「人生、無事是名馬」|雑談系競馬ブログ

2006年創刊の雑談競馬ブログ。主に毎週のレースや好きな馬・ジョッキーについて。時に野球やドラクエについて熱弁。

カテゴリ: 競馬/雑談

結局そこまでボルテージが高まることもなく菊花賞を迎えることになってしまった。しかし裏を返せばコントレイルの凄さを物語っているのかなとも。三冠すら当然、通過点と思わせるズバ抜けた能力。勝ってほしいというよりも負けてほしくないという感情で見守りたい。



相手はヴェルトライゼンデでいいんじゃないでしょうか。馬連3倍のガッチガチ決着。買わないけど。

続きを読む

さっきまで久々にオンラインでしゃべってたので今日はラジオ録る気になれず通常のブログ形式で。たぶん訪問者の皆さまとしてはこっちの方がいいのだろうw

明日は全国各地でPOG的注目馬が走りますが、まずは格を重視してアイビーSの話からしましょうか。オーソクレース、どうでしょうね。新馬戦の内容がインパクト十分だったのに対して、まだまだ完成はこれから。それなりに揃ったメンバーを相手にどこまでやれるか、結果が出ればすばらしい!ダメでも切り替えていける、そんな現状ではないだろうか。

立ちはだかる相手としてはバニシングポイントが筆頭に挙げられるだろうが、この馬は芝でどこまで行けるのか。狙うはケンタッキーダービーと聞いているが、それなら早めにポイントを確保できるレースに使わないの?いけるところまで芝で、という気持ちもあるのだろうか。明日も雨の影響が残るようならまだ走れるかもしれんが。

むしろ警戒すべきは力のいる阪神の馬場で勝ち上がったラーゴムと、坂路で動けているアドマイヤハダル。どちらもここで好走できればなかなかのレベルまで出世できるのでは。





続きを読む

はい、ヨーホーレイク勝ちましたね。まあでもここまではクロウキャニオンの最低保証。問題はここからどれだけ伸びしろが残ってるか。G1で勝ち負けレベルではないだろうと言い続けたい。
府中牝馬Sは8頭立てで嫌がらせのような荒れ方。下位人気3頭でワンツースリーという。ラヴズオンリーユーは馬場かなあ、にしても伸びなかった。

秋華賞も含め明日の見どころもラジオでしゃべってますよー。



デアリングタクトは外枠ゲットでもう死角ないよね。ついでにウインマイティーもいいところが当たったのでこの組み合わせを軽く買おうかなと。ワイド1点とかでもいいですかw

続きを読む

週末雑談もラジオ化の流れである。



注目はヨーホーレイクの紫菊賞。この馬そんなに強いと思ってないので早くも壁にぶち当たるかもしれない。雨だしゴールドシップ産駒2頭・アオイゴールドとマカオンドールに期待である。

府中牝馬Sは少頭数とはいえラヴズオンリーユーが登場。普通に走れれば勝てるんじゃないでしょうか。ダノンファンタジーもG2なら何とか頑張りたいが、実力的には一枚レベルが落ちるのかな。あとはシゲルピンクダイヤと幸さんのコンビで次につながる競馬を。

続きを読む

アルマドラードも新馬勝ちならず。知ってた。今季ここまでの2歳戦を見ていたら何ら驚きはない結果。4角まではいい位置につけていたけど、そこから伸びきれないどころかゴール前は突き離される完敗だった。
期待の大きい一頭だけに、1戦しただけでネガるのも早計かもしれないが、馬場ガー仕上がりガーと言いながらきっちり巻き返した例もあまり思い浮かばないのが現実。東京開催のうちにもう一回は使うだろうけど、そこで一変なるかどうか。

あんまり言い過ぎるとアークライトにブーメランが返ってくるからやめとくけどw

続きを読む

サウジアラビアロイヤルCは案の定というか、血統的に道悪適性の裏付けがある2頭が力通りにワンツーを決めた。
それにしてもステラヴェローチェは強かった。行き脚がつかず心配させたが、大外から見事な末脚。鞍上の横山典弘いわく「馬場は得意じゃなかった」とのことで(ホンマかいな)、それでこのパフォーマンスなら先がますます楽しみ。ターゲットは朝日杯FSになるのかな。最近ちょっと低迷気味だった須貝尚介厩舎も牝馬のソダシと合わせて2歳勢が好調。

インフィナイトは内で我慢して馬群を割る経験ができたのは収穫。なおかつ賞金も加算できたことで、手応えを持って阪神ジュベナイルFに臨めそう。

ちなみにサッカーみながら軽い気持ちでポチったこの2頭の馬連が当たったので来週もおいしいお昼ごはんにありつけそうだ。

続きを読む

いよいよ明日から競馬場にお客さんが帰ってくる..!という記念すべき日です。でも台風です。特に東京は心配。ちょっと進路が逸れていきそうな予報でもあるので、開催は大丈夫かなーなどと思いながらも馬場への影響は避けられなさそう。

