「人生、無事是名馬」|雑談系競馬ブログ

2006年創刊の雑談競馬ブログ。主に毎週のレースや好きな馬・ジョッキーについて。時に野球やドラクエについて熱弁。

カテゴリ: 競馬/雑談

ダービーウィークの土曜日は京都で葵Sが行われる。
重賞に昇格して3年目になるのだが、
未だにグレードが定まらない「重賞」のままなのは、
レーティングが足りないとかそういう関係でしたっけ。
確かにこの時期に行われる3歳のスプリント戦となると、
なかなか実績ある馬は出てきてくれないので、
オープン特別と変わらないレベルになってしまうのもやむなしか。

函館2歳Sの勝ち馬ビアンフェあたりがビシッと決めてくれればいいのだが。
続きを読む

香港競馬の今シーズンもぼちぼち佳境に。
これで1年半にわたってブログでも積極的に取り上げるようになったが、
結局それでも有名どころの馬が出てくるレースに触れるのが精一杯だった。
もうちょっと基礎的なところから理解を深めていきたいんだけど、何せ情報収集も難しくて..

引き続きこのレベルの話になると思いますが、新シーズンもよろしくお付き合いくださいな。

さて、チャンピオンズ&チャターCはエグザルタントがどうってことなく勝利。
4角手前で早々に先頭に立つ、全く危なげのない内容でした。
続きを読む

ゴールドドリームとオメガパフュームが出てくる平安S。
ぜひとも現地に見に行きたかったぞ。
ダートのトップクラスなんて年中G1だけ使ってもローテ成り立つのに、
わざわざ重い斤量を背負うのを承知でJRAのG3を使ってくるなんて。

ただオメガパフュームはこれまでの戦績が示す通り地方のダートでこそ輝く。
この2頭の比較でいえばゴールドドリームが優勢で、
サウジCでもあわやの見せ場を作ったように衰えはまだまだ。
あとは仕上がり次第..帝王賞を見据えた作りかもしれんけれども。

「ならば」というわけではないけれど、ロードレガリスにも注目が集まる。
中央復帰後4連勝でOP特別アルデバランSも勝利。
斤量差も含め大物に一撃を見舞うなら今回が大チャンスなのだが、
どうにもクセの強そうな馬だけに乗り替わりは減点材料。
しかもダート重賞とは異様なまでに縁の薄い池添謙一というのが余計にね。

スワーヴアラミス、ヴェンジェンス、マグナレガーロ、
さらには好枠を利してヒストリーメーカーくらいまで警戒が必要かと。
続きを読む

オレたちの自粛が功を奏したと断言していいだろう。
新型コロナウイルスの新規感染者数がゴールデンウィーク前後から一気に減少し、
それを受けて一部の地域を除き緊急事態宣言が解除された。

まずは第一波を食い止められたという意味では非常に安堵感が大きい。
もし中途半端な締め方に留めていたら、今頃どうなっていたか。
最悪のルートを歩まずに済んだのは間違いない。

さあ、問題はここからである。

徐々に規制を解除しながら、ウイルスの第二波に備えつつ経済を復活させなければならない。
この匙加減が難しい。センスが問われる。

個人的には当初は厳しめの規制を保っておいて、
できるだけ第二波の到来を抑える、遅らせるのが得策だと思っていた。
ただ、もう一つの方策として「どの程度、緩めてみたら波が来るのか」を知るために、
あえて自由度を高めてみるというのもアリなのかもしれんなと。
飲食店の営業なんて特にそう。

長時間ダラダラしゃべってたら本当にダメなのか、満員電車が本当に危険なのか。
改めて見極める必要がありそうな気がするのだが。
続きを読む

NHKマイルCはラジオでも話していた通り、
一発屋を輩出しがちな残念G1感が強い。今に始まったことじゃないけど。
ただ、今年は上位人気馬4頭がしっかりしたプロセスでここに駒を進めてきており、
この中から勝ち馬が出れば、
将来的にもしっかりG1タイトルに恥じない成績を残してくれるのではないかと期待も高まる。

ただ、レシステンシアは状態面がちょっと心配。
ルフトシュトロームは東京が初めてで、サトノインプレッサは高速決着だとどうか。
色んな経験を重ねてきているタイセイビジョンが一番頼もしい気がするが、
それぞれの懸念材料が現実になり「四天王」が崩れる場合は一気に波乱の目も。

毎年のように伏兵が大暴れするレースながら、
その共通項が何なのかもサッパリわからないので、穴馬の候補を挙げることもできない。
強いて言うなら横山武史のウイングレイテストや、
原田和真のプリンスリターンが勝ってくれたら面白いのになくらいの発想w

続きを読む

「できれば乗りたかった」と武豊が未練タラタラなアドマイヤビルゴ。
京都新聞杯を勝って無敗のまま日本ダービーへ向かう可能性は高い。
新馬戦の内容だけでは正直どれほどの器かと懐疑的に見ていたが、若葉Sがなかなかの勝ち方。
舞台が京都2200mに替わるのは当然ながら好材料で、
藤岡康太への乗り替わりもそこまで足を引っ張る要素にはなるまい。

それに何よりも相手が小粒。

せいぜいロスの多いスプリングSで4着だったファルコニアくらいのもので、
マンオブスピリットも果たしてどの程度か。
残りは芝で500万下も勝てていないレベル。

ダートで2戦2勝のプレシオーソは先が楽しみではあるが、
血統的にも本線はダートということになるのでは。
続きを読む

ゴールデンウィーク終わっちゃいましたね。
僕は今年はもう三連休でとっとと切り上げ、5日から仕事を再開してたんですが、
交流重賞は合間に見てました。

かきつばた記念はラプタスが人気に応える楽勝。
黒船賞に続く重賞連勝で、完全に軌道に乗った感あり。
気性的にまだ危なっかしい面があるけれど、
今回のようにすんなり逃げられれば簡単には止まらない。
幸さんもさすが交流重賞は場慣れしているというかw
再内のリアンヴェリテあたりにいらんことされそうな予感もあったけど、キレイな逃げ切りでした。

