「人生、無事是名馬」|雑談系競馬ブログ

2006年創刊の雑談競馬ブログ。主に毎週のレースや好きな馬・ジョッキーについて。時に野球やドラクエについて熱弁。

タグ:2012ダイジェスト

|RACE REPORT
■12月23日
◇中山10R:有馬記念(G1)/3角最後方から怒涛のマクリでゴールドシップ古馬も撃破!
普通に勝つ、という選択肢はこの馬には存在しないのだろうか..w
3角最後方から怒涛のマクリで、古馬の強豪を打ち破ったゴールドシップ。
今回は久々にゲートも悪く、
もちろん行き脚もつかないものだからいつも通り後方を追走。
そこそこペースが流れてくれたおかげで助かった部分もあったが、
それでもあの位置からのスパートで間に合うどころか、
最後は突き放すとか規格外すぎる。
本当にこの馬には「バテる」という概念がないのだろうか。
勝つ度に驚かされるばかりだ。
詳細は回顧エントリで。


◇中山7R:ホープフルS/またシンボリクリスエス産駒 サトノネプチューンが2連勝
エピファネイアの出現で風向きが変わりつつあるのだろうか。
シンボリクリスエス産駒のサトノネプチューンが、
単勝7番人気の低評価を覆してデビューから2連勝。
最内枠からロスなく立ち回り、
直線で空いたインを突くムダのないレースぶり。
追い込んできたカミノタサハラ(3着)の脚色も目立ったが、
このセンスは優れた武器となる。
余談ながらラルプデュエズと同じレースでデビューした馬ということで、
何となく印象には残っていたが一躍クラシック候補に名乗りを上げることになるとは。


■12月24日
◇阪神11R:阪神カップ(G2)/阪神1400mといえば!職人サンカルロ連覇達成 
サンカルロの職人ぶりたるや。
「いつも通りですよ」と言わんばかりに、
後方で脚をタメての直線勝負でまとめて差し切った。
これで阪神カップは3歳時から4年連続の参戦で【2.1.0.1】と素晴らしい成績。
ただ単にコース形態が合うというのではなく、
芝の内が荒れやすい開催後半で、
なおかつスプリント路線の馬が多く集まりペースが流れやすいと、
諸々の条件がガッチリと噛みあうのが好相性の裏付けだろう。
今年は高松宮記念で2着があったが、
中京1200mと阪神1400mはリンクしやすいようで来年も要注目。
ちな2着がガルボでエア予想的中。馬連万馬券ですか..ははっ。


◇阪神9R:万両賞/ノーブルコロネット連勝ならず 次走で前進に期待
ここを勝てば一躍、桜花賞路線の主軸にと期待したが、残念ながら3着。
サッと好位を取るレースぶりは非常にスマートなもので、
だからこそ勝ち切ってほしかったというのが本音。
とはいえこれで終わったわけではない。
ライバルと見られたオツウには一応先着しているし、
どこかでうまく賞金を加算して大舞台を目指してほしい。


◇中山11R:フェアウェルS/ホッコータルマエ主役の競馬もグランドシチーの追込みに屈す
JCダート3着馬ホッコータルマエ。
断然人気馬の宿命らしく他馬の目標にされながらも直線半ばで先頭に立ったが、
外からグランドシチーの強襲に遭い2着。
この秋2戦の内容、戦ってきた相手のレベルからすれば押し切ってほしかったが、
やるだけのことはやれたのではないだろうか。
また来年、大きい舞台を目指して頑張りましょう。1年間お疲れ様でした。



■12月22日
◇中山11R:中山大障害(JG1)/熊沢重文快挙達成 マーベラスカイザー新たな王者に
「踏み切って..ジャンプぅ!」でおなじみの山本直也アナが、
ゴール直後に熊沢重文の名を叫んだ。
平地・障害それぞれで実績を積み重ねてきたベテランが、
両方の戦地でG1制覇という快挙を成し遂げた。
パートナーはマーベラスカイザー。
出世レースとして名高い京都2歳Sの勝ち馬が、
またもG1タイトルを手にしたことになる。何か違うけど。
出走全馬が障害をクリアし完走、
12歳馬スプリングゲントの4着善戦など見どころの多い一戦でした。
普段はチラ見程度のジャンプレースなのでこの程度の振り返り。


◇阪神11R:ラジオNIKKEI杯2歳S(G3)/エピファネイア3連勝 課題の折り合いに収穫
2戦目の追い切りくらいから「折り合い」という課題が見えてきたエピファネイアにとって、
その芽は早いうちに摘んでおかねばならなかった。
そして、解決。たいしたセンスですわ。
超スローで流れたこともあり、
1角を過ぎるくらいまでは鞍上もやや手綱を引っ張りがちに見えたけれども、
その後はお互いに息の合った走りを見せ、
直線に向く段階ではもう前との差は歴然。
前も楽をしていたので着差はつかなかったが、
きっちりと競り落として無傷の3連勝を飾った。
ゴール直後は正直あまりピンと来なかったんだけれども、
これ気づけば皐月賞まで持っていかれてもおかしくないなw
どうか陣営は育成失敗しないように。

2番人気のキズナは意外にも引っかかり気味。
外からエピファネイアが迫ったところですでに手応え劣勢だった。
どうにか食い下がったが、
最後はバッドボーイにも差し返され3着。
負けたのはさておきとして、本賞金加算に失敗したのは痛手だろう。

ラウンドワールドはゲートの失敗が全て。
きさらぎ賞あたりが条件的にはハマりそうなので、兄弟制覇に期待。



|TOPICS
◇四位洋文が「油断騎乗」で23日から30日間の騎乗停止に
土曜阪神5Rでの出来事。
勝ち馬に大きく離されての2番手入線が濃厚だったブリュネットの四位洋文が、
だいたい残り100m弱くらいで追うのをやめてしまい、
スピードが緩んだところをエーシンラクーンに差されてしまった。
昨年2月に黛弘人がメジロガストンに騎乗した際のアレといえばわかりやすいだろう。
ツイッターで「四位が油断騎乗で30日騎乗停止」という情報が流れたきたもんだから、
慌てて動画を確認したところ、まあ妥当というか。
若駒のデビュー戦で馬場も良くない状況だけに、
少しでも負担を軽減させてやりたいという気持ちもわからないではないが、
馬券の結果に大きく影響する着順だけに弁解の余地もなかろう。
それに何よりも、四位ほどの実績あるジョッキーが、
こんなボーンヘッドを犯しているようではアカン。
昔タニノギムレットの皐月賞で最後まで追わなかった分だけ、
タイガーカフェを交わせなかった(仮説)ということもあったが、
「四位ならやりかねんな」というミスを本当にやってどうするのかと。
馬をいたわるのは大事だけれども、それと同等に馬券を大事に考えてほしい。
そこに投入されるお金が競馬を動かすエネルギーになっているのだから。


◇有馬記念でエイシンフラッシュの鞍上が急遽変更に
日曜の朝に衝撃が走った。
M.デムーロが病気のため乗り替わり、エイシンフラッシュの鞍上は未定と。
ほどなくして代打は三浦皇成が務めると発表され、
ツイッターのタイムラインには色々な感情が渦巻いていた。
三浦くん、見せ場バッチリ作ったようによく乗ったと思いますよ。
それにしても12月の騎乗ゼロで行方をくらましている安藤勝己待望論の噴出にはワロタ。


◇幸さんの年間騎乗数日本記録は「1081」まで更新
これもう破れないだろwww
勝ち星は75勝で、キャリアハイだった03年には惜しくも及ばなかったものの、
全国11位、関西では6位と堂々の結果を残した。
G1で有力馬に乗れるようなジョッキーではないけれども、
安藤勝己や藤田伸二、四位洋文そして武豊と、
かつてのリーディング上位騎手が数字を落とす中、
淡々と勝ち鞍を重ねていく様子が何とも彼らしいというか。
来年も、ケガなどのアクシデントに見舞われることなく、ご活躍をお祈りしております。


◇月曜阪神競馬場で「炎のウィナー」や「サラブレッド・マーチ」が復活
これは現地で聞けた人がウラヤマシイ。
事前に告知してくれたら行った..かもしれない。かも。
グリーンチャンネルが無料放送だったから聞けたけど。懐かしくて軽く感動した。
こういう復刻ファンサービスは来年以降もぜひよろしくお願いします。



|MEMO
>12月22日
・リヤンドファミユ2戦目で順当に初勝利。問題は次以降。
・阪神5R新馬戦で圧勝のイリュミナンス。フラガラッハの下で今後注目。
・モグモグパクパクが早くも3勝目。強いw
>12月23日
・阪神7R500万下はエックスマーク−アドマイヤバラードのハイレベル決着。
・ガンジス、スムーズな競馬で人気に応える。買わなかったけど。
>12月24日
・ニキーヤの仔リグヴェーダ新馬勝ち。本当コンスタントに走りますね。
・タイムパラドックス産駒の代表格タイムズアローが1年以上の休み明けで勝利!
・武豊の2012年最後の勝利はクィーンリヴィエラ。
・福永→横山典でアルゴリズム巻き返しに成功。ファイナルS勝ち有終の美を飾る。

|RACE REPORT
■12月16日
◇中山11R:朝日杯FS(G1)/ローエングリン産駒の伏兵ロゴタイプが大本命撃破し2歳王者に
単勝1.3倍と圧倒的支持を受けたコディーノ。
やや折り合いを欠きながらも前を射程圏に入れながら直線に向き、
懸命に末脚を伸ばしたのだが――
結果はまさかの2着。
デビューから鮮やかな勝ちっぷりで連勝街道を歩んできたが、
ここでストップがかかることになった。

立ちはだかったのはロゴタイプ。
単勝34.5倍、7番人気の伏兵だった。
ベゴニア賞で2勝目を挙げての参戦だったが、
函館2歳S、札幌2歳Sではともに4着に敗れており、
世代のトップ級が集うこのメンバーでは注目が集まらないのも当然だった。
しかし、外枠から好スタートを決めると、
出入りが激しい先行争いをジッと好位で流れに乗り、
早め先頭からそのまま押し切った。

父はローエングリン。
現役時代はマイル路線の名脇役として長く活躍したが、
いかんせん種牡馬としては地味なスタートで、
初年度産駒は振るわなかったが、
2年目の少ない産駒が何とこのレースで1、3着の大活躍。
この孝行息子たちによって、来年度の環境は大きく変わることだろう。


◇阪神5R:2歳新馬/ケイティープライド新馬勝ち 名牝系の出身
ヒシアマゾンやアドマイヤムーン、あるいはスリープレスナイトらを輩出した、
ケイティーズの牝系は本当にクズを出さないというか、
コンスタントに活躍馬を出しますね。
しかも仕上がりも早い印象がある。
母ケイティーズギフトとディープインパクトの間に産まれたケイティープライドも、
その例に漏れない非凡なセンスを見せての新馬勝ち。
重賞クラスまで行けるかどうか、今後に注目。


◇阪神11R:ベテルギウスS/ハートビートソング1年半の休養明けで復活の勝利!
なかなか足元の具合が芳しくなく、
順調に使えないハートビートソングだが実力はOP特別の枠に収まるものではない。
今回は11年宝塚記念以来1年半ぶりの実戦だったが、
まったくブランクを感じさせない内容の勝利だった。
当然、本領発揮は芝でこそなのだが、
コンディション的に当面はダートを使う方がいいのかもしれないね..



■12月15日
◇中京11R:愛知杯(G3)/先手奪ったエーシンメンフィスがそのまま逃げ切り!
前半1000mが64.5秒と超スローで逃げたエーシンメンフィスが逃げ切り勝ち。
主導権を強気に取りに行った川須栄彦の勝利。
2着も2番手のサンシャインがそのまま残る「行った行った」の決着で、
いかにも展開だけが味方したように見えるが、
後ろも同じような上がりの脚しか使えておらず、
上位人気の馬も展開の不利をひっくり返すまでの力は持っていなかったということだろう。


◇阪神5R:2歳新馬/名血出身タブレットが好位から軽快に抜け出す
母スカーレットと聞くとあの一族を思い出すが、
こちらはバレークイーンをルーツに持つ良血。
追い出されてからの反応が機敏で、
外へ膨れながらも後続を楽に突き放しての完勝。


◇阪神9R:猪名川特別/クランモンタナ新境地開拓 待機策から末伸ばし快勝
これまで先行粘り込みのパターンが多かったが、
今回はゲートでやや後手を踏んだこともあって後方から。
しかしそれが奏功したのか、今までにない末脚で馬群を抜け差し切り勝ち。
やや伸び悩み気味の超良血馬の才能開花なるか。


◇阪神11R:リゲルS/好相性のコースでハナズゴール豪快に差し切り
ハナズゴールは成績だけ見るとただのムラ馬だが、
使われ方が独特なだけでマイル前後の距離だとコンスタントに走る。
チューリップ賞で大駆けを決めた阪神マイルで、マウントシャスタ以下を一蹴。
もしあの桜花賞回避がなければ、
ジェンティルドンナの三冠はもしかしたら..ごにょごにょ。


