競馬場まで行ってきますね。
どうかいいダービーになりますように。

◆東京10R 日本ダービー
◎ゴールドシップ

まずは皐月賞から何もアクシデントがなく、ここまで無事に来られてよかった。
まだ1日あるので最後まで油断はできないけれども、どうかこのままで。

皐月賞は「歴史的」といっても過言ではない鮮やかなイン突きで圧勝。
ただ、あの一戦だけを見ればワールドエースの脚もそれに劣らない勢いで、
さあどちらが日本ダービーを勝ちそうかと問われると、
2着馬の方を優位と見る声が多いのもわからないでもない。
それだけ「技アリ」の勝利だった。

だが、ゴールドシップ二冠の可能性を後押しするのが、
この馬が一躍クラシックの有力候補へと認められるようになった共同通信杯。
これまで速い上がりが必要なコンディションで走った経験がなく、
もしかしたらパワータイプかもしれないという懸念の残る中、
33秒台前半の脚で圧倒的人気のディープブリランテをねじ伏せたあの一戦こそが、
日本ダービー馬誕生の予感を漂わせるものだった。

若駒にありがちな折り合い面での心配がほぼ皆無で、
自滅してしまう可能性が低いのが何よりの好材料。
安心してレースを見ていられる。

あとは、運さえ向けばというところ。

○ワールドエース
▲ヒストリカル
☆トーセンホマレボシ
△ディープブリランテ
△フェノーメノ
△グランデッツァ

正直ワールドエースにやられてしまう可能性は低くない。
皐月賞で絶望的な位置から追い込んできたあの脚も、
世代トップのタイトルを獲るに相応しいもの。
ただ、ゴールドシップに比べると折り合いやら展開に注文がつく分だけ信頼は下がる。
特に折り合いがね...

3番手以下はもう完全にヒモ扱い。
ヒストリカルも毎日杯でその才能の片鱗を見せ、
見事この舞台への出場権を獲得した(賞金的にね)。
何となくだけど「7番人気3着」感がすごいんだけど、
前売りだと単勝4番人気。あれっ。

馬券はどうやって買おうかすごく迷ってる。
ゴールドシップの単+ワールドエースとの馬連、
あとはゴールドシップ1着−ヒストリカル3着固定の3連単とか。
いつもなら多点張りするときでも、
3連複1頭軸7頭ながし21点とかシンプルに買いがちですけど、
明日は色んな券種を駆使しつつ的中を目指そうと思う。

◆京都10R 昇竜S
◎タイセイシュバリエ

デビューからずっと芝を使われ、
シンザン記念に出るくらいまでは駒を進めたものの、やや頭打ち。
そこでダートに方向転換したところ、
500万下を好時計で勝ち、交流重賞でも2着。
クロフネ産駒の宿命なのかもしれない。

昨日の京都は最終の千四(1000万下)で1分23秒台が出る速い馬場。
持ち時計のあるこの馬にとって好コンディションと言えるだろう。
外枠からなら相手の出方を見ながら先行できるし、
ポジション取りさえ失敗しなければ大丈夫。

○レッドクラウディア
▲キズマ

キズマの能力は認めるところだが、
いつまでもポインセチア賞が語られるようでは...
過去のハイパフォーマンスが長く引っ張られ続けて、
そのまま期待はずれに終わってしまうのもままあること。
久々の適条件だが、ここは様子を見た方がいいかな。

◆京都11R 栗東S
◎インオラリオ

コーラルSで驚くほどの強さを見せてレコード勝ち。
これまでOPでは苦戦が続いていたのが嘘のようだった。
今回も時計の出る京都コースで連勝に期待。
浜ちゃん積極策で(人∀・)タノム

○トウショウカズン
▲ニシオドリーム

スムーズに好位を取れそうなトウショウカズンも引き続き圏内。
昇級戦になるニシオドリームも、どこまでやれるか楽しみ。

京都1400mのナムラタイタンとかどう見てもカモ。カモですよ(フラグ)