かしわ記念は思わず「馬券買えばよかったー!」とアタマ抱えました。
上位人気3頭がとにかく怪しくて、
地方ダート未知数のモズアスコットに長期休養明けのルヴァンスレーヴ、
あとは他力本願型のサンライズノヴァ..
これならケイティブレイブ長岡禎仁もチャンスあるでと思っていたら..
単騎逃げに持ち込んだワイドファラオには屈したものの、ソツのない立ち回りで2着。
この組み合わせで馬連6,290円はおいしい。取りたかった。
何せ唯一の地方馬ナンヨーオボロヅキを除けば最低人気の組み合わせですからね。

そして最後に兵庫チャンピオンシップ。
当然ながら坂井瑠星のダノンファラオを応援していたわけですが、
惜しくも1番人気のバーナードループに差され2着。
早め先頭からこの馬の持ち味は発揮できたと思うが、
スタートがあまり良くなかった分、テンに脚を使わされてしまった印象。
それにしてもこの勝ち馬を新馬戦で10馬身ちぎったカフェファラオってすごいですね。
続きを読む

「荒れる春天」もそろそろ落ち着いてきたか。
2010年代前半はレース内容も結果も波乱に満ちたレースが続いてきたが、
ここ数年は徐々に順当な決着に落ち着きつつある。
レベルはさておき、出走メンバーの中での優劣はスムーズに決まる印象。

連覇を目指すフィエールマンが時代の平定者となれるか。
これまでの戦績を見ても京都の長丁場は最も力を出せる舞台。
有馬記念でも離された4着だったとはいえ、
アーモンドアイを敢然と負かしにいく姿は闘志あふれるものだったし、
衰えは不振を感じさせる気配はなかった。

悩ましいのは相手。

キセキはまともにレースができるかどうかを心配しなくてはいけない状態だし、
阪神大賞典を勝ったユーキャンスマイルは主戦の岩田康誠が乗り替わり。
ミッキースワローは鞍上を含め何をやるかわからない不気味さがあるが、
長距離で良さが出るタイプにも思えず。

むしろトーセンカンビーナとかダンビュライトとか、ちょい人気薄を警戒したいかも。
特にトーセンカンビーナはいつの間にかG1に出るまで結果を残してきて、
上昇ムードに乗っている馬こそがチャンスかも。

ダンビュライトはキセキとケンカしない形で先行できれば。
続きを読む

これは以前にも書いたことかもしれないが、
青葉賞は「ゴールデンウィークの始まり」を象徴する、心弾むレースである。
待ちに待った大型連休、気候も抜群。そういえば雨の青葉賞って記憶にないな。
競馬場で日本ダービーの切符の行方を見るもよし、
あるいはどこかに出かけていてレースは帰ってから確認なんて忙しいスタイルも、
充実した予定が入っているからこそ。

しかし今年は..

それでも、いつもの通り夢舞台への道を目指してフルゲート18頭が勢揃い。
必ず未来は開けていると信じて、その行方を見守ろう。

たぶん天候だけは、例年同様に最高のコンディションのはずだ。
続きを読む

せっかくの香港のインターナショナル・デイも、この状況では海外調教馬の参戦は不可能。
こう言っちゃアレだが、各路線の代わり映えしないメンバーでG1が争われることになった。

ただ、レースそのものはいずれも熱の入るもので、無観客開催であることも忘れさせてくれた。

まず、チャンピオンズマイルはゴール前2頭の大接戦。
先に抜け出しを図ったビューティージェネレーションに対し、
外から猛然と襲いかかるのがサザンレジェンド。
脚色は外が優勢と見せかけて、内で王者も食い下がる。
長い叩き合いの末、わずかに先着したのはサザンレジェンドの方だった。

チェアマンズスプリントプライズは、ズラリと横に広がっての追い比べ。
内からホットキングプローン、外からサンクスフォーエバーとビッグタイムベイビーが差すところ、
間を割って伸びたミスタースタニングが勝利。

そしてクイーンエリザベス2世Cは、大将格エグザルタントがさすがの勝利。
前走で不覚を許したタイムワープの逃げを途中から完全マンマークし、
しっかり競り落とす気合の入った勝ちっぷりだった。
続きを読む

昨年の春秋マイルG1を制した王者インディチャンプだが、
前哨戦は手を抜くというか、
軽い馬場で瞬発力だけの勝負になると格下にも先着を許しがちな傾向にある。
実績だけ考えれば単勝1倍台前半の圧倒的支持を集めてもおかしくないところで、
2倍そこそこという数値で推移しているのも納得できるというか。

逆にヴァンドギャルドとか、いかにも軽い上がり勝負に強そうだし。
伝説のウェルカムSを制した岩田望来との再コンビ。
師匠の藤原英昭調教師は「1番人気だから勝って当然」と辛口なコメントを残していたが、
若手騎手にとって有力馬で勝つことは穴を空けるより難しく価値があることを知っている。
ソースはモズアスコットの安土城S。

あとはヤングマンパワーやグァンチャーレのように、
シンプルに前に行ったもん勝ちな気もするのでランスオブプラーナ。
この馬いつか大仕事しそうな予感があるんだよなあ。

フローラSは上位人気のスカイグルーヴとレッドルレーヴを輩出した、
エアグルーヴの牝系力(初めて聞いたわ)って改めてすごいなと。
特にスカイグルーヴなんてアドマイヤセプターの仔でしょ?
いわば「四代目」に差し掛かろうというのに、なおしっかりと能力を引き継ぎ続けるなんて。
レッドルレーヴはラストグルーヴの仔で、いわば傍流であるにもかかわらず(以下同文