◇中山9R:ひいらぎ賞/善戦キャラのマイネルホウオウが2勝目
オープンで善戦してきたマイネルホウオウが2勝目。
きんもくせい特別で接戦を演じたゴットフリートが朝日杯でも3着したように、
レベルの高い相手といい勝負をしてきた力通りの決着。
この馬はスズカフェニックス産駒。マイナーな種牡馬の仔が活躍するのはいいですね。



|TOPICS
◇渡辺薫彦ら今週引退のジョッキーがラストラン
厩舎制度のなんたらの影響で、
早くにしてステッキを置く騎手が増えてきていますが、
今週も6人のジョッキーがラストランを迎えました。
中でも印象的だったのは、やはり渡辺薫彦。
ナリタトップロードで栄光と挫折を味わった一連のドラマは、
ちょうど僕が競馬にグイグイとのめり込んでいく時期だっただけに思い入れも強い。
もちろん、いい思い出ばかりではないだろうが、
名馬との出会いがなければ、
もっとひっそりとターフを去ることになっていたかもしれないと思うと、
やはり人生を変える出会いだったのだろうなと改めて感じた。



|MEMO
>12月16日
・フレイムオブピース500万下を圧勝。これ強いやん。
・コリンブレッセの復帰戦は出遅れもあって大敗。ついでにゲンテンも大敗。
>12月15日
・ハリケーン楽勝。僕が買った時だけコケた。
・カレンケカリーナは2着。今度は差す競馬で。
・香取特別でキングブレイクが圧勝。先手を取れればこんなもんよ。
・ベールドインパクトがディセンバーSに出ていたのを知らなかった。快勝。

ロードカナロア、香港スプリント優勝!!
早速ですが動画をご覧ください。お願いします。

■【HKIR】LORD KANALOA won the 2012 LONGINES Hong Kong Sprint


いや、強いっすわ。圧勝。
今年はとんでもない化物はいないし、いい勝負になるかなとは思っていましたが。
事前にエントリも書いていましたし、期待に応えてくれてうれしいです。
間違いなく歴代最強クラスのスプリンター。
スプリンターズSを勝った時は「まずは国内制覇を」と願ったもんですが、
これなら海外を視野に入れながらの道のりを歩んでほしいもの。
本当にスカッとした気分です。ありがとう。

続きを読む

わたくし土曜は静岡ヤマハスタジアムまで行って参りまして、
ガンバの降格を見届けてきました..
ちょっとまだ実感がわかないし気持ちの整理もつきませんが、
今日はジャパンCダートやら競馬ぼんやり見てると少し気も紛れました。
競馬、いいですね。ニホンピロアワーズおめでとう。


|RACE REPORT
■12月2日
◇阪神11R:ジャパンCダート(G1)/ニホンピロアワーズ強すぎワロタwww
いい勝負にはなると思っていたけど、まさか勝っちゃうとは。
それも4角持ったままで先頭に並びかけ、直線で後続を3馬身半も引き離す圧勝。
ニホンピロアワーズ強すぎワロタwww

未勝利を勝った時にその存在を知り、
以後何度も馬券を買って世話になってきた馬の初G1を、
当たり馬券という形で記念に残せなかったのが残念。
それどころかワイド2点しか買っていないのにそのタテ目を食らうとか、
チグハグもいいところ。
こういうレースの馬券を取るにはどうすればいいんですかねえ。


◇阪神4R:2歳未勝利/ラルプデュエズ3着 後方から差を詰めるも届かず
いい脚は使ってるんだけどねえ。
今回もダッシュがつかず後方からの競馬となり、
勝ち馬アクションスターを見る形でレースを進めたのはよかったが、
ラスト1Fで脚色が鈍くなり逆に突き放されてしまった。まあ完敗ですね。
先週のノーブルコロネットに続く二匹目のどじょう狙いで単勝持ってたんだけど。
もちろん見どころは十分にあるし、悲観する内容ではないんだけれども、
血統的背景からはそろそろダートからお呼びが掛かってもいい頃。
続戦かどうかも含め、陣営の判断に注目。


◇阪神5R:2歳新馬/ラキシス新馬勝ち 見慣れない勝負服だが果たして..?
かつて「伝説の新馬戦」と呼ばれた阪神開幕週の芝2000mで、
抜群の切れ味で初陣を飾ったのがラキシス。
こちらもディープインパクト産駒です。牝馬。
あまり見慣れない勝負服ですが、
JRA-VAN調べによると現在所有馬はラキシスを含め2頭。
もう一頭のレディオスソープも500万下を勝っており、
なかなか引きの強い馬主さんが新たに出現したか。
2頭ともノーザンファーム産なのでいい得意先なのかもしれないけど。
あ、社長を務めていらっしゃる会社のサイト見つけた。パチ屋じゃなかった。


◇中山11R:ターコイズS/サウンドオブハート復活 そういえば中山マイルは実績あるコース
桜花賞4着後、骨折で休養していたサウンドオブハートが見事に復活。
そういえば中山マイルは芙蓉Sを快勝したコースで、
阪神JFの有力馬へと躍り出た縁のある舞台だった。
来年の京都牝馬Sで頑張ってほしい。馬券買いたい。騙されそうだけど。



■12月1日
◇中京11R:金鯱賞(G2)/オーシャンブルーのイン強襲 上昇馬が上位を独占
ダノンバラードが意外にも逃げを打ち、各馬様子をうかがいながら追走する展開。
直線入り口で空いたインコースを、
C.ルメールのオーシャンブルーが逃さずに突き抜け快勝。
2着にも同じく馬群を割って伸びたダイワマッジョーレが入り、
まだ重賞経験の浅い上昇馬によるワンツーフィニッシュとなった。
ついでの3着のアドマイヤラクティも重賞初挑戦と、
グレード別定のG2にしては珍しい決着。
ただ、全体的にどう評価していいかわからないですねこれ。


◇中山11R:ステイヤーズS(G2)/トウカイトリック(牡10)、悲願のステイヤーズS制覇
いわゆるディープインパクト世代である。
同期の三冠馬とは、4歳時に阪神大賞典や天皇賞で対戦した。
トウカイトリック、牡馬10歳。
若い頃から長距離適性を見出され、
5歳時には春の天皇賞でメイショウサムソンの3着に入るなどトップクラスで善戦した。
その後も3000m以上のレースを中心に組まれる特殊なローテで、
重賞タイトルはダイヤモンドSと阪神大賞典を手にした。
しかし、この馬に最も似合う重賞であるはずのステイヤーズSは、
06年に初挑戦してからこれまで5回、どうしても縁がなかった。
6度目の正直。たぶん、これまでで最も相手に恵まれた顔ぶれだったことだろう。
それを踏まえても、10歳での重賞勝ちは立派の一語に尽きる。
ずっと現役で持ち続けた内村正則オーナーや、
松元省一厩舎から引き継いで開業当時から管理する野中賢二厩舎の勝利でもある。
しょぼいメンバーであまり興味のないレースだったが、いい結末が待っていた。


◇阪神9R:ポインセチア賞/息詰まるマッチレースはサマリーズに軍配
若きダート馬たちの登竜門的な一戦。昨年はキズマ圧勝で盛り上がった。
今年は東京の新馬戦を圧勝したヴォルカニックが人気を集めたが、見事に揉まれ込んで大敗。
外から末脚を伸ばしたサマリーズが未勝利戦に続いて2連勝を飾った。
時計も1:25.3なら悪くないかな。

内で食い下がったダノンレジェンドも、さすが圧勝デビューしただけはある。
年明け2日目に平場の500万下(ダ千四)があるのでそこ狙いでいいでしょう。


◇中山7R:3歳上1000万下/スノードラゴン案外伸びず ダッシャーワンは2連勝
「今週の鉄板」としてピックアップしたスノードラゴン。
まあ教科書通りのレースはできたんですけど、案外伸びず。
それ以上にダッシャーワンの末脚が際立っていた。
トレボーネが4着でワイドはずれ。



|TOPICS
◇幸さんが自身二度目となる年間1000回騎乗を達成
こないだ別エントリでも書いたけど、無事に通過。
次は自身の年間記録「1008」の更新だ。
土曜は阪神のメインを制すなど2勝を挙げ、
どうにか勝ち数のキャリアハイ「76」越えもギリギリ視野に入れつつ。
最終週は3日間開催なので、もしかしたら。
かみゆき降りてこい。



|MEMO
>12月2日
・サクラアルディートOP入り。京都金杯参戦あるか。母セダンフオーエバーは偉大。
・JRAのお知らせにケイティーズジェム鼻出血とあって久々に成績見たら残念なことになってた..。
>12月1日
・アメージングタクト戦線復帰。2着ならもう間もなく勝ち上がれるはず。
・休養明けファントムライト快勝。サンデーレーシングののオペラハウス産駒という異色の存在。
・葉牡丹賞で圧倒的人気を集めたインプロヴァイズ失速。故障でもなければいいが..
・ベストサーパスが残念なことになってきた。休み明け3着の後、2戦続けて完敗..

きょうは今季最終開催日の京都競馬場に行って来ましたよと。
土曜の万博が寒かったもんだから厚着していったら暖かすぎワロタ。
初めてレジャーシート敷いてゴロンしてたんですけど、これ気持ちいいわw
来年、暖かくなったらまた行こうず。

ジャパンCの盛り上がりもさることながら、
ヤマニンウイスカーの巨額配当に対するリアクションが凄かったぜ!w

続きを読む

|RACE REPORT
■11月18日
◇京都11R:マイルCS(G1)/武豊の意地 サダムパテックでイン強襲 マイル王へと導く
混戦のメンバー構成らしく、直線は横一杯に広がっての勝負。
大外からドナウブルーが差を詰め、
ワンテンポ遅れて追撃を開始したグランプリボスと競り合う。
その内からスルスルと抜け出してきたのが、白い帽子の武豊。
単勝4番人気のサダムパテックが、秋のマイル王の座に輝いた。

ジョッキーにとっては丸2年ぶりの中央G1制覇。
あの時もローズキングダムでの繰り上がりによる優勝で、
会心の勝利といえば一体いつ以来の話になるだろう。
ムチをスマートに振るうあのガッツポーズが、本当に懐かしく感じられた。

全盛期に比べれば勝ち鞍は激減。
トップクラスの馬を任される機会もほぼ皆無となった。
この勝利があったところで、時代の流れに抗うことは難しいだろう。
それでも..武豊が再びG1を勝つことができた。
その事実が何よりの朗報だった。
明日どこかの新聞、一面で扱ってくれないかな..スポニチとか。


◇福島11R:福島記念(G3)/ダイワファルコン重賞初制覇 5歳世代の名脇役
これぞ福島のハンデ戦重賞。
3角過ぎからのマクリ合戦は迫力があった。
それを4角先頭から押し切ったのが、単勝1番人気のダイワファルコン。
ヴィクトワールピサの皐月賞や、
前走で天皇賞に挑戦するなど5歳世代の名脇役として奮闘中だが、
ようやく初めての重賞タイトルを手に入れた。
この先も直線の短いコースを中心に、ますますの活躍が期待される。


◇京都5R:2歳新馬/大外からハッピーモーメント 3頭の接戦を制する
カレングラスジョーとピュクシスの叩き合いに、
馬場の大外を通ったハッピーモーメントが追い込んだところでゴール。
わずかに出ていたのはR.ムーアのハッピーモーメント。
かなり極端に外を通っていたが、それが幸いしたか。
父はディープインパクトで、母系を辿るとダイナカールを持つ血統。
成長が見込めればクラシック戦線の本格派として名乗りを上げられそう。
ちなみに牡馬。



■11月17日
◇東京11R:東スポ杯2歳S(G3)/コディーノ無傷の3連勝 朝日杯は決まったか
コディーノ3連勝。
ソツなく好位を取れる機動力と、
鞍上のゴーサインに即座に反応できる俊敏性が抜けている。
小気味のいいピッチ走法から繰り出される末脚も高水準。
これは朝日杯FSは決まったか。
京王杯2歳Sのエーシントップと1点勝負でよさそう。09年の再現。
ただ、来季を見据える上で本当に朝日杯狙いが賢明な判断なのかは..
2歳で一度ピークまで作ってしまうと、
そこからの調整が難しくなることは過去の2歳王者の足跡が物語っている。
まあ、そのあたりは復調気配の藤沢和雄厩舎の手腕の見せどころだろう。

2着のレッドレイヴンは最速の上がりを使っている。
こちらは恐らく次は使い分けられると思うが、
いかにも共同通信杯とか取れそうで。
サトノノブレスは明暗を分ける形となり6着。
こんなところで終わるとは思えないが..


◇京都5R:2歳未勝利/強力メンバー制したのは1番人気ライジングゴールド
初勝利間近で足踏みしている馬や、
新馬戦で1位入線を果たしながら降着処分になった馬、
あるいはOP特別で2着に入った馬など、
かなりの強力メンバーが集まった一戦。
制したのは単勝1番人気のライジングゴールド。
勝敗を分けたのは位置取りの差が大きかったようにも思うが、
これなら上のクラスでも見劣りせずやっていけるのでは。



|TOPICS
◇2013年度の春季番組が決定 ダービースタリオンズSって何だw
来年度の春季番組が決定。
もう「あれ?朝日チャレンジCは??」みたいな目に遭わないよう、
最低限は予習しておかなければ。
簡単な変更点をまとめておく。

・東海Sがオークス週から従来の平安S週に。開催地は中京に戻る。
・それを受けて平安Sが5月に。
・シンザン記念ら1月の重賞が全体的に1週前倒しに。
・復刻 ダービースタリオンズSの開催

昨年ほど大きく変更はなかった模様。
気になるのは、やはりダービースタリオンズSの開催。
いわゆる「ダービー馬」の産駒のみが出走を許されるという1000万下の番組。
こんなんあるんですねえ。


|MEMO
■11月18日
・ティーハーフ2勝目。武豊とのコンビ復活を待っていたかのようw
・ジョヴァンニ強すぎw 不良ダートとはいえ1800mで1分50秒切りは秀逸。
・ネオウィズダム千四で2勝目。コレジャナイ感すごい。

■11月17日
・キングベイビー馬群を割って新馬勝ち。トランセンドの半妹。
・ミリオンフレッシュ外から鮮やか差し切り。サドラーズギャルの3×3近親配合。
・ドコフクカゼ竹之下智昭が断然人気のクリソライトを負かす。カアチャンコワイの馬主さん。
・キズマ休み明けでも楽勝。そりゃ1000万下なら力が違うよね。
・タイセイシュバリエも準OP卒業。どっちも買えばよかったよ..

