「人生、無事是名馬」|雑談系競馬ブログ

2006年創刊の雑談競馬ブログ。主に毎週のレースや好きな馬・ジョッキーについて。時に野球やドラクエについて熱弁。

タグ:どうなるシリーズ

【新潟記念】
サマー2000シリーズの最終戦。
シリーズ優勝を狙って、各路線の上位組が集まった面白い一戦になりそう。
しかし最終戦がこれまでの小回りコースとは趣向を変える新潟2000mというのがアヤで、
メイショウナルトなんかは左回りで直線の長いコースだと玉砕しがち。
苦手意識を乗り越えてシリーズ優勝なるか。
この条件だと必然的にディープインパクト産駒の評価も上がる。
ラストインパクトの巻き返しや、好調マーティンボロあたりが中心になるか。

【小倉2歳S】
フェニックス賞を勝ったレオパルディナが1番人気だが、
抜けた支持ではないように何が勝ってもおかしくないレース。
馬場や展開、通ったコース次第でガラッと結果も変わりそう。
短距離の新馬戦はほとんどマジメに見てこなかったせいで、
名前を聞いてもわからない、馬柱を見てもわからない..状態。
困ってしまってケンです。



きのうの札幌2歳Sがもうちょいで万馬券だったので、
悔しさを胸に夏競馬最終節を楽しみたいと思います。

ハープスターが正体を表してから1年が経ちましたね。
あの新潟2歳Sで「強い(確信)」となってから、
牝馬クラシック戦線の中心を担い続け、
そして間もなく凱旋門賞を目指し海を渡ることに。

その2着馬がイスラボニータだったことも含めて、
今年も注目を集める一戦になるのは間違いありません。

藤沢和雄厩舎のディープインパクト産駒アヴニールマルシェ、
的場勇人とのコンビが話題を呼ぶナヴィオン、
ダリア賞で短い直線を大外から豪快に差し切ったワキノヒビキなどにチャンスか。

人気薄でも圏内に紛れ込んでくるケースがあるので、馬券的には難しい一戦。

キーンランドCはレッドオーヴァルのもう一丁かなと思いつつ、
武豊の復帰戦でスマートオリオンも崩れず走ってきそうだし、
高松宮記念2着馬スノードラゴンも札幌の芝は向いていそう。



新馬戦ではPOG指名馬フェスタジュニーナもスタンバイしており、
色々と楽しみなレースが多いです今日は。
ゆっくり観戦したいと思います。

夏休みで遊び呆けていたらすっかり競馬の予習が疎かになってしまいました..。
今週はこれといって狙いを定められるレースもなく、
関屋記念も残念ながらスルーしておこうと思います。

いいメンバーが揃いましたね。
安田記念にも駒を進めたダノンシャークやエキストラエンドにクラレント、
あと一歩が続くマジェスティハーツに、3歳馬タガノブルグ、ショウナンアチーヴ..
サトノギャラントやサンレイレーザーあたりも軽視は禁物と、
何が上位に来てもおかしくない顔ぶれ。
実績重視で考えるか、それとも条件適性、一発を狙える伏兵を中心にするか。
どちらでも組み立てられるのでは。
あと馬場もどうなるかわからないという超難解な設定。

僕は一応エキストラエンドやダノンシャークら実績組を上位と見ましたが..
本当に何が突っ込んできてもおかしくないのでやめときます。

久々のどうなるシリーズ。
下半期の始まりと同時に条件戦の馬券もちょくちょく買ってると、
何かこう競馬に参加できてる感あるよね。
もっとも巴賞の当たり分がそろそろゼロになろうとしてるけどw

中京記念。
夏のマイル戦に生まれ変わった過去2年はフラガラッハが連覇を達成している。
今年も3連覇を目指しての出走だが、果たして。
どうも土曜日の競馬を見ている限り、
ズブズブの差し決着にはならなさそうで、
荒れてはいるけど空いている内を突いた馬の健闘が目立っている印象。

だとすると最内枠のクラレントもそこまでマイナスな要素でもないのかな。
あとはブレイズアトレイルにマジェスティハーツ、
ダイワマッジョーレも実績上位よなあ。
これにサトノギャラントあたりを絡めれば当たりそうな気もしてきたw

新旧交代の流れが激しいエルムSは、
ブライトライン、ジェベルムーサ、ソロルあたりを中心に。
特にブライトラインは昨年、折り合いを気にするあまり踏み遅れて3着。
今年はドバイ遠征以来のレースとなるが、
ここ目標に仕上げられており結果を求めていい状態だろう。



何か馬券を買うレースが見つかったらお知らせします。

ついに混沌としたままユニコーンSを迎えてしまった、今季の3歳ダート路線。
その原因は、アジアエクスプレスが一時的に芝へ転戦してしまったのが大きい。
新馬→オキザリス賞と圧倒的な力量差を見せながら、
全日本2歳優駿への出走が叶わず代わりに出走した朝日杯FSで勝ってしまったことで、
大きな柱を失ったと言えるだろう。

芝のアジアエクスプレスが「野手・大谷翔平」であったとしたら、
ダートのアジアエクスプレスは「投手・大谷翔平」。きっと本職はこちらだろう。
160km/h近い豪速球を連発するスターターを攻略する術は皆無に等しい。
ダート自体は久々だが、本来の戦場で無双する可能性は高い。
単勝1倍台前半のオッズでレースを迎えるのが濃厚だが、
それもうなづけるだけの力の持ち主である。
内枠発進で砂をかぶって後方から、とかにならない限りは勝つのでは。

函館スプリントSはストレイトガールが「凱旋」。
牡馬に混じって56kgは条件的に厳しいが、それでも。
ただロードカナロアでも執拗なマークに遭い敗れたレース。
展開によってはセイコーライコウあたりがズバっと来ても。

