「人生、無事是名馬」|雑談系競馬ブログ

2006年創刊の雑談競馬ブログ。主に毎週のレースや好きな馬・ジョッキーについて。時に野球やドラクエについて熱弁。

カテゴリ: 競馬/雑談

正直、ダンシングプリンスのことを知ったのは4月の中山でのぶっちぎり劇を演じた後のことだった。地方からの「出戻り」でありながら単勝1.7倍の圧倒的人気に支持されたあたり、その評判は確かだったのだが..まさに終わってビックリであった。

3歳夏のデビューからの3戦(競走除外1戦を含む)は芝を使われたが、やはり本領発揮はダートだったのだろうか。父が芝のスプリント路線で長年にわたり奮闘したパドトロワ、母系はデュランダルらと同じということを考えれば最初は芝から使いますよね..

宮田敬介厩舎としても、開業早々に旗頭的存在に出会えたのは大きい。

続きを読む

母は重賞戦線で活躍したダンスファンタジア、その母は桜花賞とヴィクトリアマイルを制したダンスインザムードという血統ながら、ダートで才能を開花させつつあるのがダノンファスト。さすがにデビューこそ芝を使われたが、初ダートの未勝利戦が2秒以上の大差をつける勝利。以降はダートに絞って使われている。

前走の青竜Sは2着に敗れたが、ユニコーンS2着のデュードヴァンと僅差のレースを見せた。重賞級の相手と互角に走れた能力は、古馬相手とはいえ力量上位と見ていいだろう。まして現状は長い直線より小回りコースが向いている印象。福島ダート1700mは狙いすましての参戦といえそうだ。

馬券の上でも信頼度はかなり高い。

続きを読む

ケイアイガーベラの圧勝劇以来、10年ぶりに阪神競馬場での開催となるプロキオンS。明日はどうやら天気も崩れなさそうだが、それでもずっと降り続いた雨の影響は避けられまい。時計の速い決着になりそうだ。
スピード比べには自信を持つ顔ぶれが揃ったが、その中でも優勢なのは誰か。先行決着か、前崩れで差し馬が台頭するか。色々と考えてみたが結論は出ず。

幸さんとのコンビで応援したいラプタスはJRAの重賞は初の参戦。充実著しい4歳馬だが、まだ気性面に課題を残す現状だけに外から同型が競りかけてきた時にどう対処するかがカギ。控えても競馬はできるが..できれば外枠がほしかった。

枠の並びだけでいえばサクセスエナジーが最高。ここ2走は59kg、58kgでOP特別を連勝してきており、57kgで出られるのはありがたく感じられるのでは。ただ、重賞になるとやや足りない感があるのも確か。
レッドルゼルは行く馬を行かせて自分のポジションで競馬ができる自在性が強み。強敵相手に揉まれる経験には乏しいので、今回は重賞の洗礼を浴びるかもしれないが、先につながる競馬はしておきたい。

同じく差し馬の流れになればスマートダンディーとスマートアヴァロンの見分けがつきにくいコンビにチャンス到来。よりによって今回は同枠に入った。うむ、スマートダンディー秋山真一郎の狙いすました追い込みとか見たい。あとはサンライズノヴァもオレを忘れるなとお怒りかもしれないが、めちゃくちゃ久しぶりの右回りで1400mも今はちょっと忙しそう。まして59kgでスピード決着となると厳しいのでは。

続きを読む

七夕賞の過去10年の成績を見てみたが、特にこれといって思い出が残っていない。たぶん馬券なんてずっと買ってない、グラスボンバーとかが頑張ってた時代が最後じゃなかろうか。
もはや当然のように今年もROMなわけだが、例によって難しそうな組み合わせですねえ。小回りのハンデ戦でどうにか生き残っていこうというメンバーの集まりだけに、当然ながら各自のモチベも高かろう。

とりあえず、ぶわーっと名前を挙げていく。

2戦目で京成杯3着と善戦したあと、条件戦をコツコツ勝ち上がってきたヒンドゥタイムズ。重賞で頭打ちになる素質でないことは間違いないだろうし、遠回りしてきた分ハンデも今回はお手頃。斉藤崇史厩舎も今や最も信頼の置ける厩舎の一つだし、リュヌルージュとの2頭出しが実を結ぶ可能性は十分。

ヴィルシーナの仔ブラヴァスは、どうしてもクラシックを期待される血統だけに出世に時間がかかった印象だが、割と順調にここまで来られているのでは。重賞初挑戦だった新潟大賞典も4着と無難にまとめられた。今回はJRA全10場重賞制覇がかかる福永祐一とのコンビ。鞍上に新たな勲章をもたらすか。

同条件の福島民放杯を完勝したマイネルサーパス、3着だったウインイクシードあたりも黙っちゃいない。全4勝を福島で挙げているヴァンケドミンゴもここ全力。

続きを読む

阪神のダノンシュネラとフォティノースの牝馬二頭出しに続き、福島にも期待馬を送り出すドゥラメンテ。デビュー勝ちを狙うドゥラモンドは兄にサンデーウィザード、ヒーズインラブと2頭の重賞勝ち馬がいる血統だが、いずれもクラシック路線には縁がなかっただけに、失礼ながら少し地味な印象を受けてしまう。活躍次第では兄らを差し置いて繁殖牝馬シーズインクルーデッドを代表する仔になれるかもしれない。

しかし心配なことに調教の動きが今ひとつ。くどいようだがノーザンファーム天栄案件のスロースタートっぷりが今季は特に目立つが、この馬もまだまだ仕上げ切らない状態でのデビューということになるのだろうか。ただ、手塚貴久厩舎といえばフィエールマンでの外厩使いの印象が強いが、決してノーザンファーム頼りの運営ではなく、他にもビッグレッド軍とのタッグでも結果を残すなど手腕は確か。しっかり動ける状態まで持ってきているかもしれない。

続きを読む

今週の新馬戦は楽しみなレースばかりで困った。日曜福島5Rの芝2000mも将来性豊かな素材が揃い、誰が幸先よく勝利を飾るか楽しみ。
戦前の評判では「3強」だろうか。サンデーレーシングのオルフェーヴル産駒ガトーバスク、DMMのキズナ産駒グランスエーニョ、そして千代田牧場ゆかりの血を引くサトノフォーチュン。いずれも個性的なプロフィールの持ち主で、余計に関心をそそられる。