ゴールドシップの菊花賞パネル届いたでー。

■パネルきたー!!



ギャロップさんで3,500円也(だいたいA4サイズ)。
どうですか皆さんも一枚。

続きを読む

|RACE REPORT
●11月4日
◇東京11R:アルゼンチン共和国杯(G2)/ルルーシュ鮮やかに ようやく重賞初制覇
4歳秋にして「ようやく」という表現を使うのはややハードルが高いか。
いや、それだけルルーシュに対する期待は大きかった。
2年前に札幌2歳Sで4着と善戦しながら、
その後は長い休養などもあり出世が遅れたが、
今季は春から順調に使われ、ようやく一つタイトルを手に入れた。
マイルを使われたり、やや迷走気味な部分もあったが、
今後はこの前後の距離でG1を目指すことになるだろう。
近年はやや勢いに陰りの見える藤沢和雄厩舎だが、
先日の札幌2歳Sを制したコディーノや、
いちょうSを制したフラムドグロワールなど巻き返し傾向にあるし、
この日は東京競馬で特別3連勝も達成と着実に立て直されつつある。

2着はムスカテール。
これまで実績を残してきた上がり勝負になったのも味方して、
昇級戦でも結果を残すことができた。
マヤノトップガン産駒としては最後の希望となりつつある現状、
今後の活躍に期待したいところ。
そんなわけで馬券的には嫌った上位人気2頭のワンツーという恥ずかしい結果に。

なお1番人気に推された◎ギュスターヴクライは6着。
競走中に右前浅屈腱不全断裂と大ケガを発症してしまったようだ。
たぶんこれ復帰は難しいレベルの重傷のはず..
まだまだ伸び盛りにもかかわらず、残念なことになってしまった。


◇京都11R:みやこS(G3)/止まらないローマンレジェンド6連勝でJCダートへ
単勝1.4倍と圧倒的支持に応えてローマンレジェンドが重賞2連勝。
直線では前が壁になるシーンもあったが、進路が開けてからの伸び脚は際立っていた。
ある程度は前に付けられる機動力があり、
なおかつ常に最速級の脚で上がれる瞬発力、
ダート馬らしからぬ反応の鋭さ。
このへんが周りとは一味違う。
JCダートへ向けても視界は良好。
ただし、消耗戦になった時にこれまでと同じ脚が使えるかは要検討。
課題が残っていることも忘れたはならないだろう。

◎ニホンピロアワーズがよく頑張ってくれたおかげで馬連げと。
ソツなく先行して、最後までバテずに食い下がった。
たぶんこちらはハイペース歓迎のタイプなので、
JCダートでもヒモ穴には狙えるのではないかと。
3着にもホッコータルマエが入って、僕としては大満足。
こちらは久々ながらダッシュが速くなっており、
自分の形に持ち込みやすくなっていた。今後も楽しみ。

ハタノヴァンクールはダート初黒星。
うまく馬群はバラけてくれたが、さっぱり伸びず。
休み明けだけで片付けていいのかわからない凡走だった。


◇京都10R:渡月橋S/ナガラオリオン連勝! 強力メンバーを退けOP入り
春に昇竜Sで3着に善戦するなど高い素質を見せてはいたが、
1000万下→準OPと連勝で完全に軌道に乗った。
メイショウマシュウ以下、強いメンバーを負かしてのもので、
これは今後に向けても楽しみが膨らむ。
まだスタートが良かったり悪かったりなので、
そのへんが安定してくれば。
ちなみにこのレースは安藤勝己が騎乗予定だったが、
直前のレース後に負傷したとのことで、
前走まで手綱を取っていた国分優作とのコンビ継続が急遽決まった。



●11月3日
◇東京11R:アルテミスS(新設重賞)/初代ウィナーはコレクターアイテム 阪神JFへ弾み
今年から新設された2歳牝馬の重賞。
日程や距離からすれば赤松賞の上位互換ということになるが、
さすが重賞だけあって実績のある駒が多く集まった。
そんな中、デイリー杯2歳Sで4着と善戦していたコレクターアイテムが、
単勝1番人気の支持に応え優勝。
ロスなく内を回って末脚を伸ばす、人馬一体となった勝利だった。
須貝尚介厩舎は今年の2歳戦線も好調。
京都で新馬戦を勝ったオツウと合わせて阪神JFを狙うか。


◇京都3R:2歳未勝利/ラルプデュエズ3着も勝ち上がりにメド 次こそは
サトノプレシャス、オーキッドレイに次ぐ3番人気での出走で3着。
ゲートを出て一完歩めにつまづくような感じでフットワークが乱れ、
後方からのレースになってしまったが後方からよく差を詰めた。
鞍上のゴーサインにもスムーズに反応できていたし、
次あたりで順番が回ってきそうな内容だった。
残り100mくらいで内にヨレて立て直すロスもあったし。


◇京都5R:2歳新馬/インパクト充分のデビュー戦 その名はオツウ
ジャスタウェイで昨季のクラシック戦線を賑わせた緑と黒の勝負服が、
今年も優秀なハーツクライ産駒を送り込んできた。
その名はオツウ。圧倒的人気に応えて新馬戦を快勝。
ほとんど馬なりのまま外から差し切るその内容は、
先日のエピファネイアのそれにも近いインパクトがあった。
いや、この馬は強いわ。阪神JF使うようなら楽しみ。



|TOPICS
◇ブリーダーズカップターフに挑戦のトレイルブレイザーは4着
見せ場は十分だったんですけどねえ。
300mにも満たない直線コースで、
早めに先頭に並びかける形はベストに近いものだったと思うのですが、
最後は脚が止まってしまいました。
鼻出血対策などの事情もあってのアメリカ遠征でしたが、
一定の成果は得られたのではないかと思います。


◇和田竜二がJRA通算800勝を達成
そろそろ彼らの世代もベテランと呼ばれる時期に差し掛かりつつありますが、
いいジョッキーになりましたね和田さん。
いわゆる玄人受けするというか、職人肌の乗り役に成長しました。
テイエムオペラオーからもう10年以上ですもんねえ..
ちなみにセレモニーでは「僕より勝ってる後輩もいるので」と言ってたみたいですが、
ざっと調べてみたところあなたより若くて数多く勝ってるのは、
栗東では池添謙一くらいです。
そんなに対抗心を燃やさなくてもいいと思いますw



|MEMO
・タマモベストプレイがデビュー2連勝。POG指名馬候補だった。
・デスペラード芝で切れたwww 上がり3F32.8秒www
・京洛S勝ちのサドンストーム、デビュー2戦目からずっと勝浦正樹なのか。
・バーバラ3連勝。名前が好きだバーバラ。マダンテ。

日曜は頼もしきガンバサポたちと西中島南方の河川敷でバーベキューしてきたで。
淀川アンダーザブリッジ。
朝から降ってた雨も昼過ぎには一旦上がって、
おいしいお肉とお酒でキャッキャしてきました。
簡単に「おいしいお肉」で済ませるのがもったいないほどのクオリティ。
BBQマスターがどこからか仕入れてこられるのですが、
これはなかなかよそでは食べられませんよ。
しかもパエリアとかカレーとかもありますからね。
どうですか皆さんも一度ご一緒に。(そうもいかない)

最近ちょっと土日が足りないんですけど。

続きを読む

ガンバサポ仲間と菊花賞に行ってきました。
みんなに馬券の買い方など教えて差し上げながら、
実に健全かつ賑やかに競馬を楽しむことができました。
菊花賞は総動員でゴールドシップ軸の馬券を買っていたもんですから、
それはそれは相当なプレッシャーでしたけれども、
無事に大役を果たしてくれました。さすが。
まあ、スカイディグニティを拾えた人とそうでない人で、
明暗が分かれてしまったのは言うまでもない。

僕はガッチガチの単勝と馬連をほんの少し。
思い切って3連単で勝負してもよかったんですけど、
「ゴールドシップは勝ったのに馬券が当たってない」という状態だけは避けたかったので。
まあ、今回は儲けられるマッチメイクでもありませんでしたから。続きを読む

あとちょっとやったのに..オルフェーヴル。

■【凱旋門賞】オルフェーヴル悲願ならず 残り20メートル差された(スポニチ)

何がガックリくるって、すごい脚色で一気に先頭に立ったもんだから、
「勝てる」じゃなく「勝った!」と確信させられたのが余計に。
ほんまに悔しいですわ。

宝塚記念前に散々こき下ろしたせいでバツが悪い思いをしてきたけど、
それは一旦置いといて、日本調教馬初の快挙達成を全力で願いました。
ゴールの直後はさすがにショックが大きかった..

気性の難しさなど注文のつく部分はあれど、
こと競走能力に関しては歴代トップクラスの駒を用意したにもかかわらず、
なおもその挑戦を跳ね除けるとか凱旋門賞ハードル高すぎ。

どうしてもディープインパクトとの比較になってしまうのだが、
当時は敗戦後、突きつけられた現実を前にどうしようもない無力感に襲われたものだった。
ディープインパクトでもダメだったのか、と。
だが不思議なことに、
今回に関しては妙に前向きというか、
「これもうすぐ勝てるで?」という自信のようなものが芽生えた気もしている。
オルフェーヴル級のスキルを持った馬などそう簡単には現れないのに。

これは何となく、オルフェーヴル自身が来年もロンシャンの地に挑みそうな、
そんな予感があるからかもしれない。

とりあえずお疲れ様やでオルフェーヴル。
2着を「健闘」だと感じさせなかったことが、これだけ悔しがらせてくれることが、
おまいの強さの証だと思うよ。
続きを読む

スプリンターズSについては別エントリをご覧あれ!

|RACE REPORT
●9月30日
◇中山5R:2歳新馬/ワナビーザベスト初陣は3着 末脚には見どころあり
このところ動きがストップしていたPOG馬として5頭目のデビュー。
ステイゴールド×メジロマックイーンの配合で密かに話題となり、
超ソフトな調教過程ながらも2番人気に支持されたが3着。
スローペース&前残り馬場だっただけに、
後ろからの競馬になってしまったのが痛かった。
それでも末脚には見どころがあったし、
そう悲観するほどの内容でもなかったかな。
ぼちぼち行きましょう。


◇中山9R:芙蓉S/最後方からサンブルエミューズ! 豪快に差し切り勝ち
新潟の未勝利戦を5馬身差で逃げ切り、
1番人気に支持されていたサンブルエミューズ。
今回は出遅れて最後方からの競馬となったが、
徐々に差を詰めると直線で末脚一閃。
鞍上の岩田康誠がウキウキでガッツポーズを見せるほど、
派手な勝ちっぷりだった。
2年目のダイワメジャー産駒も好素材を送り込んだものだが、
密かに母方の祖母にキョウエイマーチの名があるのもツボ。



●10月1日
◇阪神11R:ポートアイランドS/3歳馬オリービン 休み明けながら鋭い決め脚を発揮
NHKマイルC4着など重賞善戦の実績馬オリービンが、
初めての古馬相手ながら鋭い決め脚を発揮し快勝。
ダイワメジャー産駒いい感じすね。
一方レッドデイヴィスがなかなか復調せず。
最後も伸びそうで伸びずに終わっており、
気持ちの面で前向きになれずにいる印象。



9月29日
◇阪神11R:シリウスS(G3)/ナイスミーチュー連勝で初重賞
余裕たっぷりの手応えで直線に向いて、
ヤマニンキングリーとの叩き合いを制した。
連勝で初重賞制覇。
正直やや相手に恵まれたとは思うが、
まだ5歳だし下級条件で走っていた時期も長かったので、
消耗もそこまで大きくないはず。
さらなる成長に期待。
ちなみに橋口弘次郎厩舎の中央ダート重賞勝ちは、
03年ユニコーンS(ユートピア)以来、通算でも2勝目。
ユートピアは国内外、交流重賞で大活躍したが、
基本的にはダート巧者とはあまり縁がない厩舎ですよね。


◇阪神9R:ヤマボウシ賞/アップトゥデイトが2勝目を挙げる
ダートの新馬を勝った後、
中京2歳Sでは7着に敗れていたアップトゥデイトが2勝目を挙げた。
昨年までの番組ならしばらくは芝しか選択肢がなかったところを、
こうして救済策が設けられたのはナイス改革。
プラタナス賞にばかり強いのが集まることもなくなるでしょう。



|MEMO
・レッドアリオンまた2着。この血統にしては本領発揮は遅め?
・シュガーヒル師匠と呼んでもいいですか。
・コウセンが新馬勝ち。サンライズマックスの弟。

|RACE REPORT
●9月23日
◇阪神11R:神戸新聞杯(G2)/皐月賞馬の貫禄 ゴールドシップ圧勝!
まだ仕上がりには余裕あるだろうし、カッコつけてくれれば程度に思ってたら圧勝w
いくら相手が楽だったとはいえ、思った以上にだいぶ強かった。
相変わらずダッシュが鈍く後方からの競馬になった時はヒヤヒヤしたが、
ある程度、前がいいペースで引っ張ってくれたこともあって事なきを得た。
残り1Fで早々と先頭に立った時点で勝利を確信。カッコよかったぜ。
菊花賞に向けてのお話は、ちょっと別エントリでさせてもらおうかと。
ガチガチの人気になると思うけど、それなりに不安もあるから。

ヒストリカルも気にはしていたんだけど、一瞬おっと思わせたもののあとは失速。
いかにも距離が長そうな負け方で、
菊花賞は仮に出たとしても多くは望むまい。カンパニーもそうだった。


