もしかしたらやってくれるんじゃないかという期待はあったが、見事な勝ちっぷりだったウインアグライア。これでデビュー戦のブエナベントゥーラに続いてカランドゥーラも撃破。押しも押されぬ「モーリスキラー」の誕生である。

しかし、よく考えればこの2頭、共通点は「モーリス産駒」というだけではなかった。

ブエナベントゥーラの祖母ビワハイジ、カランドゥーラの祖母エアグルーヴといえば近年の日本競馬を代表する名牝系。重賞勝ち馬だけでも片手では足りないんじゃないかというくらい活躍馬を多く輩出しており、今後も末永く引き継がれていく名家となることは間違いない。

彼女らが25年前の3歳牝馬女王の座を争った同期生というのも、今となっては不思議な運命だ。



良血のプライドも見事に打ち砕かれてしまったが、ウインアグライアの勝ちっぷりは堂々たる力勝負を制してのもの。展開どうこうで恵まれたような要素もなく、何度やっても負けないんじゃないかと思わされるほど。新馬戦を勝っただけでは正直ちょっと半信半疑なところもあったけど、これで完全に軌道に乗った。賞金も加算できたし、今のままでも来春の重賞までは予定通りに使える心の余裕。

定石通りなら阪神ジュベナイルFを狙うことになるだろうし、関東馬なら前哨戦はアルテミスSになるだろうか。そこにもモーリス産駒がいるかどうかはわからないが、ちょうどいいターゲットになりそうな良血馬サトノレイナスが出走を予定。対戦が実現したらおもしろいことになりそうだ。

余談ながらうちのPOGではブエナベントゥーラとカランドゥーラが同じ所有者で見事にキラーっぷりを発揮されてる。なかなかこういうケースもめずらしいw 今度はサトノレイナス持ちの自分が被害者になる番..

<関連エントリ>
■ 【POG】モーリスキラーとなれるかウインアグライア、次の標的はカランドゥーラ/コスモス賞