どうなるシリーズとは金銭的リスクを伴わない無責任な予想エントリのことである。

● マーメイドS
☆ ウエスタンレベッカ
☆ フロアクラフト
☆ ブリッジクライム
☆ カノン
☆ ディアデラマドレ

何が起こるかわからない魔重賞のひとつ。
先週の鳴尾記念を見ていても思うけど、
阪神2000mでハンデ戦って最後までどうなるか本当わからん。
なのでエイヤーで5頭選んだ。
ウエスタンレベッカとフロアクラフトはコース実績に着目。
武豊騎乗でタメる競馬に賭ければブリッジクライムもおもしろそう。
カノンはルーキー義英真くん。崎山厩舎の2頭出しが気になる。
それから本来は外回り向きだろうけどディアデラマドレ。

●エプソムC
☆ ディサイファ
☆ マイネルラクリマ
☆ ダノンヨーヨー
☆ マジェスティハーツ
☆ カルドブレッサ

ここで真っ先に目がいくのはマイネルラクリマ。
パワーを要する馬場で前につけられれば粘り込みがありそう。
続けて人気の2頭。
安定して走れるようになったディサイファと、
伸びしろの恐ろしさを見せるハーツクライ産駒のマジェスティハーツ。
どちらかは連対を確保するんじゃないかな。
あとは前走で復活の気配を見せたダノンヨーヨーと、
藤岡佑介から開放されたカルドブレッサ。

JRA-VANのiPhoneアプリで安田記念のページを出そうとすると落ちます。

さて。世界のジャスタウェイに注目が集まる一戦。
急な乗り替わりはありましたが、
コンビを組んだ経験のあるベテランですからそこまで心配もないでしょう。
フォーカスはあくまでも「勝ち方」。

とはいえ、トニービンの血の宿命といえば「ド真ん中が打てない」。
強敵相手に痛烈な一撃をかましたかと思えば、
ここは普通に走れば負けんでしょうという条件でポロッと取りこぼす。
エアグルーヴのエリ女とか思い出しますわ。
3週連続G1制覇がかかるハーツクライ産駒も、
ヌーヴォレコルトしかりワンアンドオンリーしかり、
ゴール前で本命馬を競り落とす形だった。

そんな訳で実績的には揺るがぬ鉄板、
血の歴史を紐解けば危うい本命という興味深い立ち位置。
さあ結末はいかに。

7頭参戦ディープインパクト産駒。
超絶タイムのマイラーズC組、若きマイル王。いずれも戴冠の可能性十分。
エキストラエンドとかびっくりするほど人気ないし、
一発ないかなーとか思っちゃうんだけど。

気が向けば馬券を買うかも。

今週から新馬戦がスタート。
クラスも再編成され、3歳古馬混合戦も始まり夏って感じがしますね。

鳴尾記念。
昨年はここからトウケイヘイロー伝説が幕を開けた。
平凡な短距離馬で終わりそうだったところが、
今や世界を股にかけて戦うサムライへと成長。

さて、このところ馬券でボコボコにやられているわけですが、
ちょっと新たな試みを考えていて、
このレースをシミュレーションに使おうと思っています。
それは何かと言うと<馬単5頭BOX>。

☆ トーセンジョーダン
☆ カレンミロティック
☆ サクラアルディート
☆ トウカイパラダイス
☆ エアソミュール

とりあえずこれで。
天気も微妙だしムズカシネーw

有力馬についてメモを殴り書き。無責任。

・ ストレイトガール → 最内枠に託すも..やはり本領はスプリント戦
・ クロフネサプライズ → コンディション次第で粘り込みあるで
・ デニムアンドルビー → マイルの馬ではないと思うが..
・ メイショウマンボ → 一瞬でギアが入るタイプではないので難しそう
・ ラキシス → 距離経験ないがディープインパクトらしい瞬発力に期待
・ スマートレイアー → あくまで待機策..あっても2着までかなあ
・ ホエールキャプチャ → 東京新聞杯が強すぎ普通に走ればこの馬
・ キャトルフィーユ → ウィリアムズと手が合いそう
・ ケイアイエレガント → 前走重賞勝ちなのに人気なさすぎワロタ
・ ヴィルシーナ → 昨年のホエールキャプチャのパターンなのが気になるけど
・ エクセラントカーヴ → ヨーイドンは向くはず..一度叩かれ上向いていれば
・ フーラブライド → 秋の京都かなあ..
・ ウリウリ → ラチ沿い取れるところまで下げるか、鞍上の判断に注目

毎年、難しいレースですけど今年は特に。
2000mのレースで結果を残してきた馬が多く、それらの取捨選択が本当に難解。
臨戦過程や実績を考えると、
ホエールキャプチャが一番信頼できそうだけど..

京都新聞杯は個人的に好きなレースなのですが、
明日は豊田スタジアムへサッカーを見に行くので現地参戦はならず。

昨年はキズナがここを勝って日本ダービーへ弾みをつけました。
ゴールドシップが沈んだ高速馬場で、
後方待機策を貫こうものなら..と少し不安にも思ったものですが、モノが違いましたね。
注目の「東上最終便」。枠は2つ、もしくは1つに絞られるかもしれません。

もうひとつの注目は血統。
昔からダンスインザダークやチーフベアハート、マヤノトップガンなど、
いわゆるステイヤーの血が開花する舞台でもあります。
あと謎のマンハッタンカフェ無双。
トラキチシャチョウ(父マヤノトップガン)の出番だろうか。
このところ失速がちな阪神に明るい話題を..

