くり返しになるが、グランアレグリアの強さはとんでもないものだった。出遅れて4角でもまだ最後方、わちゃーやらかしたかと思った次の瞬間、目の色を変えるようなスパートに転じるとあっという間に前との差を詰め、残り100mくらいの地点で勝利を確信。ギリギリ届いたレベルではなく、2馬身もの決定的な差をつけての圧勝に終わるとは。間違いなく世界レベルのスプリンターだ。
一つの勝因として、春に高松宮記念を経験していた点が挙げられるだろう。馬自身が6ハロンの流れを知ったことと、仮に後方からの競馬になったとしてもあれだけの脚を使えるエビデンスを得たことで、今回あの位置の競馬になっても鞍上は慌てずに済んだ。当時とは違う人が乗ってたけどw

一連の流れで感じるのは、ノーザンファームが本気で勝ちに来ているのかなということ。3歳クラシックをはじめとする中距離路線で圧倒的な強さを見せる一方、短距離路線はゴドルフィンら他のグループが互角以上の戦いを見せてきていた。ところが今季はグランアレグリアを1200mのG1に積極投入。アーモンドアイらとの使い分けという事情もあっただろうが、他にもインディチャンプも当初このレースへの参戦を計画するなど、有力馬を送り込む姿勢を見せていた。

今後もこのスタンスが続くようなら、ノーザンファーム色に塗り替えられてしまう可能性も十分。ダート路線と同様、多種多様なプロフィールの持ち主が活躍できるのが短距離路線の魅力だけに、他陣営からすれば全力で抵抗を示してほしいものだ。


2着は前哨戦完勝芸人のダノンスマッシュ。勝ち馬には完敗だったが、前が崩れる流れで正攻法の競馬ながら踏ん張ったのは上出来なのでは。4着のミスターメロディ同様、実力馬の意地は見せてくれた。
激流を味方につけて3着に突っ込んできたのがアウィルアウェイ。こちらもノーザンファームの生産馬。勝ち馬よりさらに後ろの位置取りになったが、これが奏功しての追い込み。松山弘平が秋もいきなりG1で馬券に絡んで存在感を発揮した。

伏兵として名前を挙げていたクリノガウディーもやはり能力はある。来年の高松宮記念で改めて雪辱に期待したい。物足りなかったのはライトオンキュー。時計のかかる馬場はおあつらえ向きに思えたが、少しポジションを取りに行きすぎてしまったか。これは結果論だが。モズスーパーフレアの32.7秒はいくら何でも速すぎた。馬場を考慮してもさすがにオーバーペースだし、ずっとビアンフェに並走される形になったのもつらい。

来週からは限定的に観客を入れての競馬が再開される。これが最後の無観客G1になることを心から願うと同時に、節度を守ったグランアレグリア(=大歓声)が戻ってくることが喜ばしい。というこじつけで終わる。