キャリアの浅い3歳牝馬で多頭数と一筋縄ではいかなさげだが、
スカイグルーヴの京成杯は前がつぶれる展開で最後まで粘る強い内容。
リズムを崩さず運べれば簡単には負けないのでは。
続きを読む

こんばんは、競馬DJですw
みんなラジオ聞いてくれました?
聞いてないですよね。再生回数を見ればわかるぞ。
まあぼちぼち配信していくんで見守っていてくれ。

それより日本ダービーまで無観客開催が決まりましたね。
情勢を考えれば当然のことです。
無事にここまで競馬が続いてくれることだけを願ってます。

土日間の騎手の移動ができないルールも続くわけですが、
これに意外な反応を見せたのが武豊さん。
「東京でG1が続くし土曜の京都で乗れへんのつらいわ」と不満を露わに。

確かに、京都新聞杯のアドマイヤビルゴや平安Sのロードレガリスに乗れないのは痛い。
ただ、今は競馬を開催できていること自体にありがたみを感じていると、
ご本人もおっしゃっていたいじゃないですか。
開催中止のリスクを少しでも抑えるために、やれることを各自が尽くすべき時ではないかと。
「G1の時だけでも」みたいなこと言うても5週くらい続くじゃないですか。

うーん、競馬界の広告塔でもあるレジェンドとしては、少し軽率な見解だったと思います。
続きを読む

皐月賞の予想が昔から苦手だ。

ただでさえ中山2000mというトリッキーな舞台設定でありながら、
ここまでのクラシック戦線で名乗りを上げてきた馬が初めて一堂に会するタイミングで、
誰が本当に一番強いのかを見定めなければならないという難題。

それゆえ、後に語り継がれるような名馬がどこに潜んでいるかもわからない。

例えばドゥラメンテにしてもオルフェーヴルにしても、
皐月賞の段階では1番人気ではなかったし、
その後もG1を多く制するゴールドシップやメイショウサムソン、ダイワメジャーらも、
この時点では伏兵ないしは有力馬の一頭としての扱いしか受けていなかった。

ノーリーズンのような、全てが噛み合っての大番狂わせもあるが、
どちらかといえば強さがバレていない馬が覚醒する場のような感覚。

今年はそれを見つけられるだろうか。
続きを読む

ついに緊急事態宣言の対象が全国に広がった。
状況を考えればこれは当然のこと。
すでに超厳戒態勢の生活を心がけていた自分にとっては、
今さら京都が対象に含まれたこと自体は大きく影響しないだろう。
ただ、他の人の動きはいい意味で変わってくれると期待したい。

競馬に対する影響も気になる。
すでに東西の人の往来は最小限にするよう規定が設けられたが、
これまでは阪神と中山に関する場合のみだった。
福島は関西馬も栗東所属の騎手も参戦している現状。
緊急事態宣言が出ている事の重みを鑑みれば関西からの移動は慎むべきところだが、
かといって関東馬だけで回すのも現実的ではなく..

この後は新潟競馬も続くが、
もしかしたら第三場は中止という選択肢も出てくるかもしれない。
それでも「全滅」を免れるのであれば..
続きを読む

この素晴らしい桜花賞を、本来あるべき形で楽しめないのが本当に悔やまれる。

近年は牝馬のタレントに数多く出会ってきた日本競馬だが、
その例に漏れず今年も才能あふれる若き乙女たちが集結。
圧倒的スピードで2歳女王の座に就いたレシステンシア、
前哨戦チューリップ賞を含め安定した走りを続けるマルターズディオサにクラヴァシュドール、
最重要関連レースの一つであるシンザン記念を制したサンクテュエール、
阪神ジュベナイルF大敗からの雪辱を期すリアアメリア、
そして別路線エルフィンSで圧巻の強さを見せた惑星デアリングタクト、
様々な条件で好走してきたミヤマザクラ..

本当のどの馬にもチャンスがある。
続きを読む

週ナカの東京スプリントで坂井瑠星のジャスティンが勝った。
先月の千葉SでOP特別初勝利を飾るなど、
ここに来て充実著しい4歳馬がさらなる飛躍を感じさせる圧巻の逃げ切り。
今季好調のオルフェーヴル産駒の勢いもさらに加わった感。

鞍上にとっても大きなアピールとなる勝利であったと同時に、
自身の原点ともいえる大井競馬場で交流重賞を勝てたのは非常に感慨深いものがあったのでは。
ましてや矢作芳人厩舎の管理馬であることを思えばなおさらである。
今後は帝王賞やJBCなど、さらに上のグレードを勝てるよう頑張ってほしい。

最近はラプタスやメモリーコウも交流重賞で結果を出していてうれしくなる。
続きを読む

今さらながら先週末に行われた香港のG2について。

チェアマンズTはワイククとビューティージェネレーションの一騎打ちムードで、
復活の気配が見えつつあるビューティージェネレーションが勝利。
ところがワイククは直線半ばで伸びを欠き、まさかのブービー6着に終わった。

そしてスプリントCは香港スプリント3着以来の実戦となるエセロが人気を集めたが、
出遅れてチグハグな競馬となりまさかのシンガリ負け。

どちらも単勝1番人気の本命馬が着外に沈む波乱の決着となった。
続きを読む

志村けんさんの追悼番組は残念ながら見られなかったが、
今は幸いなことにYouTubeという便利な世界があるので、
過去のコントとか見られないかと探ってみたら余裕であるあるw



ドリフターズ時代よりも「だいじょうぶだぁ」世代なので、こっちの方がめちゃくちゃ印象に残ってる。
「しょう油、ラー油、アイラブユー♪」とか友達みんなで言うてたもんな。
今から見たらしょうもないけどw

ただ、こんなとりとめのない夫婦の会話をベースに10分以上ノーカットでまとめられる、
その表現力とか演技力とかはたぶん今の芸人にはないスキルなんじゃなかろうか。
あと、ふとした仕草がカッコいいね志村けん。
これは子どもの頃には気づかなかったけど。
タバコの吸い方、ビールの飲み方。