◆東京10R 立夏S
◎スティールパス

昇級戦にもかかわらず抜けた人気になっているが、
それもやむを得ないほど条件が揃った。
あっさり通過あるで。

○トシギャングスター
▲アドマイヤサガス

レトやったねレト。
1000万下だとちょっと足りないかもしれんけど頑張ろう。

◆新潟10R わらび賞
◎アメリカンダイナー

当初は浜中俊のアルディエスを狙おうとしていたが、
最内枠で差しに回ると後手を踏んでしまいそう。
それなら隣枠から前に行ける脚のあるアメリカンダイナーの方が信用できる。
キングブレイクから0.6秒差にまとめられる実力は、
ローカルのメンバーではアタマ一つ抜けている。

○ハワイアンソルト
▲アルディエス

◆新潟7R 4歳上500万下
◎レト

こんなところでひっそりと再起を目指しているのを見つけてしまった。
しかも鞍上は3歳時に重賞戦線をともに戦ってきた幸さん。
平坦内回り1400mでやや渋った馬場というのも好材料。
長期休養明け3戦目でそろそろ本領発揮だろう。

昨日のホクセツダンスは最悪の負け方。
内で包まれてほとんど追えずじまいで大敗...
今日こそ頼むぞ浜ちゃん。

◆新潟11R 新潟大賞典
◎トーセンラー

今のところ新潟は良馬場なんですけど、
午後からの予報を見ると、どうやら雨。
せっかく絶好条件で戦えると思っていただけに、これはガッカリ。
それでも昨年の日本ダービーみたいな極悪馬場にはならないし、
うまくいいところに出せれば能力発揮には支障のないレベルで済みそう。
単勝オッズはせいぜい3倍台くらいかと思いきや、
意外と人気は分かれており妙味も十分。
広い新潟外回りコースで得意のロングスパートを見せてほしい。

○ダノンバラード
▲ナリタクリスタル

今週から本気出す。

◆京都12R 4歳上1000万下
◎ホクセツダンス

内枠を引いてしまったのが気がかりで、
本当ならその時点で見直しが必要なのかもしれないけれども、
この組み合わせならスンナリと好位を確保できそう。

最悪のシナリオは、出が甘く前に入られてズルズルとポジションを下げるパターン。
逆にこうさえならなければ勝算は高い。

○ナムラジュエル
▲マイユクール

ヒラボクワイルドは仕方ないね。プロキオンSで取り返したいね。

◆京都12R 高瀬川S
◎アドマイヤサガス

この距離のマイスターと呼んでもおかしくないレベル。
休養前にはトウショウカズンやアルゴリズム、
あるいはインペリアルマーチなどと好勝負を演じてきた。
休み明けを叩いて2走目。ここで決める。

○サイオン
▲メイショウツチヤマ

サイオンは2走前に同じ条件で3着しているが、
出遅れて後手に回り、辛うじて圏内を確保するものだった。
本質的には東京でじっくり乗られたほうが持ち味を発揮できるタイプだろう。

◆東京10R オアシスS
◎ヒラボクワイルド

他馬より2キロ重い58kgで、
距離も1F長いかもしれないが、
目下の充実ぶりなら克服できると期待。
ただ、これはやってみないとわからない。
複で4倍近くつくオッズに色気が出ているのは認める。

○ナムラタイタン
▲バーディバーディ

◆京都1R 3歳未勝利
◎エーシングッデイ

本当なら前走で勝ち抜けていないとダメなのだが、
どうも詰めが甘く初勝利はお預けとなっている。
今回は鞍上を岩田康誠にスイッチ。
シュガーシャックとの一騎打ちが濃厚だが、ここで決めてみせる。

○シュガーシャック
▲ソードブレイカー

◆福島5R 3歳未勝利
◎ヤマニンメダイユ

小倉で初勝利まであと一歩のところまで迫ったが、
1番人気に推された前走で心房細動を発症し大敗。
それ以来の実戦となるが、
実力さえ出し切れれば上位争いは必至。
いい具合に人気も落としているし、ここは狙いどころ。

