リアアメリアは正直どこまで成長の余地があるのかなと思っていたのですが..w 終わってみれば完勝。しかも番手から抜け出して押し切るという、これまでのイメージを覆す勝ち方。デアリングタクトはものすごく強い相手ではあるものの、本番に向けて手応えをつかめる一戦になったのでは。

これで紫苑Sに続き春の実績馬がトライアルを制することになったわけですが、セントライト記念はどうでしょうか。弥生賞の勝ち馬サトノフラッグは中山の荒れ馬場をこなした実績があり、今の時計のかかるコンディションがよさげ。ガロアクリークもキタサンブラック路線を行くならここは好勝負に持ち込みたい。青葉賞好走組のヴァルコス、フィリオアレグロも問題なく走れそうな条件。



そんな中、ラジオNIKKEI賞をスイスイと逃げ切ったバビットがどこまで太刀打ちできるか。前走で能力のあるところは証明したが、それゆえ今度は簡単には逃げさせてもらえないのでは。ナカヤマフェスタと父仔で同一重賞制覇となればそれはそれでカッコいいのだが。

まあセントライト記念なんて馬券ほとんど当てた記憶も買った記憶もないのでまったり見ましょう。

明日の新馬戦は中京のサヴァニャンと中山のブルメンダールですね。
サヴァニャンはシャケトラの弟という血統的な魅力がある一方で、ずいぶんと小柄な体格が気がかり。一戦だけの能力発揮には問題ないでしょうけど、続けて使っていけるかどうかを考えた上では不安なのでPOG指名は見送った経緯がある。ただこのところこの馬なりにボリュームアップできたそうで、明日どれくらいの馬体重で出てこられるかが注目。追い切りの動きは文句なしなのでとりあえず白星発進はいけるでしょう。
ブルメンダールはここまで活躍馬の出ていないブルーメンブラットの仔。にもかかわらず入厩後の評判がよく、ついに大物登場の瞬間がやって来るかもしれない。