中でもサトノフォーチュンの牝系はアツい。一瞬ダートで無双したグレイトパールの弟にあたるが、血統表をどんどん遡っていくとニッポーテイオーやタレンティドガールの兄妹とも同じルーツを経由し、最終的にはビユーチフルドリーマーに辿り着くという壮大なタイムトリップが楽しめる。100年以上も前から日本競馬に根付く血とディープインパクトの配合は、どんな答えを導き出すだろうか。

ロジモーリスと同様、例によってバリバリ動かしてはこない国枝栄厩舎だけに、追い切りだけで判断は難しい。なおかつ「新馬戦は仕上げてこない」が定説になりつつあるので、初戦で勝てるかは微妙なところだが、時間をかけて大成してほしい一頭である。

続きを読む

思わぬスタートダッシュ失敗となってしまったモーリス産駒。途中からは「せめてセレクトセールまでに初勝利を」が合言葉になっていた感もあるが、とうとうチャンスは今週を残すのみになってしまった。
その中で最有力視されているのが、国枝栄厩舎の牝馬ロジモーリス。牡馬と見せかけて。ルメールが「5歳馬みたい」なんてコメントするもんだから、ますます落ち着き払った雰囲気を想像してしまうじゃないか。アルゼンチン産の母メチャコルタの初仔ということで血統的にはまだヴェールに包まれているが、最近はバラダセールやライフフォーセールなどの仔も活躍中。トレンドに乗っているとも言えるのでは。
相変わらず追い切りで派手なアピールは見せてこないが、今週の最終追いではドナアトラエンテと併入するなど、古馬準OPにも見劣りしない動き。ルメールが「勝てると思う」と発言するほど手応えを感じているようで、まさに「最後の切り札」として父に朗報を届けてくれる可能性は高そうだ。


続きを読む

きょうはジャパンダートダービー。圧倒的人気を背負うのは、ユニコーンSを5馬身差で圧勝し、改めて怪物っぷりを見せつけた「若き砂王」カフェファラオ。



前走とは全く異なる条件となるが、無事に克服できればいよいよ完全無欠の存在と言えるだろう。ワンターン芝スタートの東京ダート1600mから、ツーターンの大井2000m、初めてのナイターで湿ったダート、内枠、間隔の詰まったローテと気がかりな点はそれなりに思い浮かぶが、この馬の資質を考えれば涼しげにパスしてほしいところ。

てっきり短期免許期間は終了していると思い込んでいたが、ダミアン・レーンとのコンビも継続。来日2年目ながら昨年の帝王賞を勝っているように、大井コースも手の内に入れている。先週の福島競馬では微妙なジャッジで騎乗停止処分を受けてしまったが、その鬱憤も晴らしてみせるか。

続きを読む

新型コロナウイルスの影響で開催がストップしていた海外競馬も徐々に再開され、世界のビッグレースの話題が届くようになってきた。米国の3歳三冠レースはベルモントSが第1戦に繰り上げられ、かつ距離も短縮されるなどスクランブルな態勢だったり、欧州の各国も日程を調整しながらの開催が続いている。

そんな中、エクリプスSに出走するディアドラとその陣営には心から拍手を送りたい。

ドバイミーティングが中止になり、欧州各国の開催も取りやめになって以降もずっと現地に残って調整を続けてきた。その間、特にスタッフは感染リスクとも戦いながら、先が見えない状況下で踏ん張り続けてきたわけだ。その努力が報われる瞬間が訪れてくれれば最高だ。

続きを読む

どうやらダート転向は本気だったらしい。ディープインパクト×アパパネの三冠配合の三男坊ラインベックが、日曜阪神10Rの西脇特別に出走する。デビュー2連勝からホープフルS、皐月賞、NHKマイルCと芝のG1に挑み続けてきたが、ガラリと条件を変えて再出発を図ることになった。

ダートが向くかどうかはわからない。ただ、元POとしては3歳以降の行き当たりばったりのレース選びに少なからず不満を感じていたし、それが才能を開花させられなかった一因でもあると考えている。ローテ編成の決定権がどこにあるかはわからないが、特に皐月賞以降は「コーナー4つのコースで前で粘り込むのがベスト」だの「左回りのマイル戦は勝っているし合う」だの、厩舎サイドが使うレースに合わせて適当なポジコメを発信していただけにしか見えなかった。若駒Sで完敗を喫してから放牧に出していきなり皐月賞とか無茶ぶりにも程があるし、マイルが向いているのならアーリントンCを使うとか、他にも選択肢はあっただろう。実際、NHKマイルCは前が残る展開ながら3着争いとは差のない競馬をしており、今後これくらいの条件を中心に使っていけば重賞にも手が届く時がやってくるんじゃないかと思うほどの内容だった。

なのに今度はダートだという。

続きを読む

プリンシパルS惜敗で日本ダービー参戦はならず、1勝クラスからの仕切り直しとなったポタジェ。前走は平場戦でヴァーダイトとの良血対決に注目が集まったが、結果はアルサトワに逃げ切りを許す形で2着に終わった。安田記念の騎乗馬がなく阪神競馬場に留守番していた武豊にとっても残念なレースとなってしまった。

そこから中3週、今度こその想いで土曜阪神9R生田特別に出走する。鞍上は川田将雅にスイッチ。ある程度は武豊も使いつつ、シレッと乗り替わりのパターンは勝負手と断言してもいい。あっさり勝つパターンでしょう。番狂わせがあるとしたら馬場だけ。こればかりはやってみないとわからないけど。

続きを読む

まだまだ先は長いとはいえ、余計な消耗を避けるためにも早めに勝てるところで勝っておきたい未勝利組。しかし番組も限られる現状ではどうしても素質馬たちがぶつかっちゃうわけで..土曜阪神1Rも粒揃いの一戦となった。

デビュー前の追い切りが絶好で、東京の新馬戦で単勝1番人気に支持されたスーパーホープ。4角を手応え良く回ってきたところまではイメージ通りだったが、残り200mくらいの地点から末脚が鈍ってしまい4着に終わった。ミルコは精神面の幼さを敗因に挙げていたが、この時期の2歳馬なんてみんな子どもですし..もし今回も伸びあぐねるようなら距離短縮も考えなければならない。ただ、朝からかなり馬場が悪くなりそうなのでノーカウントかもね。