○サルゴン
▲メイショウバロン

◆福島5R 3歳未勝利
◎エボニーナイト

レベルの高い京都・阪神では切れ負けしてきたが、
福島の長丁場ならその心配もない。
このメンバーならはっきり能力上位だし、
姉ブリガドーンの例を持ち出すまでもなく、
血統的にも距離延長はプラス。

○ローリングストーン
▲フミノポールスター

マイラーズCと1対1の交換トレードで阪神にやってきたアンタレスS。
京都大好きのダイシンオレンジあたりは、
「ちょ京都ダ千八の重賞減らすなや」と思ってるでしょうけど、
まあ同じ条件が2つあるよりは、という極めて理に適った移設ですわな。

◆阪神11R アンタレスS
◎ゴルトブリッツ

心房細動でみやこSはまさかの大敗を喫したが、
休養明けの前走で完全復活をアピール。
雨でほどよく渋った馬場も向くし、
連覇へ向け好材料が揃った。
当面の相手であろうニホンピロアワーズより1キロ軽いのも恵まれた。

○ニホンピロアワーズ
▲シルクシュナイダー

ニホンピロアワーズはJRAの重賞で主役を張るには、
2000mくらいの長丁場のほうが向いてるんじゃないかな。

マーチSで不発に終わったシルクシュナイダーも再度圏内突入注意。



3Rのスマートマーズから始めるかどうか、一晩考えさせてください。

◆阪神11R 桜花賞
◎ジョワドヴィーヴル

チューリップ賞3着で評価急落。
あれだけ絶対的な存在として崇められつつあったのが、
単勝2.5倍をも上回るオッズで推移しているとか。
たった一戦で何を手のひらを返すような真似をしているのか。

休み明けで、力のいる馬場で初めて馬群の中でレースを進めたという、
厳しい条件下での結果はそこまで影を落とすものではない。
むしろ自分がどう戦うべきかを再確認できたという意味では、
トライアルらしいトライアルだったと認識すべきだろう。

チューリップ賞敗戦からの巻き返しだって、過去の歴史が保証している。
本領を発揮すべき舞台で、その実力を見せつけろ。
「終わってみればジョワドヴィーヴル一強」そんな結末を期待している。

○ジェンティルドンナ
▲エピセアローム

つーか非公式戦馬券で単勝に盛ったし。
最終的に2倍ちょっとになるだろうけど、
ハナズゴール不在でもここまでつくとは考えもしなかった。
チューリップ賞だけでここまで評価急落とは想定外。

◆阪神11R 阪神大賞典
◎オルフェーヴル

よっ、待ってました!!
四冠馬の始動戦。
国内最強を改めて証明し、
秋の凱旋門賞挑戦につなげるためにも、
いきなりつまづいているわけにはいかない。

もちろん目標は先でも、ここは格の違いを見せてもらおう。

○ヒルノダムール
▲ナムラクレセント
☆ギュスターヴクライ
△トウカイトリック
△ビートブラック
△オウケンブルースリ

ヒルノダムールとの2頭軸で取れるんじゃないですかね(適当
110円つくならオルフェーヴルで行ってもいいけど、どうせ元返しもありうるオッズでしょ。

◆阪神4R 3歳未勝利
◎ファントムライト

新馬戦の勝ち馬がアダムスピーク、2戦目の勝ち馬がベールドインパクト。
強い相手と戦ってきたファントムライトが、
ひと息入っての2戦目で勝ち上がりのチャンスを迎えた。
前走クビ差2着だった阪神1800mで、
血統的にも向くパワー馬場なら勝算は高い。

