デアリングタクトが無事に牝馬三冠を達成。ああよかった、ホッとした。ゴール前の拍手はよかった。思わずジーンとくるものがあった。



と言いつつ、牝馬三冠についてはもはや「偉業」というほどではなくなりつつあるようにも感じている。理由についてはラジオでしゃべってるけど、時代の変化ですよね。三冠牝馬が頻出するようになったのと、競馬界をリードする牝馬が多く出てくるようになったのも同じタイミング。そういうことよ。



ウインマイティーが意外と動けなかったのは残念。馬場展開ともに向いたと思うのだが、強いて言うなら内を走る時間が長かったのが災いしたか。2着、3着馬と同じように外を回る形になった方がよかったのかも。また出直しですね。僕のワンコイン馬券も外れましたw