黒崎検査官に「ふ・し・あ・な!」と罵られそうだ。アドマイヤビルゴ、古馬相手の3勝クラスを完勝。

中京10Rムーンライトハンデのアドマイヤビルゴはどうなの。武豊との再コンビで仕切り直しだが、この条件で古馬とやり合うのは簡単じゃないよ。京都新聞杯の内容からも、距離がちょっと長いようにも思う。

■ 【週末雑談】秋の訪れを感じながら/セントウルSほか

はい、何の言い訳もできませぬ。まだ実績は乏しいとはいえ、持っているものは相当なレベルなのかも。次は菊花賞には向かわないということは談話に出ていたが、じっくり成長を促しながら大きいところを狙っていくのだろう。いかにも友道康夫厩舎が得意そうな育成ルートだ。



ただ、一つだけケチをつけるとすれば、ペースが向いたことは忘れないようにということ。序盤から超スローで流れて完全なラスト3Fだけの瞬発力勝負になったことで、持久力不問のレースになったことでキレが最大限に発揮されたのは間違いない。今後の順調に勝ち星を積み重ねたとして、どこかで消耗戦が訪れた場合に脆さを見せる恐れがあることは覚えておいていただこう。