そこそこ着順の悪くない相手がいるので、
一本かぶりの人気にもならなさそう。
130円くらいつくならGOかな。

余談ながらサンデーレーシングのオペラハウスの産駒って珍しいですね。
そこに「ファントム」の名を与えるのはさすがのセンス。

○エボニーナイト
▲ゼログラヴィティー

上がりの脚に限界のあるエボニーナイトもこういう馬場は歓迎。
あと、ゼログラヴィティーに池添謙一とは、
これ安藤勝己は本格的に厳しくなってきそうな風潮。

◆中山11R 弥生賞
◎アダムスピーク

抜群のレースセンスでラジオNIKKEI杯2歳Sを制したアダムスピーク。
粒揃いの3歳世代だけに、
まだ飛び抜けた存在とは認識されていないが、
ここで3連勝を果たすようなら一気に主役級にまで上り詰める。
それだけの器かどうか、真価が問われる一戦。

○メイショウカドマツ
▲フェノーメノ
☆アーデント
△トリップ
△コスモオオゾラ
△ジョングルール

◆阪神2R 3歳未勝利
◎グレートチャールズ

いい加減に順番でしょう。
気性が前向きすぎるのか、
エンジンがかかると一気に脚を使ってしまうようで、
その分だけゴール前の攻防で甘くなってしまうが...
この相手なら押し切れそう。
時計の速いダートも向く。

○マイネルアクロス
▲サトノシーザー

相手も初ダートの前走で◎に迫ったマイネルアクロスで順当でしょう。
サトノシーザーはどれだけ上積みがあるか。

また朝からオッズとにらめっこせねば...

メテオライト、ギリギリまで「1.0-1.0」やったやん(´・ω・`)
そしたら最終オッズは110円。
悠然と見送ってしまったじゃないですか...

切り替えていく。

◆中山7R 3歳500万下
◎シュガーヒル

ここはピグマリオンとの一騎打ちムードだが、優勢なのはこちら。
ソツなく前につけられる脚があって、
スムーズに折り合いがつくので無駄に力を消費しない。
未勝利を勝ったのが不良馬場。きょうの馬場も向く。

○ピグマリオン
▲イッシンドウタイ

ピグマリオンも普通に来れるだろうけど、
わざわざ川須栄彦を乗せてくるあたりが何かしっくり来ない。
中山初めてなんでしょ?

◆阪神11R チューリップ賞
◎ジョワドヴィーヴル

阪神JF当時は完全に養分扱いしてしまったため、
今さら持ち上げるのもちょっとバツが悪いのだが...
ジョワドヴィーヴルはすごい馬になりそう。
キャリア1戦でのGI制覇という肩書きもさることながら、
世代上位レベルのサウンドオブハート、イチオクノホシらが、
全く歯が立たなかった内容も驚異的。

後追いと言われようとも、これほど心強い駒はない。
110円くださいw

○ゴールデンムーン
▲ジェンティルドンナ

ジェンティルドンナのジェルミナル感はすごい。
すでに賞金は足りており、
どこまで仕上がっているか。
相手関係から3番手にはしたけど。
ゴールデンムーンのもうひと伸びに期待。

◆京都10R 河原町S
◎サイオン

メイショウマシュウが人気を背負うが、
出脚が甘い現状では自分から勝負することはできず、
どうしても他力本願の直線勝負になってしまう。
その状況下でも前走のようにタイム差なしの勝負まで持ち込めるのは立派だが、
今回も比較的脚抜きのいい馬場では勝ち切るのは難しいと判断。
武豊→高橋亮の手替りを考えると余計に。

レース巧者サイオンの方が今回に関しては信用できる。
京都ダ千四は昨年5月に現級を走り2着。
良馬場で1:22.6の好時計を叩き出し、
上がり3Fも36.2秒と優秀な数字をマークした。
前々走も東京ダ千四で0.1秒差の2着と安定。
当時も不良馬場の高速決着だった。

あとは鞍上さえ...四位洋文さえやる気を出して乗ってくれれば...!

