「人生、無事是名馬」|雑談系競馬ブログ

2006年創刊の雑談競馬ブログ。主に毎週のレースや好きな馬・ジョッキーについて。時に野球やドラクエについて熱弁。

カテゴリ: 競馬/競走馬

昨日はオーソクレース民の方々に聞いていただけてよかったです。内容はぐう凡でガッカリだったでしょうけどw





シャフリヤールいいね、タメて切れるディープインパクト産駒の優等生。これが今季の牡馬エースかもしれない説。それにひきかえアークライトは..崖っぷちとか言うてると松岡昌宏くんに「あなたは崖の下に落ちてしまっていることに気付いていない」と言われそう。絞って出てこないとこのまま終わる。
そしてリフレイム。阪神ジュベナイルFでサトノレイナスの強敵になるかも。京王杯2歳Sでも勝負になりそうで..注意して見ておきたい。

これは思った通りの大物かもしれない。札幌の新馬戦で非凡な素質を見せてくれたオーソクレースが、アイビーSも勝ってデビューから2連勝。期待の良血馬がクラシック路線に乗った。



まずは新馬戦直後に書いたエントリを改めて読み返してほしい。これだけ手放しで称賛していたわけだから2戦目も楽しみにしていた一方で、本来はじっくりと力をつけていく血統だけにいきなりOP級を相手にするとちょっとどうかなという思いもあったのだが..







改めて誉めて誉めまくることになってしまった。ラジオで触れるの忘れたけどあのド根性こそマリアライト譲りよな。

続きを読む

秋華賞のウインマイティーは残念な結果に終わったけれど、先週のゴールドシップ産駒ではクロノメーターが日曜東京12Rの鷹巣山特別を勝ってくれました。これはうれしい。



ゴールドシップ初年度産駒のマイル路線のエースである。デビューからここまでまだ馬券圏内を外しておらず、順調にステップアップを果たして準OPまで上り詰めてきた。焦らずじっくり仕上げてきたこともあって、まだまだ上積みは大きそう。
続きを読む

出遅れて後方からのレースになり、4角に差し掛かってもまだ最後方..これはもうダメかと覚悟した、次の瞬間だった。ルメールの抜群のハンドリングに導かれながら、コースロスを最小限に留めつつコーナーをクリア。直線入り口でスムーズに外へと持ち出されると、余裕たっぷりの足取りでスパートに入り、先行するグランデフィオーレらをあっさり捕らえて先頭へ。そのまま1馬身半差の完勝。

見事な進化を遂げたサトノレイナス。新たな女王誕生の予感を漂わせる勝利だった。

追い出されてからの末脚は迫力満点。新馬戦での遠慮がちで頼りなげなフットワークとはまるで別物だった。他馬と少し並走するところもあったが、外に逃避するようなこともなく真っすぐに伸びてこられた。短期放牧も挟んでのこの4ヶ月、追い切りの時計もガンガン詰めてはいたが、実戦でもその成長ぶりを証明してくれた。これこそPOGドラフト前から期待されていた本来の姿。阪神ジュベナイルFはもちろん、桜花賞・オークスへ向けての手応えも感じさせてくれる勝ちっぷりだった。

続きを読む

スプリンターズSには悪いけど今週最大の注目レースはサフラン賞です。我がPOGドラ1のサトノレイナスが出走。6月の新馬戦を勝って以来のレースで、どれだけ成長を遂げているか楽しみにしたい。美浦に帰厩後は追い切りの時計もデビュー前から大きく縮めており、進化の可能性を感じさせてくれている。
と同時にここで案外な結果に終わってしまうと、他に目ぼしい活躍馬がいない現状だけに早くもPOG終戦の危機にさらされてしまうという事情もw

どうにかビッグレースを狙えるだけの真価を見せてほしい一戦である。

新馬戦が地味な内容の勝利だっただけに、いきなり重賞で壁にぶち当たるよりもサフラン賞あたりで復帰するのがちょうどいいのではと考えていた。なので陣営の思惑は十分に理解できるが、問題はタウゼントシェーンという強敵とわざわざぶつかってしまうということ。分けて使ってくれればいいのに、ずいぶんとナメられたもんだ。

続きを読む

6月の東京で不良馬場に沈んだレガトゥスが巻き返しに成功した。各POGでも人気を集めているであろう「モーリス四天王」の一角だけに、ホッとしている人も多いに違いない。



新馬戦は色々な敗因が重なっての大敗だったが、そのひとつが明らかに緩かった仕上がり。それだけに今回はどれだけ中身ができているかと気にしていたのだが、馬体重が発表されると562(+8)と想像を絶する数値が飛び込んできた。まさか絞れるどころか増やしてくるとは。

続きを読む

はい、またしても。

日曜札幌5Rの新馬戦を勝ったのは、ゴールドシップ産駒のヴェローチェオロ。藤沢和雄厩舎のディープインパクト産駒バッソプロフォンドが重馬場に苦しむ中、それを全く気にする素振りも見せず鮮やかに差し切ってみせた。

これはいつもの勝ちパターンやろ、と単勝だけ軽くポチっておいたので、今週どこかでおいしいお昼ごはんでも食べに行こうと思う。

父を手掛けた須貝尚介厩舎が送り出す、今季の期待馬の一頭である。早い時期から栗東坂路で乗り込まれ、好時計をマークしてから北海道へ移動するのはサトノゴールドと同じパターン。札幌入厩後も順調に調整は続き、初戦から色気は持っていたが..見事に結果を残してくれた。余談ながらPOGでも指名候補の一頭に入れていたのだが、残念ながら牡馬の指名枠がすでに尽きてしまい見送らざるを得なかったという事情がある。