◇中山11R:オールカマー(G2)/豪雨も味方にナカヤマナイト 2つ目の重賞ゲット
3角からの手応えが抜群すぎてヤバかったw
そりゃ元々実績上位ですし、道悪も得意やないですか。
AJCCも極悪馬場だったし、あの日本ダービーでもちゃんと走れてた。
直線入り口でダイワファルコンと並び立ち、
あとはそれらを引き離すだけ。
1番人気ルルーシュは内で伸びを欠く中、結果的に格の違いを見せつけた。
府中の真っ向勝負だとさすがに分が悪いが、
有馬記念で伏兵台頭あるんじゃないかと。
ダコールは馬場がコレだとかわいそうでした。OPでもやれると思うし良馬場で見直す。


◇阪神5R:2歳新馬/ハーツクライ産駒マジェスティハーツ 武豊を背に新馬勝ち
単勝1.6倍の支持に応えて完勝。
ソツなく2番手から抜け出す内容に完成度の高さを見た。
メンバー強化される特別戦でも互角にやれるのではないか。



●9月22日
◇阪神2R:2歳未勝利/ネオウィズダム初勝利 自らペースを握り逃げ切る
新馬戦は2着に終わったが、2戦目できっちり。
自らペースを作り、
2歳馬にしては厳しいラップを刻んで逃げ切った。
この後はどう成長していくんでしょうねえ。
まだまだ上積みありそうですけど。


◇阪神11R:大阪スポーツ杯/馬群に揉まれても怯まず ガンジスが末脚伸ばし差し切る
5番枠からのスタートで序盤から内に包まれ、
勝負どころの3角過ぎでは外から先にマクられ動くタイミングが遅れるなど、
非常に厳しいレースだったが、それでもアルゴリズムをあっさり差し切った。
いやーこれは強いよ。


◇阪神12R:3歳上500万下/フクラムサイフやりおった!途中からハナ奪い大逃げ成功
小倉では人気を裏切り負債ばかり膨らませていたフクラムサイフがやりおった。
向こう正面でハナを奪うと、そのまま大逃げを打って押し切った。
見ていても面白いレースでしたぬ。



|TOPICS
◇浜中俊が初めての年間100勝&JRA通算400勝を達成
もはや売り出し中とかそういうレベルでなく、
リーディング争いを続けているように、誰もがその実力を認めるレベルまで到達した。
どこかでG1獲れないかなー。ずっと言うてるけど。



|MEMO
・アロマティコいい脚使ったんだけどね。秋華賞は抽選かの?

3日間開催お疲れ様でした。
月曜日にガンバサポな人々と阪神に遠足してきましてね。
普段あまり来られない方にも楽しんでもらえればと思ったのですが、
果たしてどうだったのでしょうか。
もう少し細かく教えて差し上げればよかったのか、
それとも今日みたいに放任主義で好き放題やってもらった方がいいのか、
軽く悩みましたがたぶんこんな感じでいいのでしょう(断言
次は菊花賞ツアーを企画中。
少しでも競馬に興味のある人を増やせたらうれしいなと思う日々であります。

続きを読む

もう夏競馬も終わっちゃうねえ。
馬券とは距離を置きながらの付き合いでしたけど、
それなりに楽しめた気がしています。
そして最終週、ガンバの遠征ついでですけど小倉に参戦します。
たぶん土曜日。早めに上がるかもしれませんが。
05年以来7年ぶり。楽しみにしてよ。



|RACE REPORT
●8月26日
◇札幌11R:キーンランドC(G3)/ハナ差の接戦はパドトロワに軍配!夏の短距離王座に
内枠から好発を切りそのまま逃げたパドトロワに、
その直後から脚を伸ばしたダッシャーゴーゴーが迫ったところがゴール。
ハナ差の接戦はパドトロワに軍配が上がり、
重賞2連勝でサマースプリントシリーズ優勝を決めた。
緩急をつけたレースはあまり得意ではなさそうな印象だが、
真っ向勝負なら簡単に負けないしぶとさがセールスポイント。
昨年カレンチャンの2着に善戦したスプリンターズSで雪辱を狙う。

ダッシャーゴーゴーはすっかり勝ち運に見放されてしまった。
安田隆行厩舎としては、強力な手駒がG1で控えているだけに、
G3はこの先兵で制しておきたいところだっただろうが..

シュプリームギフトは力負けの4着だったが、それでも十分に健闘の域。
ディープインパクト産駒の一番星が、やや遅ればせながら輝きを放ち始めている。


◇新潟11R:新潟2歳S/大外からザラストロ 迫力満点の末脚で重賞ゲット
エア本命が当たってドヤ顔とかすんません。
いや、外から差してきたザラストロは「いかにも新潟2歳S」な勝ち方でしたね。
ホワイトマズルっぽい。


◇小倉5R:2歳新馬/ほぼ馬なりでクラウンレガーロ新馬勝ち
小倉開催も残り2週となり、新馬を下ろすレベルも落ち着いてくる頃か。
それにしてもクラウンレガーロの勝ちっぷりは目を引くものがあった。
好スタートからスッと番手に控え、ほぼ持ったままで先頭に立ち2馬身半差。
幸さん余裕ぶっこいててワロタ。
これ調教代わりで小倉2歳S連闘あるんじゃね?と思ったら登録してるし。
出てきたら期待。


◇小倉11R:小倉日経オープン/ダローネガ復活 秋は再び重賞戦線へ
春は2戦してサッパリだったダローネガが見事に充電成功。
古馬相手にOP特別を制し、再び重賞戦線へと名乗りを上げた。
好位に控えて末脚を伸ばす内容もなかなか味のあるもの。
幸さんいい仕事しました。たぶん代打でしょうけど。



●8月25日
◇札幌11R:エルムS(G3)/火の出るような一騎打ち ローマンレジェンドが重賞初制覇
新星ローマンレジェンドと、古豪エスポワールシチーのマッチレース。
3番手以下は、もうはるか後方。2頭だけの世界。
最後は外のローマンレジェンドがわずかに先着。
5連勝で重賞初制覇となった。
激しい先行争いをあえてやり過ごして中団に控え、
徐々にポジションを押し上げていくスマートなレースぶり。
やはり一戦ごとに成長しておる..新しいチャンピオン誕生あるで。

敗れたとはいえエスポワールシチーのレースぶりも立派なものだった。
斤量が3キロ差ある中で、最後まで意地を見せた。
ふとアリスの「チャンピオン」が脳内再生されましたけどね..



|TOPICS
◇川田将雅が4日間の騎乗停止に
土曜小倉8Rで複数の馬が巻き込まれる事故が発生。
その発端となる進路妨害を犯してしまった川田将雅が4日間の騎乗停止処分となった。
うーん、秋競馬の開幕に出遅れる形になってしまったのは残念。
落馬した騎手の乗り替わりも発生しているし、反省ですな..
僕が言うことでもありませんけど。

◇浜中俊が日曜小倉の単勝1番人気5クラで全敗
今週も3勝はしたんだけど、日曜日が勝ち切れなくて。
前にも少し話したけど、回収率で言えばきっと非効率的な数字になってると思う。
秋以降も、あえて嫌うタイミングを探りながら馬券を買うのも得策かも。



|MEMO
・ナリタスーパーワンまた2着..もったいない。もう次がラストチャンスに近いで。
・ノーブルジュエリー新潟で2着。相変わらずもどかしいすなあ。
・サンライズプリンス2年4ヶ月ぶりに復帰。このまま終わるな!

今年は色々と今までの習慣が途切れた夏でしたが、
とうとう高校野球も見に行かないまま夏が終わりそうです。
昨年までは何らかの形で一度は観戦に訪れていたはずですが、
いや待てよ、昨年もあんまり記憶にないな..?

調べてみたら行ってなかったwww

だって暑いもんね。しかも朝早いもんね..言いたい放題。
いや本当は、龍谷大平安が勝ち進んでれば今日の夕方行こうと思ってたんですよ。
でも負けちゃったし。などと外的環境のせいにしてしまおう。

来年こそはちゃんと行こう..と思うんだけどねえ。
続きを読む

ども、おはようございます。
土日とも競馬ほぼ完全スルーで出かけておりました。
関屋記念のスピリタスをはじめ、
注目馬がなかなかいい結果を残していて、うれしい限り。

続きを読む

今週は注目馬エントリまでサボっちゃいまして。すんません。
理由は簡単に言うとモチベーションの低下に他ならず、
ブログだけでなく競馬もじっくり予習する気が起こらんくてですね。
まあ、年に何度かあるパターンですw
日曜とか家にいる時間にレース見てたら、
「あ、こんなん出てたんや」と気付かされるケースが何度かあって。
馬券どうこうじゃなくて、楽しむ機会をロスしてもったいないなと。

そんな日だからでしょうか、
トーセンラーとホッコータルマエが「目を覚ませ」と言わんばかりに頑張ってくれたので、
来週はまた頑張ろうと思います。
新馬戦とかね。後からVTR見てても楽しいけどやっぱり事前に情報は仕入れておきたい。

とりあえず関屋記念はドナウブルーが気になる!続きを読む

●7月28日
◇札幌11R:クイーンS(G3)/アイムユアーズ文句なし お手本通りの好位差しで快勝
実績的にも斤量的にも有利な条件が揃っていたとはいえ、
アイムユアーズがお手本通りの快勝で秋への好スタートを切った。
ジェンティルドンナ、ヴィルシーナと相手は手強いが、
この自在性が秋華賞では大きな武器となりそう。
鞍上はこのまま池添謙一で行くんですかね?

2着は最後方から直線勝負にかけた12番人気のラブフール。
オークスでの故障から復帰してきたミッドサマーフェアが3着と善戦。
コスモネモシンはいい感じで4角まで来ていたが直線バッタリ。
プラス20キロと大きく馬体が増えていたのも影響したか。


◇小倉11R:KBC杯/グッドマイスターやらかす 大出遅れで完敗
グッドマイスター最強や!準OPも楽勝で突破や!と息巻いて単勝1.7倍。
終わってみればとんだ食わせ物でした。今回に関しては。
最後方で2角を回り、そこから思い切ってマクることもできず、
3角から外を回して追い上げるも届かず。そりゃそうよ。
この先もちょっと手を出しづらい駒になっちゃいましたね。


◇新潟5R:2歳新馬/母はサンドリオン シャスターデイジーが新馬勝ち
06年夏に本格化、紫苑Sを制し秋華賞にも駒を進めたサンドリオンの仔が新馬勝ち。
その母はシネマスコープにあたるわけで、ダート王トランセンドの姪っ子になる。
芝砂ある程度は両方こなす血統らしく、ひとまずは芝で快勝。
父はアグネスタキオンという配合からも、当分は桜花賞を目指すローテになるのかな。



●7月27日
◇小倉8R:小倉サマージャンプ(JG3)/デビューの地でエムエスワールド躍動
昨年もこのレースに挑戦し4着だったが、1年越しのリベンジ成功。
05年夏に小倉で圧勝デビューを果たしてから7年、
今もこうして元気に走れているのは立派です。
高田潤も落馬負傷から戻ってきて早速の重賞制覇。おめでとうございます。


◇新潟5R:2歳新馬/シェイクザバーレイ完勝!将来性感じる大きなフットワーク
今週は個人的にはこの勝利に尽きますね。
楽に3、4番手を追走して、ジョッキーが追い出すまで余裕しゃくしゃくの手応え。
ゴーサインが出てからは大きく弾むフットワークで前を捕らえ、
最後まで力強く脚を伸ばした。
大きく飛ばす馬がいたおかげもあってか、タイムは1:35.5とまずまず優秀。
次は新潟2歳Sを視野にとのことだが、
今後もマイル以上でその持ち味が生きてくることは間違いなさそう。


◇札幌5R:2歳新馬/こちらも欧州血統ラトーナが人気に応えて新馬勝ち
牝系をたどると欧州の種牡馬と同じ血統の持ち主になるらしいが、
そんな良血牝馬が人気に応えてデビュー勝ち。
ゆくゆくは繁殖としての期待も高いだろうし、
無事に、もちろん好成績を目指してキャリアを積み重ねてほしいもの。


◇札幌11R:TVh賞/ムーンリットレイク ここは力が違うとばかりに逃げ切り
ディープインパクトの初年度産駒として、
まだ頭角を表しきれていないがやがてはその代表格になれそうな馬。
昨秋からやや長い休養を取っていたが、復帰戦は逃げ切り。
確かにもっと上のクラスで早く走りを見たい。


|MEMO
・エアワンピースが何だかんだで準OPまで来た。ジューダ級やと思ってたのにw
・ホクセツダンスが千七で2連勝。短距離で惜敗の歴史は何だったのか。
・ホッコーガンバが札幌で4馬身差圧勝。こんなとこでガンバの完コピいらんw

土曜日に淡路島に行ってきたんですよ。ぶらりと。
お昼にステーキ食べようと予約してたお店に行ったら..