続きを読む

出走メンバーの中にOPクラスで賞金を積んだ馬が一頭もおらず、2勝クラスの特別戦としても成立する顔ぶれとなった。ざっと過去10年の出走馬を振り返ってみたが、こうしたケースは初めて。それゆえみんなハンデも軽く横一線。むしろ何を基準にハンデ差をつけたというのだろうw

12頭立てと頭数も比較的落ち着き気味で、例年のような見応える3〜4角のマクリ合戦は楽しめなさそうだが、かといって単純な前残りになるかどうかは。逃げて良さが出たベレヌスあたりは注文をつけてでも行きたいだろうし、アルサトワやコスモインペリウム、パンサラッサあたりもできれば前で勝負したいタイプ。差し馬は序盤じっくり運んで勝負どころでもロスなく回ってこられそうで、たぶん競馬がしやすいのでは。

続きを読む

高松宮記念1位入線を果たしながら降着の憂き目に遭ったクリノガウディーがCBC賞に出走する。初の1200m戦で互角に渡り合ったメンバーがモズスーパーフレア、グランアレグリア、ダイアトニックであることを考えれば、この夏のG3では明らかに相手関係は楽になる。最大の敵は58kgのハンデということになるだろうか。

いやいや他にも心配はある。それは「自分自身」だ。

これまでその雑草キャラもあり、レースで主役を務めるケースが少なく、今回もし単勝1番人気に支持されれば自身初のことになる。朝日杯FS2着激走を皮切りに、その意外性が最大の武器であり魅力でもあるだけに、いきなり標的にされる立場になると脆さを見せそうな予感が。果たしてマジメに走ってくれるかどうか。

そして横山典弘との再コンビが余計に怪しさを際立たせる..w
続きを読む

日曜阪神の新馬戦(芝1600m)も注目馬が揃って見逃せない一戦になりそうだ。

うちのPOGではライバル陣営となるのが、エタリオウの半弟サンデージャック。セレクトセールで1.7億円で取り引きされた期待馬。父がダイワメジャーに替わって、スピード色の濃いキャラに出ていそうだ。調教も意欲的な内容で消化しており、いきなり力を発揮できそう。こういう良血馬を松山弘平が任されているところに時代の流れを感じる。

仕切り直しとなるのが、開幕週デビューを外傷性鼻出血で取りやめたステラヴェローチェ。先週の宝塚記念をクロノジェネシスが制しバゴ産駒に追い風が吹く中、どんな走りを見せるか。ひと頓挫あった影響は心配だが。

サンデーサイレンスの3×3クロスを持つグルーヴビートも評判がいいらしい。この名前からお察しの通りエアグルーヴの一族(3代母)。父がディープブリランテということもあってか、サンデーレーシングの中では安価な募集額だが、矢作芳人厩舎がしっかり仕上げてきている様子。同じディープブリランテ産駒ではコンヴェクトルもスタンバイ。こちらは佐々木主浩氏×友道康夫厩舎のおなじみコンビで、ゆくゆく良くなってきそうな予感。

あとはスカーレットカラーの半妹でキズナ産駒のイリマも楽しみ。高橋亮厩舎&福永祐一のコンビがいいね。
続きを読む

これは殿下も惚れ込む40億の脚ですわ。カッコよすぎる。



続きを読む

ハイランドピークは横山家と非常に縁の深い馬だ。何といっても長男・横山和生に重賞初勝利を飾ったのが、この馬と臨んだ18年のエルムS。以後も勝利こそないものの度々コンビは組んでおり、昨年のエルムSでも単勝10番人気まで評価を落としながら2着と奮闘した。

父・横山典弘が騎乗していたのは主に条件戦の頃。初茜賞での緩急自在の大逃げ10馬身差圧勝は強烈だったし、重賞初参戦で圧倒的1番人気に支持されながら「ポツン」を決めたマーチSは、その直後のレースでJRA通算2,700勝を決めてしまい、気まずいインタビューになったことも含めあまりにも有名である。

続きを読む

初年度のキズナ産駒の中でも、デビュー前に話題をさらっていたのがリメンバーメモリーだった。社台ファームの生産でセレクトセールでの取引価格も9,000万円。それに何より、馬主はノースヒルズ、佐々木晶三厩舎の管理で担当は田重田静男厩務員という「チーム・キズナ」が再結成され、鞍上にも武豊を迎えるという面でも期待は大きかった。

そりゃまあPOG指名もしちゃうよねえ、ロマンあるもんねえ。

デビューは宝塚記念当日の芝1800m。期待馬が揃う花形の舞台に決まった。しかし追い切りの動きが芳しくなく、レースも半信半疑の気持ちで迎えたところ、勝ち馬から2秒近く離されての大敗。さすがに失望は大きく、この時点で「三代ダービー制覇」が夢物語で終わることは確信した。

その後はしばしの休養に入り、叩き3走目での初勝利は逃げ切りによるものだった。賞金加算を狙って参戦した京成杯では後方からの競馬で6着。その後も自己条件で6着が続き、ここでクラシックへの挑戦はジ・エンド。再度ひと息入れられて、立て直されることになった。
続きを読む

馬場の高速化が著しい近年においても、「パワー勝負の宝塚記念」という位置づけは変わらない。勝ち馬の上がり3Fはだいたい35秒台。一番の原因は梅雨時で時計のかかる馬場になりがちだということ、そしてコースの形状的にも早いタイミングからのロンスパ合戦になるのがデフォ。4角の時点ではある程度のポジションに付け、そこから押し切るのが勝ちパターンになっている。

その特性を考えた上で、サートゥルナーリアは実力を発揮できるだろうか。ずっと言われているように、この馬の最大の課題は気性面。大歓声にさらされない無観客競馬は追い風となるだろう。ただ、もう一つ気になっているのが末脚の持続力。一瞬でトップスピードに乗れる瞬発力がある一方、使える脚は長くないというのが個人的な見立て。前述の通りロングスパートが求められると、もしかしたら途中で脚が上がる恐れも。

他馬がガシガシ押してるところを、涼しげにポジション上げられれば言うことなしではあるが。

それ以上に、この持久力勝負に自信を持つ牝馬2頭が頼もしい。特にクロノジェネシスは血統的にも実績的にもとにかくタフ。G1初勝利の舞台は稍重馬場を早めスパートから押し切った秋華賞。年明け初戦の京都記念も、重馬場でカレンブーケドールを寄せ付けず。続く大阪杯ではラッキーライラックにこそ敗れたものの、正攻法の外差しで互角の勝負を演じた。

