まだ勝ち上がり馬も少ないこの時期の2歳OP特別戦は、そこまでメンバーが揃うこともない割に賞金だけは一丁前に用意されているだけに、秋以降に向けて賞金を確保するにはうってつけ。ここを抑えておけば2歳G1やクラシックのトライアルまではまず間違いなく抽選なしで出走できるし、場合によっちゃ皐月賞やNHKマイルCも通っちゃうかもしれん。桜花賞は際どい気がするけど。

いざというときにバタバタしないために、早めの貯蓄を。計画性が大事なのは人間もサラブレッドも同じである。



とはいえそのミッションを達成できるのは1着馬だけ。ダリア賞ではその座を巡ってジャカランダレーンとアスコルターレの争いになりそうだ。ともに阪神1400mの新馬戦を勝ち上がっての参戦。新種牡馬である父に初勝利をプレゼントしたのも共通点である。
ジャカランダレーンは重馬場をものともせず力強く末脚を伸ばしての4馬身差圧勝。アスコルターレは開幕週で素軽いスピードを見せての勝利だった。条件が異なるだけに甲乙つけがたいが、アスコルターレは負かした相手であるマイネルジェロディとゴールドチャリスが勝ち上がっている点が心強い。

他にはこの2頭を脅かせそうな馬は見当たらず、まずは順当決着か。もし馬券を買うならアスコルターレの方を上に見たいところだ。