スプリンターズSには悪いけど今週最大の注目レースはサフラン賞です。我がPOGドラ1のサトノレイナスが出走。6月の新馬戦を勝って以来のレースで、どれだけ成長を遂げているか楽しみにしたい。美浦に帰厩後は追い切りの時計もデビュー前から大きく縮めており、進化の可能性を感じさせてくれている。
と同時にここで案外な結果に終わってしまうと、他に目ぼしい活躍馬がいない現状だけに早くもPOG終戦の危機にさらされてしまうという事情もw

どうにかビッグレースを狙えるだけの真価を見せてほしい一戦である。

新馬戦が地味な内容の勝利だっただけに、いきなり重賞で壁にぶち当たるよりもサフラン賞あたりで復帰するのがちょうどいいのではと考えていた。なので陣営の思惑は十分に理解できるが、問題はタウゼントシェーンという強敵とわざわざぶつかってしまうということ。分けて使ってくれればいいのに、ずいぶんとナメられたもんだ。



しかし実際に強いからねえタウゼントシェーン。福島芝1800mの新馬戦でスワーヴエルメ以下を差し切る非凡な末脚を見せた。あの小回りで時計のかかる馬場を苦にせず力を発揮できたのが今回の舞台にもリンクするだけに、適性面を考えてもむしろ有利なのはこっちじゃないかと思わせるほど。逆にサトノレイナスはいかにも広いコースで距離ももうちょいあった方がよさそう。

そんな条件だけに、仮にここでタウゼントシェーンを負かせればサトノレイナスには相当な期待を寄せていい。

とまあ、完全に脳内ではマッチレースが繰り広げられているが他にも油断ならない相手が揃った。グランデフィオーレは前評判の高さから考えれば3戦目での初勝利は遅すぎたほど。前走で一気に軌道に乗った可能性もある。もう一頭、気になるのはテンハッピーローズ。小倉の1200mを人気薄で勝ち上がっての参戦だが、距離はこなせそうなエピファネイア産駒。こういうところをシレッと持っていきそうなのが福永祐一だけに、馬券的な妙味を考えるとこの馬を狙うのもいいかもしれない。

いずれにせよ、2歳の才能ある牝馬たちがG1当日を存分に盛り上げてくれるのは間違いない。今から日曜を楽しみにしておこう。

<関連エントリ>
■ 【POG】手放しでは喜べないサトノレイナスの新馬勝ち (2020年6月9日)