台風が九州地方に接近していて予断を許さぬ状況ですが、その影響もあってか京都は少し暑さがマシな一日でございました。
朝からPOG指名馬レガトゥスが勝利。ここを勝っただけで期待値が大きく上昇するわけではありませんが、少なくとも足踏みが続くようではどうしようもなかったのでひと安心。「モーリス四天王」の初勝利を飾ったのは意外にもこの馬でした。
一方、同厩舎でワーケアの半弟にあたるクロンターフがデビューを迎えるも7着と完敗。この馬もそこそこPOGで評判を呼んでいただけに、またしても今季の難しさを痛感させられることに。小倉のエイスオーシャンに関してはある程度は想像通りというか..



小倉2歳Sはモントライゼが圧倒的1番人気に支持されるも2着。ゴール前で末脚を伸ばしたのは、新種牡馬ミッキーアイル産駒のメイケイエール。2週前の新馬勝ちが圧勝だったが、その素質は重賞でも通用するものだった。札幌2歳Sのソダシに続く、シラユキヒメ一族の重賞勝ち。

新潟記念は超スローの瞬発力勝負。馬場の内側が荒れていたこともあって差し馬は外ラチ沿いを通るほど。先に抜け出したジナンボーを目がけてサトノダムゼルが並ぼうかというところで左右にヨレヨレ。その間に末脚を伸ばしたブラヴァスがアタマ差だけ抜け出して待望の重賞初制覇。名牝ヴィルシーナ、母としてもその名声を高めることになった。
速い上がり勝負では台頭は難しいと思われたサトノガーネットが大外から追い込んで4着。あわや差し切るのではと思わせるほどの脚色だった。どうしてもあれこれ注文のつくタイプだが、ここに来て末脚のキレは増しつつある印象。
で、ワーケアな。仮にも3歳トップクラスの一頭がハンデ戦のG3で見せ場もなく敗れてしまうのはよろしくない。世代の低レベル説を覆すどころか決定的なものにしかねない。確かサリオスが毎日王冠で始動する予定だったと思うが、その結果次第でいよいよ..



しかしそんな話ができるのも先に道がつながっているから。夏競馬最終週はすなわち3歳未勝利戦のラストチャンスでもあり。札幌5Rにはゴールドシップ産駒シュルシャガナが連闘で最後の勝負に出たが9着に終わった。馬体も10キロ減らしており、さすがに限界だっただろうか。このレースでは4角で故障を発生し、文字通り力尽きた馬もおり現実の厳しさを感じずにはいられなかった。