ゴールドシップ産駒の大挙5頭出しとなった札幌2歳Sは、残念ながら昨年のブラックホールに続く連覇こそならなかったものの、ユーバーレーベンが2着に。他にもアオイゴールドが4着、ヴェローチェオロが5着とそれぞれよく頑張ってくれた。小回りコースの開催最終週、上がりのかかる展開でのロングスパート合戦という条件はピッタリ合うのだろう。来年以降も得意の舞台になってくれそうだ。そのためにもまた一頭でも多くここに送り込めるように..

それにしてもユーバーレーベンのレースぶりはお父さんにそっくり。序盤は流れに乗れず後方に構え、向こう正面から一気にスパート。4角で先頭集団に並びかけると、そこからさらにもうひと伸びで勝ち馬に迫った。普通の馬なら脚を使い切ってもおかしくないところでもうひと踏ん張りが利く。たいしたもんだ。
これで賞金加算にも成功し、来年の春まで青写真を描ける立場になった。問題はこの適性をどこで発揮するかだw 牡馬ならホープフルSや皐月賞に照準を定めればいいが、牝馬の場合は..祖母マイネヌーヴェルが変態的な追い込みで勝ったフラワーCを全力で狙いに行って、あわよくばオークスもくらいがいいかもしれんね。



それにしてもソダシ。白毛馬として初の芝重賞制覇という歴史的な快挙を成し遂げた強さ。あのペースをちょっと引っかかり気味に追走しながら、バテずにしっかりと脚を伸ばせた能力は相当なものがある。この血統もどちらかといえばスパッと切れるよりは長く脚を使えるタイプが多く、それが活きたとも言えるが..もし瞬発力も兼ね備えているとすれば、桜花賞・オークスでも楽しみな存在になるだろう。

須貝尚介厩舎&今浪隆利厩務員のチームも「珍獣」の扱いには長けてますからねw

バスラットレオンは結果的にスムーズに行き過ぎたか。ピンクカメハメハが引っかかり気味に作った速いペースを番手で追いかけ、早めにソダシに並びかけられる展開はしんどかったが、それでも崩れず踏ん張っているのは力のある証拠。もう少し控える形を覚えられれば、また重賞を狙うチャンスはあるはず。坂井瑠星とのコンビで経験を積み重ねていってほしい。



そういえばサトノゴールドは全然ダメでしたね..相変わらず前進気勢がなく、追われても反応なく流れ込むだけ。これはしばらく浮上の兆しも見られないかも。パドックを見ていても、どうもまだ馬体が幼く映り心身ともに成長しないと厳しい。せっかくの坂井瑠星との初コンビだったが、何も残せずに終わってしまった。