よほどのことがない限り、馬券圏内..いや連対圏は確実ではないだろうか。
続きを読む

昨年、35歳の若さで厩舎を開業することとなった長谷川浩大調教師。初年度は主に師匠の中村均厩舎から引き継いだ馬を中心にJRAで7勝をマークした。それに加えてヤマニンアンプリメでJBCレディスクラシックを制したほか交流重賞を3勝するなど、屋台骨ともいうべき存在が厩舎を支えてくれている。

トラストもその一頭。障害転向初戦から、非凡な飛越センスと平地重賞を制した脚力で3連勝。その後、屈腱炎によりしばらく戦線を離れたが、復帰後も以前と変わらない力を見せてくれている。意外にもこれまでOP特別は3勝しているが、重賞では3着が2回とタイトルには手が届いていない。土曜の東京ジャンプSを制すれば、自身のジャンプ重賞初勝利のみならず、厩舎にもJRA重賞初勝利をもたらすことになる。

前走の阪神スプリングJではレジェンド・オジュウチョウサンの圧巻のレコード駆けにぶっちぎられたが、2着のシングンマイケルとは僅かな差だった。今回はジャンプ重賞初参戦のケイティクレバーが一番の相手。これまでに比べれば少し楽なメンバーなのは確か。この大チャンスをぜひモノにしたい。
続きを読む

個人馬主さんが所有した名馬同士の配合を見ると、ほのぼのした気分になる。例えばテイエムオーシャン×テイエムオペラオーなんかはその代表例で「ああ、頑張ってほしいな」と思ってしまうが、そう簡単に夢の続きを見せてくれるほど現実は甘くない。アパパネ×ディープインパクト級の最高クラスの実績馬同士でもなかなか大物出現には至らないのだから世の中は厳しい。

メイショウマンボ×メイショウボーラーなんて「ほのぼの血統」の代名詞みたいな配合から活躍馬など出るのだろうか。さすがメイショウさんは粋な交配をするなあで、あとは自然とフェードアウトしていきそうなものだが、2頭の間に産まれたメイショウイチヒメちゃんは2歳の夏からバリバリ調教をこなし、新馬勝ちに向けて順調に仕上げてきた。

1週前はCWで、そして今週は坂路で好時計をマーク。武豊が追い切りにも乗っている点にも強い意欲と自信を感じる。デビュー勝ちへ体制は整った。舞台は土曜阪神5Rの芝1200m戦。

続きを読む

土曜は朝イチから見逃せない2歳未勝利戦が行われる。主に開幕週の1600m戦(ダディーズビビッド)の組と1400m戦(アスコルターレ)の組の対決となるが、中でも人気を集めそうなのがステラリア。前走はドナウブルーの仔ドナウエレンを差し置いて単勝1番人気に支持されたが3着に終わり、ここで巻き返しを期す。

もったいない競馬だった。4角でスムーズに外に持ち出せず、前にできた馬群の間を割ろうとするもモタモタ..結局その狙ったスペースを突くことはできず、大外に切り替えてからは猛然と追い込むも時すでに遅し。終始スムーズな立ち回りを見せたダディーズビビッドは、もうはるか前方だった。自厩舎期待の新馬に乗せてもらえた団野大成にとっては、痛恨の敗戦だったに違いない。

きっちり今回はルメールを確保しているあたり、陣営の怒りっぷりも伝わってくるw
続きを読む

今年、初めて日本ダービーの実況を担当したラジオNIKKEIの小塚歩アナウンサー。当ブログの人気コンテンツの一つである「ラジオNIKKEIアナウンサーランキング」でも堂々の1位に輝くなど、その実力は早くから高評価を得ていたが、今年ついに大役を担うことになった。



で、先日YouTubeに実況の様子を収めた貴重な動画がアップされたので、ぜひ皆さんにも見てもらいたい。



実況のクオリティに関しては今さら申し上げることもなく。無観客という異質の環境においても、その技術が崩れることはなかった。それ以上に必見なのは、この動画におけるハイライトとも言える「確定までお待ちください」で締めくくった直後のプレッシャーから解放された表情。大仕事をやり遂げた男の姿である。最高にカッコよい。

続きを読む

オメガパフュームが大井で統一G1を勝つごとに、変な馬..いや、えらい馬だなあと感心させられる。500kgを越える屈強な馬体の持ち主が揃う中、450〜460kgそこそこのウェイトは「小柄」な部類に入る。にもかかわらず、よりによって中央よりも砂が深い地方交流競走で本領を発揮する、本当に変な..また間違えた、えらい馬だ。

明日の帝王賞は、たぶん単勝1番人気に支持されるだろう。

当面の相手となるクリソベリルやチュウワウィザードが、ドバイに渡りながらも競馬を使えず帰ってくるというアクシデント以来の実戦。ルヴァンスレーヴは長期休養明けのかしわ記念で大敗し一変を望むのは難しそうで、ワイドファラオはさすがに距離が長かろうとなれば、「大井の鬼」に託したくなるのは必然の流れ。意外なことに、これまで重賞で単勝1番人気に支持されたことがなく、明日もし人気に応えての勝利となれば自身初のこととなる。

続きを読む

早いものでサマーシリーズも今年で15年目を迎えることとなった。開設当初こそ優勝の行方を興味深く見ていたものの、やがて誰が優勝してもああそうですか程度の関心しか寄せられなくなってしまった。
途中からサマーマイルシリーズが新設されてもそれは変わらず。むしろ「該当者なし」のケースが相次ぐことがつまらなさを助長する印象すらあり..そこでJRAは今年からリステッド競走米子Sをマイルシリーズに追加。出走回数を増やすことで、しっかりとチャンピオンを輩出させる体制を整えてきた。

そこに参戦してきたのがスマイルカナである。メンバー中、唯一の3歳馬であるばかりか、桜花賞で3着に踏ん張った実績の主でもある。50kgの軽量を活かし、軽快に飛ばせばそう簡単には止まらないのではないだろうか。
続きを読む