この延長線上にいるのはきっとホワイトマズル。
シャドウダンサーがきっと評判通り勝ち切る。知らんけど。
サウンズオブアースはデビュー当初の評判倒れ感がようやくモノになってきたところで、
遅れてきた好素材ぽい雰囲気を漂わせている。

ミヤビジャスパーやアズマシャトルよりはこのへんかなあ。

明日に備えて早く寝ないとあきませんので簡単に。
キズナが単勝2倍を切るオッズで1番人気。
ここまで支持が集まるとはちょっと予想外でしたね。
スターホースとしての期待を感じます。
そしてゴールドシップはなんと単勝5倍台。
これだけつくなら応援の単勝も低コストで済んで助かりますわw
ほぼ並んでウインバリアシオン、そしてその後にフェノーメノ。

多少のばらつきはあれど、「3強」もしくは「4強」の勢力図。
ここ5年は単勝1番人気馬が一度も馬券に絡まない荒れ相場の天皇賞ですが、
こういうメンバー構成ならそこそこ無難に決まりそうな気がしています。

馬券はどうするか決めていません。
大事なのは買い方になるんだろうなーと。
また決まったら現地から更新するかも。

あと東京のオアシスSでベストウォーリアを買おうと思います。

それでは皆さまよい天皇賞を。

いい季節ですなあ。
京都1Rの映像を見ましたけどお客さんいっぱいで。
明日が楽しみですわ。

さて本日は青葉賞。
皐月賞を見て「うーんこの中に日本ダービー馬はいないかなあ」と思った以上、
このレースには注目せざるを得ない。
だが、この中にも..w
ええい今年も京都新聞杯組が持って行け!

人気はディープインパクト産駒が中心。
ラングレーやヤマノウィザードに大敗経験がある中、
ワールドインパクトはここまで堅実に来ている。
それが評価につながっているのであれば納得。

実績なら毎日杯を勝ったマイネルフロスト。
ゼンノロブロイの季節ということならアドミラルシップも気にはなるが..

仏国に渡り世界の強豪と戦ってきたキズナと、
絶対に落とせない最後の一冠を手にしたエピファネイアの再会。
どちらも実り多き時期を過ごしての4歳初戦だけに、
休み明けとはいえピリッとしたところを見せてもらいたい。

これまで三度の直接対決はエピファネイアが2勝1敗とリード。
とはいえ先着を許した唯一のレースが日本ダービーであり、
キャリアとしてはキズナが一歩リードか。
ただ、阪神2000mという舞台を考えればエピファネイア優勢のようにも思う。

05年の日本ダービー馬の産駒とオークス馬の仔が築くライバル関係。
どちらに肩入れするわけでもないが、見ていて非常に楽しい。

馬券はエピファネイアをアタマ固定の3連単も考えたけどパスします。
たぶんメイショウマンボは評価下げで正解なんだろうけど、
この頭数ならペースも上がらないだろうし3着にはまとめられそう。
一角を崩すならショウナンマイティよりカレンミロティックかな..



ダービー卿チャレンジTはレッドアリオンでいいんじゃないですかね。
プリムラブルガリスは六甲Sに出ていれば買ったんだけど..
とはいえ中山マイルでも昨年ニュージーランドTで4着とそこそこ走っており、
もしかしたらここで激走があるかもしれん。どうしよw

結婚式に招かれ沖縄に行ってました。
土曜の深夜に帰ってきて、テレビをつけたらちょうどジャスタウェイな時間。
ジェンティルドンナも含め日本勢が2勝。
めでたいドバイミーティングになりました。

バタバタな日程だったのでロクに検討もできておらず、
高松宮記念は元々買う予定もなかった上にこの雨。どうなるんですか。
中京の不良馬場とか相当にタフなコンディションですよね。
シンコウフォレストがいれば迷わず本命にしたい。

1番人気は現在のところストレイトガール。
北海道の馬場でも勝ってきてますけど、牝馬にこのコンディションはどうなの。
同じくレディオブオペラやレッドオーヴァルにとっても気の毒。

パワータイプの決着になるのなら、
リアルインパクト・レッドスパーダ・ハクサンムーン・スマートオリオン・マヤノリュウジン。
このあたりの浮上があると見ています。



マーチSはクリソライトとエーシンゴールドのライバル対決w
他にもジェベルムーサやソロルと4歳馬が人気を集めており、さすがに世代交代の波を感じます。
とはいえまだまだグランドシチーやバーディバーディも侮れませんが。

それでは皆さま、ご武運を。

新装3年目のファルコンS。
ブライトライン、インパルスヒーローに続く活躍馬の輩出なるか。

朝日杯2着のショウナンアチーブ、
京王杯2歳S勝ち馬のカラダレジェンド、
重賞で善戦が続くタガノグランパなど、
なかなか好メンバー。
サトノルパンも侮れない。

馬券はスルーに決めたけど、
「デカい馬が有利」という説が正しければシゲルカガが台頭することになる。
要注目である。

変則3日間開催だねー。
その幕開けを飾るのは、桜花賞への最終関門フラワーC。
かつては活躍馬をなかなか送り出せずにいたが、
ダンスインザムード、シーザリオ、キストゥヘヴン、ブラックエンブレムと、
立て続けにG1馬を輩出した歴史もあり、侮れないレースであることは確か。

今年も、すでに重賞で勝ち負けしてきた馬も含め、なかなかのレベルが集まったように思う。
牝馬戦線の層の厚さを改めて感じさせられる。
クリスマス、パシフィックギャル、ニシノアカツキはすでに重賞での実績があるし、
チョコレートバインやショウナンパンドラ、バウンスシャッセあたりは、
オークスまで見据えて楽しみな素材。
中山の馬場も木曜の雨でまた悪くなりそうだし、これは一筋縄ではいかなさそう。

桜へのラストチャンス。ここに懸ける女子たちの健闘を祈る。

弥生賞とは馬券の相性がとことん良くないのでスルーする。
初めて買ったのは03年だったと思う。
エイシンチャンプが勝った年だけど、
まだ成人したての若者はザッツザプレンティと武豊のコンビに心弾ませ、
まあまあの大金と投入した結果まさかの出遅れに泣いた。
若さゆえの失敗、で済めばいいのだが、
2年前にアダムスピークで同じような目に遭っており全く成長の跡が見られない。

