中京9レースで、5番キングオブドラゴン(坂井瑠星騎手)は、決勝線手前で外側に斜行したため、3番エカテリンブルク(武豊騎手)の進路が狭くなった。

この件について、坂井瑠星騎手は、2020年7月11日(土)に不注意騎乗による騎乗停止処分を受けており、短期間に同様の不注意騎乗を繰り返し行ったことを考慮し、2020年10月3日(土)から2020年10月11日(日)まで9日間の騎乗停止となった。

■ 中京9Rの制裁について - ラジオNIKKEI


(ノ∀`)アチャー

記事にもある通り、7月にもカイザーノヴァの新馬戦で騎乗停止処分を受けていたために加重制裁が課せられることになった。
タイミングも最悪である。何といってもキーンランドCを勝ったエイティーンガールと臨むはずだったスプリンターズSがアウトになったのが痛恨。他にも毎日王冠でサトノインプレッサに再び騎乗予定だったが、これもダメ。今週の神戸新聞杯(パンサラッサ)から楽しみな予定が組まれていただけに、落胆は大きい。



ちなみに騎乗停止処分を受けたと聞いたのは、レース映像を見る前のこと。もしかしたらまた強引な進路取りでペナルティを受けたのでは..と心配しながらパトロールを見ると、内へ外へとフラフラする騎乗馬をうまく御せずに後続馬をカットしてしまってのものだった。これを見て少しだけ安心した。

勝ちに急いでラフプレイに走る出すとロクなことがないからね。技術は磨いて向上させていければいい。戦線復帰後にまたいい騎乗を見せてくれますように。よろしく頼むぞ。