モーリス産駒として初勝利を挙げたことでも話題になったカイザーノヴァが、クローバー賞を制し2勝目を挙げた。
新馬勝ち直後に連闘で挑んだ函館2歳Sは5着に敗れたが、ゴール前はしっかりと末脚を伸ばしており、距離が延びればOPでも勝ち負けという手応えはつかめる内容だった。その見立て通り距離が1500mに延びたことでスムーズに中団を追走。早めのスパートから最後はインを突いたラヴケリーをアタマ差抑えてのゴールとなった。

この時期のOP特別はレベル的にどうなのという疑念もなくはないが、函館2歳Sでも3着と好走していたラヴケリーや、未勝利戦を圧勝していたジャンカズマを負かせた点は評価したい。それに札幌1500mは外枠だとどうしても距離ロスが生じがち。実際に外を回される形になりながらも勝ち切れたのは価値が大きい。

これで賞金的には3歳春まで不自由なく重賞に参戦できる身分になった。当面の目標は距離適性的にも朝日杯FSということになりそう。デイリー杯2歳Sあたりを経由して本番に向かうのが王道となりそうだが、果たして陣営はどんな判断を下すか。



坂井瑠星にとっても、ひょっとしたら大きな出会いとなるかもしれない。これまでJRA重賞は3勝、地方交流戦ではjpn1も含め2勝を挙げてはいるが、いずれもデビューから手綱を取ったお手馬との勝利ではなかった。それだけに、新馬戦から二人三脚(五脚?)でここまで歩んできているカイザーノヴァで、どこまでも突き進んでほしいところ。

鞍上はこの一戦を含め、先週は土日で4勝の固め打ち。リアルスティールの全妹ラヴユーライヴも未勝利戦に続き連勝を果たし、秋の飛躍が楽しみになった。カイザーノヴァとのコンビで暮れのG1に挑む際には、ひと回り成長した姿が見られるものと期待したい。