セブンサミットは2戦目での勝利ならず。どうも序盤から行きっぷりがよろしくない。発馬直後から福永祐一が促していかないと流れに乗れないというアリサマ。ゴール前は末脚を伸ばせず、内容的にも新馬戦からさらに一歩後退といった印象。思い切って成長を促すために放牧に出した方がいいかもしれない。

長篠Sのカレンモエの勝ちっぷりが際立ってましたね。楽な手応えで早めに抜け出しての完勝。ここまでじっくり大事に使われてきたが、ついに素質開花の時がやってきたか。今年中のターゲットでいえば京阪杯。賞金面でまだ狙い通りにローテを組むのは難しいかもしれないが、いつか大きい舞台で走るところが見たい。



そして明日は神戸新聞杯。二冠馬コントレイルがここで始動する。時代が変わった今もさすがに菊花賞をぶっつけというのはタブーらしく、王道のトライアルから本番へ向かうことに。07年以降の勝ち馬にはズラリと名馬が並ぶ由緒正しきレースでもあり、三冠を目指す上でもふさわしい道のりと言えるだろう。
前売り時点での単勝オッズは1.1倍。対戦相手を見ても春に勝負付けを済ませた馬が大半で、他に脅威となりそうな上がり馬も不在。もちろん自身の仕上がり具合は先を見据えたものだろうが、春が余裕たっぷりのローテで2戦しただけなら疲労の蓄積も問題ないレベルだろう。ナリタブライアンが屈したスターマンのような下剋上はまず起こるまい。

馬券を買うつもりもないので相手探しについてもさほど言及する気にはならず。強いて言うならマイラプソディが良くなってくれているといいのだが..あとはパンサラッサがこの相手でどこまで粘れるか。厳しい気もするが。

あとグランデマーレはストーミーカフェを思い出しますねw
 


話は変わってルペルカーリア。果たしてどうなんでしょうか。ここまで調教の動きは目立たず、福永祐一のコメントも「実戦でどうか」みたいなニュアンスで何とも微妙な感じでしたねえ。勝数こそ増えてきたものの、評判馬が決して順調とは言えない滑り出しのモーリス産駒だけに、ちょっと不安。でも初戦からいきなりモノの違いを見せてくれたら「未来の名馬」決定といってもいい。楽しみ。オールカマーよりよっぽど楽しみ。

フィエールマンがいなくなってしまったオールカマーはカレンブーケドールをしっかり見ておきたい。この馬、今年はエリザベス女王杯に行きますよねたぶん。阪神開催ならチャンス十分。