この夏、各地で奮闘を見せた第二世代のゴールドシップ産駒たちにとって集大成というべきレースとなった。何と札幌2歳Sに怒涛の5頭出しである。大挙出走もありえるなとは考えていたが、まさかこれほどまでの一大勢力を築き上げることになるとは。昨年のブラックホール−サトノゴールドに次ぐ朗報は届くだろうか。

とはいえ、1番人気を背負った勝ち上がった馬は一頭もおらず、このレースでも伏兵の立場から一撃を狙うことになりそうだ。それでこそゴールドシップ産駒である。しかしどうやら土曜の札幌は雨が降りそうな予報で、重めの馬場を苦にせず初勝利を挙げた面々にとっては好材料となりそうだ。

自分の中での期待度もほぼ横一線だ。アークライトを完封したウインルーア、メンバーの揃っていた東京での勝ちっぷりが印象的だったユーバーレーベンあたりがやや優勢に映るが、連闘で臨むヴェローチェオロも調子は良さそう。アオイゴールドは単勝10番人気で勝ったように意外性は十分。コスモアシュラは豊富なキャリアが武器に。



もうこれだけたくさん出てきてくれると応援馬券もどうやって買えばいいのやらw シンプルに馬連5頭BOXでもいいんだけど、さすがにワンツーはキツいかなとも思ったり。相手もなかなか骨っぽいからね。

中でもバスラットレオンは新馬戦で楽々33秒台の上がりをマークするなど高性能ぶりを見せつけた。多頭数で馬場も渋ると条件はガラリと変わるが、将来性ではこの馬が一番のようにも思う。ソダシはむしろタフなコンディションでこそ持ち味を発揮する血統。外枠を引けたのも、長く脚を使うには好都合かもしれない。一方、ピンクカメハメハは名前のせいかどうしてもナメてしまってる部分があるw 最内枠に放り込まれたのも不運。

ちなみにソダシを担当するのはゴールドシップがお世話になった今浪厩務員。昨年はサトノゴールドでチーム再結成となったが、今年はライバルとして戦うことになる。これはこれで新しいドラマ。



明日は札幌8Rも楽しみ。サトノゴールドが何と坂井瑠星とのコンビで出走する。メインではバスラットレオンの鞍上として戦うことになるが、個人的にはまさかの黄金コンビ結成である。前走は久々でもありエンジン点火せぬまま敗れてしまったが、2戦目で変わり身を見せてほしい。相手には皐月賞4着のウインカーネリアンがいるだけに、ちょうどいい力試しができそうだ。