今年の主役はトゥザワールド。
未勝利戦から3連勝、その内容にスキがない。
そこそこ機動力があって、速いペースにも対応できる万能タイプ。
前売で単勝2倍を切る支持を集めているのもうなづける。
しかし、キングカメハメハ産駒の皐月賞トライアルといえば、
ローズキングダムしかりコディーノしかり、
なぜか肩透かしを食らうケースが多いのも事実。
取り扱いには細心の注意を払った方がいいですよ(他人事)。

今回も人気薄のアズマシャトルや、
中山といえばネオユニヴァース産駒のイタリアンネオ、
トライアルまでなら我慢できそうなキングズオブザサン。このへんおすすめ(他人事)。

いよいよチューリップ賞&弥生賞ウィーク。春ですな(マフラー巻きながら)。
寒くても容赦なく襲い掛かってくるのがスギ花粉のやつらですよ。
鼻がグズグズするだけでなく詰まって呼吸がしづらくなり、
挙句の果てに寝ている間に口でばかり息をするもんだからノドを痛めるまでがワンセット。
そんな苦境を打破すべく、今季から起用してみたのが鼻腔拡張テープ。
よくアスリートが鼻のてっぺんの辺りにペタッと貼ってるあれ。
どこまで効果があるのかわからんけど、試しに使ってみようと思ったらドンピシャですわ。
明らかに鼻の通りが良くなってる。呼吸が楽。最高や!
花粉その他アレルギー性鼻炎に悩む方には力強くオススメしたい一品であった。

珍しく前置きが長くなりました。チューリップ賞ですね。
おれたちのハープスターが桜花賞へ向けしっかり勝ってくれるはず。
追い切りはそこまで誉められた内容ではなかったと思いますが、
心配するほどのことでもないでしょう。
アクシデントその他に遭遇することなく、普通に走れれば。
欲を言えばリラヴァティも桜花賞の切符を。

オーシャンSはハクサンムーンの独壇場、ですかね。
荒れ相場の重賞だけに油断は禁物ですが。
阪神C勝ちのあとスプリント路線に転向のリアルインパクトも、
千二の流れに戸惑わなければ中山の短距離戦は合いそう。
特に穴はコレ!ってのも見当たらないので、順当に決まる..のでは。

アドマイヤメテオには頑張ってもらいたいですねえ。
POG戦線はこのところやや伸び悩み傾向で、
ハープスター頼りの情勢が色濃くなる一方。
どうにかG1に進めるコマがあと一頭でも出てきてもらいたいと、
切望しているところです。
新馬戦の内容からして、その素地は十分にあると思うので、
あとは前走のようにイレ込んで自滅しないことを願うばかり。

そうはいってもミッキーアイルは簡単に負かせる相手ではないので、
本賞金追加の「あと一席」を拾ってもらいたいというのが本音。

10R山陽特別のダンスディレクターも注目。
前走は出遅れ引っかかりインが詰まりながらも脚を余す形で2着。
1000万下条件で足踏みする器でないことはよーくわかった。
これなら休み明けでもアタマ固定で買ってもよさそうなものだが、
デビューから3戦すべて出遅れていて開幕週だと「事故」の予感も。

明日はじっと脚をタメる一日にしましょう。

コパノリッキーって何なんですか(唖然)。
思い通りのレース運びで先頭に並びかけるホッコータルマエ、
にもかかわらず前を行く黄色い勝負服がなかなか捕まえられない..
「え、誰それコパノリッキー? え??」と困惑している間にゴール。
まさかの伏兵にやられる形となってしまいました....

しかし競馬はつづく。
フェブラリーSでやられた組がリベンジに参戦しそうなマンデー共同通信杯。
僕はおとなしく観戦しておきますw

先週の枠順では外に入ってしまったイスラボニータが、
やり直しで7番を引いたように運も向いていると思う。
クラシック本番はさておき、前哨戦までなら落とさず行けるんじゃなかろうか。
蛯名正義の代替競馬重賞3連勝あるで。

サトノアラジン、ベルキャニオンらディープインパクト産駒の見極めができていないので、
相手を語るのは非常に難解です。

トウカイトリック「こんなことなら現役続行すれば..」という声が聞こえてきそうな。
まあね、この時期のね長距離G3が賑わったら逆に気持ち悪いけど、
それにしても手薄なメンバーになっちゃいましたね。
ラストインパクト(小倉大賞典へ)とかこっち回るつもりなかったの。

AJCC3着のフェイムゲーム
格上挑戦でもスタミナ勝負に強そうなハーツクライのアドマイヤバラード
上位人気に推されているこのあたりの勝負になりそうですが、素直に。

それ以上に楽しみなのはヒヤシンスS。レッドアルヴィスがんばって。

久々に阪神JFの映像を見たら、
やっぱりハープスターが前に出ているんじゃないかと、
故・村山実氏ばりに主張を貫き通したくなる。
本当、ちょっとのタイミングの差だったんだなあ..

それはそうとフォーエバーモアの始動戦である。
前述の阪神JFであわやの見せ場を作った。
ここでは能力は一枚上。それでも賞金はまだ不十分。勝ちに来た。

しかし2歳G1好走後のクイーンCは昔からいい印象がない。
ゲイリーファンキーの時代の話だろうと思いきや、
よく考えれば昨年のコレクターアイテムも阪神JF4着からの臨戦で大敗を喫した。
いくら調教技術や外厩設備の発達があっても、
この時期の若い牝馬にとって休み明けは難しい部分があるのだろうか。

本当ならアタマ固定で買ってもいいくらいだけど、スルーすることにした。
ただでさえ変則日程で難しいことになりそうだというのに。

さあ関東の競馬ファンの皆さま、出番ですよ!
競馬どころじゃないかもしれませんが、ストレス発散のチャンスです。
がんばってください(他人事)。

ダノンシャークら回避馬が何頭か出たことで、メンバーにもやや変化が。
当初は豪華メンバーのG3という印象でしたが、そこまでな感じもしてきました。
それでも十分に楽しめそうな一戦。

先週は内枠ゲットしたエールブリーズが外枠になっちゃったのは気の毒である。
もし買うならサトノギャラント、レッドスパーダの藤沢和雄厩舎勢に、
サクラゴスペルあたりでしょうかねえ..
輸送連発を余儀なくされた関西馬は体調的に心配な部分が大きい。
特にショウナンマイティとか..

