札幌2歳Sは手に汗握る熱戦でございました。早めに先頭に立ったバスラットレオンを目がけてソダシとユーバーレーベンがロングスパートを仕掛ける展開。直線はこの2頭の追い比べとなり、先に抜け出したソダシがそのまま押し切って勝利。ゴールドシップ産駒の連覇は残念ながら成りませんでしたが、それでもユーバーレーベンが2着、そして4着にアオイゴールド、5着にヴェローチェオロが入る奮闘ぶり。十分に存在感を示してくれたと思ってます。

さて、明日も2歳重賞。小倉開催のフィナーレを飾るのは小倉2歳Sです。台風10号の接近がめちゃくちゃ心配ではありますが、今のところは予定通り開催されそうで。土曜は札幌で騎乗した武豊は無事にフライトできたんでしょうか..



想定段階では6頭という情報も出たほどで、最終的には未勝利馬も含め11頭立てと例年に比べるとやや少頭数での争いに。ひまわり賞を圧勝したヨカヨカがこっちに回ってくれればおもしろかったんだけど。
そのヨカヨカに新馬戦で敗れたのがモントライゼ。2戦目を大差勝ちしたことが、ヨカヨカの評判も確かなものとした。勝ち上がった直後からたぶんここを狙ってくるだろうと思っていただけに、適性面でも自信を持って臨めそうだ。ここを勝ったダイワメジャー産駒はエピセアローム・レーヌミノルと将来的にも活躍してるし期待は大きい。

ただ本音を言うとPOGでライバル陣営に持たれているので頑張っていただくのは程々にでお願いしたく..w

メイケイエールは新馬戦が圧勝。ソダシに続いてシラユキヒメ一族から重賞勝ち馬が出るかも。フェニックス賞2着のセレッソフレイムはスピード任せではない競馬ができるのが強み。逆にフリードはレコード勝ちがインパクトあったが最終週の馬場だとどうなるか..「もう一頭の九州産馬」ルクシオンは意外とやれそうな気もする。

頭数も手頃ですし、ペースも乱れなければ順当な決着になるのでは。



新潟記念は3歳馬ワーケアの参戦がひとつの見どころ。しかしこの世代、ちょっと今のところはレベルが懐疑的で..土曜の札幌でウインカーネリアンが自己条件であっさり負けてたのが特に(察し)となった。コントレイルが抜けて強いだけ説。
他はジナンボー、ブラヴァス、カデナあたりが横一線の評価だが、池添謙一との新コンビでガツンと決めそうなピースワンパラディがおもしろい。重賞でも通用する脚があると思ってるので。あとは小倉記念が鮮やかだったアールスター。長岡禎仁と再びの激走があるか。同2着のサトノガーネットも坂井瑠星とのコンビで出走。



その他のレース。新潟1Rに我がPOG指名馬レガトゥス出陣。新馬戦は仕上がり途上で馬場にも泣いた。ここで変わり身がないとしんどい。評判通りの強さを今度こそ。5R新馬戦では同じ木村哲也厩舎のクロンターフがデビュー。新潟記念に出るワーケアの半弟。ディープインパクトに替わって兄を越えられるか。
小倉5Rではアルバートドックの弟エイスオーシャンが武豊で出走。ちょっと半信半疑な印象だが、実戦で素質を見せられるか。