生粋のスーパースターでした。
続きを読む

恐るべき事態が現実になろうとしている。
金曜夜に藤懸貴志・川須栄彦・岩崎翼の乗り替わりが発表された。
ああ、ついにJRAの騎手からも新型コロナウイルスの感染者が出たかと愕然としたが、
どうやら陽性が確認されたJRA職員と濃厚接触していた可能性があったための措置とのこと。

ひとまず今週の開催に支障はないとのことだが、
近いうちに「その日」が訪れる覚悟はしなければ。

桜花賞・皐月賞も無観客での開催が決定したが、
せめてそこまで開催が持ち堪えられれば..な心境である。
続きを読む

里見治オーナーも、矢作芳人調教師も、そして武豊も。
思わず「またか!」とうれしい悲鳴を上げたことだろう。
毎日杯でサトノインプレッサが勝ってG1戦線に名乗り。
すでにサトノフラッグ、コントレイル、マイラプソディという手駒で皐月賞に臨む面々からすれば、
最強の二番手が現れたといった感覚だろうか。メガネッシュ的な。

それにしても強い勝ちっぷりだった。
発馬こそひと息で道中は最後方待機も慌てず騒がず。
直線は馬群を捌きながら脚を伸ばし、
一旦はアルジャンナと進路が重なり追い出しを待たされながらも、
前が空いてから余裕を持ってスパートすると、
あっさりとアルジャンナを退けてしまった。

続きを読む

ドバイWC中止が発表される前にいち早く遠征をとりやめ、
タワーオブロンドンをちゃっかりゲットするなど、
福永祐一のソツのなさを含めたマネジメント能力は彼の大きな武器だと思うが、
それとは裏腹にツッコミどころを多分に残すコメントを発信してしまうのは何故か。

高松宮記念が無観客で行われることが決まったことを受け、
どこかの記事に談話が乗っていたのだが、
「勝った時に実感がわかないでしょうね」と、
すでに勝ったつもりでいるのがいかにも彼らしいというか。
もちろん実際の取材時とは文脈をいじられている可能性もあるが、
それでもこういう形で発信されてしまう余地を残してしまうあたりが詰め甘。

昨年の北海道2歳優駿をキメラヴェリテで勝ったときも、
「北海道まで来た甲斐がありました」みたいなこと言うててエッ?てなったし。
武豊なら絶対こういうことは言わない。

それと同じくらいコメント発信に気をつけていると感心させられるのが藤田菜七子な。
今まで誤解を招いたり反感を買うようなコメントを見かけた記憶がない。常に殊勝。
これはいくら周りが注意したところで、自分でうまくコントロールできないと難しい部分。
特にやり直しのきかない囲み取材なんかは。

彼女が成功の道を歩んでいるのがわかるワンシーンである。
いや、福永氏だって十分すぎるほどの成功者なんだけどもw
続きを読む

とうとうプロ野球界にもコロナの魔の手が..
しかもその観戦の疑いがあるのが、よりによって藤浪晋太郎だとは。
まだ検査の結果はわからないが、たぶんアウチなのでは。
そうなるといよいよNPBの早期開幕も絶望的になってくる。
もちろんJリーグその他のプロスポーツもしかり。

個人的には仕方ないと思う。
見切り発車で再開し鎮圧に失敗するよりは、
気温も高くなってウイルスの活動が弱まるのを待つのが最善策なのではないかと。
その場合、シーズンをフルに消化するのは絶望的で、
レギュレーションの変更を余儀なくされることになるが、それもやむを得まい。
見込んでいた収入がガッツリ減るのも、
この危機を乗り越えるための犠牲と割り切らないと。
それを惜しむためにいつまで経ってもこの閉塞感を打破できなければ、
いよいよ社会全体が死んでしまう。
今は耐える時間帯。

仮に中央競馬がしばらく中止に追い込まれた場合、
G1だけは強行開催するとしたら6月に桜花賞→(中2週)→オークスみたいな日程になるのだろうか。
しかも桜花賞と宝塚記念は同じ日に、
オークスと日本ダービーと安田記念も同じ日みたいな。
それはそれでドリーミング。

開催しないと関係者の生活が..という心配も及ぶが、
本来ならレースの賞金に充てるはずだった分や競馬開催の諸経費をリソースとして、
各厩舎などに給付金として均等分配するわけにはいかんだろうか。
どうせレースしたらノーザンファームが全部持ってっちゃうわけだし(暴論)。

「元通りになるのが待ちきれない!」と発狂するより、
ただひたすらに事の成り行きをじっと見守るように心がけたい。

コロナウイルス関連の話をすることが増えたが、毎日だいたい同じこと書いてるのは気付いてる。
続きを読む

いよいよ東京封鎖も現実味を帯びてきたことで、中央競馬の開催も危うくなってきた感。
少なくとも関西関東間で人の往来が行われるリスクは無視できまい。
お互いに締め出し、関西馬のみの桜花賞や関東馬のみの皐月賞を行うのか、
それとも..といったところだろうか。

どうにか無観客でもいつも通りの形で開催を続けてきたが、さすがに限界かもしれない。

個人的にはこの瀬戸際で悪あがきをするよりも、
収束の気配が出てきたタイミングでどれだけ反発力を発揮できるかが大事だと考えているので、
場合によっては潔い撤退が得策となるかも。

たとえ生活に直結する人が多くいたとしても、無理に引っ張るのは賢明とは思えない。
続きを読む

キセキが今年は春の天皇賞を目標にすると聞いた時からピンと来るものがあったので、
前哨戦のここは変な不安を残さず無事に立ち上がってほしいもんである。
特にゲートや気性面の問題を出さないように..

