はい、またしても。

日曜札幌5Rの新馬戦を勝ったのは、ゴールドシップ産駒のヴェローチェオロ。藤沢和雄厩舎のディープインパクト産駒バッソプロフォンドが重馬場に苦しむ中、それを全く気にする素振りも見せず鮮やかに差し切ってみせた。

これはいつもの勝ちパターンやろ、と単勝だけ軽くポチっておいたので、今週どこかでおいしいお昼ごはんでも食べに行こうと思う。

父を手掛けた須貝尚介厩舎が送り出す、今季の期待馬の一頭である。早い時期から栗東坂路で乗り込まれ、好時計をマークしてから北海道へ移動するのはサトノゴールドと同じパターン。札幌入厩後も順調に調整は続き、初戦から色気は持っていたが..見事に結果を残してくれた。余談ながらPOGでも指名候補の一頭に入れていたのだが、残念ながら牡馬の指名枠がすでに尽きてしまい見送らざるを得なかったという事情がある。

どうやら連闘で札幌2歳S参戦も視野に入れているようで、実現すればゴールドシップ産駒は最大5頭出しということに。せっかくだからぜひとも実現させてもらえれば。



その他のゴールドシップ産駒の話題でいえば、勝ち上がりをかけて直接対決に臨んだシュルシャガナとデュアルネイチャーがそれぞれ4着5着に終わり初勝利ならず..このまま引退か、それともまだ粘れる道が残されているのか。動向を見守りたい。
一方でセイウンクルーズが札幌ダート2400mというクセの強い条件で勝ち上がり。どうもダートは得意じゃなさそうな産駒たちだが、この馬には適鞍だったようだ。いずれにせよこのタイミングで勝てたのはうれしい。

あと英彦山特別のタンジェリンムーンは4着。前走同様の積極策に出たが、結果的に後続にとってちょうどいい目標にされてしまった印象。ひと息入れての昇級戦ならとりあえずこんなもん、ということで次に期待。しかし1勝クラスの芝中距離戦って基本ローカルになるよね。次はどこ使うかな。ローズSチャレンジとかも見てみたいけどw