先日シュヴァリエローズのことについて書いた際、清水久詞厩舎は着実にステップアップしてますなあという話になったのだが、ことトウケイタンホイザに関してはどうもうまくいっていない。とうとう今週は連闘で芝1200mにシフトという謎ローテが炸裂。

せっかく厩舎の功労馬トウケイヘイローが送り出した貴重な産駒なのに。

デビューは鮮烈だった。昨年秋の天皇賞当日の東京競馬場で、キタサンブラックやアーモンドアイの弟らを負かして新馬勝ち。地味な血統でエリートを負かすのは父の生き様をそのまま受け継いだかのようで、将来が大いに楽しみになった。
ところがその後しばらく休養。それはいいとして休み明けで使ったのが、いきなり毎日杯。しかもマイナス10キロ。まともに走れる状態じゃなかったのか、勝ち馬サトノインプレッサから4秒近くも離されてのシンガリ負けだった。先週はそれ以来のレースだったが、途中から折り合いを欠き気味に先行集団に並びかけ、4角手前でもう失速。またシンガリ負け。

そして今週、冒頭にも書いた通り4Fもの距離短縮&連闘というショック療法に乗り出すことになった。
続きを読む

すでに2歳馬も次々に勝ち上がっていく時期になったが、ようやく3歳の夏になってデビューを迎える馬もいる。生き物だから何もかもが予定通り、思惑通りに進むわけではないからね。
ただ、セレクトセールで2億5000万円の高値がついたダノンレガーロがここまで待たされるというのは、陣営にとっても誤算だったことだろう。同世代のサラブレッドの頂点を目指す争いに全く参加できず。少なくともPOGでこの馬を指名した人々にとってはダメージも大きかった。

ただ、大幅にデビューが遅れながらも順調に出世していく例もある。ちょうどこないだ話題になったダイワオーシュウなんかはここから菊花賞に間に合わせたし、ラスカルスズカも夏の北海道でデビューから3連勝。同じく菊花賞で好勝負するところまで上り詰めた。どっちも例えが古いけど。
納得いくまで仕上げるために時間をたっぷり使ったのか、それともメドも何も絶たないけどとりあえず走らせるのか。中内田充正厩舎だけに雑な使い方はしないとは思うのだが、そのへんはフタを開けてみないと何とも。
続きを読む

ユニコーンSの前売りオッズを見て驚いた。何と単勝1番人気がレッチェバロック。てっきりカフェファラオが1倍台の抜けた人気になると確信していただけに、この「2強」ムードは思っていたのと全く違う。さすがに最終的にはカフェファラオが逆転するとは思うが..

レースぶりがまだまだ荒削りなカフェファラオにとって大外枠は超歓迎材料。前走で東京ダート1600mを経験したとはいえ、あのスタートではテンに置かれることは覚悟が必要。その点、内枠だと砂を被ったりスパートのタイミングが遅れたりという心配があったが、この枠なら他を気にせず動ける。
新馬戦でバーナードループを大差ちぎり捨て、ヒヤシンスSでもタガノビューティー以下を全く寄せ付けなかった能力をフルに発揮し、新しくダート界を引っ張る存在になってほしい。
続きを読む

7歳の夏を迎えてもなお元気なヴェンジェンスさん。本格的に中距離戦線にコンバートされた昨秋以降も、G1フェブラリーSを除いて毎回しっかり走っており、前走の平安Sでもオメガパフュームには敗れたもののゴールドドリームには先着。衰えや疲れなどは微塵も感じさせるところがない。

ただ、その名脇役キャラがそうさせるのか、なかなか1番人気に支持される機会がない。昨年みやこSを制した時も単勝7番人気。以後も東海Sが3番人気2着、平安Sが5番人気で2着と本当に渋い走りを見せてくれている。そこで今回はOP特別の三宮Sに出走。ハンデ58kgを背負うとはいえ、実績を考えれば主役を張れる舞台がやってきた。いわばスピンオフ作品のような味わいが感じられるレースになりそう。「警部補・今泉慎太郎」みたいなもんである。続きを読む

スプリント王キンシャサノキセキ産駒の「異端児」といえば、今季のクラシック戦線を賑わせたガロアクリークがまずは思い浮かぶことだろう。スプリングSでヴェルトライゼンデを下したばかりか、距離不安が囁かれた皐月賞でも低評価を覆す3着。日本ダービーでも大きくは崩れず、能力と中距離適性の高さを感じさせる一連の奮闘ぶりだった。

そんなガロアクリークと同じように、中距離路線での台頭を目指したのがチュウワノキセキである。

昨年9月、阪神芝2000mの新馬戦で勝利を収めると、その後も紫菊賞・エリカ賞と2000mの特別戦を使われ4着→2着。決して見切りをつけられる成績ではなかったのだが、休養を挟んでの復帰戦は1800mで7着、そしてアルメリア賞で3着。能力は確かなものが感じられるだけに、この伸びきれなさは距離の問題だろうか。どうやら陣営の思いも同じだったようで、下された決断はアーリントンCへの参戦。マイル路線へとシフトすることになった。

個人的には「待ってました!」の思いで馬券をちょろっとだけ買ったのだが、さすがにいきなり重賞へのチャレンジは荷が重かったようで8着。しかしこの経験が糧となったのか、前走の平場1勝クラスで3馬身差の完勝。しかも勝ち時計は1:32.2と京都芝1600m内回りのレコード更新のおまけつきである。ちなみにこの日の他のレースはさほどタイムが目立つコンディションではなかっただけに、最近のよくある「馬場ありき」の好時計ではなかったことも付記しておきたい。

残念ながらこのレースでは馬券を買わず、単勝720円の好配当を取り逃してしまったのが悔やまれる。
続きを読む

明日の最重要案件はタンジェリンムーンが出走する阪神6R。初勝利まであと一歩のところまで迫りながら、とにかくもうひと押しが足りない。前走も勝った!と思ったところでアステロイドベルトに差されての2着。向こうの鞍上が騎乗停止になるほど強引な進路取りの結果がコレである。直接の被害を受けたわけではないにせよ、勝利をさらわれたような気がして非常に腹立たしい気分だった。

続きを読む

早い段階から武豊との新コンビで函館スプリントSに向かうことが発表されていたダイアトニック。実績を考えれば勝ち負け不可避、近走も高いレベルで安定した走りを見せており、ここも順当なら..といったところ。強いて言うなら58kgが気になるっちゃあ気になるけど。