○メイショウマシュウ
▲スノードラゴン

◆京都2R 3歳未勝利
◎ベストサーパス

芝→ダート替わりの前走でしっかり狙えたこの馬を再び。
今度は圧倒的人気を背負うだろうが、
速いスタートから先行できる脚があるので展開に左右されることはない。
他の有力馬が外枠に入ったのも幸運。ここで決めるだろう。

○アシュヴィン
▲エーシングッデイ

勝ち負けに持ち込めそうな馬が極めて少なく、
最も注意すべきと思っていたアシュヴィンも外枠に行ってしまった。

あとは小倉で入着してきたサントスシチー、モンテビアンコあたりだが、
それよりも新馬5着のエーシングッデイが立ち回り次第で差し込んできそう。

◆東京11R 共同通信杯
◎ゴールドシップ

土曜日のヴィルシーナがクイーンCを勝ち、
ますます勢力は膨らむばかりのディープインパクト産駒。
ここも大本命ディープブリランテが支持に応えるのか――

いや、そうはさせまいと立ちはだかるのがゴールドシップ。
ステイゴールド×メジロマックイーンの黄金血脈を宿した芦毛が、
クラシック戦線に殴り込みをかける。

札幌2歳Sではグランデッツァに、
ラジオNIKKEI杯2歳Sではアダムスピークに敗れたが、
どちらも脚を余してのもの。
どうしてもダッシュが鈍く、後方からのレースになってしまうのが課題だが、
初めての東京コースで本領を発揮できることだろう。

瞬発力勝負にもメドを立てて、
「クラシック有力候補」の肩書きを手にしてみせる。

○ディープブリランテ
▲スピルバーグ

ディープブリランテの2連勝は派手ながら荒削り。
前走の東スポ杯2歳Sをどう捉えるかだが、
3馬身差をつけたことよりも、
むしろ口を割りっぱなしだった点を見過ごしてはいかんだろうと。
休養を挟んでコントロールが効くようになっていれば話は別だが、
まだ疑わなければならないだろう。

明日は競馬場へ行くので、
ゴールドシップをアタマにしたエキシビション馬券も買いたいですね。

的中率80%まであと12連勝...

◆京都3R 3歳未勝利
◎ジョナパランセ

芝→ダート替わりを狙うのが有効という話はしたものの、
ここでサンライズロイヤルを抜テキするのはやや不安。
連闘で勝ちに来たジョナパランセを素直に信頼。
新馬戦では後ろからの競馬になったが、
前走はやや強引ながら先行策に成功し内容面で安定感を増している。
ただ粘り込むだけではなく、そこそこ速い上がりを使えるのも魅力的。

川田将雅も今日は固め打ちが期待できるラインナップですし。

○サンライズロイヤル
▲スズカルパン

実績的にはスズカルパンが厄介なのだが、
なぜか頼りないジョッキーばかり乗せてくる。
今回も減量が効くとはいえ昨年2勝のアンチャン。
ハマればやられるかもしれないが、とてもじゃないけどアテにはできない。

◆京都5R 3歳未勝利
◎アドマイヤフライト

初戦はマジカルツアーの3着。
前残りの馬場では差を詰めるのもままならなかったが、
エンジンがかかってからの脚には見どころがあった。
マンハッタンカフェ×トニービンの組み合わせなら、
京都の2200mが向かないはずがない。
息の長い末脚でしっかり前を捕らえてくれるはずだ。

○オウケンプレスリー
▲クランモンタナ

1番人気はクランモンタナのようだが、
勝ち切るには現状かなり手詰まりの感があり、
距離延長に望みを託したようだがプラスに転じるとは思えない。

◆東京6R 3歳500万下
◎ミルキーブロード

世の中には知らないお馬さんがたくさんいらっしゃる。
「コリンブレッセをどこまで信用できるか」をテーマに検討を始めたこのレースで、
まさか違う馬をピックアップすることになるとは。

今回と同コースの東京ダ千四で初勝利。
当時に負かした馬の中に、
カリスマアキラやコウセイコタロウ、ラシークなど、
後に未勝利を勝ち上がった馬がおりレベルは低くなかった。