うむ、サトノレイナスはここ回避で正解だったのだ。

結局この雨だとバゴ産駒でいいんじゃないですか、ステラヴェローチェ。新馬戦も強かったですし。インフィナイトも不良の新馬戦を圧勝してる。さすがはキャサリーンパーの一族。この2頭が有力と見ていいんじゃないですかね。

本当ならブエナベントゥーラやレガトゥス、アークライトあたりが夏休み明けにここを使ってくる青写真だったんでしょうな。やや小粒な印象は否めず。

続きを読む

で、皆さん指定席チャレンジはするんですか? 僕は一応アタックだけはしてみようかとは思ってるんですが、まあとんでもない競争率でしょうね。たった778席をめぐっての争い。普通の土曜日でも1万人以上が入るところに、改装特需も加わるとなかなかしんどそう。最後にもう一度だけ淀の空気を堪能したいんだけどな..

さて、明日のスプリンターズSは「春の再戦」がポイントになりそう。繰り上がりながらもタイトルを手にしたモズスーパーフレアと、惜しくも差し届かなかったが安田記念でアーモンドアイを破ったグランアレグリア。モズスーパーフレアにとっては得意の中山に替わるのが好材料である一方、時計は速い方が向きそうで。1200mの流れも経験したグランアレグリアの方がむしろ今回はしっかりと捕らえそうな気がしている。

あとは降着の憂き目に遭ったクリノガウディーですよね。その後は夏もフル稼働しながら大敗が続いているが、この馬はとにかく気分良く走れるかが重要。時計のかかる馬場は合うし、人気薄の立場なら再び激走があるかも。

続きを読む

オイシン・マーフィーのコカイン使用疑惑が地味に気になってる。いや、地味にってのはおかしいか。どうなんでしょうねえ、これ。若くして欧州のトップジョッキーに上り詰めた彼のマジメさは、日本の競馬ファンが一番よく知ってる。それだけに道を安易に踏み外すようなことはまずやらないだろうというのが我々の共通認識のように思うが、誰もが必ずしもそのイメージ通りであるとは限らない。
すでにこの秋は新型コロナウイルスの影響で来日は難しいという話だが、今後も日本馬とのコンビで世界を沸かせてほしいという思いがある。どうか潔白が証明されますように。潔白でありますように。

続きを読む

セブンサミットは2戦目での勝利ならず。どうも序盤から行きっぷりがよろしくない。発馬直後から福永祐一が促していかないと流れに乗れないというアリサマ。ゴール前は末脚を伸ばせず、内容的にも新馬戦からさらに一歩後退といった印象。思い切って成長を促すために放牧に出した方がいいかもしれない。

長篠Sのカレンモエの勝ちっぷりが際立ってましたね。楽な手応えで早めに抜け出しての完勝。ここまでじっくり大事に使われてきたが、ついに素質開花の時がやってきたか。今年中のターゲットでいえば京阪杯。賞金面でまだ狙い通りにローテを組むのは難しいかもしれないが、いつか大きい舞台で走るところが見たい。

続きを読む

本題に入る前にだな..



これはキツい。恐れていた以上のことが現実になってしまった。感染者が出てしまったこと自体は責められたことではないが、あらかじめ定めていた以上の人数での会食が行われていたなどの問題が明るみになってしまったのでは弁解の余地も同情の余地もない。

自業自得とはいえ、こんな形で戦力をがっつり削られてしまっては競技としてまともに成り立つはずもない。どうやって勝つのと完全に心を折られてしまい、さすがに今日の試合は全く見る気になれなかった。エース西勇輝を立てた試合も逆転負け。今後も大連敗不可避である。もう覚悟を決めた。
続きを読む

紫苑S・ローズSも終わって秋華賞の勢力構図もだいたい固まってきましたかね。


便利な表があったので勝手に引用させてもらっとく。
「打倒デアリングタクト」の前に、ボーダーラインの高さに戸惑い。例年なら問題なくゲートインできているであろう2勝クラスの勝ち馬が、ギリギリ抽選で入れるかどうかという情勢。ムジカとオーマイダーリンが大駆けで出走権を獲得した影響がこんなところに。
加藤祥太との渋コンビでデビューから頑張ってきたミスニューヨークとか、3戦3勝のレイパパレとか、この舞台で見てみたい馬が出られるか微妙なのは何とも複雑である。賞金上位馬の回避もあるかもしれないが、さてさて。

続きを読む

リアアメリアは正直どこまで成長の余地があるのかなと思っていたのですが..w 終わってみれば完勝。しかも番手から抜け出して押し切るという、これまでのイメージを覆す勝ち方。デアリングタクトはものすごく強い相手ではあるものの、本番に向けて手応えをつかめる一戦になったのでは。