高速馬場の京都3200mはきっとこの馬にピッタリだと思うので。

ユーキャンスマイルもここは無難にまとめられそう。
この2頭が中心になりながら、
上り馬のボスジラ、ダイヤモンドS好走メイショウテンゲン、
G2勝ちの実績があるムイトオブリガードなどが追う形か。
メロディーレーンはすでに飽きられてきた感があるが、
忘れた頃にまた激走があるとおもしろい。
続きを読む

サトノフラッグの鞍上どうするの問題は、まさかのルメール起用という形で決着を迎えた。
ワーケアはどうすんのと思ったら皐月賞回避で日本ダービーに照準を合わせるとのこと。
このローテは前から言われていたことなので、
そこまで不自然な流れではないにせよ驚きは隠せない。

ともかくこれで武豊はマイラプソディとコンビ続行で皐月賞へ。
明暗がどう分かれるかは神のみぞ知るということで..

ちなみにNHKマイルC路線に転向と報じられていたラインベックも皐月賞に特攻。
さすがに分が悪い戦いだし、
そもそも不完全燃焼が続く現状を思えばマイル路線で激変に賭けたかったところだが..
ここを使って本命はNHKマイルCという考えかもしれんし、
場合によっては賞金不足でアーリントンCに回らざるを得ない可能性も。

これまたどうなりますやら。
続きを読む

今週は三日間開催。
本当なら気候も穏やかになって春の競馬を存分に楽しみたいところだが、
例によって今週も無観客。しゃあない。もはや慣れてきた感すらある。

ただ、国内の競馬は最低水準を保ちながら運営が続いているものの、
海外ではグランドナショナルが中止になったり、
ケンタッキーダービーが秋に延期になったりとコロナウイルスの影響が出まくってる。
ドバイミーティングも開催こそされるものの、
出入国が厳しく取り締まられるようになり、
ジョッキーをはじめとする関係者が無事に現地入りできるかどうかが心配されている。

まだまだ収束には程遠い..
続きを読む

「日本ダービーは夏の甲子園みたいなもの」という例え話は割としっくりくるので自分もたまにするのだが、
それになぞらえると皐月賞は春のセンバツ、菊花賞は大学野球、
朝日杯FSやホープフルSは2年夏の甲子園くらいの感覚だろうか。

サートゥルナーリアの場合、
2年夏の甲子園で優勝投手になり、3年春のセンバツも制覇。
これは夏連覇&春夏制覇の大偉業達成しかない!と期待されまくったところでまさかの挫折。
当然ドラフト1位でプロ入りを果たしたものの、
1年目、2年目はまだ思ったほどの成績を挙げられていないといった現在地。
高校時代にあれだけ騒がれた逸材であることを考えれば、
どうにも物足りない状況ではある。
素材は一級品でありながら、メンタルに課題を残すという点も、伸び悩む投手のそれっぽい。

このままだと「育成失敗」のレッテルを貼られてしまう。何てもったいない話だ。
続きを読む

今年の重賞戦線で「単勝1倍台が苦戦」という話を以前したが、
先週のチューリップ賞でもレシステンシアが敗れたことで、まだ未勝利が続いている。
そのバトンを引き継ぐのが、金鯱賞のサートゥルナーリア。

いやあ、これまた何とも微妙な..w

言うまでもなくポテンシャルは断然。
58kgや左回りといった不安材料もそこまで気になるほどではないし、
皮肉にも無観客競馬が繊細なメンタル面の課題を解消してくれそうなのが..

負けるとしたら本当にジンクスにハマるくらいしか思い当たる要素がない。

あるとすればロードマイウェイがめちゃくちゃ強くなってるとか?
まあでも実際5連勝で500万下からG3まで駆け抜けるのは凄いよね。
ラストドラフトやニシノデイジーではさすがにどうしようもない。

フィリーズレビューはもうどうにでもなれw
カリオストロが主張して行くのなら例年同様ハイペースになりそうで、
末脚勝負に徹したいアヌラーダプラには都合のいい流れといえるかも。
レースが上手なヤマカツマーメイドもこの好枠を活かせそう。
あとはフェアレストアイル坂井瑠星の連覇もあるかもしれんで!
続きを読む

レシステンシアの乗り替わりにはさすがに驚いた。よりによって武豊とはw
キャロットとの距離感もこんなに詰めてくるなんて。
これはさすがにエージェント豊沢氏の力だけではあるまい。
ドン底から長い年月をかけ実力で序列を上げていったレジェンドに敬意を表するしか。

そこで最近ふと思うのが、
これだけノーザンFのクラブ法人との接点も増え、
なおかつ国枝栄厩舎からも重用されている現状を考えると、
何らかのきっかけで「アーモンドアイ×武豊」のタッグが見られるかもしれんなということ。
例えばルメールに何かあった時とか。
今までは有事の際にもまず声が掛かることなどあり得なかったが..

まあそんなタラレバトークをするのも、
彼女のために国内の騎乗をスキップしてまで早めにドバイ入りする主戦の熱意を慮れば、
失礼な話かもしれないけどね。
続きを読む

無敗の2歳女王レシステンシアがチューリップ賞で初黒星を喫した。
強気の競馬で阪神ジュベナイルFを圧勝しながら、
スローの逃げで切れ負けという内容に、
馬券をお買い求めのお客様は随分とお怒りだったことかと思うが、
桜花賞を見据える上では、うまい具合に煙幕を張る「いい負け方」だったのではないだろうか。

何度も書いていることだが、
敗戦を経験することでその馬の「負けパターン」を想定できるのは大きな財産になるし、
勝ち続けることは過剰なマークを呼ぶことにもつながる。
それに阪神JF→チューリップ賞を連勝して、
圧倒的人気で桜花賞を迎えるのは近年屈指の死亡フラグ。
早めに敗戦を受け入れておくことが、本番に活きると見た。

心配なのは加重制裁から北村友一がしっかり立ち直っているか、それだけだw
続きを読む

ディープインパクト記念として生まれ変わった弥生賞を制したのはサトノフラッグ。
偉大な父の血を引く産駒が唯一参戦し、
その鞍上に武豊を迎えるというシナリオは手が込みすぎているようにも思えたが、
父を彷彿とさせるロングスパートで快勝。