■なかなかいいご趣味のマスターで
P7210473

何も知らずに行ったもんだからオレ歓喜w
他にもビワハヤヒデの蹄鉄やら、
フジノマッケンオー(と同じ馬主さん)の勝負服やらが飾ってあって、
それはもう凄いマニアっぷりでした。
食事を頂いた後、お暇そうだったので少しだけ話をしたんですけど、
それを待っている間の嫁の冷ややかな視線が忘れられません。
続きを読む

オルフェーヴルの仏国での鞍上がC.スミヨンに決まったようですね。
まあ、賛否両論あるみたいですし、
自分なりにどこかのタイミングで意見も残しておこうと思うのですが、
とりあえず宝塚記念前にさんざんこき下ろしてしまった手前、
「がんばれオルフェーヴル おれたちの夢」みたいに担ぎ上げるのもバツが悪くて。

とりあえずチラ見だけさせておくと、
「また外国人に乗り替わりか。また競馬ファンが減るんじゃないの?」というスタンスとは、
正反対であることだけは間違いありません。続きを読む

|RACE REPORT
●7月8日
◇中京11R:プロキオンS(G3)/これは参ったトシキャンディ単勝万馬券の逃げ切り
完全にノーマークでした..
テイクアベットを上回るダッシュでハナを奪い、そのまま逃げ切り。
前半3F34秒ちょうどと決して楽なペースではなかったのだが、
(※ちなみに昨年ケイアイガーベラがツブれたのが33.9秒)
坂を上がったところでもうセーフティリードを築いていた。
2番手以下で追いかけた馬も失速しているだけに、余計にその強さが際立つ。
とにかく参りました。2年連続で伏兵の大駆け。

◎シルクフォーチュンは最後方からのスタイルはいつも通りでも、
ゲートでボコっと出てしまい、いくら何でも離されすぎ。
大外から最速の上がりで突っ込んではきたものの、5着が精一杯だった。
1番人気のファリダットは3着。どうせなら勝ってくれれば面白かったのに。


◇福島11R:七夕賞(G3)/トーセンラー惜しくも2着 皐月賞馬のチームに屈する
福島で久々の勝利を狙ったトーセンラーだが、
3角過ぎから思うように動けず直線入り口では絶望的なポジションまで後退。
そこから大外に持ち出され猛然と前を追ったが、惜しくもハナ差の2着に終わった。
あそこまで行ったなら勝ってほしかったけれども、
馬場も悪く条件的には決して向いているとはいえない状況下で、
あれだけ走れたのは収穫があったと見ていい。
馬券は買えなかったが、次に勝つレースで喜びを共有したい。

勝ったのは内田博幸−須貝尚介厩舎コンビのアスカクリチャン。
単勝14番人気。こちらも完全にノーマークでした。


◇中京10R:木曽川特別/カフナ敗れる 幸さん通常モードへ
今週の幸さんは有力馬ズラリのラインナップだったが、
惜敗ばかりが重なる通常モードへと戻っていました。
さようなら、かみゆきさん。また会う日まで。
池江泰寿厩舎の有力馬まで回ってきてこりゃ大変だと思っていたら、
案の定というか、ゴール前で小牧太のムスカテールにやられ2着でした。


◇福島10R:彦星賞/イジゲン強いわ 古馬相手にマクリ楽勝
イジゲンほどのスターホースが出ていたにもかかわらず、
レース当日までそれに気づかないとか何やってんの自分。
しかもキングブレイクも一緒に出てるし。
にしても強かったですね。
相変わらずゲートは遅いけど、3角すぎから一気にマクって進出。
スピードに乗りすぎてだいぶ外に膨らんでたけどw
並んでからはムチ不要の脚色で楽に差し切った。
今年の3歳ダート戦線マジ豊作。


●7月7日
◇中京11R:関ヶ原S/ダノンバラード完勝 降級戦でようやく惜敗続きに終止符
実績通りといえばそれまでですが、完勝でしたね。
あのラジオNIKKEI杯2歳S以来、約1年半ぶりの勝ち星。
パワーを要する馬場も得意ですし、文句なしでした。
次は中京記念かな?引き続きチャンスではないかと。


|TOPICS
◇今週の武豊【0.6.1.9】
見ててもどかしいというか、何というか..
どちらかといえば、よく伏兵を連対圏まで持っていているという印象で、
決して取りこぼしている感じはない。
例えば土曜メインのワルキューレなんか、
馬場の一番いいところをちゃんとセレクトして通っているんだけど、
いかんせん勝ち馬との能力差が歴然すぎてどうしようもなくて。
そしてダントツ人気の日曜最終ローゼンケーニッヒは伏兵の大逃げにやられるという..



|MEMO
・アドマイヤレイ福島ダートで2勝目とか盲点にもほどがあるw
・ベストサーパスが復帰戦でいきなり3着。これは期待!
・柴田善臣のディサイファは2着まで。次はユタカさんかな?
・コスモユッカ未勝利おめ。新馬戦でゴールドシップの2着。
・函館ダ千七でホクセツダンスが勝ってた。知らなかった。
・ミッキーエールが未勝利に続き500万下も連勝。
・マルターズグロウヴ福島の外差し馬場なら勝つよねー(知らなかった)
・ホッコーガンバ4着。もどかしい。

今週はあまりちゃんと見られなかったので、
レースの振り返りは日曜のメインだけだ。

|RACE REPORT
●7月1日
◇中京11R:CBC賞(G3)/マジンプロスパー快勝!阪急杯に続く重賞2勝目ゲット
好位抜け出しの教科書通りの勝ちっぷり。
ハンデ差もあったとはいえ、G1常連のダッシャーゴーゴーらに完勝。
これで阪急杯に続く重賞2勝目で、
スプリンターズSは主役級の一頭として迎えることになりそうだ。
勢力の入れ替わりが激しいスプリント界なら一気にG1取りもあるで。

それにしても2着にはスプリングサンダーが突っ込んでくるし、
しっかりダッシャーゴーゴーも3着に粘るし、
予想エントリの印が◎○▲で決まってものすごーく複雑な心境。
「買わなきゃよかったの後悔よりも、買えばよかったの後悔の方がマシ」は金言だが、
ここまで鮮やかにやられるとねえw
とりあえず「新中京千二は阪神千四とリンク」は覚えておこう。
高松宮記念1、2着馬のカレンチャンもサンカルロも阪神千四の重賞を取ってる。


◇福島11R:ラジオNIKKEI賞(G3)/ディープインパクト産駒連覇 今年はファイナルフォーム
京都、阪神の外回り無双など、
産駒2世代にして早くも父の適性に似た傾向が出始めているディープインパクト産駒だが、
その観点から言えば意外な小回りハンデ重賞のラジオNIKKEI賞連覇を成し遂げた。
中山で行われた昨年はフレールジャック、そして今年はファイナルフォーム。
いずれも狭いコース設計ながら自慢の決め脚を存分に発揮してのものだった。
ところでファイナルフォーム。
前走の進路妨害が物議を醸したことで一躍有名になってしまったが、
さすがは東の名門・堀宣行厩舎の秘蔵っ子らしく高いポテンシャルを持っている。
今回は戸崎圭太の好騎乗もあってその力をうまく発揮できた感があるが、
安定して結果を残すにはもう少し心身とも成長が必要だろうか。


◇函館11R:巴賞/ルルーシュ格上挑戦実らず惜しくも2着に敗れる
藤澤和雄厩舎最後の希望として注目しているルルーシュ。
あえて格上挑戦に踏み切ったのも秋のG1戦線を睨んでいるためであろう。
単勝1番人気に支持され、
ここから重賞で賞金加算を目論んだが..惜しくも2着。
抜群の手応えで4角を回ってきたが、
序盤やや行きっぷりが良すぎたせいもあってか追われてからの伸びが今ひとつ。
ピタリとマークに遭っていたトウカイパラダイスに内をすくわれてしまった。



|TOPICS
◇かみゆき が あらわれた!
土日中京で23鞍と相変わらずの鉄人ぶりだが、
人気馬も人気薄もまとめてドンと5勝の固め打ち。
土曜メインのグリグリ人気を飛ばすあたりはさすがだが、
マジでキャリアハイを狙えるんじゃないかと期待させられる。
正直、武豊よりいい馬回ってきてるもんね..何か申し訳ないっすw


|MEMO
・コアレスドラードのハナ差負けが何とも哀愁が漂っていた..ユタカさん..
・メイショウアカフジ全然あかーん(´・ω・`) 走ってほしい血統なのに。

上半期しゅうーりょー!!
何か馬券は3月くらいまではまずまずいい感じだったんですけど、
それ以降ガタガタっと来てしまい結局また負け組です。平常運転です。

でもゴールドシップは皐月賞を勝ってくれたし、
そのおかげで日本ダービー遠征までさせてくれたし、
数年後に振り返って「ああ、あの年ね!」と強く印象に残ってくれることでしょう。


|RACE REPORT
●6月24日
◇阪神11R:宝塚記念(G1)/オルフェーヴル怒りのリベンジ だが釈然としないのは何故..
結果はご存知の通り。
チート級の強さを見せていた四冠馬の単オッズが320円とか、
普通ならまずお目にかかれないはずの配当。
それだけオルフェーヴルの行く手には暗雲が立ち込めていた。
よくぞ、この逆境を跳ね除けたものだなとその底力にはまず感心した。
だが、そこまで感情を高ぶらせるものがなかったのも正直なところ。

その理由を色々と探してみたんだけど、
結局は「自作自演」な雰囲気が、どうも釈然としないのかもしれない。
天皇賞大敗からのリベンジに大成功したわけだが、
それも逆算すれば阪神大賞典でおかしなことになったのが引き金となっていて、
そもそもその原因の一部に陣営の不手際があったことは明らか。
乗り役だってそりゃ色々と苦しい想いをしてきただろうけど、
少なからず批判を浴びうる失敗を犯したわけで、
それで「キツかったです」とか言われても「知らんがな」と..

オルフェーヴルが勝ったのは本当によかった。
まだ闘う気持ちが十分に残っていることを証明してくれた。
もしここでまた大きく負けていたら、
現役続行の道すら危ぶまれたのではないかと思うし。

最後に一つだけ。
「中途半端な状態のオルフェーヴルが出てきても馬券の駒として厄介なだけ」、
と書いてしまったが、フタを開けてみれば買うにせよ消すにせよ、
十分に妙味のある配当をつけていましたね。
馬券を検討する際には非常におもしろかったのではないでしょうか。


◇阪神12R:加古川特別/ハリケーン逃げて壮絶に止まる
揉まれるのを嫌ったのか気分良く行き過ぎたのか、
タメて味のあるハリケーンが逃げる形となってしまった。
当然、人気馬が自ら標的となってしまっては後続にとって格好の餌食。
4角で早々と手応えを失い14着と大敗を喫し、
僕の上半期複勝馬券戦線は幕を閉じたのであった。


◇阪神9R:皆生特別/ツルマルレオン降級戦で久々に勝利
どうも末脚を持て余し気味だったツルマルレオンだが、
2段階の降級戦となった今回はしっかりと差し切った。
いい具合のペースで流れてくれたし。
2着ラトルスネークも一旦は先頭に立ったが、
前に出るタイミングの差もありアタマ差敗れた。


◇福島11R:福島テレビオープン/菊花賞馬ビッグウィークあっさりと敗北
まあ、骨折もあったし、
そもそも菊花賞の勝ち方もラッキーパンチな感じだっただけに、
この現状も仕方ないのかも。
タニノさんの勝負服の強い馬もいないので、
頑張って欲しいのはヤマヤマだが..
いい条件で種牡馬になれる状況でもないし、
そのうちダートとかで活路を見出したりしそう。


◇函館11R:大沼S/スマートタイタン完勝 松田国英厩舎徐々に復調の気配
昨年は重賞を一つも勝てず、
かつての名門も不本意な成績に終わったが、
先月、目黒記念をスマートロビンで制すなど、
徐々に復調の気配を見せつつある。
スマートタイタンもこの短期間でオープン入りし、その一翼を担う。
2歳馬ではダイワスカーレットの仔ダイワレーヌなどもスタンバイ。



●6月23日
◇阪神5R:2歳新馬/武豊、今季の2歳馬で初勝利 ティーハーフ楽勝
新馬戦に乗る機会すら少なくなりつつある武豊だが、
モハメド殿下の信頼は今もそれなりに厚いようで、
香港の強豪ラッキーナインの下にあたるティーハーフの手綱を任された。
さすがにここではエンジンが違ったようで、
序盤はややチグハグなフットワークを見せたものの楽勝。
うまく育ってほしいところ。


◇阪神10R:三宮S/外枠から好発進ニシオドリーム降級戦を制す
元・高橋亮の馬。降級戦をきっちりとモノにした。
外枠発進ながらあのダッシュ力があれば、ソツなく前を取れる。
危なげない勝利でした。


◇阪神11R:米子S/大外からフラガラッハ!最後方から鮮やか追い込み
結果論にも程がありますけど、人気なさすぎ!
ダート煙幕とか久々に見た。
出遅れながらも、父デュランダルの完コピ余裕でした。
松永幹夫厩舎×高倉稜のコンビ、なかなか侮れません。



|TOPICS
◇宝塚記念でザ・チャンピオンが再び復活したらしい
かつて関西のG1レースの本馬場入場曲として親しまれた「ザ・チャンピオン」が、
春の天皇賞に続いて復活したらしい。
朝からツイッターでその話題があったもんだから、
テレビで楽しみにしていたんだけど何かオリジナル曲をかぶされて聞けなかった(´・ω・`)


|MEMO
・「未勝利界の桐ちゃん」フェアリーダンスが2着発進。勝ち上がれるか!
・ひっそりと函館でミッキーエールが未勝利を脱出してた。複130円くっそ。
・外差し馬場でもコアレスドラード差し切れず。やっぱり小倉あたり向きそう。
・皆生特別のレトは完敗。さすがにこのメンバーだと分が悪い。
・ハイレベルの加古川特別で3着のナムラビクター。あと一つ勝ってレパードS行きたい。

|RACE REPORT
●6月17日
◇阪神11R:マーメイドS(G3)/グルヴェイグ3連勝で重賞制覇 遅咲きの良血開花
先週のビワハイジに負けじと、の意地もあったのだろうか。
エアグルーヴの仔グルヴェイグが勝ち、産駒4頭目の重賞勝ち馬となった。
母も、姉エアグルーヴも勝った縁のあるレースだったことはレース後にようやく思い出した。
ハンデをもらえたのは1000万下勝ち直後ゆえ当然であり、
むしろ格上挑戦の形ながらも楽勝してしまうあたり、素直に評価せねばなるまい。
ただ、いきなりエリザベス女王杯どうこうというレベルでもないのかなというのが現時点での感覚。

2、3着は伏兵軽ハンデ馬の強襲。
クリスマスキャロルは道中最後方からの追い込み。
メルヴェイユドールも大外から脚を伸ばし、あるいは2着も..くらいの脚色だった。

なお手元にはシースナイプの複勝があった模様。
正攻法で乗った川田将雅は悪くないし、力は出しきっての敗戦。
ただ、大外勝負で突っ込んでくるのはどっちか一方でよかったのではないかと..