ただ、どうも最近のユタカ氏が重賞で期待に応えてくれる感がまるでないんですよね..最後に馬券になったのは桜花賞(2着)か。騎手の移動制限もあって騎乗機会も通常に比べれば少なくなるし、G1中心の時期だと好走するのも簡単じゃないけど、それにしても。

理屈じゃないけど、ズバッと勝ち切れるイメージがどうしても持てないので他を探してみようw
続きを読む

小堺翔太くんの競馬愛と、飾らない人柄が好きだ。確か5歳とかそれくらいの年齢から競馬に触れ、長く愛し続けるそのスタイルは守備範囲も広く、平日の地方競馬についても日頃からツイートしている程。そこに「ビジネスファン」の気配は微塵も感じられず、ぐりちゃのキャスターを務める日曜午前も、心から好きな競馬に携わる仕事に誇りを持ってくれていると感じる。
お父さんがあの超有名人であるにもかかわらず、えらぶる素振りもなければ奇抜な振る舞いもしない。あくまで清潔感があり、嫌味のないビジュアルと言動を貫き通してくれる。個人的には次世代の競馬マスコミ人と代表するくらいの重責を担ってほしいと思うほど。
続きを読む

先週のエプソムCを勝ったダイワキャグニーのオーナーである大城敬三氏が亡くなったと伝えられたのは、ちょうどレース当日の夜のことだった。享年96歳の大往生である。自分が競馬を見始めるずっと前から今まで馬主であり続ける方も多くいらっしゃるが、一体この方たちは何歳なのだろうと不思議に思うことがある。「ニホンピロ」の小林百太郎氏とか「トウカイ」の内村正則氏とか。きっとそれだけバイタリティに溢れる人物なのだろう。

「ダイワ」の冠名と青と白の勝負服も、競馬ビギナー時代からなじみのあるもの。数多くの強い馬にも出会ってきた。そこで今回は追悼の意味も込めて「ダイワ」のお馬さんに関する思い出を振り返ってみたい。ただしダイワメジャーとダイワスカーレットの最強兄妹コンビは語り尽くされていることだろうし殿堂入りな。

続きを読む

土曜は函館10R駒ケ岳特別で上位人気に支持されたコスモジャミラ・ウインベイランダーがともに馬券圏内に入れず、メインの函館日刊スポーツ杯でもジュニパーベリーが1番人気に支持されるも大敗と期待を裏切ってしまったゴールドシップ産駒たち。いずれのレースもちょっと過剰人気なのでは..と思う部分もあったが、条件的にはもう少しどうにかしてほしかった感もある。

その汚名返上を期すわけではないが、日曜東京10R芦ノ湖特別にクロノメーターが出走する。ゴールドシップ産駒の中では貴重なノーザンファームの生産馬で、サンデーレーシング所有の超エリートである。ついでに母は重賞好走歴のあるタイムウィルテル、姉にマジックタイムがいるというゴールドシップ基準でいうと「超良血」にあたる期待馬である。

続きを読む

一部では「オークス候補」と噂され、前年のPOGでもそれなりの評価を得ていたアドマイヤミモザ。しかし、新馬戦でハナ差負けを喫したところから歯車が狂い、春のクラシックには縁のないキャリアを送ることになった。2戦目は台風直撃の10月、不良馬場に苦しみ4着。休養を経て臨んだ小倉の未勝利戦も大きく馬体を減らすなど本来の走りを見せられず大敗と、とにかくチグハグな結果が続いた。

ようやく5月になって未勝利を卒業。皮肉にもオークス当日の新潟で初勝利を挙げることになったが、その中間には同じ厩舎でG1に出走するビーチサンバやアドマイヤマーズなどの強豪を相手に併せ馬のパートナーを務めるなど、調教での動きが目立ってきた。ようやく素質が開花しそうな状況である。
続きを読む

前年度にクラシック二冠馬コントレイルを輩出したことで、改めてその実力を評価された矢作芳人厩舎。当然ながら今年度の2歳馬も注目を浴びることになるが、まずは明日の阪神マイル戦でホウオウアマゾンを送り込むことになる。
母は現役時代に京都牝馬Sを制し、ヴィクトリアマイルでもビエナビスタの2着と好走したヒカルアマランサス。セレクトセールで1.4億の高値で取り引きされた、期待のキングカメハメハ産駒である。早めのデビューを目指し調整されてきており、初戦から結果が欲しいところ。
しかし不安要素もある。「ホウオウ」冠のキングカメハメハ産駒で、矢作厩舎から早期デビューを果たしたホウオウライジンとパターンが酷似している点がどうにも気になる。母父アグネスタキオンというのも同じ。これは芝では詰めの甘さが出て、しばらくしてからダートで勝ち上がるパターンにハマるのではないだろうか..
続きを読む

ゴールドシップ産駒関連のエントリが続く。

血統的にも父の実績的にも、「もっさり系」の産駒がどうしても多くなってしまいがちだが、そんな中で異端児的な輝きを放っているのがジュニパーベリーである。まず直線1000mの未勝利戦で勝ち上がったというのがレアケース。さらに2勝目も福島1200mの雪うさぎ賞と、完全にスプリンターとして才能を開花させつつある。「最速のゴールドシップ産駒」と呼んでも支障のない成績だ。

これぞミルファーム・マジックなんだろうか。

続きを読む

函館・札幌競馬場の2600m戦が割と好きだ。スピード比べでは分が悪い「重い系」の馬が、活路を見出すために参戦するという哀愁。ごくまれに菊花賞を意識させるような遅咲きの大器を予感させるワクワク感。北の大地の長丁場にはそんな魅力があふれている。

その第一弾となる駒ケ岳特別(1勝クラス)が土曜函館10Rに組まれているが、そこにゴールドシップ産駒がちゃっかり2頭エントリーしているのが最高に予想通りというか。産駒のデビューにあたって「きっとローカルの2600mにたくさん馬が集まってしまうんやろなあ」と冗談半分に書いたらいきなり案の定である。

おお、過去記事あった。これこれ。



こうして読み返すと、デビュー前に想像していたよりはるかに好スタートを切ったと言えますねゴールドシップ産駒たち。まあ函館2600mを安住の地としそうな馬もすでに出てきてますが。