京都、めっちゃ雨ですよ..
土曜も道悪競馬でしたが、悪化こそすれ良化はなかなか見込めないです。

馬券を買うならジェンティルドンナをアタマ固定で買うか、
それとも完全スルーかのどちらかしかないと思うんです。
そのどちらも僕はようやらんので見送りw

初騎乗の福永祐一が、
このところ前向きになり過ぎな気性を抑えることができるか。
その上でトーセンラーらの追撃を振り切ることができるか..
力で押し切っても何ら不思議でない一方、
不本意なレースに終わったとしても驚きはない。

トーセンラーは少しでも馬場回復を祈っていることだろう。
ガサのないタイプで58kgを背負うだけでも楽ではないというのに、
道悪が残るようだと厳しいと判断せざるを得ない。

伏兵陣の台頭も十分にありえそう。
昨年の京都大賞典でゴールドシップを沈めた、
ヒットザターゲットアンコイルドのコンビ。
それからエリザベス女王杯2着以来となるラキシス
もともと京都得意なデスペラードあたりまでは十分に圏内。
組み合わせ次第では意外な好配当も..?

皆さまの健闘を祈る..w

武豊は内心、「2着でもいいや」と思っているかもしれない。
勝つこと以上に、トーセンスターダムの形に磨きをかけることを重視しそうな。
バンドワゴンを目がけて早めに動くようなレースをするよりも、
じっくりと脚をタメてラスト2Fでそれを爆発させるスタイルを追求する場。
そう割り切っている気がする。この先を見据えているのであれば。
2着まで賞金を積めば、たぶん日本ダービーまで賞金OKだろうし。

となればバンドワゴンの独り旅に映るが、
制御の利かない逃げ馬オールステイが連闘で参戦してきたのがどう影響するか。
今までのレースぶりからしても、
圧倒的人気の同型が相手だからといって控えられるような気性の馬ではない。
恐らく逃げるのはこちらだろう。
となるとバンドワゴンとしては必然的に番手からの競馬を経験することになる。
厄介な話ではあるが、
今後に向けて引き出しを増やす場であると考えればちょうどいい機会となるかも。

どちらにせよ、クラシック候補2騎にとっては実り多き一戦になりそうなのは間違いない。

東京新聞杯は文字通り「どうなる」な状況..
やるなら参戦したいけど..馬場悪化不可避やし....
そこにはプリムラブルガリス沼が広がっている....

レディオブオペラに注目が集まるのは当然のこと。
5連勝で高松宮記念へとなれば相当に盛り上がるはず。
しかもその可能性は高い。
Bコース替わりが気がかりではあるが、
この馬自身ペースを崩さず走れれば速い上がりでまとめられるので、
それを上回れる差し馬というのはこのメンバーの中には見当たらない。

ひとつだけ気になるのは55kgのハンデ。
OP特別1勝だけの馬が、
G3で2着がありOP特別を2勝しているストレイトガールと同斤というのは..
「連勝」というファクターが1キロ見込ませたのだとしたら気の毒な話である。
もちろん突破できない壁ではないが、ひとつミソがついた印象。

先週マイネルバイカを3着に連れてきてくれた白井最強厩舎に御礼の意味も兼ねつつ、
アタマ固定の3連単も悪くないかと思ったが相手が謎すぎるのでスルー。
軽量で一瞬の脚に秀でた..といえばサイレントソニックあたりだろうか。



根岸Sはもしかしたら馬券を買うかも。
もっと人気集中すると思ったブライトラインがそこまで売れてないので、
まだ信用のならんドリームバレンチノを消して3連複いこうかな。
もし買うと決まったら予想エントリ立てます。

なかなか初当たりが来ないですねえ..
つーか土曜の京都競馬ちょっと難易度高すぎませんか。
いきなり外も届く馬場になってるし、
メインはオセアニアボスなんか突っ込んでくるし..

シンザン記念。

ミッキーアイルはたぶん逃げ切るでしょう。
まだ賞金も十分ではありませんし、ここは内容よりも結果。
控える競馬を教えるのは次以降と陣営は見ているに違いない。
能力的に先週ほど極端な内有利の馬場である必要もないし。

朝日杯で外を回りながら3着に食い下がったウインフルブルームも強いよね。
千両賞や野路菊Sで先行して速い上がりをマークしており、
決して切れ負けするタイプでもない。
この2頭は普通にやればまず崩れないはず。

一方でモーリスについては懐疑的に見ている。
確かに新馬戦も万両賞も見どころある勝ち方に映るが、
相手が強くなった今回どこまで通用するか..
ペースの違いもあって前半は後ろに控える形になるはず。
そこから一気に差し切るだけの脚力は..?
届くとすれば前がやり合ってツブれた時くらい、程度の見立てでいる。

むしろ、ラジニケ杯で5着に食い下がったタガノグランパ
広いコースで見直したいビップレボルシオンらを上位に見たい。
あとはカンパニー産駒の重賞初参戦を記念してクリノカンパニーを塗って、
はい5頭BOXできあがり..と行きたいところだが、
本線の1-2-12が入ったところでトリガミではさすがに無意味。見送ります。



あと見ておかねばならないのは、新馬戦のトーセンデューク
馬主さんへのリップサービスもあるだろうが、武豊が絶賛しているとか。
オッズが割れている羅生門S。
フミノファルコンやデザートオアシスあたりが堅そうだが、
なかなか的中までは辿り着けそうもないのでギブアップ。
モエレジュンキンとかおもしろそうなんだけどね..