スマートシルエットはシンガリ負けか...(´・ω・`)


◇函館11R:函館スプリントS(G3)/ドリームバレンチノも3連勝で初重賞勝ち
ロードカナロアが負けるとしたら、最内枠で包まれたときくらいと囁かれてたら、
本当にそうなってしまった。もったいない敗戦。
ただ、あれを避けるにはどうすればよかったのかを考えた場合、
結局スタートから押してひとつ前のポジションを取るくらいしか思い当たらず、
それをこの前哨戦でやるべきかどうかは難しい判断。
きっと福永祐一の騎乗は批判の対象となっているだろうが、
やむを得ない結果だったような気もしている。
単勝1.3倍だっけ?で前が詰まって「しゃあない」で済まされても納得しがたいだろうけど。

やや漁夫の利をさらうような形にはなったが、
ドリームバレンチノにとっては待望の重賞初勝利。
コツコツと実績を積み重ね、OP特別2連勝で迎えたレース。
3角過ぎから積極的にマクって出たのが、
結果的にロードカナロアをうまくフタする形にもなった。
松山弘平もこの馬とずっとコンビを組み続け、
勝ち鞍はすべて自らの手で挙げてきた文字通りの「お手馬」。

このレースに対するモチベーションというか、取りに行く姿勢が明暗を分けた感じ。

離れた3番手にシンガリ人気のビスカヤがコソーリと入り3連単は7万馬券。
やっぱり牝馬は侮れなかった...


◇阪神9R:舞子特別/降級ウエストエンド逃切り 一方パワフルキリシマは
そもそもやる気ナッシングだったのに、
このレースに目をつけたのはウエストエンドが気になったから。
なのに差しが届く馬場ならパワフルキリシマやろと路線変更したところ、
見事に炎上してしまいました。ありがとうございました。


◇阪神10R:小豆島特別/サンレイレーザー鮮やか 抜群の決め手で古馬撃破
ラスカルスズカ産駒のロマン派血統の主。
この時期に準OPまで来られたら、この先が普通に楽しみ。
ただ、なかなか差し馬のコンスタントな活躍が望めない昨今なので、
もう少し脚質に幅が出てくるとなおよろしい。


◇福島11R:バーデンバーデンC/軽量ビウイッチアス快勝 次は恐らくあの舞台へ
1番人気のテイエムオオタカを外からねじ伏せ完勝。
となると、次は当然ながらアイビスサマーダッシュが視野に入るだろう。
フィリーズレビューで手綱を取った武豊が、
「アイビスSDに行くなら今から予約したいくらい」と日記で綴ったほどで、
直千への適性がどんなものか非常に楽しみ。
軽量の牝馬という意味でも、例年の傾向にマッチするし。
でも、このエピソードも語り尽くされてる感はあるし、すごく人気しそうな予感。


◇函館5R:2歳新馬/アットウィル初陣を飾る
恐らく「即戦力系」としてPOGで指名された方も多かろう。
僕もアドマイヤムーン産駒の中では、
途中までアメージングムーンと迷っていました。



●6月16日
◇阪神10R:鶴見特別/高速ダートはサダムグランジュテの得意舞台 降級戦で実力発揮
土曜は本当にどうでもいいレースばかりで困ったw
サッカー見に行ってたし、ちゃんと結果も追えていない。
ただ、サダムグランジュテが勝ったと知った瞬間はガクッと来た。
そうだよね、雨降って高速ダートならこの馬強いもんね。
降級前に大きく負けてたから人気も落としてたし。
こういうの取らないとアカンよね...
取れるもんなら取ってみろと



|TOPICS
◇日曜福島6Rで大波乱劇
単勝が...32,890円?
複勝が...10,400円???
すごいわ、そりゃ前走まで5戦連続2ケタ着順で、
これまで一度も掲示板にすら載っていないんやもん。
厩舎は4年ぶりの勝ち星だとか。
何かもう色々すごいっすね。
単勝1.2倍のナイトホークスが4着とアシストしたのも追記しとく。


◇太田美實さんの勝ち馬が好調な件
先週ローマンレジェンドが準OPを勝ったけど、
その勢いか今週は2頭が未勝利を卒業。
ローマンレジェンドの妹にあたるアムールレジェンドと、
かつてご自身が所有されていたローズボーの仔ロゼッタストーン。
どちらも初勝利まではやや時間を要したが、
これからの活躍に期待したい。


◇マーメイドSで2着と奮戦の藤懸貴志が当日8Rでも波乱演出
クリスマスキャロルに騎乗したマーメイドSで2着と善戦したが、
当日8Rでもカシュカシュで勝利し波乱を演出。
1年目は4勝止まりだったが、今季はここまで9勝と進歩の跡がうかがえる。
なお「カシュカシュ」とは仏語で「かくれんぼ」の意味らしいです。

もう4着いいって...
オークスの週からの8日間で買った本命馬さんが、
<4着→5着→5着→2着→4着→4着>とひどいことになってる。
あと2週で上半期も終了ですけど、
本格的に複勝馬券士に転向して3年目にして過去最低水準の回収率を計上。
まずいことになってるなあ...的中率80%とか何それって感じ。

続きを読む

何か今週から微妙に夏競馬な雰囲気で、
それでもG1があって、
函館が開幕するのは来週からっていう、
体内時計が悲鳴を上げるような感覚じゃないですか?
でも、いつまでも何も変わらないものなんてないと思うし、
その都度、時代の流れに順応していくのが大事だと言い聞かせつつ、
来週エプソムCしかないことに愕然としながら何かもう頑張ります。


●6月3日
◇東京11R:安田記念(G1)/福永祐一ようやく今季初G1 ストロングリターンでレコード勝ち
ワールドエースを筆頭に、
今季G1で有力馬を任されながら、ことごとく勝利を掴み損ねていた福永祐一。
「大舞台ではアテにならない」レッテルを剥がすことができないまま、
春季G1戦線も終盤を迎えようとしていた中で、ようやくタイトルを勝ち取った。
もちろん、牡馬クラシックや天皇賞に比べれば格は落ちる(断言してもいい)が...
混戦を絶つ騎乗は見事なものだったし、
あとは本当にちょっとした巡り合わせなんだろう。
秋こそは。天皇賞、ジャパンC、有馬記念...取れるか。
なお菊花賞は譲らないので悪しからず。


◇東京12R:ユニコーンS(G3)/最終も福永祐一 ストローハットが3歳ダート暫定王者に
いやー正直スマンカッタ。
こんなにあっさりと勝たれてしまうとはね。
何のケチのつけようもない内容で。
ダート重賞は初経験でも、流れに戸惑うこともなく。
つーかさ、なんでこの馬を1番人気にできるの?
みんな馬券上手すぎ。
オースミイチバンは出遅れて後方から。
揉まれずに進められたために、きっちり脚を使うことができたけれども、
さすがにあそこからブチ抜くのは難しかった。
でも、いい馬です。ジャパンダートダービー行くなら楽しみだし、
レパードSに回るにしてもまた然り。


◇東京9R:青梅特別/強い3歳馬 端午S3着馬ホッコータルマエが人気に応える
これまでより2週間早く行われるようになった3歳と古馬の混合戦。
当然ながらその力量差の見極めには神経を注ぐところだが、
例年通りこの時期でも3歳馬は全然やれる。
降級馬も交えたこのメンバーでも、
1番人気に支持されたホッコータルマエが快勝。
さすがに端午Sで僅差のレースができていただけに、
その内容も取り立てて驚くものではなかったが。
さて、幸さんとレパードS行きましょうか。


◇東京5R:2歳新馬/ステイゴールド産駒ドラゴンレジェンドがデビュー勝ち
土曜のトーセンパワフル(後述)と合わせて、早くも福永祐一が新馬戦2勝。
来年こそ日本ダービー勝てるといいね。


◇阪神10R:鷹取特別/こちらは端午S2着馬 グッドマイスターが完勝
青梅特別に比べて手薄なメンバーで、
当然と言わんばかりの内容でグッドマイスターが勝利。
唯一、心配だったのは鞍上だが、
引っかかるのを何とかなだめて勝利に導いた。



●6月2日
◇阪神11R:鳴尾記念(G3)/トゥザグローリー重賞5勝目 人馬ともトライアルは無双
いやもう、わかったからw
G3クラスなら蚊を殺すようにアッサリと勝ちおる。
ただ、中山記念大敗→ドバイ回避とグダグダになりかかったところ、
よく立て直しに成功したなと。池江泰寿厩舎も大変すねw
2着はショウナンマイティ。
ドスローを後方からマクって、上がり3F32.9秒の脚を使った。
開幕週でこの展開ではあそこまでが精一杯か。
トーセンラーは接戦の3着争いを制して久々に馬券圏内へ。
上位2頭からは離されたが、
岩田康誠がうまく先行させて、いいレースをしてくれた。
正直ここで最低限の結果を残せないと、
このまま終わっていくのではという思いもあっただけにひと安心。


◇阪神5R:2歳新馬/一番星はトーセンパワフル ダービー馬の弟が好発進
史上最もおもしろい日本ダービー馬ロジユニヴァースの全弟という、
どちらに転んでもおかしくないプロフィールの主だが、まずはしっかり勝ち上がった。
超スローペースで実質3Fの調教みたいなもんでしたけど。
人気を分け合ったディープインパクト×グレースランドのラウンドワールドは3着。
こちらは上がり3F32.9秒www 最近の馬すごいねw


◇阪神10R:安芸S/テイクアベット速攻逃切り シゲルソウサイは抵抗ならず
混戦模様も最終的に1番人気に支持されたシゲルソウサイだが、
軽快に逃げるテイクアベットを捕まえるどころか逆に突き離されて完敗。
ゴール前で脚を伸ばしてきた差し馬にも先着を許し5着に敗れた。
結果的に中途半端な位置になってしまったが、
あれ以上追いかけていくわけにもいかず...次走の巻き返しに期待。



|TOPICS
◇幸さん、史上最速でJRA通算13,000回騎乗を達成!
ふっ、また武豊を越えてしまったようだな...w
本当この手の記録は節目ごとに更新できてしまっているような。
最近も怪我なく乗れてるし、1,000勝が待ち遠しい。


◇福永祐一の土日重賞3勝は史上初の快挙らしい
土曜の鳴尾記念に続き、
日曜も安田記念→ユニコーンSのコンビを決めた福永祐一。
同一週に重賞3勝というのは滅多に狙えない記録なのはご承知の通りだが、
どうやら史上初のことだったらしい。
昔の番組構成なら特殊な例でもあるのかなと思いきや。


|MEMO
・ヴァンダライズってまだ平地でもやれると思うのに障害入り早いね。しかももう2勝。
・コアレスドラードの小回り得意感。小倉で勝ちそう。
・ミカエルビスティーが東京に見切りをつけ正解。あの馬場だと追い込めないもんね。

いよいよDerby Weekです。
今年は管理人にとって特別な戦いになるので、
更新も盛り上げていきたいですね。
ゴールドシップも、そのライバルたちも今のところ順調に調整中。
天気もよさそうですし、文句なしの一戦になりそう。

ところで目黒記念いつの間に最終に組まれてたの...w


|RACE REPORT
●5月20日
◇東京11R:オークス(G1)/マイラーと呼んだのは誰だ ジェンティルドンナ圧勝二冠達成
ジェンティルドンナ2400m文句なし!
ディープインパクトの血が、ついに東京のクラシックディスタンスを制圧。
それも5馬身差の圧勝、2着にもヴィルシーナが踏ん張るワンツーフィニッシュ。
これは恐れ入ったとしか言いようがない。
来週も厄介なことになりそうだな...つづきは回顧エントリで。


◇京都10R:昇竜S/タイセイシュバリエ抜群の手応えも失速 クビ差で圏内脱落
セオリー通り外の4番手をキープし、
自ら動いて早めに先頭に立ったが、残り1Fで失速。
キズマ、レッドクラウディアには並ぶ間もなく交わされた上、
しぶとく脚を伸ばしてきたナガラオリオンにも先着を許してしまった。
うーむ、結果的に動くのが速すぎたけど、
これはジョッキーを責める気にはなれんなあ。
勝ち馬もそうだし、控える競馬ができたキズマを誉めるしかないのかなと。


◇京都9R:烏丸S/佐藤哲三「ダコールはこう乗れ」
1000万下(ドンカスターC)を勝った時にも手綱を取るなど、
「主戦」であるはずながらその後、鞍上を離れていた佐藤哲三が末脚をフルに発揮。
ディープインパクト産駒が2400mで勝ったのも、
オークスへ向けての号砲だったのかもしれない。