また前走のからまつ賞では差し馬がゴール前で台頭する流れを、
残り1Fから押し切りにかかる正攻法でタイム差なしの3着。
その2着馬は何度も現級で好走しているヴィンテージイヤーと、
こちらもまたレベルの高さを示す一戦だった。

中山開催はパスして、恐らくここに狙いを定めての参戦。
もちろんコリンブレッセやオオミカミなど関西馬は強力だが、
こちらは走り慣れたコースで戦えるアドバンテージがある。
安定したレースぶりも含めて、勝負を託す価値のある駒だと判断した。

○コリンブレッセ
▲オオミカミ

もちろん高性能コリンブレッセは有力。
ただ、左回りや長距離輸送が初めてな部分が気がかり。
意外なポカがあるかもしれない。

◆京都10R 松籟S
◎ロードオブザリング

「松籟」を「しょうらい」と読めるようになったのも競馬のおかげです。
もっとも競馬以外で「松籟」を目にしたことは未だに一度もありませんが。

さて、前走で久々にこの馬らしさを見せてくれたロードオブザリング。
見立て通り、下り坂を利用してジンワリと加速していくのが得意で、
なおかつ極端に上がりが速くならないこの時期の芝もマッチする模様。
形の上では昇級戦になるが、
昨年のこのレースでの2着を含め準OP【0.2.0.0】と格負け感は一切なし。
トップハンデ57kgを危惧する声もあるだろうが、
そもそも昨年56kgで走っており実質当時と同斤量。
(※4歳馬はこの時期1キロもらえるので)

死角は見当たらない。

○タニノエポレット
▲トパンガ

馬場がシフトしたことで、
前残りが厄介なウォークラウンの粘りを消してくれるのはありがたい。
最大の敵は切れ者タニノエポレット。

昨日のウイニングサルートは直前まで[1.0-1.1]だったのでパス。
確定したら[1.1-1.1]になってたので軽く身悶えたが、
110円を取り逃すこと自体はそこまで大きいダメージではない。
しっかりしろ。

◆京都9R 春日特別
◎レッドセインツ

内外の進路の差だけでわずかに敗れた逢坂山特別が終わった直後に、
Bコースに替わったら自信を持って狙おうと決めていた。
土曜の京都競馬を見た限りでは先週までと明らかに状態が違う。
すべては予定通り。

C.ルメールを確保した角居勝彦陣営も「本気」。
しっかり決めてもらおう。

○カルドブレッサ
▲ドリームクラフト

相手なりに走れるカルドブレッサが対抗勢力だが、
勝ち切るにはもうひと押し欲しいのが正直なところ。

ドリームクラフトは前残り馬場を意識して先行した前走で4着。
本来の差す競馬で逆襲に出るが、距離はマイルがベストかも。

ここ失敗しなかったら松籟Sのロードオブザリングいきますんで。

◆京都7R 4歳上500万下
◎ハリケーン

休み明けの前走で2着。
勝ち馬が内をうまくすくったのに対し、
4角で大外を回されたのが勝敗を分けた。
立ち回り次第では勝てていた一戦だった。

未勝利を勝ったのが新潟の不良馬場。
また、休養前には1.52:1でレックスパレードの2着があったりと時計勝負にも強い。
多少折り合いを欠いたとしても、力で押し切れると判断。

○アドマイヤカーリン
▲ステキナシャチョウ

湿ったダートが向きそうなアドマイヤカーリンと、
近走不振も実績あるステキナシャチョウが相手候補ですけど余裕かと。

◆京都11R 平安S
◎エスポワールシチー

表向きにはフェブラリーSのステップ、実情はG3での賞金稼ぎ。
エスポワールシチー陣営のモチベーションは低くない。
この舞台、この相手なら問題なく勝つ。

15番枠を引いたと知ったときにはちょっと心配もしたものだが、
テンの速さを比較すれば恐らく3番手くらいで1角に入れるはず。
前にいるであろうトウショウフリークを3角手前くらいから捕まえにかかれば、
あとはいつものスタイルに持ち込める。