これで紫苑Sに続き春の実績馬がトライアルを制することになったわけですが、セントライト記念はどうでしょうか。弥生賞の勝ち馬サトノフラッグは中山の荒れ馬場をこなした実績があり、今の時計のかかるコンディションがよさげ。ガロアクリークもキタサンブラック路線を行くならここは好勝負に持ち込みたい。青葉賞好走組のヴァルコス、フィリオアレグロも問題なく走れそうな条件。

続きを読む

野路菊Sのダノンシュネラにはビックリさせられた。まさかこんなに走らないなんて。道中のんびり後方待機はだいたい想定通りながら、いざ追い出されてからも全くエンジンがかからず。前との差が詰まらないどころか逆に離されてシンガリでの入線。今季の牝馬戦線をリードしていく一頭だと見込んでいただけに、この完敗はちょっと想像すらできないものだった。



さて、明日はローズS。本来なら阪神1800mで行われるレースだが、今年は中京2000mでの開催。この条件替わりが各馬の適性にハマるかどうかが勝敗のカギを握りそう。デゼルはどちらかといえば元の条件の方が向いていただろう。阪神1800mは実際に未勝利戦も勝っているが、いかにもベストな印象があるだけに。

続きを読む

武豊が凱旋門賞に参戦することが決まった。パートナーはジャパン。キーファーズの共同所有馬ではあるが、昨年に続き外国調教馬に騎乗することになった。
しかし思い返せば昨年の今ごろは、野路菊Sをぶっちぎったマイラプソディに大きな夢を見たものだ。今でもあの勝ちっぷりは相当なスケールを感じさせるものだったと思うし、まさか春を迎えてこれほど苦戦を強いられるなんて想像もしなかった。秋は神戸新聞杯から菊花賞という道を歩みそうだが、あのワクワク感が肩透かしに終わるとはどうしても思えないので、どこかで覚醒イベが起きると信じている。




続きを読む

紫苑Sはスローペースの前残り決着。番手追走マルターズディオサがそのまま押し切った。前哨戦で圧倒的に強さを発揮するトライアルホースはいつの時代も愛される。いいキャラだ。
ウインマイティーはこの展開だと出番はない。外枠からのスタートで後ろからの競馬になってしまい、4角も大外から押し上げる形になるとしんどい。それでもそれなりに差を詰めてはきたし、うまく爪を隠す一戦にできたのでは。叩かれて上昇するタイプでもあるだけに、秋華賞への期待は変わらない。

続きを読む

当初はローズSで始動かとも言われていたデアリングタクトが、結局トライアルを挟まず秋華賞へ直行することが決まった。近年はもう「ぶっつけ=割引」という時代ではないが、あらかじめ決まっていた予定通りのプランではない点に一抹の不安が残るのは確か。紫苑Sで中身の濃いレースをした上で本番に向かえれば、三冠を阻止することだって不可能ではないかもしれない。

すでに賞金を持っている「足慣らし」、ここで権利を取りたい勝負の一戦と置かれている状況はさまざま。春はG1の舞台に立たなかったシーズンズギフトやスカイグルーヴ。一流の壁にはね返されたマルターズディオサ、ホウオウピースフル、マジックキャッスル。夏に実績を積み重ね勝負に出るミスニューヨークにパラスアテナ、坂井瑠星とのコンビで権利取りを目指すラヴユーライヴ。

さすが近年は本番との関連性が増してきている紫苑S。粒ぞろいだ。

続きを読む

札幌2歳Sは手に汗握る熱戦でございました。早めに先頭に立ったバスラットレオンを目がけてソダシとユーバーレーベンがロングスパートを仕掛ける展開。直線はこの2頭の追い比べとなり、先に抜け出したソダシがそのまま押し切って勝利。ゴールドシップ産駒の連覇は残念ながら成りませんでしたが、それでもユーバーレーベンが2着、そして4着にアオイゴールド、5着にヴェローチェオロが入る奮闘ぶり。十分に存在感を示してくれたと思ってます。

さて、明日も2歳重賞。小倉開催のフィナーレを飾るのは小倉2歳Sです。台風10号の接近がめちゃくちゃ心配ではありますが、今のところは予定通り開催されそうで。土曜は札幌で騎乗した武豊は無事にフライトできたんでしょうか..