どうやら連闘で札幌2歳S参戦も視野に入れているようで、実現すればゴールドシップ産駒は最大5頭出しということに。せっかくだからぜひとも実現させてもらえれば。

続きを読む

モーリス産駒として初勝利を挙げたことでも話題になったカイザーノヴァが、クローバー賞を制し2勝目を挙げた。
新馬勝ち直後に連闘で挑んだ函館2歳Sは5着に敗れたが、ゴール前はしっかりと末脚を伸ばしており、距離が延びればOPでも勝ち負けという手応えはつかめる内容だった。その見立て通り距離が1500mに延びたことでスムーズに中団を追走。早めのスパートから最後はインを突いたラヴケリーをアタマ差抑えてのゴールとなった。

この時期のOP特別はレベル的にどうなのという疑念もなくはないが、函館2歳Sでも3着と好走していたラヴケリーや、未勝利戦を圧勝していたジャンカズマを負かせた点は評価したい。それに札幌1500mは外枠だとどうしても距離ロスが生じがち。実際に外を回される形になりながらも勝ち切れたのは価値が大きい。

これで賞金的には3歳春まで不自由なく重賞に参戦できる身分になった。当面の目標は距離適性的にも朝日杯FSということになりそう。デイリー杯2歳Sあたりを経由して本番に向かうのが王道となりそうだが、果たして陣営はどんな判断を下すか。

続きを読む

今週のwebスポルティーバ砲はセブンサミットでした。いかにもって感じですね。



もはやわざわざリンク貼るのやめようかなと思うほど中身がない。どんどんその傾向に拍車がかかってる。今回の記事なんて7割方シンハライトのことですからね。肝心のセブンサミットに関しては超ふわっとしたコメントしか載ってない。そもそも取材対象が取材者っておかしいよね毎回。

こんな内容でも媒体の大きさと馬の注目度でPVガッポリ稼いじゃうわけですから。本当イヤになりますよ。

続きを読む

先週は土曜の朝からガッカリであった。POG指名馬ディアマンテールが6着と大敗。新馬戦は不良馬場でまともに走れず、さあ良馬場で本領発揮と期待していたのだが..今後の見通しも厳しくなってしまった。

しかし、納得のいくレースをしてくれたならまだしも、なぜ逃げたんでしょうね?

2歳戦によくある「誰も行かなくて押し出されるように..」ではなく、それなりに序盤から促しての先行策。わざわざ先導役を買って出たばかりか、前半1000m59.9秒と新潟外回り1800mでは速い部類に入るラップを計測。これがこの馬の力をフルに発揮するための乗り方には思えないのだが..



続きを読む

アークライトは思わぬ苦戦を強いられてるし、レガトゥスは今後どこまで動けるのか見通しが立たないしで厳しい戦いが続いている我がPOG戦線。サトノレイナスとて新馬戦の内容だけでは強気になれないし、そこにグラヴィルの戦線離脱という誤算まで発生。とにかく一頭でも多く計算の立つ駒が欲しいというところで迎えるのが、ディアマンテールの2戦目である。

続きを読む

指名馬が期待どおりの走りを見せてくれないのも困ったものだが、故障でレースに使えない以上に残念なことはない。我が軍のオークス候補グラヴィルの骨折が判明し、約半年ほどの戦線離脱を余儀なくされることとなった。


このツイートでは全治3ヶ月との見込みだったが、詳しく検査が行われた結果、さらに時間がかかる見通しとのこと。今から半年後となるともう来年の2月。仮に上を目指せる能力が備わっていたとしても、ほぼノーミスで勝ち進まないとオークスには間に合わない。

要するに、POG期間内の活躍はほぼ絶望的ということです。

続きを読む

先週オーソクレースが見事に呪縛を破ったことで、webスポルティーバ砲も少しは勢いを弱めただろうか。今週のターゲットはサトノスカイターフである。



もちろん知ってるで。POG検討期間でも何度もその名前は目にすることがあった。しかし池江泰寿厩舎×サトノ冠の組み合わせも毎年のように期待だけ集めながら、POG期間での成功例は未だにサトノダイヤモンドくらいしか思いつかずアベレージは低い。まして上にまだ活躍馬のいないシーヴの仔という意味でも、なかなか指名するには勇気が必要。

という経緯でリスト入りも見送った。

続きを読む

先週は無事にトレデマンドとアカイトリノムスメを馬群に沈め、相変わらずの絶好調ぶりをキープするwebスポルティーバ。次は誰が指名されたかというと、池江泰寿厩舎のヴィルヘルムだった。



はて..?

この連載にしては珍しくミーハーどころを外してきたな。名前を聞いても全くピンと来なくて血統を見てみたら母カイゼリン。なるほど。上に目立った活躍馬が出ていない現状では、さすがにリスト入りすることもないわな。祖母がブロードアピールでワグネリアンと同じ一族といえば確かにそれはそうだけど、アベレージは低い印象だけに指名するのはちょっとリスクが。


続きを読む

ついにやりましたねフォイヤーヴェルク。新潟ジャンプSで待望の障害重賞初制覇。先に抜け出したメドウラークの手応えが良く、もしかしたら残られるのではと思いながら見ていたが、まるで勝ち方をわかっているかのように慌てず騒がずスパートを開始し、しっかりと前を捕らえきった。
まだトップクラスのジャンパー達とは戦っていないので何ともいえないが、いずれジャンプG1も狙えるようなポジションまでは確立できたかな。まだまだ障害でのキャリアも浅いことだし、これからさらに強いレースを見せてくれるんじゃないかと期待してる。

