武豊が凱旋門賞に参戦することが決まった。パートナーはジャパン。キーファーズの共同所有馬ではあるが、昨年に続き外国調教馬に騎乗することになった。
しかし思い返せば昨年の今ごろは、野路菊Sをぶっちぎったマイラプソディに大きな夢を見たものだ。今でもあの勝ちっぷりは相当なスケールを感じさせるものだったと思うし、まさか春を迎えてこれほど苦戦を強いられるなんて想像もしなかった。秋は神戸新聞杯から菊花賞という道を歩みそうだが、あのワクワク感が肩透かしに終わるとはどうしても思えないので、どこかで覚醒イベが起きると信じている。






今年も野路菊Sではしゃいでしまうのだろうか。個人的に現時点では牝馬ナンバーワンと見込んでいるダノンシュネラが2戦目を迎える。
同じドゥラメンテ産駒の評判馬フォティノースを負かした新馬戦の内容が秀逸だった。少し出負け気味のスタートから慌てず騒がずじっくり中団で流れに乗ると、ゴーサインに応じてしっかりと末脚を伸ばしての勝利。スケールの大きさを感じさせるものだった。



メンバーは5頭立てながらも粒揃い。新潟2歳Sでは3着に終わったものの新馬戦が完勝だったフラーズダルムと、新馬戦で対戦し敗れながら2戦目は完勝だったホウオウアマゾンが揃って参戦。さらにこの世代の「一番星」となったダディーズビビットにオーソクレースの2着馬シティレインボーである。誰が勝っても評価される顔ぶれ。

それゆえダノンシュネラが評判通りに連勝を決めればますます「世代ナンバーワン牝馬」説も説得力を増すことに。



その他のレース。
ケフェウスSは急ごしらえ感のすごい芝のOP特別。ヒンドゥタイムズ、トリコロールブルーあたりは堅実に走ってきそうだが、ラストドラフトはまた重賞を争ってほしいのでここはすんなりパスしてもらいたい。
阪神ジャンプSは前走で重賞初勝利を成し遂げたフォイヤーヴェルクさんが主役。オジュウチョウサン不在の間にどんどん稼いでしまおう。似たような境遇のケイブルグラムも障害転向で才能開花なるか。
あとは中京6Rのタンジェリンムーンも応援よろしくお願いします。最近ちょっと行きっぷりが良すぎるのと、今回はいつになくメンバーが揃った気もするが、どうにかこうにか。