続きを読む

この夏、各地で奮闘を見せた第二世代のゴールドシップ産駒たちにとって集大成というべきレースとなった。何と札幌2歳Sに怒涛の5頭出しである。大挙出走もありえるなとは考えていたが、まさかこれほどまでの一大勢力を築き上げることになるとは。昨年のブラックホール−サトノゴールドに次ぐ朗報は届くだろうか。

とはいえ、1番人気を背負った勝ち上がった馬は一頭もおらず、このレースでも伏兵の立場から一撃を狙うことになりそうだ。それでこそゴールドシップ産駒である。しかしどうやら土曜の札幌は雨が降りそうな予報で、重めの馬場を苦にせず初勝利を挙げた面々にとっては好材料となりそうだ。

自分の中での期待度もほぼ横一線だ。アークライトを完封したウインルーア、メンバーの揃っていた東京での勝ちっぷりが印象的だったユーバーレーベンあたりがやや優勢に映るが、連闘で臨むヴェローチェオロも調子は良さそう。アオイゴールドは単勝10番人気で勝ったように意外性は十分。コスモアシュラは豊富なキャリアが武器に。

続きを読む

新潟2歳Sの有力馬はそれぞれ新馬戦の勝ちっぷりが優秀で印象に残っている。カランドゥーラを一刀両断したブルーシンフォニー、楽な手応えでホウオウアマゾンに4馬身差をつけ圧勝したフラーズダルム、ブレイブライオンとの一騎打ちを制したシュヴァリエローズ、不良馬場を全く苦にしなかったロードマックス..それぞれが将来性を感じさせる内容だった。

それらに比べると馬券の売れ方は今ひとつのようだが、ハヴァスも荒削りながら強いレースだった。序盤から引っかかりリズムは悪かったものの、それでも脚色は鈍らず押し切り。もちろん今回も同じ課題は残るものの、鞍上と呼吸を合わせられれば上位争いに割って入っても不思議ではない。

続きを読む

安倍首相の辞任には驚いた。何やかんや言うて続けられると思っていただけに、ショックは大きい。崩壊した日本経済を立て直し、困難を極める外交問題にも真っ向から勝負した功績は偉大。志半ばでの戦線離脱は無念でしかないと思うが、まずは体調の回復に全力を捧げてもらいたい。

個人的にも、ここ数年の仕事が順調にステップアップできたのも景気回復のおかげだったと断言できるし、端的に言って感謝しかない。それだけに、この偉大なリーダーを欠く今後が不安で仕方がない。新型コロナウイルス対策に追われなければ体調に異変も起こらなかったかもしれないし、もしかしたら首相交代が日本における最大のコロナ禍と言えるのではないだろうか。

そうならないことを心から願いながら、後任の手腕に託す。

続きを読む

ステイゴールドやショウナンパンドラ、ドリームパスポートなどの活躍馬を輩出し続けてきたように、ゴールデンサッシュの牝系も随分と長く活力を保ち続けている。現役時代にローズSを制したレクレドールもすでに孫が走るお年になったが、土曜小倉6Rに出走するベリエドールはいきなり楽しみな一頭だ。

池江泰寿厩舎で鞍上に武豊。馬主も社台RHという、まさにこの血統とともに栄光を築き上げてきたチームである。それと同時に近年ではあまり活躍馬が出ていない組み合わせでもあるだけに、ここは久しぶりに大舞台で輝く姿が見てみたい。

続きを読む

7月阪神の新馬戦で人気を集めながら3着に終わったレッドジェネシスが、土曜小倉2Rの未勝利戦に出走する。

前走は傷んだ馬場が合わなかったか、末脚の伸びを欠き勝ち馬から0.7秒差の完敗。ゴール前は先に抜け出したラーゴムにむしろ突き離されるような脚色で、内容も乏しいと言わざるを得ないものだった。今回は一度使われての変わり身に期待が集まるところだが、果たしてどんなもんだろう。

続きを読む

たった4週間、短い小倉の夏が始まる。番組表も当然ながら駆け足になり、開幕週にいきなりフェニックス賞である。小倉で勝ち上がった馬が出られないというのもどうかと思うが、今年に関しては仕方ない。しかしオリンピック対策で組まれたこの変則日程、もしかしたら来年も同じ設定になるんでしょうかね..?

それはさておき、注目はヨカヨカである。98年のコウエイロマン以来となる、九州産馬によるフェニックス賞制覇を目指しての出陣。前売り時点では圧倒的な支持を受けているが、それもうなづける新馬戦の内容だった。後に未勝利戦をぶっちぎるモントライゼとのマッチレースを力でねじ伏せたその強さは一般馬に交じっても何ら遜色ないもの。ここを勝って無敗で小倉2歳Sまで勝てば、これまたコウエイロマンと同じ道のりを歩めることになる。そこでモントライゼと再戦なんてことになれば胸アツな展開。

ストーリーを盛り上げるためにも、ぜひここは期待に応えてもらいたい。

続きを読む

まだ記憶に新しいあの激走。6月の新馬戦開幕週、いきなり「目玉」の登場となったモーリス産駒ブエナベントゥーラに注目が集まった一戦で、ゴール前まさかの強襲を決めたのがウインアグライアだった。単勝109.3倍と超人気薄の立場ながら、来季のクラシック候補に土をつけたインパクトは絶大なものがあった。