○スタッドジェルラン
▲アドマイヤロイヤル

対抗しうるのは、まともに先行勝負する馬よりも、
馬群の内でこっそり立ち回りながら脚をタメる馬。

◆中山11R AJCC
◎ルーラーシップ

先週のトゥザグローリーに続き、厳冬期のG2に一線級が登場。
もちろん勝算があってのことだろうし、
使うからには勝つという意気込みも当然ながらあるはず。
素直に鉄板と見ていいだろう。

ただ、おそらくスローペースでペース判断が難しい上に、
ゲートが悪くて後ろからになるであろう脚質、
加えて「不良」にまで悪化した馬場状態を考えると、
なかなか不確定な要素も混在しているなと考えさせられて――

馬券を買うのは見送っておこうと思う。

きのう「2012年度代表クソ騎乗」の有力候補にノミネートされた福永祐一も、
何かやらかしそうじゃないですか。

○ゲシュタルト
▲ナカヤマナイト
☆ネヴァブション
△トーセンレーヴ
△ミステリアスライト
△リッツィースター

別にいいんだけどアブソリュートが騙馬になってた。
この期に及んでタマ取ったところで、
どこまで効果があるんだろと思ったり。
ただ、現状ではどうせ種馬にはなれないんだし、
わずかな望みにかける気持ちもわからんでもない。

これまたけっこういい配当が見込めるんよなあ...
まずまず自信あるんだけど。

◆京都12R 4歳上1000万下
◎ケイアイヘルメス

メイショウマシュウに食い下がり、アンヴァルトに2馬身先着した2走前だけ走れば勝負になる。
ポイントは展開。
もしも前が崩れるようならトキノエクセレントやムスタングリーダーの台頭を許すことになるが、
今回のメンバーならそこまで競り合うことにはならなさそう。
4枠の2頭が前をうかがい、外からラガーリンリンが出てきそうで、
その直後が取れれば問題なく力を発揮できるだろう。

最初の3Fを35秒台で入れれば。

○トキノエクセレント
▲ムスタングリーダー

やはり最大の敵はトキノエクセレント。
前走はスムーズに馬群を捌けずに終わり、
あれで2着に来るあたりは力の証。

あとは脚質に徐々に幅が出てきつつあるムスタングリーダー。
今回も不利なく回ってこられれば圏内突入もある。

2回続けて1番人気を裏切っているペガサスヒーローはまた捌きづらい内枠。
運が良ければ抜けても来られるだろうが、アテにはしづらい。
素質だけならガムランに目がいくものの、
さすがに長期休養明けで初距離初コースではハードルが高すぎる。
ここを叩いて東京開催で全力投球が陣営の意図だろう。

◆京都11R 大和S
◎ケイアイテンジン

このレースで勝負圏内にいるのは4頭。
3連勝中のアルゴリズム、ユニコーンS勝ち馬アイアムアクトレス、
堅実な末脚が武器のマルカベンチャー。
そして...

その中でも単騎先行が見込めそうなケイアイテンジンはかなり有力と見る。
昨日も書いたように前走は先行勢が総崩れのペースで逃げてしまった。
それでも、最後は差し馬の追い上げに屈したとはいえ0.6秒差。
2着馬とは0.2秒差に過ぎず、評価を下げるような内容ではなかった。

今回は同型アドバンスウェイがいるが、
前走で控えて結果を出しており、無理な競り合いは避けられそう。
だいたい前半3Fを34秒台前半で行ければ勝ちパターン(前走は33.9秒)。

戦績が不安定で、自分の形に持ち込めないと脆い分、配当の妙味もありそう。
ただ、決して「おいしい」と思って買うわけではない。
あくまでも「堅い」と判断した。ただそれだけ。