続きを読む

評判馬が次々と敗れ、相変わらず混沌とする2歳戦線。改めて1勝の重みを痛感する日々だが、特に短距離向きの血統であれば好発進を決めて上のステージを目指したいところ。

重賞5勝の強豪ダノンスマッシュの全妹フライングバレルの陣営も、きっと描くビジョンは同じだろう。1週前の追い切りで53.9-12.2をマークしており、非凡な能力の片鱗を見せている。一部では先週もう使うという話もあったが、1週スライドしてここへ。もちろん勝負は先ながら、できればつまづくことなく勝ち進んでいきたい。

ちなみにこの馬は我がPOGのライバル陣営の持ち馬。なかなか勝ち上がる馬が出てこないので、敵ながらそろそろ朗報が届いてもらいたい。

続きを読む

カンパニー産駒の大物候補として期待を集めたイェッツトも、不完全燃焼のまま5歳の夏を迎えた。新馬勝ち直後に京成杯で3着と善戦するなど素質の片鱗を見せるも、その後はどうにも伸び悩み..昨年は500万下→1000万下と連勝しながらも戦線を離れるなど、どうしても順調さを欠いてきたのがもどかしい。

続きを読む

おや?

今週土曜の新潟でデビューを迎えるトレデマンドが、あまり調教で動けていないようだ。1週前の追い切りはしまいのみで全体時計は遅め、そして今週の直前追いは坂路で一杯に追われるもラストは13秒を要したとのこと。

POGドラフト時点では今季の2歳牝馬トップクラスと評価が高く、個人的にもサトノレイナスかこの馬かのどちらかは絶対に確保しておかなければと思っていただけに、ここまでの低調な動きには少し戸惑いを感じている。

続きを読む

ただでさえ追い切りがサッパリで不安を募らせていたところにwebスポルティーバにも見つかってしまったグランメテオールは案の定、新馬戦で大敗を喫してしまった。いよいよ毎週の更新のたびに「もう勘弁してくれ..」と祈りたくなる心境だが、今回はあの三冠配合から産まれた初めての牝馬のご登場である。



調教で乗った戸崎圭太が「反応はよかった」とコメントしただけで、あとはトラックマンとやらが好き勝手に話してるのを引き伸ばして当たり障りのないポジ記事に仕上がっているだけの文章です。例によって。内容はホンマに何もない。

さて、アカイトリノムスメ。金子真人オーナーもそろそろ飽きてきたのではないかと思うネーミングだが、ディープインパクト×アパパネの血統だけに注目度は高い。と言いつつもこれまでモクレレ、ジナンボーがクラシック戦線では稼働せず、ひとつ上の兄ラインベックもG1出走にまではこぎつけたものの、そこでは力不足を露呈。どうにも期待ほどの成果は上げられていないのが現状だ。

続きを読む

2戦目での変わり身を期待したが、残念ながら落胆の色濃い敗戦となってしまった。土曜札幌1Rに出走したアークライト。新馬戦2着から中2週で初勝利を目指したが、またしても2着に終わった。
途中からハナに立つ競馬になった前走とは違い、今回は少し引っかかりながらも抑える競馬。4角手前からジワリと前との差を詰めにかかったが、ディープインパクト産駒らしいキレは見られず。マッチレースと目された相手のギャラントウォリアには先着したものの、内から脚を伸ばしたウインルーアには2馬身近くの差をつけられての完敗だった。

続きを読む

今週から開幕する札幌競馬でも続々と期待の新馬がデビューを迎えるが、どうやらマリアライトの初仔オーソクレースもその中に含まれそうだ。8月9日の芝1800mをルメールで、とのこと。キャサリーンパーの一族はマリアライトに限らず、割とじっくり仕上げていくイメージが強いだけに早期デビューはやや意外な気もするが、この馬の場合は春先にゲート試験も済ませるなど順調にステップを踏んでいる様子。

現在は入厩先の札幌で時計を出し始めている段階のようだが、さすがにまだ詰めていかなければならない段階。レースまではあと3週あるので、良血馬の片鱗が見られれば。

母は宝塚記念でドゥラメンテとキタサンブラックをまとめて負かしたスーパー牝馬。一方、父エピファネイアも気性の危なさを秘めながら菊花賞・ジャパンCとハマった時は圧倒的な強さでG1を制した。キャロットの所属馬同士の「夢の配合」だけに、期待を寄せるファンも多いことだろう。

もちろん自分自身もその一人だ。

続きを読む

今週の新馬戦は注目馬メジロ押し!という感じではないが、その中で日曜函館の芝1800mに出走するゾディアックサインを取り上げたい。ポイントはモーリスとエアグルーヴ牝系との配合。すでに同パターンでレガトゥスやカランドゥーラがつまづいているだけに「三度目の正直」となるだろうか。

それにしても毎度のことながらエアグルーヴの血の広まりはすごいな。イントゥザグルーヴ→レネットグルーヴなんて一族の中ではだいぶ傍流にあたると思うのだが、こうして2歳の間から評判になるような馬が出てくるとは。走ってから言え、って感じですけど。

続きを読む

チグハグな内容で新馬戦を落としてしまったアークライト。続戦か、それとも秋に仕切り直しか動向が注目されていたが、札幌で初勝利を目指すことになった。25日の芝1800m戦。今後への期待が膨らむレースが見たい。

ポイントは、一度使われての上積みがどれだけあるか。前走は敗れたアランデルには劣らない能力こそ感じられたものの、世代のトップクラスを争うレベルかと言われると疑問が残った。それだけに、今回は結果は当然のこと、器の大きさを再認識できるような内容も求めたい。変に目標にされることなく、自分のペースで動けるような形が取れればなおよし。タメてどれだけ伸びるか。