●5月19日
◇京都11R:東海S(G2)/ソリタリーキング2連勝で重賞勝ち 遅咲きの良血開花
ま、この馬が走ればスカーレット一族の血に帰着してしまうんですけどね。
前走ブリリアントSをちぎって勝ったものの、どこまで信用できるかと思いきや見事に連勝。
交流G1に出るにはまだ賞金が足りないと思うが、その足場は固められつつある。
当分は2着のニホンピロアワーズあたりがライバルとなって、
G2〜G3を戦っていくことになるのかな。
ニホンピロアワーズは惜しかった!
こないだと比べてはるかにスムーズな競馬ができていた。



|TOPICS
◇福永祐一がJRA通算1400勝を達成
おめでとう。だが日本ダービーでは敵だ。
一度も縁のない牡馬のクラシックを取れるかどうか。
何となくな感覚だけど、
ここでワールドエースが勝てるかどうかによって、
ユーイチ自身が本当の日本一のジョッキーになれるかどうか、
大きな分岐点を迎えているような気がして。
ゴールドシップを負かせるかどうか、精一杯チャレンジしてきなさい(上から目線)。


◇浜中俊がやっぱり僕の買っていないところで無双する件
今週も東海Sを勝つなど土曜京都で10鞍【2.1.2.5】と高水準で馬券に絡んだ浜ちゃん。
当然ながら馬券は買っていない。
やっぱり僕のこと嫌(ry



|MEMO
20日京都*2R/ギリサントポケサン(1着):ところでポケさんて誰。
20日京都*5R/ナムラアピア(1着):好時計で勝ち上がり。
20日東京*5R/セイクリットロード(1着):内田さん騎乗でサクッとハナ差勝ち。
20日新潟*1R/グレートチャールズ(1着):問題児もようやく勝ち上がり。

|RACE REPORT
●5月13日
◇東京11R:ヴィクトリアマイル(G1)/惜敗に終止符 ホエールキャプチャがついにG1制覇
うん、これでよかったと思う。
牡馬相手だとどうしても分が悪そうな、
かわいげのある牝馬が手にするべきタイトル。
老舗の牧場にタイトルがもたらされるのも趣があっていい。
「位置取りゲー」になったのもヴィクトリアマイルの傾向どおり。
来年以降もこのノリで頼みますよ。


◇東京10R:立夏S/スティールパス人気しすぎ&強すぎワロタ
単勝1番人気はともかくとして、まさか2倍を切るほど集中するとは。
ただ、その支持に相応しい能力差を見せつけての圧勝。
随分と遠回りした気がするが、もともとOPでと思っていた器。
牝馬だけにそこまで残りの競走生活は長くないだろうけれど、
もっと多くのファンに認知される活躍を期待したい。
そう思うと、ダートOPの牝馬限定戦とか中央でもほしい。
頭数揃わないかな…?


◇京都11R:栗東S/インオラリオ放馬→そのまま発走もそりゃバテるわ
ヴィクトリアマイルの本馬場入場と時間が重なっていたこともあって、
テレビでは何が起こっているのかサッパリわからなかったが、
放馬→そのまま発走ってなあ…ちょっとガッカリ来るわ。
WIN5絡みで除外にすると売上げが大量にアレなのはわかるけど…
好発を決めて好位インを取るまで頑張ってはくれたけど、さすがにそこまで。
なお先週から重点的に買い始めた浜ちゃんとの相性が悪化の一途をたどっている模様。



●5月12日
◇京都8R:京都ハイジャンプ(JG3)/障害もステイゴールド 初年度産駒エムエスワールドが優勝
前にも書いたような気がするが、
エムエスワールドはステイゴールドの初年度産駒で、
夏の小倉で新馬戦を圧勝するなど、その先駆けとして活躍してきた。
時は経ち、父は三冠馬やグランプリホースを次々に輩出する名種牡馬となったが、
こうしてハードル界の一線級で活躍する個性派がいるのも、ステイゴールドらしい。


◇京都11R:都大路S/1番人気に応えてネオヴァンドームが勝利
5番手につけたネオヴァンドームが早めに抜け出し勝利。
この積極策こそ浜中俊の真骨頂。先週はダメだったけど今週はよく勝ってたね...ふふっ。
2着は久々にこの馬らしさを見せたスピリタス。
湘南Sをバカ時計で勝って関屋記念で人気したあの頃が懐かしい。


◇東京11R:京王杯スプリングC(G2)/サダムパテック復活 伏兵連れ3連複は170万馬券
C.ウィリアムズに乗り替わったサダムパテックが復活。
「外国人で目が覚めた」といえばキンシャサノキセキを思い出したけど、
そういえば同じフジキセキ産駒ではないか。
まあ、それは偶然の域を出ないでしょうけど、
東京新聞杯大敗から見事なリカバーぶりでございました。
2、3着には伏兵が突っ込み大波乱。
予想エントリで「近年は条件戦上がりの活躍が目立つ」的な話はしていましたけど、
まあこんな馬券買えない。


◇新潟10R:二王子特別/マルターズグロウブ2着惜敗も末脚は本物 
前回に続き末脚勝負で2着。
あの前走はフロックではなかったですね。
早い段階で芝への適性を見出せてよかったなと。
これだけの才能を埋もれさせたままになっていたらもったいなさすぎる。

今週から本気を出したところ、
見事に浜ちゃんの2鞍で失敗してしまいました。
また来週がんばります。
あとブログのマンネリ感すごい。
もっと楽な雰囲気で、もっと自分の言葉で書けばいいのかもしれない。

|RACE REPORT
●5月6日
◇東京11R:NHKマイルC(G1)/カレンブラックヒル逃げ切り!秋山真一郎は悲願のG1制覇
いやー、とりあえずよかったですね。
もっと早くに取れていてもおかしくなかったけど、
巡り合わせやら惜敗やらでお預けを食っていた...
しかし勝つ時はここまでうまくいくものですね。
好発から思い切って逃げを打つと、そのまま後続に影をも踏ませず逃げ切り。
無敗馬とは欠点・課題が見えない厄介なものだが、
それを微塵も感じさせない圧勝だった。
...つづきは回顧エントリで。


◇新潟11R:新潟大賞典(G3)/トーセンラー完敗 そういえば左回り適性が...
新潟競馬場は午前のうちからもう雨が降り出していて、
これは厳しい戦いになるだろうなと思っていた。
結果、稍重でのレース。
それでも中団を追走し、あとは直線の追い比べ...と思ったら、
追い出されてからずっと内にササりっぱなしで鞍上も追いづらそう。
そういえば昨年の皐月賞でもそんな素振りを見せていたことを、
このタイミングで思い出した。手遅れもいいところ。
しかしこうなると直線が長い平坦コースで右回り限定すなわち京都外回りくらいでしか買えず。
もうちょっと幅広い条件で力を出せるようにならないとなー。



●5月5日
◇京都11R:京都新聞杯(G2)/トーセンホマレボシ何と日本レコードで優勝!
いやー、速すぎるわ時計。
メイショウカドマツが58秒ちょうどなんて変態ラップを刻んだ時点で「へっ?」と思ったが、
武豊がさすがに意図的に暴走するとは考えられず、それだけ馬場がいいのかなと。
実際、このペースでも後ろから脚を伸ばせる馬はおらず、
高速馬場への適応力が問われる形に。

トーセンホマレボシは中京で500万下を勝ち上がったばかりで、
未勝利戦でも取りこぼしがあって正直そこまで強いとは思っていなかった。
だが、さすがに天皇賞でレコードを叩き出したトーセンジョーダンの半弟。
テン乗りC.ウィリアムズの手綱にも導かれて、眠っていた力を解き放った。

これ、日本ダービーでもそこそこ人気するやろな。


◇京都12R:4歳上1000万下/ホクセツダンス大敗 前が空かず追えないまま終了
好発を決めて好位インを取ったが、
前が開かず強引にラチ沿いを狙ったがこれも失敗。
ほとんど追えないまま終了。
このところ騎乗が冴えていた浜中俊に期待した部分も大きかったのだが、
今回に関してはそれを裏切られる形となった。
次はもう一度狙いたいけど、これは乗り替わりかな...
ただでさえこの馬はうまく乗りこなせていなかっただけに。

勝ったのはこの日、大活躍の岩田康誠が騎乗していたマイユクール。
最後方を追走していたが、皮肉にも内の空いていた一頭分を突き抜けてきた。


◇東京11R:プリンシパルS/スピルバーグ差し切り 日本ダービーへの優先出走権を勝ち取る
単勝1.7倍の圧倒的人気に応えて勝利。
ゲートで出遅れ後ろからの競馬を余儀なくされたが、
決め手の違いで差し切った。
藤沢和雄厩舎としてはどうにか日本ダービー出走馬確保に成功。
内田博幸は皐月賞馬のゴールドシップに騎乗するため、
横山典弘とのコンビが組まれる予定。

オルフェーヴル完敗。
誰もが心配したであろう折り合いはきっちりとついていたが、
伏兵が飛ばす難易度の高い展開で、
自分から動くに動けないまま勝負どころを迎えてしまった。
坂の下りからスパートを開始させようとしたが、標的は遥か前方。
早めに押し上げようとしたために最後は逆に脚を失い、そのまま11着と大敗。

手綱をとった池添謙一は、
馬場に脚を取られたであったり、直線でつまづいたとのコメントを残しているが、
どうもそれだけではないというか、
そもそもあの位置取りになってしまった時点で詰んでたことについて、
まずは言及しなければならないのでは。
折り合い重視で乗るとどうしても後ろから行かざるを得ないが、
それがモロに影響してしまった感じ。

力を出しきれなかったというよりは、
この馬にとって最悪のシナリオでレースが進んでしまったということかな。
しかも、そのシナリオが阪神大賞典の暴走から始まっていたという...


続きを読む

あんまりちゃんと見られてないのでさくさくっと。
ヤマニンメダイユで失敗したせいでまあまあ気分落ちてる。

|RACE REPORT
●4月21日
◇福島11R:福島牝馬S(G3)/人気に応えてオールザットジャズ 意外にも好位策で
後方から一気に差し切り、のイメージだったが、
好位インを器用に立ち回ってあっさり差し切った。
ちょっとこのメンバーでは器が違うとばかりの勝ち方。
当然、次はヴィクトリアマイルを目指すことになるだろうが、
決して侮れない存在となりそう。
マイネイサベルも自ら動いて勝負に出たが、最後に失速。


◇東京11R:メトロポリタンS/軌道に乗ったスマートロビン 実力発揮の勝利
メンバーの揃っていた大阪−ハンブルクCでは4着に終わったが、
相手に恵まれた今回は完勝。
ディープインパクト初年度産駒の中でも異質な、
長距離に活路を見出しているタイプで今後の行く先に注目。


◇福島5R:3歳未勝利/人気に応えてエボニーナイト未勝利を脱出
やはり強いメンバーと戦ってきたキャリアはここでは一枚上だった。
好スタートから番手を取り、直線で抜け出す危なげないレースぶり。
当然ながら単勝は1番人気で、好配当ゲットというわけにはいかなかったが、
ここを逃さず取れたのは個人的にも満足だった。



●4月22日
◇京都11R:マイラーズC(G2)/シルポート逃げ切りおったwww
わかりやす過ぎて「ないわ」と思ってたシルポートが逃げ切り。
後続が楽に行かせすぎたのか、
かといってあれを捕まえに行くのも面倒な話やろなあとも思ったり。
結局、自分の強固なスタイルを持ってるってのは大事なのかなと。


◇東京11R:フローラS(G2)/ミッドサマーフェアここでは力が違った末脚一閃
横一線のメンバーでどうかなと思ったが、終わってみれば力が一枚上だった。
まだオークスで絶対的な存在はいないので、
望みを持って本番に臨めるのではないかと。
それにしても蛯名正義は復帰早々土日メイン勝ちとか容赦ないっすね。


◇福島5R:3歳未勝利/ヤマニンメダイユ脚を余しての4着...もったいない
控えても結果を残したことはあるが、
基本的には前に行ってこそだろう。
なかなかエンジンがかからず、4角では完全に圏外。
そこから追い込んできたものの、半馬身届かず4着に終わった。
これはストレスが溜まる負け方。
単勝80倍オーバーの伏兵に逃げ切られたのも含めて、
色々と納得しがたい。つらい。(しつこい)



|TOPICS
◇武豊が負傷で乗り替わり 前日の落馬負傷の影響で
てっきり腰でも傷めたのかとおもいきや、
土曜日の福島の返し馬で落馬していたんですね...
大事に至りませぬように。

先週ジョワドヴィーヴルに連れて行かれた地獄から戻ってまいりましたw

■ゴールドシップおめでとう



内田博幸のイン突撃が決まり、
残り200mで先頭に立った瞬間もう勝利を確信しました。
ワールドエースにとっては不運もあったと思いますけど、
勝つ時とはこうしてすべてがうまくいくもの。
日本ダービーでもう一度、ガチで戦って勝ちたいですね。

それにしても、
2歳のうちからその才能に惚れ込み、
追いかけた末にクラシック制覇を成し遂げてくれたのなんて、
スティルインラブ以来です。
この感覚、うれしい。懐かしい。


続きを読む

ジョワドヴィーヴルで撃沈した管理人による1日遅れの手抜きダイジェスト。

|RACE REPORT
●4月8日
◇阪神11R:桜花賞(G1)/桜の女王はジェンティルドンナ 牡馬一蹴の才能開花
大外を伸びあぐねる2歳女王を尻目に、
力強く末脚を伸ばしたジェンティルドンナが桜の女王の座に輝いた。
前哨戦のチューリップ賞では状態ひと息ということもあって4着に敗れていたが、
牡馬相手にシンザン記念を制した才能は確かだった。
前走から手綱を取っていた岩田康誠は桜花賞初制覇。
フェブラリーSに続き、今季早くも2つ目のG1勝ちとなった。

ジョワドヴィーヴルについては回顧エントリで...


