野路菊Sのダノンシュネラにはビックリさせられた。まさかこんなに走らないなんて。道中のんびり後方待機はだいたい想定通りながら、いざ追い出されてからも全くエンジンがかからず。前との差が詰まらないどころか逆に離されてシンガリでの入線。今季の牝馬戦線をリードしていく一頭だと見込んでいただけに、この完敗はちょっと想像すらできないものだった。



さて、明日はローズS。本来なら阪神1800mで行われるレースだが、今年は中京2000mでの開催。この条件替わりが各馬の適性にハマるかどうかが勝敗のカギを握りそう。デゼルはどちらかといえば元の条件の方が向いていただろう。阪神1800mは実際に未勝利戦も勝っているが、いかにもベストな印象があるだけに。



リアアメリアもじっくりタメてこそ持ち味が活きるタイプだし、あとどこまで成長力が残っているかもやや疑問。中内田充正厩舎でいえばまだクラヴァシュドールの方がよさそう。ある程度タフさが求められる舞台だけにリリーピュアハートも力を出せそうだし、未知の魅力あふれるフアナも圏内。

坂井瑠星ラインオブダンスも一角崩しくらいはあってもよさそうだが、大外枠はちょっとしんどいな。



その他のレース。
中京5R新馬戦のサトノスカイターフはどうか。評判馬ではあるが、ちょっとまだ時間がかかりそうな雰囲気だけど。ルメールを配してはきているが、疑ってかかるのもよし。
中山5Rはデアリングタクトの全妹マオノジーナスがデビューするが、追い切りの時計は平凡。さすがにこの血統がコンスタントに走るとは思えないが..