ただでさえ追い切りがサッパリで不安を募らせていたところにwebスポルティーバにも見つかってしまったグランメテオールは案の定、新馬戦で大敗を喫してしまった。いよいよ毎週の更新のたびに「もう勘弁してくれ..」と祈りたくなる心境だが、今回はあの三冠配合から産まれた初めての牝馬のご登場である。



調教で乗った戸崎圭太が「反応はよかった」とコメントしただけで、あとはトラックマンとやらが好き勝手に話してるのを引き伸ばして当たり障りのないポジ記事に仕上がっているだけの文章です。例によって。内容はホンマに何もない。

さて、アカイトリノムスメ。金子真人オーナーもそろそろ飽きてきたのではないかと思うネーミングだが、ディープインパクト×アパパネの血統だけに注目度は高い。と言いつつもこれまでモクレレ、ジナンボーがクラシック戦線では稼働せず、ひとつ上の兄ラインベックもG1出走にまではこぎつけたものの、そこでは力不足を露呈。どうにも期待ほどの成果は上げられていないのが現状だ。



兄弟共通の弱点が「切れない」点にある。この血統を受け継ぎながらも、瞬発力勝負では分が悪く、先行して粘り込みを図るのがパターンになりつつある。それだけに、牝馬に出たことが素軽さアップにつながるのではないかという見方も。確かにわからんでもない。
そして、その課題が克服できるかどうかを見定めるにはデビュー戦は格好の舞台となりそうだ。今週日曜の新潟芝1600m。まず間違いなくスローペースの上がり勝負になるはずだが、そこで切れ味の片鱗が見せられれば。

ただ、例によって国枝栄厩舎流の調整で追い切りは地味。個人的にもラインベックで不完全燃焼に終わった分、指名は見送っただけにこれで走られちゃ悔しくて仕方がないw 今季は他陣営に指名されたが、そこそこのスケールで終わるんじゃないかと見ている..果たしてどうか。