先週の2歳馬で最も注目を集めていたのはセブンサミットだったのではなかろうか。日曜新潟5Rでデビューを迎えた、シンハライトの初仔。初年度から期待馬揃いのモーリス産駒の中でも「四天王」の一角として早くから評判を呼んでいたが、気がかりだったのはブエナベントゥーラやレガトゥスといった良血馬がもたついていたこと。そして悪い連鎖というのは続くもので、セブンサミットも単勝1番人気に支持されたが4着に終わった。

期待ハズレの初陣を終えると「レース慣れしてくれば」とか「スイッチが入ってくれば」と半ば強引にポジりにかかるのがお約束だが、実際はなかなかそう甘くはない。ただ、一つの指針となりそうなのが「負け方」。ゴール前で加速しながらも届かずというパターンならばまだ先に希望は残る印象だが、ダラダラとしか脚を使えないままの入線だと実力が伴っていないように映る。

その点セブンサミットは最後にエンジンがかかっていたように思うので、文字通りレース慣れしてくれば走ってきそう。次を楽しみにしたい。



モーリス産駒では日曜小倉1Rでテンバガーが初勝利を挙げた。あのダノンザキッドの新馬戦で3着だった馬。当時も追い切りの動きが評価されて単勝1番人気に支持されたが、離されての敗戦だった。それ以来の実戦となったが、しっかりと勝ち切ることができた。当時の2着馬ワンダフルタウンも未勝利戦を圧勝したように、新馬戦のレベルの高さが改めて証明されることに。

一方、早くも3戦目を迎えたカランドゥーラがまたしても2着に敗れた。単勝1.1倍の圧倒的支持を集めながらも、モリノカンナチャン(バスラットレオンの2着馬)に完敗。藤沢和雄厩舎はアークライトも足踏みしているし、バッソプロフォンドも新馬戦で大敗。バニシングポイントは圧勝デビューを収めたものの、現状なかなか期待通りとはいっていない。秋の東京で巻き返しがあるだろうか。



新潟2歳Sは先日も書いた通りショックアクションが今後も重賞戦線で出番がありそう。フラーズダルムは福永祐一が松永昌博厩舎の中山助手に花道を飾るか的なドラマにも期待していたのだが及ばずだった。シュヴァリエローズは一頭だけ離れた進路を通る形が響いたと思われる。

ヨカヨカもこないだ書いた通り。さっさと桜花賞の出走枠を確保した陣営のしたたかさを見習いたい。