続きを読む

先週ヨーホーレイクが無事に新馬勝ちを収めた友道康夫厩舎。内容には物足りなさを感じたものの、取りこぼさないあたりはさすが名門の期待馬である。どうやら次は野路菊Sを視野に入れているらしいが、距離の設定が未定で1600mに組まれるようなら芙蓉Sも..みたいな話も。

それはさておきレッドジェネシスである。同じ友道厩舎のディープインパクト産駒で、早くから今週の芝2000mに照準を合わせて調整が進められてきた。鞍上に福永祐一が指名されるのも自然な流れ。ここまで派手な時計をバンバン出しているわけではないが、ヒュッゲを追走併入するなどさすがと思わせる動きは見せている。

どうやらゲートが苦手らしく、恐らく最初はのっそりとしたスタートになるだろうが、わかっているなら慌てることはない。

続きを読む

2歳女王ラッキーライラックの弟で、父がダイワメジャーに替わったグランメテオール。となれば早期デビューから朝日杯・NHKマイルCというルートを期待してしまうのは当然の流れだと思う。4月にゲート試験は早々に済ませ、7月の新潟で下ろすというのも青写真通り。あとはどれだけ追い切りで動けるかというところなのだが..

ちょっと厳しそうである。

25日新潟でのデビューを目指して調整中だが、2週前が坂路で4F54.9-1F13.7(不良・一杯)。前進が期待された昨日の一週前でもCWで4F53.9-1F13.1を要するなど、いくら時計がかかるコンディションとはいえ物足りない数字が並んだ。

松永幹夫調教師も「全体的にまだ幼い。徐々に良くなってほしい」とのコメントを残しているように、いきなり結果を求めるのは難しそうな雰囲気が伝わってくる。姉ラッキーライラック同様、この馬を担当している丸内永舟助手のTwitterを見ていても、まだ色々と教えていっている段階のようだ。かといって、新馬戦でズッコケた馬がPOG期間内に盛り返す例など極めてレアケースであり、それなりの発進は見せてほしいのが本音。

態勢が整わないのであれば延期も視野に入れてもらいたいのだが..

続きを読む

昨日に行われた交流重賞スパーキングレディーCはファッショニスタが制し、同一レース連覇を達成。TCK女王杯(2着)に続く交流重賞参戦となったメモリーコウは4着に終わった。小回りのマイル戦だとなかなか思うように先行できませんな。前の止まらない展開で、どうにか外から追い上げたが届かず。とはいえ、距離や馬場次第ではどうにかなってもおかしくないレベルの差なので、どこかでハマらないかと期待しているのだが..

続きを読む

きさらぎ賞6着以来、戦線を離れていたサトノゴールドが日曜函館の横津岳特別で復帰。実績のあるコース、G3札幌2歳Sのポテンシャルが評価されたか単勝1番人気に支持されたが、見せ場も作れず10着と大敗を喫した。

うーむ、これにはガッカリ。

確かにめんどくさいペースにハメられた感はある。逃げ切ったシンボが前半かなりスローに落とし、2周目バックストレッチからトロピカルストームがマクリを打って一気にペースアップ。残り1000m地点から11秒台が続くラップになると、なかなか後ろから差すのは難しい。札幌2歳Sのようなロングスパートをくり出せればよかったが、後方のまま伸びる気配も見られずに終わった。

続きを読む

3歳の未勝利馬にとっては厳しい季節がやってきた。この時点で大敗が続いている馬の勝ち上がりは望み薄、「あと一歩」のところまで来ている馬も巡り合わせ次第ではタイムアップを迎えてしまうかもしれない。もちろん、地方転出からの出戻りというルートもあるとはいえ、能力の底が見えてしまった馬は「未勝利戦終了」が見切りをつけるタイミングとなってしまう。

そんな中、ようやくタンジェリンムーンが初勝利を挙げた。

タメると届かず、番手だと甘くなるというじれったい競馬を続けてきたが、今回で3回目の騎乗となった川田将雅が意を決したようにハナを奪うと、そのままレースの主導権を掌握。最大の相手と見られたヴィオリーナが4角で並びかけてきたが、余裕ある足取りで再び突き離すと、最後は2着のヤマカツパトリシアに5馬身差をつけての圧勝。これまでもどかしいレースがひたすら続いていたが、今回は安心して見守ることができた。

連戦に加え蒸し暑い時期に差し掛かってきたこともあるだろう、今回は馬体を維持するために1週前にはあえて追い切りをかけない苦難の調整で臨んだ一戦だった。それだけに、もしここを落としているようなことがあればいよいよ崖っぷちに追い込まれていたはず。ギリギリのところでつながった競走馬生活、将来に向けてまずはしっかりと英気を養ってほしい。芝の1勝クラスはどうせほとんどローカルでしか組まれないので、暮れの中京開催くらいで戻ってきてくれればいいのでは。

続きを読む

前評判の高い牝馬が揃った土曜阪神5Rの新馬戦を制したのは、単勝1番人気に支持されたダノンシュネラ。追い切りも意欲的にしっかりやられていたし、順当な結果ではあるが、それにしても器の大きさを感じさせる勝利だった。
出遅れ気味のスタートから序盤は戸惑い気味の追走。川田将雅も手綱を軽く押し、促しながらの追走になったが、4角で大外に持ち出しスパート態勢に入ると、渋った馬場も苦にすることなく脚を伸ばして1馬身差の快勝。いい意味で牝馬らしからぬ、どっしりした雰囲気が印象強い勝利だった。

レース前にも書いていたが、マイルがベストという馬ではなさそう。もちろん桜花賞も守備範囲だが、どちらかといえばオークスが向いていそうな感じ。この世代の牝馬ではサトノレイナスが開幕週に新馬勝ちしているが、それを差し置いて現時点ではナンバーワンの強さを感じさせた。あくまで新馬戦の勝ちっぷりから判断してのものだけど。