ちょうど当ブログでは「武豊の今季初重賞はいつになるか」的な話をしており、
そういう意味でも見事なフラグ回収だった。
これでデビュー年から34年連続の重賞勝ち。
「8度目の弥生賞制覇」というのもとんでもない数字である。

新型コロナウイルス対策の無観客競馬という逆風が吹く中の勝利は、
11年の震災直後に行われた中京記念をナリタクリスタルで制したのを思い出させる。
こういう時に明るい話題を提供できるからレジェンドはレジェンドであり続けるのだ。
続きを読む

ホープフルSの覇者コントレイルが早々に皐月賞ぶっつけ参戦を表明したのに対し、
朝日杯FSを制したサリオスの動向は年が明けてもなかなか情報が出てこず、
先日ようやく同様に皐月賞へ直行することが明らかになった。

これは間違いなく状態面に問題あり、でしょう。

前哨戦をパスする時代になったとはいえ、
予定通りと計算外のローテでは同じ「ぶっつけ」でも大きく意味合いが違ってくる。
その点は2020年になってもしっかり意識しておかねばなるまい。

そもそも無事ゲートインできるのかも含め、引き続き様子を見ていきたい。
続きを読む

3月ですね。

本当ならウキウキな季節の到来で心も軽やかに躍る時期ですが、
自分も社会も相変わらず先の見えない停滞ムードで。
チューリップ賞、そして明日行われるディープインパクト..記念..?弥生賞を、
もっとボルテージ高めて迎えたかった。

それでも降り注ぐ日差しの明るさ強さは春のもの。
きっともうすぐいいことが待っているに違いない。

ついに住んでる街にまでコロナウイルス感染者が出たけどな!w
続きを読む

阪急杯は今年もひと悶着。
最後の直線でフィアーノロマーノが一頭分のスペースを突こうとしたところ、
外からダイアトニックがカットインしていまい、鞍上がブレーキをかける不利。
どうにか立て直して再スパートしたものの、これでは3位入線が精一杯。
ダイアトニックに降着処分が下されたことで2着に繰り上がったものの、
スムーズならば勝ちまであったと思うと後味が悪い。

ゴール直後に川田将雅の怒鳴り声がマイクに拾われるなど、
無観客競馬ならではの事象も起きたが、
激おこキャラの彼でなくともお怒り案件である。

それにしても北村友一は年明けから早くも2度目のペナルティ。
京都記念をクロノジェネシスで制すなど、
ようやくリズムを取り戻そうかという矢先で再び戦線を離れることになった。
辛うじてレシステンシアの手綱を手放さずには済んだものの、
桜花賞に向けて雲行きが少し怪しくなってきている。
続きを読む

サウジアラビア国際競走はディアドラだけ見て就寝。
メインのサウジCはどうせ太刀打ちできるわけがないと諦めムードで、
起きたら「マキシマムセキュリティ優勝、ゴールドドリーム6着クリソベリル7着」との報せが。
はいはい結局いつものやつね知ってたと流していたのだが、
あとでレース動画を見ると思ってたのと違った。いい意味で。

2頭ともいいレースしてるじゃないの。

特にゴールドドリームは4角から直線に向いての手応えが抜群で、
一瞬は突き抜けるのではないかと思わせたほど。
最後は脚色が一緒になってしまったが、それでも勝ち馬からは5馬身程度。
クリソベリルも不慣れな形での競馬になりながら、
戦意を切らすことなく追い込む形で意地を見せた。

いつものドバイワールドCなら、
6着とはいえ勝ち馬は独走状態で後続は画面から消えていることもしばしばで、
それに比べればはるかに善戦といえる。
続きを読む

中山記念と阪急杯も「買いレース」だったが、
年々難易度が上がってきているので手が出せなくなってしまった。

特に中山記念はドバイ遠征組が壮行戦として使うことが増えてきて、
力の比較と仕上がり具合のジャッジが非常に難しい。
ここ数年は少頭数で行われることもあって位置取りゲーの概念も薄れつつあり、
そうは言いながらも単勝1番人気馬が平気で着外に沈むことも。

阪急杯は思い切って行った先行馬とイン特攻の差し馬が強いが、
フルゲートで馬群が凝縮したままレースが進むため、だいたい誰かが詰まる。
そこをうまく捌けた馬が上位に台頭してくるという運ゲー。
昨年はスマートオーディンの大駆けに警戒しつつも、
本命馬をレッツゴードンキとロジクライで迷った結果、後者にしてしまい撃沈。
発馬直後の不利でポジションが悪くなり、
直線でスムーズさを欠くなど悔やまれる内容だった。
続きを読む

いよいよ日本でも「無観客競馬」での開催になりそうだが、
先んじて無観客での対応が続いている香港では、
4歳三冠シリーズの第2戦・香港クラシックカップが行われた。
すでに香港クラシックマイルを勝っていたゴールデンシックスティが制し「二冠」を達成。

これで「三冠」にも王手をかけたわけだが、
過去に三冠馬というのはいたのだろうかと調べてみると、
17年にラッパードラゴンが偉業を達成していた。
しかし、その後チャンピオンズマイルで圧倒的人気に支持されながら故障を発生。
そのまま命を落としたという..

割と最近の話だけど、知らんかったなあ。
本当に海外競馬のことなんて全く情報をキャッチしてなかった。
続きを読む

単勝1倍台、いわゆる圧倒的人気の本命馬が次々に敗れている今年の重賞戦線。
中にはシンザン記念のレースドールのような「過剰人気」物件も含まれているが、
きさらぎ賞のアルジャンナ、共同通信杯のマイラプソディなど評判馬が次々に敗れ、
穏やかでない空気が漂ったまま。

それでもさすがに小倉大賞典のヴェロックスは大丈夫だという確信があったのだが..