そんな看板を引っさげて参戦するのがコスモス賞である。今度はちゃんとマークされる立場に変わるが、再びの大仕事があるかもしれない。そうなれば立派なクラシック候補である。

続きを読む

ルリアンってこれまでの勝ち鞍を見ても2000m以上の距離でじっくり運んで持ち味を発揮するタイプですよね。ラジオNIKKEI賞みたいな福島1800mの忙しい競馬は不向き。だからあれで勝てなかった坂井瑠星は悪くない(そこ

今回、自己条件戦に戻っての新潟2000mなら本領発揮となりそうだ。馬場もちょっと渋ったくらいがよさそうだし。ここから菊花賞参戦の足場を固めたい。

続きを読む

今日は新潟1Rの2歳未勝利戦にも注目したい。7月阪神の新馬戦でヨーホーレイクの2着だったセファーラジエルが出走する。正直あのレースはそこまでレベルの高い一戦には思わなかったのだが、この馬がここでどの程度のレースをするかが一つの指針となりそう。

POGでヨーホーレイクを指名している人からすれば、ぜひとも頑張ってほしいと思っているところだろう。

続きを読む

今週も変則2場開催。自ずと東西の強い馬が新潟に集結し、条件戦もなかなかレベルの高いメンバーが集まることが多い。土曜メインの佐渡Sも、ゆくゆくは重賞戦線で活躍しそうな馬が何頭か顔を揃えた。

中でも期待を集めているのがシュリだろう。未完の大器。デビューからずっと大事に使われてきている影響で出世は遅れているが、これまで通算5戦3勝。今回も約5ヶ月の休養明けになるが、休み前は1勝クラス→2勝クラスと取りこぼすことなく連勝している。500kg前後の黒鹿毛はビジュアル的にも非常に見栄えのする馬体で、現段階からスケールの大きさをひしひしと感じさせている。

坂路も抜群に動けており、2週続けて4F51秒台をマーク。さらに今週はラスト1F11.8秒とキレキレ。仕上がりにも心配はなさそうだ。

続きを読む

まだ勝ち上がり馬も少ないこの時期の2歳OP特別戦は、そこまでメンバーが揃うこともない割に賞金だけは一丁前に用意されているだけに、秋以降に向けて賞金を確保するにはうってつけ。ここを抑えておけば2歳G1やクラシックのトライアルまではまず間違いなく抽選なしで出走できるし、場合によっちゃ皐月賞やNHKマイルCも通っちゃうかもしれん。桜花賞は際どい気がするけど。

いざというときにバタバタしないために、早めの貯蓄を。計画性が大事なのは人間もサラブレッドも同じである。

続きを読む

毎年のように活躍馬がスタッドインするディープインパクト産駒だが、その中においては割と地味な位置付けになるトーセンラー。それでも短距離路線で活躍するアイラブテーラーなどを出しているが、現在のところ最も父に似た長所を持っているのがザダルではないだろうか。

単勝30.5倍の低評価ながら新馬戦を制すると、その勢いで500万下→プリンシパルSと3連勝。秋にもセントライト記念で3着に入り、その実力がフロックではないことを証明した。激走を期待した菊花賞では残念ながら大敗を喫したが、少し間隔が空いた前走メイSでも3着と無難にまとめ、秋の飛躍の足がかりにしたい関越Sである。

続きを読む

中山牝馬S・福島牝馬Sを重賞を連勝中のフェアリーポルカ。昨年もオークス・秋華賞に出走はしたものの、当時は力不足な面は否めず脇役の域を脱しなかったが、ここに来て存在感が急上昇中。条件が合いそうにないヴィクトリアマイルは潔く回避し、洋芝ツーターンのクイーンSに照準を合わせてきた。

勝てば重賞3連勝となるが、単勝3番人気で勝った前2走とは異なり1番人気での出走になりそう。主役の立場として各馬に警戒されながらも勝ち切れれば、これまでとはまた違う価値のある勝利になる。前はそれなりに流れそうで、しっかり脚を使える展開はこの馬向き。

いいんじゃないでしょうか。

続きを読む

デビュー前に騒がれまくりながら、いざフタを開けてみると..な馬はたくさんいるけれど、フォイヤーヴェルクはその中でも忘れられないインパクトを残した一頭である。何せあの名伯楽・池江泰寿調教師がはしゃぎまくっていたほどで、どれだけ強いのかと期待させられたのだが..