ちなみに我がPOG戦線ではライバル陣営に持たれているだけあって、この先も脅威の存在となりそうだ。

続きを読む

圧倒的人気に応え、無事にデビュー戦を白星で飾ったヨーホーレイク。友道康夫厩舎の期待馬で、しっかり乗り込まれ水準以上の走りを見せていた調教の内容からも、ここは「勝って当たり前」の心境だったのではないだろうか。

むしろ内容は地味に映ったくらいで、この程度ではトップクラスで活躍できるかはやや懐疑的。いつものクロウキャニオン仔と同レベルかなという印象が残った。

レース序盤はスローペースに付き合わされながらの走りで、やや手綱を引かれながらの追走。もうええやろとばかりに4角手前から先頭集団に並びかけ、早めに抜け出し押し切った。ゴーサインが出てから後ろを突き離すような脚が見られればインパクト十分だったが、そこまで圧倒的なパフォーマンスは見られず。レースの上がり3Fも11.8 - 11.5 - 12.5と最後は減速しているし、2着のセファーラジエルに内から迫られたように、末脚には物足りなさが残った。

続きを読む

昨夏、ゴールドシップ産駒の初勝利を飾り、札幌2歳Sでも2着と順調なキャリアのスタートを切ったサトノゴールド。その後、ひと息入れたのは父の血を熟知した須貝尚介調教師ならではの判断だったが、きさらぎ賞で戦線復帰後に蹄を傷めてしまったのは誤算だっただろう。賞金面では皐月賞に出られたものの、春のクラシックシーズンは棒に振ることになってしまった。
注目度や話題性は高い馬だが、肩書は条件馬に過ぎず、それゆえその後の情報もなかなか入ってこなかった。だが、函館開催が始まった頃から当地に入厩していることが判明。netkeibaでは札幌の阿寒湖特別で復帰との情報が出ていたが、それよりも早いタイミングで実戦を迎えることになった。

ステイゴールドが長らく「主な勝ち鞍」として引っさげたことでも有名な阿寒湖特別だけに、爺孫制覇を狙ってもらってもおもしろかったのだが、まあそれはさておき。

続きを読む

早くから評判馬が照準を合わせていた、土曜阪神5Rの牝馬限定マイル戦。池江泰寿厩舎のダノンシュネラはセレクトセールで1.6億円の高値をつけた期待馬で、追い切りでもその評価にたがわぬ動きを見せている。祖母がラヴズオンリーミーという血統からも、本領発揮は2000mくらいだろうか。どちらかといえばオークスが合いそうな予感もするが、それだけにあとはドゥラメンテ産駒特有の気難しさが出ないかだけが心配。

本来であればこの馬の独り舞台となってもおかしくないが、そこに待ったをかけようというのが同じドゥラメンテ産駒のフォティノース。重賞の常連ヴァンドギャルドの妹としても注目が集まるが、個人的にはそれ以上に杉山晴紀厩舎が社台RHの期待馬をどう鍛え上げていくかが楽しみでならない。ご存知の通り無名の存在だったデアリングタクトを二冠牝馬に導いた手腕は高く評価されて然るべきもので、特にあれだけ気性の難しさを抱えた牝馬をうまくケアしたノウハウが活きてくるのは間違いない。

この2頭はPOG検討期間中もリストに入れており、状況次第では指名も十分にありえたので楽しみに見ておきたい。残念ながら土曜も雨で馬場に影響を及ぼしそうだが、才能あふれるドゥラメンテの娘たちなら問題なくこなしてくれるのではないだろうか。

続きを読む

POGの検討期間中から、トレデマンドのことはずっと高く評価してきた。母コンドコマンドの初仔にあたる全兄アルジャンナも重賞で善戦を続けてきたが、瞬発力特化型で距離も1800m程度がベストという特徴を考えると、牝馬に出た方が活躍の幅は広がりそう。それに、アルジャンナはセレクトセールで落札された後に馬主が変更になるなど、背景でのゴタゴタが気になったものだが、こちらは安心のサンデーレーシングの募集馬である。
指名候補リストの中でも最優先案件の一つとしていたが、先にサトノレイナスを確保したために他陣営に譲ることに。結局2位指名で消えたように、やはり注目度は高かった。
あとはデビューがいつになるかが問題だったが、どうやら8月1日の新潟芝1800mという花形コースで出陣する予定も決まったとか。鞍上はラッキーライラックで松永幹夫厩舎と一気にお近づきになった感のあるミルコ。注目馬に相応しいお膳立てが整いつつある。

ところが思わぬ試練が訪れた。そう、よりによってwebスポルティーバに取り上げられてしまったのである。今季もここまでブエナベントゥーラ・アークライト・スワーヴエルメの新馬勝ちを阻止するなど、幾多の素質ある芽を摘んできた縁起の悪さは健在。そこに今週はまさかのトレデマンドである。



よくも「皮膚が薄い」というコメントだけでここまで引っ張ったなと思うほどの中身のなさも気になるが、ここで重要なのはこの連載に名を残してしまったこと。本当にくだらないジンクスで笑い飛ばしてしまいたくなるが、なかなかそうもいかないことは過去の歴史が物語っている。