まさかの9着大敗。
向こう正面からすでに行きっぷりが悪く、
後方待機勢が追い上げてきた頃にはもう抵抗する脚も残っておらず、
早々に敗戦を覚悟させられるレースぶり。
連続開催最終週で傷みきった馬場が堪えたにしても、
ここまで大きく敗れるなんてちょっと想像もつかなかった。

昨年の皐月賞でサートゥルナーリアと接戦の2着。
日本ダービー、菊花賞も3着と世代のトップクラスをずっと走り続けてきての4歳初戦。
これまでのレースぶりからも最適距離は2000m前後、
なおかつヨーイドンより小回りで上がりが速くなりすぎない方が持ち味が出るとあって、
このローカルG3は力の差を見せつける絶好の舞台だったはず..

いやあ、わからない。
続きを読む

フェブラリーSのレーティングがまあまあキツいことになってるらしいですね。
このままではG1から陥落してしまう可能性もあるとか..
ダート路線の馬にとっては貴重な晴れ舞台ですし、
どうにか格を維持していきたいところですが、
よりによってサウジアラビアにとんでもない高額賞金のG1が組まれたことで、
強さに自信ニキたちはそちらにチャレンジする流れができあがりそう。
実際、第1回からゴールドドリームとクリソベリルが参戦するし。

ただ、ノーザンファーム勢がほぼいない(ミッキーワイルドだけ)G1の馬柱というのも、
何とも味わい深くて好き。
地方馬3頭も交えて、多彩な勝負服が相まみえる砂上の戦いは、
きっと見応えあるものになるんじゃないかと。

たとえレベルはワンランク落ちたとしても!
続きを読む

マイラプソディの敗戦で意気消沈気味の武豊−友道康夫厩舎チームにまたしても試練。
菊花賞馬ワールドプレミアが春の天皇賞を断念することが決まったという。
いやー、これは残念。
今季の国内古馬路線で中心を担ってくれると期待していただけに。

つーか早いよね回避が決まるの。それだけコンディションが悪いってことか。

友道厩舎でいえばうちのラインベックはNHKマイルC路線に切り替えるらしい。
ずっと「キレないけどバテない」とコメントし続けてこれかと首をかしげたくなるが、
正直たぶんこっちが正解な気がする。
ニュージーランドTにせよアーリントンCにせよ楽しみ。
どうせなら福永祐一に戻してくれればありがたいんだけど。
続きを読む

先週土曜の松籟Sで2着に頑張ったヴィッセン。
早め先頭から押し切ろうとするレース内容は見せ場たっぷりで、
思わず全力で応援してしまった。

9歳にして1000万下特別を勝ち、準OP昇級初戦であわやの2着。
この年齢で現役を続けているだけでも立派だというのに、
キャリアの中でも最盛期を迎えようとしているのだから偉大としか言いようがない。

これだけ称賛しておいてアレだが、
実際のところ凡庸な条件馬に過ぎないわけで、正直この馬のことは知らなかった。
今回、気に留めたのも坂井瑠星が乗るからというのが一番の理由で、
そうでなければ見落としていたかもしれない。この味わい深い存在を。
続きを読む

新型コロナウイルスの影響で、無観客での開催が続いている香港。
暫定的な措置ではあるとのことだが、
昨年の大規模なデモに続いて穏やかでない日々を過ごすことに。
このままでは4月の国際競走にも影響を及ぼしてきそうで、
ウインブライト陣営あたりは早くも頭を悩ませている。

そんな中でも馬や関係者たちは頑張ってる。
先週日曜は香港ゴールドCとクイーンズシルバージュビリーCと2つのG1が行われた。
キーワードは「復活」。

まず香港ゴールドCで圧倒的1番人気に支持されたのは、毎度おなじみエグザルタント。
年明け初戦のセンテナリーヴァーズを完勝し、
まだまだ王座は揺るがないと思われたが、まさかの2着。
負かしたのは17年の香港C勝ち馬の古豪タイムワープ。
G1を勝ったのも2年前のこの香港ゴールドC以来で、昨年はG1で大敗が続いていた。

そしてクイーンズシルバージュビリーCは、
怪物ビューティージェネレーションが連敗を「4」で止める勝利。
と同時にこのレース3連覇も達成。
最強馬の復権を現地のファンも喜んだことだろう。
続きを読む

毎年、勝負レースとして並々ならぬ闘志を燃やしてきた共同通信杯と京都記念だが、
ついに今年はどちらもROMすることに決めた。
残念だけど仕方ない。

共同通信杯はマイラプソディに思い切り逆らうのも手だと思う。
重賞勝ちのある差しタイプという、
ここ数年コケまくっているパターンに見事に該当しているわけで。
なぜそうなるかは過去ログに書きまくってるので適当にそっちをご参照いただきたいが、
逆にいえばこの鬼門を突破できればますます先が楽しみになる。

個人的にはできればそっちの未来が見たいというのもあって、
ケンカを売るのはやめにした。

せめて機動力に長けたタイプでもいれば勝負手も打てたのだが、
フィリオアレグロはまだ適性が何ともわからないし、
ダーリントンホールはいかにも上がりの脚に限界がありそう。
ならばココロノトウダイあたりかとも思ったが、
こちらも大型馬で序盤はじっくり構える系。

シングンバズーカは血統的に頑張ってほしいけどそういう問題でもないw

うーむ、ますますマイラプソディにはあっさりパスしてほしくなる。
続きを読む

バレンタインデーですがうちの奥さんはチョコレートくれません。
たぶん全く頭に入ってない。
ついでに父の日とかも何のアレもない。

ただ、これは存在そのものをないがしろにしているとかでなく、
こういうイベントの日に何らかの演出をするという価値観がないのだと思う。きっと。

その証拠に誕生日はケーキ買ってくれるし。

ただ、こっちは母の日にブーケ買ったりホワイトデーの時期にお菓子を買って帰ったり、
最低限やってるんでその..

