「人生、無事是名馬」|雑談系競馬ブログ

2006年創刊の雑談競馬ブログ。主に毎週のレースや好きな馬・ジョッキーについて。時に野球やドラクエについて熱弁。

タグ:イェッツト

札幌記念はノームコアの完勝。終わってみれば久々の2000mも何のその。うっかりヴィクトリアマイルを勝っちゃったもんだからその後もマイル路線を進んだものの、もともとは紫苑Sを勝つなど適性は十分。血統的にもむしろベストと言わんばかりの勝ちっぷりだった。

横山典弘も派手さのない好騎乗を見せてくれた。まるで水が流れるように自然と進路を確保し、一切のムダのないレース運びから最後はしっかりと末脚を伸ばした。気をつけていたというスタートと折り合いも非の打ちどころなし。

続きを読む

例年に比べるとやや小粒なメンバー構成になった札幌記念。いつもなら凱旋門賞を狙う古馬の強豪がここを足がかりにしてきたが、残念ながら今年は遠征が不可能。さらにいわゆる「ウラ函」が使えない影響もあって、参戦を見送る陣営もあったことだろう。

そんな中、春に大阪杯を制した女傑ラッキーライラックが出てくれば、断然の主役と見られるのは当然。宝塚記念こそ大敗を喫したものの、馬場に泣いた面もあって悲観は不要。実績、負かしてきたメンバーを考えれば、貫禄を見せる可能性は高い。

続きを読む

この夏は北海道で充実の日々を送っている横山武史。函館開催ではリーディングを獲得したが、先週はついに土日で8勝の固め打ちをやってのけた。これまでのキャリアの中でも最もセンセーショナルな活躍と言っていいだろう。ルメールや池添謙一、藤岡佑介らとしのぎを削る札幌の地から、今まさに名手として羽ばたく瞬間が訪れようとしている。

昨日ウインアグライアの記事を書いたが、コスモス賞ではルメールのカランドゥーラとの一騎打ちに完勝。来季のクラシックに乗れるお手馬とも出会ったし、崖っぷちに立たされた3歳未勝利馬4頭に初勝利をもたらしたのも大きな功績。さらに土曜はメインのTVh賞もソリストサンダーで制し、非常に勝ち鞍の中身も濃いものになっている。

続きを読む

カンパニー産駒の大物候補として期待を集めたイェッツトも、不完全燃焼のまま5歳の夏を迎えた。新馬勝ち直後に京成杯で3着と善戦するなど素質の片鱗を見せるも、その後はどうにも伸び悩み..昨年は500万下→1000万下と連勝しながらも戦線を離れるなど、どうしても順調さを欠いてきたのがもどかしい。

続きを読む

盛りだくさんとはこういうことを言うんだな..w

今日は昼過ぎまで子守担当だったので15時から休憩。
それまで情報遮断していたミッキーブリランテとイェッツトのレースを確認すると、
どちらも1番人気に応えて勝利!
ミッキーブリランテは課題の折り合いに進境が見られ、内容的にも収穫があった。
そしてイェッツトは4角で外に大きく振られる不利がありながら、
内で粘る2着馬をきっちり捉えきる、強い勝ち方。

2頭とも次も楽しみなレースをしてくれた。

そんな満足感に浸りながら金鯱賞ダノンプレミアムの復活を見届け、
中内田厩舎はさすがやのと感心していたら、
ぼんやり見ていたフィリーズレビューで、
何と坂井瑠星のノーワンが直線で鋭くインを突いてくるではないか。
ゴール前はプールヴィルと全く並んでのゴールイン。
勝てば重賞初勝利、同着でもいいからこのチャンスを..と祈っていたら、
割とあっさり同着の判定が出た。いえーい。

詳細は回顧エントリをわざわざ書くつもりなのでそこで余韻に浸る。
続きを読む

今週末は金鯱賞に桜花賞トライアルと大忙し不可避で、
当ブログの応援馬についてまともに触れられない可能性があるので、
今から先に健闘を祈っておくことにした。

まずは日曜中山9R館山特別にイェッツト出陣。
年明けの500万下を勝ってから約2ヶ月ぶりで、
中間はどう過ごしていたのかはよく知らないw
たぶん順調に駒を進めてきてくれていることでしょう。
相手には現級で好走歴のある馬も何頭かいるが、
上のクラスを見据える限り相手関係どうこうはあまり言いたくない。

それからミッキーブリランテが日曜阪神7Rの500万下(芝1600m)に出走。
こちらもシンザン記念で見せ場たっぷりの3着に善戦して以来の実戦。
とりあえず引き続き坂井瑠星が乗る。ひと安心w
前走を見る限りだいぶ気性が勝ったタイプのようで、
もしかしたらベストは1400mとかなのかもしれないが、
今のうちから可能性を狭めるような思考はよろしくない。
鞍上の腕でどうにか折り合いを教えたい。

どちらも将来を占う上で大事な大事なレース。
いい結果が出ることを期待してます。

競馬も始まっていつもの週末が戻ってきた気がする。
それにしても今日もようがんばった。
誰も言ってくれないので自分で言っちゃうスタイル。

ご飯づくりはもはや恒例の自己満足なのでいいとして、
午後から奥さんがお疲れぽい様子を見せていると、
何も言われることもなく自ら子どもを連れて外へ。
2時間ほど近所の児童館で遊ばせた。
この細やかな気配り。
我ながらナイス父親ですわ。
ロードカナロアと肩を並べるレベルじゃないですかね。

なおどのように思われているかは謎。
続きを読む

何であんなところで詰まりますかね..?
4角では完全に「できた」と思うほど、理想的な形で直線に向いた京都金杯。
しかしそこでグァンチャーレが行き場を失い二度三度と進路を立て直すうちに、
挟まれてブレーキをかける痛恨のロス。
前が空いてから慌てて再加速するも、
一度あそこで手綱を引いてしまってはもうトップスピードに乗るのは困難。
際どい3着争いには最後まで加わったものの遅れを取ってしまった。

外れてしまったことよりも、不完全燃焼のレースに終わってしまったことが悔しい。
これだけあれこれ言いたくなるのは久しぶりだ。
しかし済んだことをいつまでも引きずっているのはよくない。
いつだって、ジョッキーが思い通りに乗ってくれるとは限らないのである。
続きを読む

↑このページのトップヘ