<参考>
■ 【POG】アークライト、webスポルティーバの「厳選!2歳馬情報局」に掲載されてしまう

続きを読む

クラシックを狙う良血馬が福島でデビューするケースはあまり多くないが、先週の東京で除外ラッシュが起きてしまった影響もあり開幕週から豪華メンバーが揃うことになった。

何といってもスワーヴエルメがここにいる違和感。本当なら東京で華々しくで新馬勝ちといきたかったところだが、考え方を変えればこういうトリッキーなコースを経験しておくのも後になってつながるかもしれない。幸いダミアン・レーンも確保できたことだし。先週ディアマンテールが敗れてドゥラメンテ産駒も不振っぷりにはさらに拍車がかかってきたが、ガラリと流れを変えるとしたらやはりエース級のこの馬だ。

矢作芳人厩舎のタウゼントシェーンは先週の東京行きが急な決定だったようだが、除外になって引き続き関東圏でのデビューを選択。牝馬ながらにしてスワーヴエルメにぶつけていくあたり、陣営も自信を持っているようだが..ディープインパクト産駒の牝馬で福島1800mというのはどうなのだろう。じっくり立ち回った方が良さが出そうな気もするが。同厩舎で阪神で使う馬が決まっているアオリを受けているのかもしれんね。

続きを読む

水曜のスポーツ新聞各紙を賑わせていたのが、今週ついにデビューを迎える大物(仮)アークライト。2週間前の東京を使う予定がスライドになった際には色々な憶測がなされたものだが、見守る側としてはそれが吉と出ることを祈るしかない。

函館に入厩してからは今週も含めて本馬場では追い切りを2本消化。相変わらず派手な動きは見せていないが、先週は3歳未勝利のレッドジョコンダを追走して併入、今週は3歳1勝クラスのゼノヴァースを同じく追走して併入に持ち込んだ。ラスト1Fは馬なりで11.5秒をマークしており、全姉ハープスターを思い起こさせる瞬発力の片鱗は見せてくれているものと思いたい。

続きを読む

先週webスポルティーバに掲載されたスワーヴエルメはまさかの除外。今週の福島に回ることになったらしいが、やはり歯車を狂わせる何かがあるのだろうか。アークライトのデビューも延期になったし。

次に負の連鎖に巻き込まれてしまうのは誰だろう。今週の掲載馬はレッドジェネシスだった。



ヨーホーレイクに続いて標的にされてしまう友道康夫厩舎。どうも今季の3歳世代は尻すぼみに終わってしまった印象がある。ラインベック、マイラプソディ、アドマイヤビルゴとデビューから順調に勝ち鞍を挙げるも次第に失速。調教の内容も試行錯誤を重ねているのは伝わってきたが、少し迷走していたようにも見えた。ラインベックなんかはレース選択もチグハグだったし。

当然ながら巻き返しを期す2歳世代ということになる。秋にはルペルカーリアのデビューも控えているが、まずは7月に出陣を予定しているヨーホーレイクとレッドジェネシスをクラシック路線へと考えているところだろう。
続きを読む

東京の不良馬場がトラウマになりそうだ。POG指名馬ディアマンテールが日曜東京5Rの新馬戦に出走。ドゥラメンテ産駒の評判馬として単勝1番人気の支持を受けたが、勝ち馬ロードマックスから0.8秒差の5着に終わった。レガトゥスに続く早期デビュー組の敗戦だけに、個人的にはまあまあ激しく落胆している。

ただ、レース前に「凄い馬」とコメントしていた三浦皇成の評価が敗れた後も変わらないのは救い。

5着 ディアマンテール(三浦皇成騎手)
「道中の馬の感じが良くて、全てにおいて馬の良さが伝わってきました。ただフットワークが大きくて綺麗なので、良い馬場で走らせたかったです」

■ 【メイクデビュー】(東京5R)ロードマックスが新馬勝ち [News] (ラジオNIKKEI)

これだけ一貫して褒めてくれているのだから良馬場で変わり身を信じたいし、鞍上もそのまま続投でぜひ勝ち上がってもらいたい。
続きを読む

2年前の2歳女王ダノンファンタジーの妹で、父にキズナを持つ注目馬パタゴニアが日曜阪神の芝1800mでデビューする。当然ながら早い段階から動ける血統で、この時期にデビューを迎えられたように、まずは順調なのが何よりである。個人的にもあわよくばPOGで指名しようかと考えていたほどだったが、まあまあ早いタイミングで取られてしまった。

ただ、池添学厩舎というのがPOG勢からすれば評判が悪い。

開業からの勝ち数の推移は順調そのものだが、いかんせん3歳クラシックの時期に活躍できる馬が出てきていない。なおかつ預託馬は良血揃いなのだから、素質を開花させられないのは厩舎の腕に問題があると言われ続けはや数年が経つ。

確かに、ブエナビスタの仔やハープスターの下など、血統だけ見ればとんでもないビッグステーブルのような待遇。だが、実際これまでに走った馬を見ると、調教や育成どうこう以前に訳ありの血統馬を引き受ける役割を担っているようにしか思えない。昨年、宝塚記念の日に組まれた芝1800mの新馬戦で人気を裏切ったシルヴェリオも「池添学案件」である。

実際この厩舎の管理馬で、日本ダービーまでの時期にOP級の勝ち鞍を挙げたのは、ロッテンマイヤーの忘れな草賞・カテドラルの野路菊S・レクセランスのすみれSの3件。これを多いと取るか少ないと取るかは人それぞれだが、「それ以上」のレベルを求められるとしんどそうなのが現状だ。

続きを読む

ドラフトの段階でデビュー予定が決まっているのはせいぜい宝塚記念ウィークくらいまでのもので、ここから先は未知の領域。時間がかかるか、早めに行けるかは陣営のコメントから察することもできるけれども、具体的なデビュー予定が出てくるとほっとひと息つきたくなる。入厩して時計を出してみると「あれっ?」みたいなパターンも数知れず、だがw 

