きょうは木浪聖也を存分に称える話をするぞ。

久しぶりに甲子園に戻っての中日3連戦は見事に3連勝。先発投手がきちんと試合を作り、打線も取るべきところで取る理想的な展開ばかりだった。このところ安定している中日の先発陣を打ち崩したのが大きい。特に抜群のデキに見えた柳裕也をワンチャンスで打ち崩したのはすばらしかった。何か阪神じゃないみたいだ。

もちろん特筆すべきは2戦目の陽川尚将・3戦目のサンズの逆転3ラン。劣勢をひっくり返す一撃が飛び出したことで一気に試合を優位に運べたわけだが、それを誘発したのは木浪聖也の「つなぎ」だったことを強調しておきたい。いずれも近本光司を一塁に置いた場面で、2戦目は中安、そして3戦目は左翼線に二塁打を放って好機を拡大。こういう時は「最低でも進塁打を..」が常套句である一方、できればアウトカウントを増やさず次に回したいのが当然ながら本音である。正直、いつでもポンポン安打が出る打者ではないからこそ、ここぞの場面で快音を響かせた彼こそがこのスイープの陰のMVPと言っても決して大げさではあるまい。



打撃面では下位打線に置かれるのがデフォのようにまだまだ課題は山積だが、守備では飛躍的に動きが向上。遊撃手のUZRもプラスで踏みとどまっているし、失策も減って随所に上達ぶりを感じさせる。この3連戦では遊撃後方の飛球を「しゃちほこキャッチ」で捕るなど球際の強さも増してきた印象。ずっとレギュラーを預かってきた北條史也が完全に脱落してしまった今、もはや阪神には欠かせない駒へと成長を遂げてきている。

異例のスケジュールで行われているペナントレースも間もなく折り返し地点。どうにかここまで5割で踏ん張ってきた。未知数だった外国人にもメドが立ち、懸案だった二遊間も徐々に形になりつつあるところで小幡竜平も出てきた。

あとは..どうにか読売ジャイアンツ相手にも投打がしっかり噛み合った試合ができれば..