続きを読む

いくら調教に不安が残るといっても、トレデマンドに注目が集まるのは間違いない。この仕上がり具合で勝っちゃうようだと、一気に牝馬路線の主役に躍り出るかもしれない。元々それくらいの器だと思っているだけに驚きはないものの。

まあ、お手並み拝見といきましょうか。

続きを読む

「ハイレベルの新馬戦で2着」といえば、先週のワンダフルタウンと同じ立場かもしれない。

新馬戦ではダノンシュネラにこそ敗れたものの、高い素質を十分に見せつけたフォティノースが新潟2Rに出走する。デビュー前から楽しみにしていた一頭だが、思い描いた通りの能力を感じさせた。

今後のことを考えても、あまりモタモタせずに勝ち上がったおきたいところ。さすがに8馬身差でレコード勝ちとまではいかないだろうが、ここでしっかり初勝利をモノにするのではないだろうか。

続きを読む

日本時間の今夜にグッドウッド競馬場で行われるのは、ディアドラが出走するナッソーS。昨年、このレースで海外競馬初勝利をG1で飾った歓喜から1年が経った。その間にも色々あったが、今もこうして欧州の地で戦い続ける姿は本当に立派だと思う。

その努力が報われるためにもぜひ連覇を成し遂げてほしいところだが、若き素質馬がそこに立ちはだかることになる。仏オークスを制したファンシーブルー。父はDeep Impact、そう我らがディープインパクトの産駒である。すでにサクソンウォリアーやスタディオブマンらが欧州でも活躍しているが、改めてその血の優秀さを証明してくれる存在である。

ディアドラにとって強敵となるのは間違いないだろうが、欧州生まれのディープインパクト産駒と戦えるのは見る側からすればいい記念だ。

続きを読む

まともに臨戦態勢も整わないまま予定通りのデビュー戦に突撃しボコボコにやられるパターンは枚挙にいとまがないが、新潟6R(芝1400m)に出走するグレナディアガーズはきっちり仕上がって盤石の出陣となりそうだ。
フランケル産駒の持ち込み馬で、2歳戦の強さに定評のある中内田充正厩舎だけあって「朝日杯要員」としてリストアップしていた人も多いことだろう。もはや「速攻系」という言葉も死語になりつつあるが、早い時期から稼ぐタスクは遂行してくれそうな気配。

続きを読む

セレクトセールで2.7億円で落札されたサンデーアーサー(シンハディーバ×ハーツクライ)はPOGの検討段階で何度も目にする機会のあった名前だが、いかにも不発くさいプロフィールなので見送った。馬主さんは近年やけに張り切って高額馬を手に入れているが、その成果がサンデージャック(2戦0勝)だったりするのでまだまだ当たりを引くには道半ばか。クラシックと縁のない岡田稲男厩舎に入る経緯もよくわからないし、走られたらビックリくらいの気持ち。

レイオブウォーターも友道康夫厩舎のディープインパクト産駒ということで話題にはなっていたが、上がノーブルカリナンというのがどうも押し材料として物足りない。こちらもセレクトセールで9,600万円の高額馬だが、そこまでの値に見合った活躍ができるとは..

2頭ともリスト入りすら見送るほどの評価にとどめただけに、走られたら(ノ∀`)アチャーである。果たしてその実力やいかに。

続きを読む

2場開催で出馬ラッシュ状態になっている新潟の新馬戦と比べ、まったり落ち着いた雰囲気でくり広げられている札幌の新馬戦。そこでデビューする「非ノーザン」のキズナ産駒が好評価を集めている。

矢作芳人厩舎のバスラットレオンである。このところコンスタントに活躍馬を送り出している広尾レースの所有馬で、すでにこのコンビでは函館でカイザーノヴァが新馬勝ちを収めている。函館で乗られている頃から評判が良く、デビューが待たれていた一頭。欲をいえば坂井瑠星が乗ってくれれば最高だったのだが、まあそれは言うても仕方ない。

続きを読む

今年も「千直の王」が君臨する舞台がやってきた。昨年に続きアイビスサマーダッシュ連覇を目指してライオンボスが出陣。5月の韋駄天Sも57.5kgのハンデを背負いながらもジョーカナチャンらを退けるなど、まだまだ付け入るスキを与えない強さ。これまでこのコースで【4.1.0.0】と圧倒的な成績を残す一方で、他の条件になるとからっきしなのも愛されポイントである。昨年は直前の落馬負傷で勝利の喜びを分かち合えなかった主戦・鮫島克駿にとっては、1年前の悪夢に決別するチャンスでもある。

枠順も7枠13番といいところを引いたし、王者の牙城を崩すのは難しそうだ。

続きを読む

7月アタマに入厩し、デビューに向けて時計を出し始めたグランメテオールの動きが芳しくないという話はすでに以前の記事で書いた通り。先週日曜にもびっしりと追われ上向きの兆しを見せたが、今週も渋った坂路ではまともに動けず不安いっぱいで初陣を迎えることになった。



しかもこの新馬戦は早くから良血馬がターゲットに定めており、実際に集まったメンバーも血統的には豪華な顔ぶれとなった。ただ、どうも似たような心配を抱えての出走になっている馬もいるようで..
ダノンプレミアムの半弟ダノンランディもなかなか時計が詰まってこず、最終追いも本馬場で手応え劣勢での入線。陣営は「兄と比較はできないが水準級には〜」みたいなオブラートに包んだコメントを残しているし、レッドアンシェルの半弟レッドフランカーも最終追いの坂路は好評価できないタイム。それまでもポジれる動きは見せていない模様。