ラッキーライラックの半弟で、我がPOG指名馬でもあるグランメテオールのデビュー戦が決まった。デイリーの情報では「夏デビュー」とあるのみだが、出資者の方のブログやnetkeibaの掲示板を見ていると、7月25日の新潟芝1600mに決まったみたい。うむ、何だかエリートな感じがする舞台。偉大なる姉が2歳女王への道を歩み出した、一族にとって縁起のいい場所と言っていいだろう。
続きを読む

今週デビューするドゥラメンテ産駒はスワーヴエルメだけではない。我がPOG指名馬でもある国枝栄厩舎のディアマンテールが、日曜の芝1600mに出走を予定している。早くからここに照準を合わせて調整されてきており、今のところは順調。
サンデーレーシングの所有馬にこういう表現は失礼かもしれないが、先にデビューした同門の良血馬に比べるとこれまではやや地味な扱いを受けてきた。姉がシャドウディーヴァというのも、評判になりそうでならない絶妙なライン。しかし、どうやらサンデレ会員さんによると今週のサイト更新で、新馬戦で騎乗予定の三浦皇成が随分と景気のいいコメントを残しているらしいじゃないか。



ソースはtwitterだが、他にも同様のコメントを取り上げている人が複数ことを考えるとまずウソではあるまい。凄い馬って何なんだろう。追い切りではそこまで派手に動かしているわけではないのだが、乗り味などから感じられるものがあったのだろうか。
これがまるで実績の乏しい騎手であれば、たまたま巡り合ったOP級の馬に舞い上がっちゃって困るな〜で済ませちゃいそうなところだが、G1勝ちこそないものの一流馬の背中を知っているジョッキーがこれだけ絶賛しているのだから自ずと期待も高まってしまう。
続きを読む

今までさほど気にしてなかったけど、最近はwebスポルティーバの配信が楽しみで仕方ない。今年度の第4回はスワーヴエルメ。また絶妙なところを突いてきましたな..w



配合相手に有名どころがズラリと並んだモーリスとは違い、主流血統がこれでもかと詰め込まれているドゥラメンテの場合、やや選択肢が限られることもあって、初年度の「エース格」は誰かと言われるとネームバリューだけではなかなか判断が難しいところがあった。その中で、早くから取り上げられるケースが多かったのが、このスワーヴエルメである。

母アイムユアーズは重賞戦線で活躍した他、繁殖牝馬としても新馬勝ちのモーベットを出すなどまずまずの滑り出しを見せている。その期待値に加え、ドゥラメンテとの配合でダイナカールの4×4という牝馬クロスをはじめ、サンデーサイレンスの4×3にキングマンボの4×3などの濃いインブリードが凝縮されたロマンと狂気あふれる血統が話題となった。ノーザンファームの担当者さんもこの配合を考えていたときは(ニチャアな顔してたんだろうか。

それはともかく、これまでの近親配合の歴史を振り返れば「とんでもない大物が出るか、どうしようもないハズレか」。スワーヴエルメの未来も両極端な二択が待っているように思われる。

続きを読む

今週の阪神も芝1600mの新馬戦が日曜に組まれている。ここで人気を集めそうなのが、ディープインパクト産駒のシュヴァリエローズ。母はヴィアンローズで、清水久詞厩舎の管理馬。

ふむ、聞き覚えがあるぞ。

最終的にはリスト(60頭)から外したけれど、途中まではピックアップしていたはず。赤本を見ていてピンと来るものがあったのだが、やはりディープインパクト産駒では他を指名したいとかいう思惑でドロップしたのかも。

この馬もスーパーホープ同様しっかり動けてるみたいですねw

気がかりなのが、どうやらまあまあ小柄らしいということ。レガトゥスやアークライトのデカさに頭を悩まされ続けている身からすれば仕上りが早そうでええやんと思ったりもするけど、厳しいクラシック戦線を勝ち抜いていくにはそれなりのサイズは欲しい。それが気になって見送ったのかもしれん。覚えてないけど。

とりあえず初戦は期待通り動いてくれるんじゃないでしょうか。未知数の新種牡馬産駒とは信頼感が違いますわ。
続きを読む

今週日曜の東京では芝1600mの新馬戦が組まれている。一昨日も書いた通り本来ここを使うはずだったアークライトがデビュー延期になったことで、同じ藤沢和雄厩舎のカランドゥーラが一週前倒しで参戦。僚馬の予定変更でドタバタに振り回された感もあり気の毒だが、初勝利を待ち望む父モーリスのためにもできれば結果がほしいところだ。

ちなみにカランドゥーラの母はラストグルーヴということで、モーリス×エアグルーヴ牝系の配合といえばちょうど先週のレガトゥスと同じ..レガトゥスは両前脚にソエが出たとかでしばらくはお休みになりそう。どうにか血統面での負の連鎖を断ち切りたい。
続きを読む

今週デビュー予定だったアークライトが出走を見送ることになったらしい。今朝の追い切り時計がやたらと遅く、本当に使うの?と疑問符がつくレベルだったのだが、午後になって回避が決まったとのこと。特にアクシデントなどではなく、7月5日(日)の函館芝1800mを使うことも決まっているとか。せっかく週末を楽しみにしていただけに少し残念だけれど、この決断が吉と出ることを願いたい。

今の東京の馬場がだいぶ悪くなっていることとか、この馬自身もっと乗り込んだ方がいいだとか、色々とスライドの理由についても語られているが、中には「セレクトセールまでに少しでも早くモーリス産駒を勝たせたいノーザンファームの思惑」なんて話も。日曜東京の芝1600m戦には同じ藤沢和雄厩舎のモーリス産駒カランドゥーラが前倒しで出走することになったらしく、けっこうバタバタとした動きが。元々カランドゥーラが出る予定だった27日の芝1800m戦も、スワーヴエルメやアルビージャがスタンバイしており、ここの重複加減をどうにかしたかったのかもしれない。