まあいいや、娘がもうちょい大きくなったら色々やってくれるでしょうw
続きを読む

先週日曜の小倉競馬では、藤岡佑介がメインの関門橋Sも含む5勝の固め打ちに成功。
土曜にも2勝を挙げており、
それまで5勝に留まっていた勝ち数も一気に12勝にまで伸びた。

JRA通算800勝も達成し、
ここ数年はG1初制覇も含め充実期に突入した感もあるだけに、
本来であれば京都や東京で乗るのがスタンダードのようにも思うが、
これは彼なりの自己プロデュース法。

「G1を勝つ」という目的のために、実践している戦略なのだという。


続きを読む

きさらぎ賞の直線はもう外から伸びそうで伸び切れないサトノゴールドを追うのに必死で、
ゴールの瞬間は誰が勝ったのかさっぱりわからなかった。
クビ差の接戦を制したのはコルテジア。
シンザン記念3着から臨んだにもかかわらず、
ブービー人気に甘んじた前評判をあざ笑うかのような激走だった。

馬場やら展開なら、恵まれた要素があっただけに今後も無制限にポジれるわけではないが、
そんな条件を味方につけて勝ち切った松山弘平の重賞ハンターぶりには驚くばかり。
これで早くも今年に入って重賞3勝目。
今までのキャリアでは1年間で重賞勝ちは2勝が最多だっただけに、
わずか1ヶ月ちょっとで自己記録を更新したことになるw
重賞だけではなく他にも手綱さばきが光るレースを随所で見せており、
ぜひとも今年はアルアインの皐月賞以来となるG1制覇を成し遂げてほしい。
エアアルマスでの参戦が幻に終わったフェブラリーSも、
実力馬サンライズノヴァを託されることが決まったように、
今は各陣営からも期待度マックスである。
続きを読む

明日が楽しみアンド不安で今からドキドキしてる。
きさらぎ賞のサトノゴールド。果たしてどんなレースになるだろう。

ここまでの2戦は競馬をナメているとしか思えないレースぶり。
新馬戦は全く前進気勢を見せぬまま、直線でちょっと本気を出しただけで勝利。
そして札幌2歳Sは序盤からついて行けず最後方からの競馬になり、
前が崩れる展開にも乗じて大外から追い込んでの2着。

あの競馬をそのまま再現したのでは今回はさすがにどうにもならないが、
荒削りゆえに研ぎ澄まされたらどれだけのパフォーマンスが見られるのか、
ついつい期待を寄せたくなってしまう。

というか、その伸びしろに託すしかないw

アルジャンナは強い。スローペースのヨーイドンではしんどい。
馬場が荒れてるとはいえ、京都では分が悪い。
そんなことはわかっている。
だからといってあっさり白旗を揚げるほどゴールドシップの血を応援する者は弱くない。
こちとら現役時代にどれだけメンタルを鍛えられたことかw

正体がバレていない今こそ、思い切り背中を押してやりたい。
続きを読む

エルフィンSはシーザリオの娘ファーストフォリオにシンハライトの妹ライティアと、
ノーザンファームが誇る繁殖牝馬の中でも最上級の良血ちゃんたちが出走する。
これまでのレースでは正直どちらもそこまで強烈なインパクトを残せていないが、
一気に才能を開花させてくるのが血の底力である。

その2頭に立ち向かうのが、ゴールドシップ産駒のウインマイティー。
母はアオバコリン、その父カコイーシーズという何とも味わい深い血統である。
しかしソツなく好位を取れる機動力は侮れない。
後ろがモタモタしてくれている間にサクッと抜け出して..みたいな形にならないか。

小倉の未勝利戦にはタンジェリンムーンが出走。
ここまで2戦していずれも3着だが、末脚はなかなか見どころがある今後の期待株。
前走で先着を許したパイネをどうにか負かせれば..

ゴールドシップご自慢の娘たちがいい結果を残して、
きさらぎ賞のサトノゴールドにバトンタッチできたら最高。
続きを読む

1月27日に行われたセンテナリーヴァーズと香港クラシックマイルの話。

4歳馬による三冠路線がここから始まるが、
昨年ここで主役を担ったフローレやダークドリームらが古馬相手に苦戦し、
さらには香港クラシックCで波乱を演出したミッションタイクーンに至っては一般戦でも大敗が続いていたりで、
果たしてどこまで権威あるレースなのか疑問に思ったりもしている。
日本のクラシック路線ほどの価値はなさそうな感覚。

とはいえゴールデンシックスティの末脚は見事だった。
一瞬で外から突き抜けて完勝。
これまで1200〜1400mを使われてきたが、マイル戦も問題なく適応。
ならば1800mでも勢いそのままに突き進んでほしいところ。

それからセンテナリーヴァーズはエグザルタントがさすがの勝利。
もはやこの馬に関して語ることも残されていない気がするが、
今回はハンデ差が10kg近くありながら貫禄を見せつけるのだから立派である。
どれだけ弱メンを相手にしてるのかとも思うがw
続きを読む

モズアスコットはフェブラリーSから豪州のドンカスターマイルへ。
昨秋はデットーリにドタキャン食らうなどすっかりオワコン化していたが、
G3を一つ勝っただけで息を吹き返してきた。
矢作厩舎的にもウキウキな展開。

それからコパノキッキングはフェブラリーS回避の方向で。
こちらはドバイを見据えているとか何とか。
スプリント路線に特化するのならまた藤田菜七子とのコンビで交流重賞を勝ちまくろう。

シルクロードSではセイウンコウセイが前崩れの展開の中5着に踏ん張り、
今年も高松宮記念に向けて調子を上げてきた様子w
秋シーズンは毎年サッパリなので、この時期の気候や馬場が合うんだろう。
昨年ほどの人気薄にはならないだろうが、また激走が見られるかもしれない。
続きを読む

↑このページのトップヘ