続きを読む

土曜東京9R八丈島特別にオーロアドーネが出走する。

ド派手な金髪のルックスもさることながら、その実力も侮れない。弥生賞では3角から押し出されるように先頭に立ちながら、マクリ合戦を受けて立つ形になって5着。さすがにサトノフラッグのロングスパートには屈する結果になったが、あの厳しい流れになりながら大崩れしなかったポテンシャルの高さが強く印象に残る一戦だった。

それに比べて前走のヌルい競馬は何だ!w

ヴィクトリアマイル前日の、あの絶好のコンディションだった東京芝1600m。あろうことか序盤から控える形を取り、懸命に末脚を伸ばしたものの前で流れに乗ったルナシオンらには届かず..まだキャリアも浅いだけに色々な競馬を教える段階なのかもしれないが、それでも現状のこの馬の長所を活かすスタイルには見えなかった。
続きを読む

先日配信のラジオでも話したけれど、マーメイドSの華は若手騎手の挑戦である。この時期の牝馬限定G3、しかもハンデ戦だけあって一流どころの参加はまず無し、それゆえ条件馬の参戦も多く、自ずとハンデも軽めに。となると、日頃から軽い斤量で乗っている見習いジョッキー達にも出番が回ってくる。「チャンスをいただけたので頑張ります」という初々しいコメントに心が温まるところまでがワンセット。

今年のメンバーでいえば、オスカールビー泉谷楓真49kg、ナルハヤ藤田菜七子51kg、パルクデラモール川又賢治50kg、リュヌルージュ団野大成53kgあたりが微笑ましい枠だろうか。

泉谷はデビュー直後から特別戦も含め勝ちまくり称賛されまくっていたが、最近は失速気味で現在86連敗中(管理人調べ)。焦りも出てくることだろうが、2度目の重賞騎乗で流れを変えられれば。思い切った単騎で逃げるべし。
団野は中山牝馬Sであわやの場面を作ったリュヌルージュとのコンビ続投。しぶとさが身上の馬だけに、序盤から速い流れになりそうなのは好材料と言えそう。先週は自厩舎のステラリアで臨んだ新馬戦でスムーズに乗れなかったのが痛かった。ここで巻き返したい。
続きを読む

昨年の勝ち馬レイエンダを筆頭に、それなりのメンバーが集まったエプソムC。ここから秋は一気にG1へ..とまで期待を膨らませるだけのスケール感は薄いが、この中に唯一「もしかしたら」と思わせてくれるのがピースワンパラディである。

このブログでは何度か取り上げたことがあるが、ゆくゆく大物に育ってほしいジャングルポケット産駒。デビュー2連勝で青葉賞に挑み3着と順調なスタートを切りながら、その後は2勝クラスでも取りこぼしが続くなど、最近は少しモタモタ加減である。それでも前走の湘南Sはクビ差の接戦を制し、OP入りを決めた。

これまでのレースぶりを見ていると、スローペースの瞬発力勝負はあまり得意でなさそう。それだけに重賞のメンバーに挑む方がむしろストレスなくレースができるのでは。馬場も渋った方がよさげ。

本格化を遂げG1戦線を沸かすことができれば、「ジャングルポケット最後の大物」を襲名することになるかも。東京1800mは父の血が騒ぐ舞台であるはず。
続きを読む

宝塚記念のファン投票最終結果発表。アーモンドアイの1位はまあいいとして問題は票数よ。昨年は78,778票だったのが111,842票まで爆増してる。ざっと1.5倍。全体の有効投票数も1,404,621票(前年は1,109296票)と増えている。2年前に1位だったサトノダイヤモンドが63,599票にとどまったことを思えば、驚異的な飛躍と言えるのではないだろうか。

今年は用紙での投票がなく、インターネット投票のみだったにもかかわらずこれだけ数字を伸ばしたのはなぜか。みんなステイホームでやることがなかったのか、それともちょっとした競馬ブームでも起きているのだろうか..w
続きを読む

安田記念に騎乗馬がなく、阪神に居残りの武豊。さすがに日曜のラインナップは強力で、朝からヴィルシーナの仔レヴィオーサや惜敗続きのウォーターラーテルなど有力馬が揃った。よく幸さんが乗ってたローザノワールも自分の形に持ち込めれば強い逃げ馬で、たぶんこういう馬を乗せると持ち味を発揮してくれそう。

しかし一番の期待は8Rのポタジェでしょう。プリンシパルSは惜しくもビターエンダーに及ばなかったが、休養明けであれだけ走れれば及第点の内容だった。昨秋の黄菊賞でシンプルゲームにハナ差負けを喫し、若駒Sを前に放牧に出されるなど順調さを欠いたクラシックシーズンだが、ここから巻き返しを目指すことになるだろう。

だが、本来であれば抜けた人気になりそうな平場戦に、まさかの良血馬が参戦。クリソベリルらの弟にあたるヴァーダイトである。なぜこんなところでノーザンファームご自慢の素質馬が激突するのかw
こちらは2月の梅花賞で7着に敗れて以来。血統的にも奥手なタイプが多く、素質開花はまだまだ先になりそうだが、それでも1勝クラスならどうにかしたいものだ。

どちらもあわよくば菊花賞へコマを進めたいところだろう。その重要な足がかりとなる一戦はしっかり見ておきたい。
続きを読む

絶対的な存在は、時に争いにおける楽しみを奪ってしまうのかもしれない。

ヴィクトリアマイルを楽勝し、7つ目のG1タイトルを手にしたアーモンドアイ。日本競馬史上最多となる、中央+海外を合わせた8つ目のタイトルを目指して、安田記念に参戦することが決まった。これまで間隔を開けて使われてきたアーモンドアイが中2週で出走することは異例のローテにも映るが、そこには「八冠」への強いこだわりが透けて見える。

もし安田記念をスキップしていた場合、順調ならば秋の天皇賞でその瞬間を迎えていたことだろう。しかし、万が一コンディション不良などでそこを回避した場合、確実に勝ち切れるレースが見当たらないのだ。3歳時に勝ったジャパンCは現在の気性だと克服が少し不安だし、香港に矛先を向けても今年は新型コロナウイルスの影響で遠征できるかが不明瞭。来春のドバイにおいても同様だ。それらを踏まえると、「時間の問題」に思える記録更新も実はチャンスはさほど多く残されていない。だからこそ、この安田記念で早めにケリをつけてしまいたいのだろう。