中山ではダート千八のOP特別ポルックスS。
ベテルギウスSの再戦ムードだが、ここはグランデッツァ復帰の舞台でもある。

今日は取り返したいのをグッと我慢する一日です。グッと我慢。

中山マイルのラスト朝日杯である。
クラシックへの関連性の薄さは別にどうってことなく、
あくまで2歳で一番強い馬を決める舞台であればいいと思っているが、
それにしても枠順が結果に大きく影響を及ぼす舞台が、
G1に相応しいかと言われると答えはノー。
前売りでアトムがプレイアンドリアルを抑えて1番人気なのも、
たぶん枠順が原因だろうというのは察しがつくし。

実績は物足りなくとも、人気サイドで決着しそうなので馬券はパス。
一角崩しでおもしろそうなのはツィンクルソードですかね。
ベルカントは1円もいらんと思ってるw

明日はベテルギウスSをどうするか、オッズの動向を見ながら決めようと思う。

愛知杯は週半ばから「スマートレイアーのハンデ重すぎじゃね?」という話題が。
秋華賞でそこまで差のなかったリラコサージュやシャトーブランシュに比べ、
2〜3kg重いのはどうなのという意見もわかる。
ただ、ハンデって1戦だけの結果で決められるもんじゃないし、
1000万下を勝っているかどうか等、勝ち鞍の格差が重視された結果だと思う。
印象的に「重い」と感じるのはもっともだが、
その内容を紐解いてみればそこまで疑問視されるものでもないのでは。という見解。

ただ馬券的にどうなのかは不明。
昨年もエーシンメンフィスの逃げが決まってキレイに行った行ったで終わったし、
ムキになって当てに行くレースでもなさそう。



阪神ではマイルのOP特別リゲルS。
プリムラブルガリスはけっこう出世すると思っているので、
休み明け初戦からどこまでやれるのか見ておきたい。
あとはブレイズアトレイルも。内ピタピタを回って脚を伸ばしてきそう。
ここから京都金杯へ向かう馬も多いと思われるので、しっかり見ておきたい。

中山のディセンバーSではサクラアルディートが戦線復帰。
コーナー4つのコースはどうなんでしょう..ここは叩き台と見たがムーアは確保してる。
とりあえず様子を見ておくとしよう。
こちらはもちろん、ひいらぎ賞も注目。ミッキーアイル連勝なるか。

POGメモ:クールオープニング中京の未勝利を武豊さんで。何かキッカケほしいね。

どうにでもなーれって感じですけどw
年末開催、ハンデ戦とリニューアルされた昨年は、
出走全馬が0.6秒差以内に入線するというとんでもない大混戦だったわけですが、
そのイメージが強いせいか今年も一筋縄ではいかない予感がしております。

一応、3連複ボックスのシミュレーションだけ置いときますね。

☆ マイネルラクリマ
☆ タマモベストプレイ
☆ カルドブレッサ
☆ ラウンドワールド
☆ アルキメデス
☆ ヒストリカル

人気どころばかりだけど、組合せ次第ではそこそこつくんじゃないですか?
マイネルラクリマはトップハンデ。理想はコーナー4つのコースだろうけど安定。
菊花賞路線はさすがに厳しかったタマモベストプレイは、
これくらいの距離なら結果を残せるはず。
その隣のカルドブレッサは大穴要員となるか。帰ってきた藤岡佑介に期待。
あとはディープインパクト産駒の得意な形ということで、
ラウンドワールドと一頭飛ばしてヒストリカル。
最後に。ざっとメンバーを見渡した時には、連勝中のアルキメデスで行けると感じた。

PATに5,000円くらいしか残っていないので日曜に温存しておきます。皆さまご武運を。

すまないゴールドシップ..今回は馬券を買えないよ。
決して勝てないだなんて思っていない。
京都大賞典の敗因は馬場のせいじゃないと思っているし、
高速馬場でも変なペースにならなければ対応できると思っている。

ただし、「絶対」ではないのも事実。
不確定な要素を含んでいるにもかかわらず、
条件ばっちりと思われた宝塚記念と同等の単勝オッズに収束しそうなのは、
馬券の駒として考えた時に旨みが少なすぎる。
今回以上に、有馬記念という買いやすいレースがある以上は、
そこまで資金を温存しておくという考え方こそが最善と判断した。

馬券はなくても、精一杯の応援を。
勝ってくれ。まったく後悔などしないから。
種牡馬としての価値、ジョッキーの命運..未来を切り開く勝利をつかもう。

強敵はやはりエイシンフラッシュよりもジェンティルドンナ。
折り合いが難しくなって末が鈍りがちな近走だが、
久々に間隔を詰めて使える分、前進が見込めそう。
これに負けたら仕方ない、くらいの気持ちで、のびのびと走ってくれれば。

最近のスプリント戦の流れからして、
序盤33秒後半から34秒近くかけて入り、最後はキレ勝負になるはず。
そこそこの位置から速い上がりでまとめられる馬を探せばいいんじゃないですかね。

来年への布石として3連複ボックス作戦を模索中なので、
今回は6頭ピックアップしておく。

・ アースソニック
・ マヤノリュウジン
・ エピセアローム
・ ハノハノ
・ アドマイヤセプター
・ ラトルスネーク

こんな感じで。

あと花背特別のクラージュドールが意外と人気してないのでどうかなーと思ったけど、
相手が難解すぎてやめた。しゃあない。

今週は馬券おやすみですかねー。
マイルCSもコレといって買いたい馬いないし。
せいぜいコパノリチャードにギャラントアローを重ね合わせてみたり、
今回の人気薄マイネイサベルの激走を予感してみたり、その程度。

