「ハイレベルの新馬戦で2着」といえば、先週のワンダフルタウンと同じ立場かもしれない。

新馬戦ではダノンシュネラにこそ敗れたものの、高い素質を十分に見せつけたフォティノースが新潟2Rに出走する。デビュー前から楽しみにしていた一頭だが、思い描いた通りの能力を感じさせた。

今後のことを考えても、あまりモタモタせずに勝ち上がったおきたいところ。さすがに8馬身差でレコード勝ちとまではいかないだろうが、ここでしっかり初勝利をモノにするのではないだろうか。



ただ、相手も決してスカスカというわけではない。同じレースで3着だったアルムファーツリーは立ち回りが上手なタイプだけに、展開次第では再び粘り腰を見せるかも。あとは新馬戦で期待を裏切ったドナウエレン。思えばモーリス産駒はここから始まった。まだエンジンはかからないままだが、今回は前進があるだろうか。

他にも、ホウオウアマゾンの未勝利戦で3着に粘ったマイネルニルソンも先行力は要警戒。福島の新馬戦でドゥラモンドの2着だったゴールドベレーは上がりが速くなるとどうだろうか。


<関連エントリ>
■ 【POG】ダノンシュネラ世代最強牝馬説浮上、フォティノースも見どころ十分