◇阪神10R:大阪−ハンブルクC/好メンバーのOP特別制したのはユニバーサルバンク
クレスコグランド、スマートロビンら強力なメンバーが集まったが、
それらを下したのはユニバーサルバンク。
ここ2戦、ローカル重賞で不発に終わっていたが見事な巻き返しに成功した。
とはいえ久々クレスコグランドも上々の滑り出しで、
再び長めの距離で重賞を争っていくことになるだろう。


◇阪神8R:播磨特別/スティールパス圧勝 ようやく潜在能力を発揮
このクラスくらいならもっと早く勝ち上がれていたはずのスティールパスだが、
ゲート難だったり右回りで内にモタれる癖があったりで、
なかなか潜在能力をできないでいた。
そのままトーンダウンしていくのかなとも思ったが、
牝馬限定戦で相手にも恵まれた今回は5馬身差の圧勝。
再び上昇ムードに乗って、準OPへと挑む。



●4月7日
◇阪神11R:阪神牝馬S(G2)/格上挑戦の人気薄クィーンズバーン逃切り 
京都牝馬S5着とはいえ、
当時よりメンバーも強いし斤量的にも不利だったはず。
それでも好調の鞍上・藤岡佑介の積極策に導かれハナに立つと、
マルセリーナ以下の追撃を最後まで振り切った。
オーナーの林正道氏は初年度の所有馬(現4歳)で3頭目の重賞勝ち馬。
2世代目はなぜかことごとくダートで活躍しているが、
今年の2歳世代も含めて引き続き要注目。


◇中山11R:ニュージーランドT(G2)/カレンブラックヒル3連勝でNHKマイルCへ
出てくれば最有力候補だったジャスタウェイが回避したことで、
1番人気に支持されたカレンブラックヒルが優勝。
4角で手応えが悪くなったのを見た時には厳しいのかとも思ったが、
再びエンジン点火しあっさり後続を置き去りに。
コース適性は疑問符が残るが、
能力比較だけでいくとNHKマイルCでも有力と見てよさそうだ。
ちょうど2年前、同じマンハッタンカフェ産駒のダイワバーバリアンを軽視したところ、
本番でもしっかり走られた苦い思い出が...


◇阪神10R:忘れな草賞/ほぼ1勝馬ばかりの残念桜花賞 キャトルフィーユが人気に応える
ダート2勝のマシュマロを除く全馬が1勝馬という、
何とも頼りないメンバー構成となり、
結局G3フラワーCで5着の実績があるキャトルフィーユが危なげなく勝利。
昨年エリンコートが勝ったステップレースからオークスを目指す。



|TOPICS
●4月9日
◇M.デムーロがJRA通算300勝を達成
今週、兄弟で勝ちまくっていたデムーロ兄弟だが、
兄のミルコが節目の記録を迎えた。
初来日から10年ちょっと。
外国人ジョッキーの中では抜群に彼推しなので、
これからも日本で騎乗し続けてほしい。

2週間も馬券を買ってないと勝負の世界から取り残された気分になる。
まあ、でも我ながら精神面での成長を感じますねw
自信があるレース以外をしっかり見送って、
おいしい配当にも興味を持たずスルーできてる。
来週あたりはいいレースがあるといいなあ...
ジョワドヴィーヴルどうしようかなあ。


続きを読む

|RACE REPORT
●3月25日
◇中京11R:高松宮記念(G1)/カレンチャン王座防衛! 同厩舎の新星を退け短距離GI連勝
終わってみればカレンチャンなのだが、
欲を言えば「終わってみれば」じゃダメだった。
ちゃんと1番人気に支持されて、
それに応える絶対的女王であってほしかった。
予定を前倒しして使われたオーシャンSで4着に敗れたことで、
ムード的なものに陰りが出てしまったことにより、単勝2番人気に甘んじることとなった。
それがもったいない。
2番手追走からロードカナロアを振り切り、末脚勝負にかけたサンカルロも完封。
非の打ちどころのない完勝だった。


続きを読む

阪神大賞典はまさかの結末――
それなりに長い間、競馬を見てきましたけれども、
こんなの初めて見ましたし、二度と起こらないんじゃないかという気がすでにしている。

■オルフェーヴルまさかのコースアウト
hr-in-120318-01-ns300


1周目ホームストレッチで、
歓声に反応し2番手まで上がってしまったところまでは、
「やれやれ久々だし仕方ないな」と苦笑いしながら見ていたんですよ。
ところが...
鞍上が懸命になだめようとしても、制御が利かない。
とうとう、逃げていたナムラクレセントさえも交わし先頭に立ってしまった。
それどころか3角を曲がれず外ラチ沿いまで吹っ飛んでいってしまい、完全にコースアウト。
馬群から置いてけぼりを食らい、そのまま競走中止と思った...
ところが、最後方まで下がったところで再び進撃を開始!
ものすごい勢いで馬群をマクって、あわや先頭に立とうかという場面も。
さすがにロスが大きく、ギュスターヴクライまでは捕らえられなかったものの、
改めてその能力の高さを、わけのわからない形で示す結果となった。

だが、残された課題はこれまで以上に重い。
ずっと気性面の成長を促しながら現役最強の座までのし上がってきた四冠馬が、
まるで2歳の新馬がしでかすような大失態を演じてしまった。
こんなことが続くようであれば、
凱旋門賞はおろか現役続行すらも危ぶまれる。

一度、実戦を使われたことで事態は改善するのか、それとも――
全く予測できない形で、オルフェーヴルが窮地に立たされた。


続きを読む

やっぱりサッカーが始まると競馬観戦が疎かになりますなあ(てへぺろ
土曜日のレースとかほとんど見られてないし。
しかしガンバ大阪が出遅れ気味のスタートで、
この日も神戸に敗れたのですが、
帰りの道中でポラリスSの結果を確認したらだいぶ気分が持ち直したw
ありがとうヒラボクワイルド。


続きを読む

今週は土日とも馬券を買わなかったおれかっこいい。
出かけていた土曜はともかく、
日中ゆっくりできた日曜は今までなら確実に1鞍は手を出していたはず。
それを「自信を持って買えるレースがない」という理由でブレーキをかけることに成功。
ようやく気性面で大人になってきましたね(ニッコリ


続きを読む

■武豊騎手「考え過ぎたかもしれない」(競馬ラボ)
王座奪還を目指したエスポワールシチーはゲートで絶好のスタート。
ハナ主張する馬もいたが、
武豊騎手もライバル・トランセンドをマークするようにポジションを下げて、4〜5番手をキープ。
直線を向く時には絶好の手応えで、いざ、スパートという形だったが、
伸びを欠いたトランセンドの煽りを受けるように、一瞬、スペースを無くすシーンも。
最後は盛り返したものの、5着に終わった。

「残念。砂を被っても大丈夫だし、本当にいい馬だよ。
道中はいい感じだったが、直線は前が開かなかった。
まさかトランセンドがモタモタするとはね。いろいろ考えすぎたかもしれない」とは武豊騎手。
ジョッキーも佐藤哲三騎手の負傷による代打騎乗だったが、
チャンスを活かすことができず、久々のGI制覇とはいかなかった。


■代打ホームランはならず
120219_city


「今のユタカなら大仕事をやってくれるかも」との思いだったのですが、
残念ながら直線で前が詰まってやや不完全燃焼の結果に。
ただ、差し馬が上位を独占するこの展開では、
どうやっても厳しい結果に終わっていたような。
全盛期のエスポワールシチーであれば、
マイペースで先行するだけで、他を凌駕するスピードがあったはず。
だからこそ鞍上も、本命馬の後ろにつけての奇襲を狙っていたのだろう。

でも、馬券を買っていなくても十分に楽しめるGI開幕戦でした。


続きを読む

祝!ゴールドシップ共同通信杯優勝!!
いやー、気持ちよかったですね。
断然人気のディープブリランテを一蹴。
思った通りか、それ以上の強さを見せてくれましたよ。

■ダービー馬誕生の予感はプライスレス



馬券はエキシビションの単勝500円ばかりと公式戦の複勝だけでしたが、
十分に満足させてくれました。
それどころか、「いっちょ応援しに行ったろかい」と東上プランまで脳内に閃くほど...
競馬を好きになって15年ちょっと、
まだ一度も日本ダービーを見に行ったことがないもんで。
これだけ熱を入れて応援できる馬がダービーの有力候補になるなんて初めてだし、
ちょうどいい機会なのかもしれないなと、
今から航空機のチケットを調べてみたりしている...

とにかく、クラシック本番が楽しみです。


続きを読む

■エスポワールシチー 武豊とのコンビでフェブラリーSへ(スポニチ)
フェブラリーS(19日、東京)の有力馬エスポワールシチー(牡7=安達)が5日、
武豊とのコンビで参戦することが決まった。
主戦の佐藤が4日京都10Rでゴール入線後に落馬負傷
(右鎖骨骨折、右第3肋骨の負傷)したため乗り代わりとなる。

「哲三君(佐藤)が乗れないということなので今回は武豊君にお願いし、
オーナーサイドにも了解をいただきました」と安達師。


うおおお大チャンス到来。
このところコンスタントに結果を残せている武豊の手が空いていたとなれば、
そりゃもう任せるしかないだろう。
正直トランセンドとの力の比較では分が悪いが、
それでもGIに有力馬で臨めるとかテンション上がる。

どうやら積極的に起用したかったのは厩舎サイドのようで、
奇しくもデスペラードとのコンビで、今年に入ってから2勝を挙げている安達厩舎というのも、
ちょうどいいタイミングだったというか、軽く運命めいた気がしている。

いや、とにかく楽しみになってきました。フェブラリーS。


続きを読む

きのうは飲みに行ってたので豪快に更新サボりました (`・ω・´)シャキーン
近所にすっごいお気に入りの店があって、
総勢18名で座敷を借りきってワッショイしてきました。
おかげさまでロードオブザリングで味わった悔しさを一時的に忘れることができましたよ。

それはそうと、ミッドウィークの25日には川崎記念が行われていましてですね。

■2着馬はピントが合わない強さ
川崎記念


スマートファルコン大師匠が重賞9連勝を達成(うちGIは6勝)。
前走の東京大賞典では、あわやワンダーアキュートに差されそうなところを踏ん張ったが、
今回はいつも通りのワンサイド勝ち。しかもレコード。
これで次は「選ばれれば」ドバイという予定が公になったが、
正式に発表があるまではわかりませんし、
選ばれても何だかんだでパスするのが師匠の師匠たる所以。
まだまだ予断は許しませんw


続きを読む

たまにはフリートークしていいっすかw
土曜日に「俺のラーメン あっぱれ屋」に行ってきたんですよ。
クチコミでその存在を知って1年以上。
ようやく行くことができました。遠いのよw
城陽の山奥。山城大橋の交差点を東へしばらく進めば、
そのうちファンキーな建物が見えてきますわ。

■塩チャーシュー大盛



(゚д゚)ウマー
1時間待ちの味がしましたわw
かなりこってりな豚骨ベース。
ちょっと魚介系のダシの味がしたので、
きっとつけ麺もおいしいんだろうと思います。
特筆すべきはチャーシュー。
いわゆる煮豚系の味付けではなく、
コショウが効いた、どちらかといえば「燻製」と呼ぶに相応しい洋風の味わい。
きっと大将のこだわりなのでしょう。知らんけど。

営業時間が短い上に日曜はお休み、車でしかほぼ来店不可その上確実に行列と、
ハードルは非常に高いですけど乗り越える価値はあります。
ぜひ。



続きを読む

ソースは大スポなんですけど、
騎手のエージェントについて興味深い記事があったので概要だけ紹介しておきます。

現状はいわば「無秩序状態」のエージェント制度に関して、
年度末(3月?)をメドに様々な取り決めがなされるという。
その中でも最も重要なのが、
一人のエージェントが受け持つことのできる人数に対する制限。
特に今は何のリミットも設けられていないが、
「3人+減量騎手」を最大限とする案が浮上しているという。
(※新聞社に所属していないエージェントは6人までらしい)

人数もさることながら、同じくらいの勝ち鞍を挙げているリーディング上位騎手を、
まるごと面倒見るの何とかならないっすかねアレ。
昨年末のギリギリまで続いた、
福永祐一と岩田康誠のデッドヒートも、
極論すればエージェントのさじ加減ひとつで何とでも操作できたわけだし...
まあ、馬集めだけが結果を決めるわけではないですけれども。


続きを読む

今年も小田和正クオリティは不変。

■ 近代競馬150周年テレビCM 〜「次の夢へ」〜(JRAおひさる)
近代競馬150周年を記念したテレビCMとして、
2000年に放映された「21世紀へ」の一部を変更して制作した「次の夢へ」を放映します。
人や社会の歴史に競馬を重ね合わせて、
競馬の持つ長い歴史を振り返る一方、ラストカットの仔馬誕生シーンで、
未来へのつながりを表現した作品となっています。


初代のテレビCMは好きでしたねえ。
ちょうど競馬を見るようになって5年目くらいで、
過去の名馬についての知識も少し身に着けていた頃かな。
凱旋門賞で2着と善戦したエルコンドルパサーこそラインナップに含まれていたものの、
「いつか、ここに名を連ねるだけの名馬に出会いたい」と願ったものです。

改めて、そんな夢を叶えてくれたディープインパクトは、
自分の中で大きな存在だったと認識させられました。
あの馬の現役時代をバッチリ見られたことは、
後世の競馬ファンにも誇れることだなと。


続きを読む

せっかく休み取って現地参戦したのに(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)

「今年は的中率80%を目指す」と宣言しておきながら、
いきなりサダムパテックの不発に泣いたブログがこちらになります。

はいこれで次から4連勝がマスト。厳しい、厳しすぎるw
もし、さらに一つでも落とすようなことがあれば8つ取り続けないといけません。
こんなの続けられるのでしょうか...自分で決めておきながらアレですが。

とりあえず明日、出走馬が確定します。
前向きにがんばりましょう!!


続きを読む

↑このページのトップヘ