それはさておき最近、「3連複7頭ボックス買いとかどうなの」という発想があってね。
ちょっとエア予想で試してみようと思います。7頭。

・ コパノリチャード
・ ダイワマッジョーレ
・ サンレイレーザー
・ クラレント
・ ダノンシャーク
・ ダークシャドウ
・ マイネイサベル

これでどうだ。35点も買わなあかんねんぞw



福島記念はマイネルラクリマが庭コースに出てるので頑張っておくれ。
あとディサイファもようやく重賞まで駒を進めてきた。
武豊の2012ダービーパートナーはこの馬と言われていた頃が懐かしい。

1番人気はサトノアラジンですかー。しかもちょっと抜けてますね。
メンバーも揃った一戦だけに、
ここをすんなり通過するようなら「最有力」の看板もこの馬のものになるかも。
もちろんそれは、同じ1戦1勝のラングレーにも言えることであって。
完成度ならイスラボニータ、
密かに将来性を買ってるクラリティシチーらも注目。

プレイアンドリアル...? 知らんなあw

おはようございます。
もう降り始めました京都。

エリザベス女王杯は2年連続で雨です。お気の毒な..
昨年はレインボーダリアが大駆けを決めましたが、今年はどうかな。

3歳最強メイショウマンボか、それとも春秋牝馬G1制覇を狙うヴィルシーナか。
条件戦上がりの馬もそこそこ評価されているようですが、
勝つのは恐らくどちらかでしょう。
状態面、馬場適性そして世代レベルと、
見えないものを比較して結論を導き出すことが求められる、難解な一戦..!

皆さまの健闘をお祈りします。

エイシンオルドス、もっと人気するかと思ったけどそうでもないですねー。
これなら勝負に出ても..と考えたけど。もうちょい様子を見ますわ。
リアルヴィーナスやエルノルテを連れてくる展開になるか、
それともベルカントと一緒に前で決まるか....

フクノドリーム、グランシェリーはいらんはず。

京王杯2歳Sはモーリスが注目を集めてますねえ。
「メジロ」の牝系を継ぐスクリーンヒーロー産駒。異色の存在。
もしすんなりここもクリアするようなら朝日杯も....?

じゃあそろそろ競馬場へ行く準備しますね。

雨上がりの東京芝コースほどタチの悪いもんはないですよね..
きっと明日はイン有利の馬場状態。
そこを取り切って脚を伸ばせるのはどの馬よ。

逃げるトウケイヘイローにとっては悪くないコンディション。
自分の形に持ち込むことはできる。
しかし、問題はその後。押し切れるまでの力があるか。
ちょっとキツいと思う。

ジェンティルドンナ。
できるだけ動くのを我慢して、最後まで力を温存させたい岩田康誠が、
トウケイヘイローを無視するかどうか。
スルーすればいつも通りに脚を伸ばして勝てるかもしれない。
逆に、追いかけることで宝塚記念みたいに脚を削られる可能性が。
1番人気の立場で、腹を括った騎乗ができるか――

このスキを突けるのがエイシンフラッシュと言えるだろう。
昨年のイメージが強烈すぎるせいか、
スロー専と思われがちだが、実際はもっと適性幅は広い。
先に動かざるをえないジェンティルドンナを標的に、
ゴール前ザックリ差し切る予感。

まあ僕はこの馬の買い時を全然わかっていないので、
たぶんコツつかんでる人からすれば「何いってだコイツ」と思ってることでしょう。

ジェンティルドンナ−トウケイヘイローの決着だけはないやろーと思いますけどね。

泣いても笑ってもエピファネイア。
前売り段階から単勝2倍を切る圧倒的1番人気に支持されている。
「春の悔しさを晴らす菊」の美しさは過去の歴史が証明しており、
そんな結末になれば、それはそれでハッピーエンド。

福永祐一。
天皇賞、グランプリ、ジャパンC、そして3歳牡馬クラシックのタイトルと未だに無縁。
勝利数でこそ全国リーディングに輝いた実績はあれど、
いわば日本競馬の「核」の部分を極められぬまま。
それを初めて成し遂げるのが、
かつての相棒シーザリオの仔というのもまた美しく。



それでもこの大本命には死角がある。
3000mを乗り切るには前向きすぎる気性。
菊の舞台は、3分間の己との戦いでもある。
引き当てた枠は2枠3番。
序盤は死に物狂いで引っ張って、中団インで我慢に徹することだろう。
いや、中団まで下げられれば合格点。
下手をすれば逃げ馬を追いかけるようなポジションにもなりかねない。

福永が菊花賞や天皇賞で騎乗した、
フレールジャックやムスカテールのレースを見ていると、
1周目の下り坂で思い切り持って行かれている。
恐らく本人もいい印象は残っていないはず。

最初の関門を乗り越えられるか。

次に待ち構えるのは2周目3角。
外からマクリに出る伏兵と、徐々に脚色が鈍る先行馬が交差する魔境。
内に入ったまま出るに出られず、
どんどんポジションを下げてしまう危険地帯である。
かつてO.ペリエがゼンノロブロイに騎乗した際に、
坂の上り下りで後ろに下がってしまい、
そこから挽回しきれず4着に敗れたこともあった。

恐らく各馬はキャロットの黒帽を目印にレースを進める。
思い通りの進路取りが許されるほどマークは甘くないだろう。

結論。楽に勝てるG1なんてものは存在しない。
人馬ともに、春のままでは勝てない。
逆に言えば、勝つことは何よりの成長の証。
相手が弱いなど関係ない、最大の栄誉である。



見どころはエピファネイアの行方。
一方で馬券は野心を持って人気薄をピックアップしてみた。

いわゆる「バリバリのステイヤー」の相が見つからない今年のメンバー。
ならば王道路線である、
皐月賞、日本ダービーそして神戸新聞杯でそこそこ頑張った実績上位馬の中から、
意外と3000mも克服できましたよ的な駒が出てきてくれることに期待したい。