どちらも、血統面を含めて「実戦での変わり身」に最後の望みを託すような状況のようだ。

続きを読む

今週から新潟・札幌競馬がスタートするが、ここまでの2歳戦で最もレベルの高かった新馬戦はたぶんダノンザキッドの勝ったレースだったんじゃないかと思っている。出走メンバーの質、レース内容、そして勝ち馬のパフォーマンスと、すべてが際立っていた。ダノンザキッドの秋の予定はまだ明かされていないと思うが、恐らくそこでも快走が見られるんじゃないだろうか。

それだけに、2着馬ワンダフルタウンにも注目が集まるところ。早い段階で「25日の新潟へ」という話は出ていたが、予定通り必勝を期して出走してきた。前走は序盤じっくり構えて後方からの競馬で、直線は外を回って長くいい脚を使ってきた。さすがに勝ち馬には及ばなかったものの、3着のテンバガーには2馬身差をつけており、能力の片鱗はしっかりと見せつけたと言えるだろう。

前売り時点では単勝1倍台前半のオッズで推移しており、間違いなく圧倒的人気を背負ってのレースとなるはず。

続きを読む

アヌラーダプラのHTB杯勝利や、セレクトセールで1歳馬が1億円オーバーで落札されるなど、何かと話題になることが多いポロンナルワの仔。それを機に改めて血統などを見直すと、「そういえばこの馬どこ行ったんや」と忘れかけていたのがガルヴィハーラである。
新馬→プラタナス賞を連勝と、エピカリス・ルヴァンスレーヴと同じ萩原清厩舎のダート黄金ルートを歩みながらも、全日本2歳優駿ではノーヴァレンダに敗れ3着。以後、骨折などで1年半もの戦線離脱を余儀なくされることになった。長いブランクを経て、ようやく日曜阪神の神鍋特別で復帰。ポテンシャル的には条件クラスでウロウロするようなレベルではないと思うが、いかんせん休養が長かったことと、本来の力を発揮できるかが心配。

まともならダート重賞の常連になれたであろう逸材である。再発を防ぎながら、どうにか上を目指してもらいたい。

続きを読む

ブログ革命のおかげもあって、かつてない勢いで2歳戦はしっかり見てきている。それだけに未勝利戦に出てくるメンバーもだいたい顔とキャラが一致する状態。「この馬は次はもう順番やな」とか「距離が長くなるのはどうよ」みたいな見立てもつくように。先日のホウオウアマゾンが勝ったレースなんかはまさにそんな感じだった。

明日はグルーヴビートが中心になりそうだ。新馬戦はステラヴェローチェにこそ及ばなかったものの、後続には4馬身差をつけての2着。ソツなく好位を取れるセンスを見せる一戦だった。距離短縮を苦にするタイプでもなさそうで、ここは順当に人気に応えてくれそうだ。

続きを読む

変則日程の影響で、例年より長く続いた阪神開催も最終週。馬場が傷みやすい時期でもあり、さすがに外が伸びる馬場になってきているようだ。ハンデ戦G3の中京記念も一筋縄ではいかないだろうが、単調な前残りにはならないのでは。

まず斤量面で有利に映るのがギルテッドミラーの51kg。NHKマイルCでも3着と善戦した3歳世代トップクラスのマイラーがこの軽量で走れるのは魅力だが、実質は4キロ増の55kgであることを思えばまあこんなもんか。まだ重賞も勝ってないし。この数字だけを見て飛びつくのは危険。
同じ3歳ならプリンスリターンの52kgの方がさらに1キロ軽い計算になる。原田和真とのコンビはいつだって応援したいが、今回は前に行ける優位性が行きなさそうなのがつらいところ。たとえここは敗れても見限らないよう注意したい。

古馬勢でいうと、まずヴィクトリアマイルであわや3着に粘り込もうかという見せ場を作ったトロワゼトワル。安定感でいえばソーグリッタリング。彦根Sで単勝万馬券の波乱を巻き起こしたラセットも米子Sで好走しており侮れない。

続きを読む

毎年のことながら大混戦の函館記念。こういうレースを得意にしている馬券師たち本当に尊敬する。人気通りまともに買っても当たるはずがなく、かといって伏兵を見つける手がかりもなく..一度も馬券を当てた記憶はないし、これからも当たることはたぶんないだろう。

それでもレイエンダは違うよね、ってのはわかる。このお坊ちゃん気質が函館2000mのハンデ戦でやる気を出すとは思えないし、函館で勝ち切れないレースばかりのルメールが気の利いた騎乗ができるイメージもない。
同じく良血キャロットのカウディーリョはどうだろう。割と小回りに好成績を残しているタイプだが、すんなり自分の形に持ち込みたいタイプだけに、多頭数の激戦をどう乗り越えるか。