ちなみに昨年の7月第1週の函館1800mで新馬勝ちしたのがオーソリティ。藤沢和雄厩舎でいえば18年にコントラチェックが同条件でデビューしており3着。2戦目で未勝利戦を勝ち上がっている。
続きを読む

今週のデスノート..じゃなくてwebスポルティーバはヨーホーレイクが掲載されました。おめでとう、マカヒキに近いらしいですよ。



安心と信頼のクロウキャニオン印だけに大コケするとは考えにくいが、これまで中くらいのスケールの仔を量産してきただけに、ここで大物誕生となるだろうか。疑問。カミノタサハラがもし無事だったなら..というのはあるが。

続きを読む

我がPOG指名馬にして「モーリス四天王」の一角でもあるレガトゥスがあっさり敗れてしまった。しかも開幕週のブエナベントゥーラ以上にボコボコにやられての敗戦。ここを勝って秋に備えようと考えていた計画は完全に崩れ去ったし、これからデビューを控えるルペルカーリアやセブンサミットもテレビで見ててドン引きしたのではないだろうか..w

しかし我々はレガトゥスを諦めない。

色々な原因が積み重なっての敗戦だったとは思うが、何よりも大きかったのは馬場。これに尽きる。昨日も書いた通り、大敗続きで単勝300倍にも迫るほどの人気薄だったモデレイトが逃げて圧勝したり、OPでの実績皆無のトーラスジェミニが大外枠から速いペースで逃げて3着に粘ったりするなど、純粋なポテンシャルを競えるコンディションではなかったのは明白。もちろん伏兵たちの頑張り自体は称えられるべきものだが、この特異な馬場で力を発揮できなかった馬を、ましてこの日にデビューを果たした馬を貶すのはあまりにも早計である。

続きを読む

先週のサトノレイナスに続き、POG指名馬のレガトゥスがデビューする。早くからここを目標に調整が続けられ、まずは大きなアクシデントもなく初陣を迎えることができた。

しかしまあまあ不安であるw 
1週前から古馬OPのロシュフォールと併せて同入するなど能力の片鱗は見せてくれているが、いかんせんこの馬を語る上で外せない「デカさ」がネックとなってきちっと仕上がるかどうか..先々を見据えれば「まずは一度使って..」なんてのんびりしたことも言うていられないし、せっかく6月に下ろすからにはどうにか勝利がほしい。

メンバーもなかなか強そう。
追い切りの評判がいいのはヴィクトワールピサ産駒のグアドループ。藤沢和雄厩舎はドゥラメンテ産駒のオブデュモンドを送り出すし、ポリトラックとはいえ好時計をマークしているジャスタウェイ産駒レイニーデイあたりも動けそうだ。まさに相手にとって不足なし。この顔ぶれを制する素質があれば将来性もバッチリということで楽しみにしたい。
続きを読む

先日すでに報じられた通り、2016・17年の年度代表馬キタサンブラックが顕彰馬に選出された。いわゆる「日本競馬の殿堂入り」。実力もさることながら、大衆にも競馬の話題を届け続けた功績の大きさは、特にこの馬を語る上で欠かせない要素といえるだろう。
個人的には「思ったより強いなあ」と感心させられることが何度もあった点が非常に印象深い。早い時期から活躍しながら、くり返しパワーアップし続けたことが7つのG1タイトルにつながった。



続きを読む

我がPOG戦線では先週サトノレイナスが無事に新馬勝ちを収めてくれた(これについては後日改めて)が、6月東京の絶対に負けられない戦いはまだまだ続く。今週はレガトゥス、そしてその次の週にはアークライトがスタンバイしている。

アークライトについては以前も書いたが、我がPOG最大の愛馬ハープスターの全弟で、早くから牧場スタッフが絶賛していたという素材。この世代が最後のクラシックイヤーとなる藤沢和雄厩舎に送り込まれたことも、期待の高さがうかがえるというもの。デビューに向けて早期入厩できた点も、計算が立ちやすく心強さしかない。

しかし、ここに来て「webスポルティーバに取り上げられる」という盛大な失敗フラグが立てられてしまった。webスポルティーバの「厳選!2歳馬情報局」はよくYahoo! スポーツ経由で記事を目にするが、そこに出てくるデビュー前2歳馬のラインナップがどうにも不発続きで、記事を読むたびに「あっ..(察し」となっていた。そこに期待の今季ドラフト2位が選ばれてしまったという今の気持ちわかる? 本来であれば指名馬の記事なんて喜んで飛びつきたくなるものだが、ことwebスポルティーバだけは勘弁していただきたい。
続きを読む

土曜の新馬戦は何といってもブエナベントゥーラが敗れたのが衝撃だった。あれだけの評判馬があっさりと..しかも単勝万馬券の伏兵ウインアグライアにやられるなんて。個人的にも高く評価していただけにまあまあショック。そのへんの振り返りはまた週明けにでも書きたいと思う。

日曜の東京は2クラ新馬戦が組まれている。5Rの牝馬限定戦は先日も書いた通りサトノレイナスのお披露目となるが、6Rでは同じ国枝栄厩舎のリュラネブラがデビューを迎える。ロードカナロア産駒で近親にハープスターらがいる血統だけに人気を集めるのは間違いないが、調教ではサトノレイナスに先行して遅れたりするなど、やや頼りなさを露呈していた。

血統的にも早いうちに稼いでほしいタイプだけに、初戦はさくさくクリアしてほしいところだが。
続きを読む

↑このページのトップヘ