もちろんそれが可能なのは、ヴィクトリアマイルを余力たっぷりの内容で勝てたからに他ならない。「昨年のリベンジを」と強く進言したルメールもそれを意識して力を余すよう加減していたという。
続きを読む

土曜東京のメインはスレイプニルS。ダート2100mのOP特別、のんびりムードである。人気は世界を知る男マスターフェンサー、ブリリアントSを勝ったエルデュクラージュ、ダート長丁場の安定株サトノティターン、1勝クラスから3連勝中のロードブレスなどが中心になりそうだが、休み明けを叩かれたアルドーレの激変があるかもしれない。

前走は1年ちょいぶりのレースで条件的にも不向きなマイル戦。本領発揮はここ。昨年の納屋橋Sを勝った時の荒っぽさがすごく印象に残ってて、どこかで大仕事しないかと思っていたらマーチSの後に休養。充実期の4歳をほぼ棒に振ってしまったのは残念だが、ダート路線なら高齢になっても全然活躍できるので、今からでも再び軌道に乗りたいところ。

ブリリアントS上位組は無難にまとめてきそうだが、ぜひ間に割って入る激走に期待したい。配当の妙味を考えても最大のチャンスはここ。中途半端に好走されてからでは遅い。

ブエナベントゥーラの登場15分前には、阪神で世代の一番星を争う新馬戦が行われる。昨年はリアアメリアが衝撃の8馬身差デビューを飾った、芝1600m戦。
このレースでもモーリス産駒のドナウエレンが有力視されている。母は重賞2勝をはじめG1でも活躍した名牝ドナウブルー。開幕週に向けて順調に調整を進められており、鞍上にも川田将雅を確保。ここはあっさり出たとこ勝ちかなと思っていたのだが..

意外とここも強いメンバーが出揃いそうだ。

調教の動きが評価されているのは、キズナ産駒の牝馬ステラリア。最終追い切りはウッドで11.4秒だかをマークしているそうで、仕上りは良好どころの騒ぎじゃない。近年の2歳戦で存在感を発揮している斉藤崇史厩舎の腕の良さもよくわかるというものだ。

ちなみにステラリアの鞍上は厩舎所属の団野大成。これだけの期待馬、しかも社台RHの馬でデビューできるのはめちゃくちゃ大きな経験。できることならコンビ継続のまま大きなところまで勝ち進んでほしい。
続きを読む

夏競馬に片足ツッコんでるような日程のG3でありながら、近年の勝ち馬はなかなかハイレベルで侮れない鳴尾記念。昨年は世界のメールドグラースさんが連勝街道を突き進み、15年にはラブリーデイがここを足がかりに宝塚記念も制覇した。

今年のメンバーを見渡してみると、まず16頭フルゲートで行われるのが珍しい。どうやら13年以来のようだ。トウケイヘイローが中距離シフト&武豊騎乗で覚醒したあの年。

ポイントは日本ダービーを除外になり、ここに挑戦を決めた3歳馬キメラヴェリテ。開幕週の馬場を考えてもスピードをゴリ押しした逃げを打ってきそうで、自ずと後続もそれなりのペースで運ぶことになりそう。比較的フェアな地力勝負になりやすい内回り2000mであることを考えても、まずまず順当な決着になるのでは。
続きを読む

自分が指名していない馬の寸評。来年コレを見返して恥ずかしいことにならないよう願う。
参加している仲間うちPOGにおけるライバル陣営の指名馬も当然ながら入っている。

ちなみに6月4日時点での人気順は以下の通りになっており、
この記事でもこのランクに沿って話を進めていくつもり。

■日刊競馬POG2020-21指名数ランキングTOP20
1位:サトノレイナス
2位:アークライト
3位:ブエナベントゥーラ
4位:ルペルカーリア
5位:ヨーホーレイク
6位:セブンサミット
7位:トレデマンド
8位:レガトゥス
9位:スワーヴエルメ
10位:レッドジェネシス

11位:アカイトリノムスメ
12位:アルマドラード
13位:サヴァニャン
14位:ステラヴェローチェ
15位:ザレストノーウェア
16位:シェフリヤール
17位:リュラネブラ
18位:サトノスカイターフ
19位:ルナベイル
20位:カランドゥーラ

※参照: 日刊競馬POG2020-21


青色は自分の指名馬。見事なまでのミーハーっぷりである。
そして赤色がライバル陣営。しっかり有力どころを抑えてきている感。

ドラフトも終わって手の内を隠す必要もなくなり、
この中から自由に言いたいことを言っちゃおうという、そんな夜である。
続きを読む

昨季に引き続きPOGやりまーす。
なぜならあまりにも情けない結果に終わったからだw
10頭指名で合計10,000ポイントちょい。惨敗。
改めて指名馬を見ると、下調べが甘かったと反省するばかりである。
まだ活躍馬が出ていない血統から発掘したい欲も強すぎた。

ラインベックはG1も3戦するなど頑張ってはくれたが、
ドラフト1位であることを考えると物足りなさが残った。
高山俊(神)のような成績。
カトゥルスフェリスは体質の弱さに泣かされ順調に使えず。
小柄な初仔の牝馬であることを考えれば当然の結果とも言えた。

リリレフアは勝ち上がりもできず故障を発生し戦線離脱。
この世代のロードカナロア産駒の不振を象徴する一頭になってしまった。
レーヴドゥロワやヴェルテックスは、
「そろそろこの血統からも大物が」と根拠レスな期待から指名したのが愚策。
この3頭は勝ち上がることもできなかった。

キズナの有望株であったはずのリメンバーメモリーは新馬戦大敗でお察し。
次々に重賞を勝つ他の産駒の活躍ぶりを黙って見ているしかなかった。
オークス候補のつもりで指名したアドマイヤミモザも、
初勝利がそのオークス当日の新潟というのが誤算。
能力は確かなものがあるだけに、ハナ差負けや大雨など運にも見放された感が強かった。

レッドマリアベールとレッドラルジュの独自路線組も実らず。

唯一のポジ要素といえたのが、サトノゴールドの活躍(といっても1,900pt程度だが)。
ゴールドシップ産駒の数少ない成功例を引き当てられたのは、
父を応援していた者としてのせめてもの矜持だったかもしれない。
続きを読む

↑このページのトップヘ