それならば逃げで活路を開きつつあるトーラスジェミニや、長期休養明けをひと叩きしたベストアプローチなどにチャンスが訪れそうな予感がする。

続きを読む

凱旋門賞の舞台まで踏んだ馬が、夏場のダートOP特別で奮闘する姿を見ていると尊敬の念を抱いてしまう。ジュライSに出走するクリンチャー。今から思えば国内のG1タイトルにも手が届かない身分でのフランス遠征は無謀だったが、それでも京都記念を勝ち、菊花賞2着・天皇賞3着と国内トップクラスで活躍していたのは事実。だが帰国後は芝路線で結果が出ず、思い切ってダートに転向したらどうやら適性は十分だったようだ。さすがはディープスカイの血。
コンバート後は4戦して勝ち鞍こそないものの安定した走りを見せている。前走の三宮Sもヴェンジェンスとのマッチレースは見応えがあった。そして今回は単勝1番人気が濃厚のメンバー構成。58kgを背負うことになるが、ここでダート初勝利を決めたい。

過去の栄光にすがらない姿勢は、きっと実るはずだ。


続きを読む

朝イチから重要なレースである。函館1Rには藤沢和雄厩舎のドゥラメンテ産駒オブデュモンドが出走する。この馬のデビュー戦は6月14日の東京競馬場、不良馬場で行われた一戦。ゴールドシップ産駒のユーバーレーベンが勝ち、1番人気のレガトゥスが6着に敗れたあの忌まわしきレースである。オブデュモンドも単勝3番人気の支持を得ていたが、全く思うように動けず11着と大敗。巻き返しを期して北の大地へと赴くことになった。

何が重要かというと、オブデュモンドの結果次第であの東京の馬場が、競走能力をどの程度ちゃんと反映させる状態だったかがわかるからだ。もし今回も大敗を喫するようなら単純に力不足なのだが、ここでガラリと一変するようなら、勝ち負けできる馬のポテンシャルを削ぐほどの悪条件だったという見通しが立つ。

レガトゥスやディアマンテールが何もできずに沈んでいくのを黙って見ているしかなかった身としては、ぜひともオブデュモンドには頑張ってもらって「言い訳できる馬場」だったことを証明してもらいたい。

続きを読む

函館開催を締めくくる2歳重賞・函館2歳Sはモンファボリが人気を集めることになりそうだ。デビュー戦は5馬身差の圧勝でレコードのおまけつき。フランケル産駒の持ち込み馬という血統に相応しいパフォーマンスを見せた。先日のセレクトセール感想エントリでも書いたが、半弟が4億円で落札されたアシストにもなったんじゃないだろうか。

ただ、これまたレース後に書いたことのくり返しになるが、直線は頭を上げながらフラフラ走るなど気性面の若さも随所に見せていたのが気がかり。今回は同じように逃げで新馬戦を勝ち上がってきた馬も多数出走しており、うまく歯車が噛み合わないようだと脆さを見せるかも。仮にハナを奪えたとしてもペースが速くなりすぎるようだと後方に有利な流れになるし、いわばこの馬の速さは諸刃の剣。

全幅の信頼を寄せるのはちょっと危ないのではないだろうか。

続きを読む

1日目(1歳馬セクション)のつづき。



セレクトセール2020の2日目は当歳馬セクション。ここからいよいよディープインパクト・キングカメハメハの両横綱の産駒がほぼ不在の世代となる。生産者も馬主も、どの血統が次の時代のリーダーとなるのか予測もつかない中、それでも高額取引馬が続々と出現した。

この仔たちのデビューは2年後。それまでしっかりと覚えておきたい注目馬たちをまとめて紹介していく。

続きを読む

セレクトセールといえば日本競馬の夏を彩る一大イベント。しかし、毎年その話題は気にかけてはいるものの、リアタイでその様子を追いかけたことは今までなかったなと思い、今年はYouTubeの中継を仕事のBGM代わりに流していた。

これがなかなかいい。

「にせんよんひゃくまーん、にせんよんひゃくまーん」といったおなじみの掛け声から、「ディープインパクトの肌にモーリス、令和のスタンダード配合でございます」などの宣伝文句など、オークショニアのリズムのいい進行が実に聞き心地がいい。で、ぼやーっと聞いてると時に超高額取り引きの馬が出てきてついつい画面も食い入るように見てしまうという。

高値がついた馬はニュースにもなって一時的に話題にはなるんだけど、その馬がデビューする頃にはすっかり忘れているというのが例年のパターンでもあった。それはあまりにもったいないだろうということで、今年は覚えておきたい幼駒のことを自分なりにまとめておこうという試み。

それでは初日に行われた1歳セクションから。

続きを読む

↑このページのトップヘ