アクションスター。
08年菊花賞馬オウケンブルースリの後継者。
春は力量差が大きかったが、立て直されての秋初戦、神戸新聞杯で4着と善戦。
にもかかわらず単勝は最も売れていない18番人気。
ネコタイショウよりも下である。アホか。

テイエムイナズマ。
皐月賞6着、日本ダービー6着。いずれも単勝14番人気ながらの奮闘である。
特に日本ダービーはキズナに次ぐ上がりの脚。
まだまだ知られていない何かが眠っている気がする。

タマモベストプレイ。
全兄タマモホットプレイやフジキセキの血統を考えれば、まず3000mでは出番なし。
だがその先入観を捨てよう。
そもそも血統のイメージ通りなら、きさらぎ賞で壁にぶつかっているはず。
神戸新聞杯5着から、得意の京都に替われば圏内突入だって..!

ヤマイチパートナー。
武豊が手塩にかけて育てた長距離砲。母父にはリアルシャダイの血。
マジェスティハーツより距離適性は高いはず。
スピード勝負では分が悪くとも、展開や馬場の乱れに乗じれば一発も。

この4頭..とエピファネイアを交えた5頭をワイドのボックスで。
エピファネイア絡みでも1点入ればペイできるし、
もちろん狙いは人気薄のおまえらの激走。あわよくば万馬券よ。

秋山、幸、和田、武幸.....
G1で大仕事を期待するにはやや頼りないメンバーだけど、
そういうのを乗り越えてこそ意外な結末に巡り会えるのだと思う。

菊花賞

驚きの決着を、気楽に待ちたい。

今日はビッグイベントのラッシュで大変ですね。
もうちょっと分けてやってもらってもいいのに..w
贅沢かもしれませんが、何もかもうまくいきますように。

■京都大賞典
ゴールドシップ始動。当然ながら単勝オッズは1倍台前半で推移している。
春の天皇賞で苦しめられたパンパンの高速馬場で、
その期待に応えられるかどうか。
さほど速いペースにはならないだろうし、
前を射程圏に入れながらのレースができるはず。
超ロングスパートを余儀なくされるような展開にハマらなければ、
力の違いを見せてくれるのでは。
一つだけ気になるのは、直前の調教でやたらと動いていたこと。
もちろんコンディションが良好であることを示してはいると思うのだが、
変に競馬に対して前向きになりすぎることで、
これまで全く心配のなかった折り合い面に支障をきたさないかどうか..
しかし、もしかしたらあのズブさが解消されつつある証なのかも。
持ったままで淀の坂を下って、
鞍上のゴーサインに瞬時に反応して突き放す..
そんな新境地開拓の妄想も膨らませながら、さあ秋初戦。
まずは無事に。そして強いゴールドシップを見せておくんなまし。

■毎日王冠
こちらはどうやらショウナンマイティが人気を背負うことになりそうですね。
もう賞金は心配ないだろうし、ここは死んだふりでもいいんじゃないですか。
東京1800mならコディーノ。
ここ数年は3歳馬無双の傾向にある毎日王冠ですし。

そして今晩に待ち構えている凱旋門賞。
オルフェーヴルもキズナもここまで順調に来られて本当によかった。
強敵回避の報も届きましたし、風は日本に吹いてきている。
競馬ファンが夢を見続けてきたその瞬間が、いよいよ..といった感じ。
それでも勝負は最後までどうなるかわからない。
昨年のソレミアに痛感させられた。
どうか、よい知らせが届きますように..!

ロードカナロア、1.4倍の断然人気。今のところ。
前哨戦でこれを破ったハクサンムーンが7倍ちょうどですから、
断然の支持を集めていることがわかります。そらそうよ。
たぶん10回レースやったら9回は間違いなく勝つと思う。

「これ!」といった相手候補がいればよかったんだけど、
見つからなかったので馬券はスルー。
ただ、予感としてはちょっとヒモ荒れしそうな気も。
ハクサンムーン、ドリームバレンチノよりは、
サクラゴスペルやマジンプロスパーさらにはサンカルロあたりがキニナル。

それでは皆さまグッドラック。

あかんシリウスSも買えそうにない....
ハートビートソングから「このへんかなー」と目星をつけた相手へのオッズを見ると、
とても手が出せるような数値じゃない。
こんな、人気通りの予想しかできないようじゃ勝負に出る意味ないし。パス。

単勝を勝ったつもりで応援しておきます。

グランドシチーかケイアイレオーネが突っ込んできたらグギギってなる。

明日も馬券は手を出せるレースがなく、
予想エントリを立てることはないのですが、
せっかく役者も揃ってくる季節なのに何もしないのはもったいない。
そうだ無責任な雑談だけ書いておけばいいんだということに気づいた。

■セントウルS
予想通りロードカナロアが断然人気。
負けてほしくないし、ほぼ勝つでしょう。
しかし昨年、エピセアロームやアンシェルブルーが、
本番ならともかく前哨戦ならワンチャンあるでということを教えてくれた。
ローガンサファイアの高評価ぶりなんかは、その再現を期待してのものだろう。
ちなみに、もし馬券を買うならロードカナロア−ドリームバレンチノの1点かな。
ドリームバレンチノはちょっと渋ったこの馬場がよさそう。

■京成杯オータムハンデ
前売りを見ていると単勝10倍を切るのが6頭もおる。
ルナと横山和生が重賞を取れれば盛り上がるが、果たして。
58kgが嫌われているのかダノンシャークの人気がそこまで上がってこないが、
キレだけでなく末脚にしぶとさが出てきた今なら中山でも走れそうな気がしている。
エクセラントカーヴは何か違うくない??

↑このページのトップヘ