○アルゴリズム
▲アイアムアクトレス

アルゴリズムはあれよあれよという間に本格化。
前走も余裕を感じさせる内容で、ここも通過していくかも。
時計の裏付けがない分がどうか。

アイアムアクトレスは叩かれての上積みに望みを託すが、
案外、古馬相手だと普通に厳しいのかも。
こちらも一度ちゃんとした結果が欲しい。

もう一頭、マルカベンチャーは展開不向きと見たが。

◆京都7R 4歳上500万下
◎アルバトン

きょうは予定通りコレで。
昨年1月に同条件で現級を圧勝。
さすがにあのレースは展開もドンピシャで過剰に評価はできないものの、
近走も安定した内容が続いており、
それが得意のコースに替わればもうひと押しが見込める可能性は高い。

加えて現在の京都ダートはパサパサで上がりのかかるレースが続いており、
これもこの馬にとっては好材料。

軽く前が競り合ってくれれば昨年の再現も。

○ドリームマジシャン
▲オーヴァージョイド

1000万下でも2着のあるドリームマジシャンが強敵。
実は最後までこの馬を買うか迷ったのだが、
外枠とプラス体重が気になって評価を下げた。
それでも、こちらも上位争いは必至。

底を見せていないオーヴァージョイドも含めて有力。
この3頭の争いが濃厚では。

説明し忘れていましたが、
予想エントリは重賞+馬券購入予定のレースを対象としています。
ここでアップしてもドタキャンする可能性もありますが、
まあそんなことはどうでもいいですよねw

◆京都9R 許波多特別
◎ロードオブザリング

実績の割に現級での成績がパッとしないが、
恐らくこれは不敵な条件を使われていたため。
全3勝を含む6戦【3.1.1.1】と崩れていない京都外回りで、
下り坂を利用したロングスパートに入れば結果はついてくるはず。
今の馬場なら極端に上がりが速くなることもないと思うので。

ただ、ここ2戦ちょっとゲートが良くないのがもごもご...

○ナリタプラチナ
▲エーシンミラージュ

相手なりに走れて、京都外回りが向きそうなナリタプラチナと、
本格化傾向のエーシンミラージュが要注意。
どちらかといえばヒモ穴的な位置づけだけど。

降級のエクセルサスやメイショウウズシオは、まだ本調子にないと判断。



ちなみに京都5Rのクランモンタナと迷ってます(´・ω・`)

◆京都11R 京都金杯
◎サダムパテック

希望通り5枠10番をゲット。
ここなら仮にゲートで後手を踏んでも、
意識的に前との差を詰めていくことができるだろう。

昨年があまりにも極端な前残りだったせいでその印象が強いが、
元から京都金杯は脚質に関係なく勝負ができるレース。
恐らく今回は中団からの競馬になると思うが、
問題なく実力を発揮できることだろう。

通算【2.0.3.0】の「金杯男」岩田康誠は、
08年、10年にこのレースを勝っており今年は勝つ番。
いい縁起はどんどん担いでしまおう。

○マイネルラクリマ
▲シルポート
☆ショウリュウムーン
△オセアニアボス
△ダノンシャーク
△ライブコンサート

気になるのはマイネルラクリマ。
マイル戦だと強いメンバーでも崩れない。
京都得意のチーフベアハート産駒だし、実際OPの勝ち星もある。
恐らく4角は◎よりも前で回ることになるから、
これが最大の標的となるだろう。

シルポート、ショウリュウムーンはそれぞれ自分の型にハマれば強い。
高配メイカー武豊は穴馬とのコンビでこそ要警戒。
コソコソと差して着を狙うキャラで最内枠が味方しそう。



今年も馬券は複勝オンリーですが、
現地参戦時のみエキシビジョン馬券を買います。
◎−○▲☆−○▲☆△△△の3連複などいかがかと。

それでは、明日お休みの方もお仕事の方も、よい競馬を。

↑このページのトップヘ