これは噂通りの大物だ。日曜札幌5Rの新馬戦(芝1800m)を勝ったのは、キズナ産駒のバスラットレオン。好スタートからハナに立つと、そのままスローペースに落として上がり3F33.6秒をマークしての「逃げて差す」完璧な競馬だった。これだけの楽勝だと相手関係がどうだったのという気にもなってしまうが、まずは非の打ちどころのない勝利だったと言えるだろう。

現3歳世代ではパラスアテナやパンサラッサなどが地味ながらもコツコツと活躍してきている広尾レース軍だが、この馬はさらにその上のグレードを目指せるだけの器がある。まさに躍進の象徴的存在。札幌2歳Sを勝てれば早々に来年の日本ダービーの舞台も見えてくる。それだけの夢を託すに相応しい、華々しいデビュー戦となった。



対象的にノーザンファームの2頭はどうにも力不足を感じる結果に。ポルトフィーノの仔ポルトヴェッキオは番手を追走も勝ち馬のスパートにはついて行けず3着まで。札幌が合いそうなハービンジャー産駒ミルウはこのスローペースを後方でついて回るだけで勝負にならなかった。

そのスキを突くように2着に突っ込んできたのがブービー人気のモリノカンナチャン。地味なダークホースが良血馬を食うパターンが多い。とはいえミルウと同じハービンジャー×サンデーサイレンスの配合で、母ヒカルドウキセイは現役時代に秋華賞にも出走した活躍馬。青藍牧場..はて?と思ったら、ヒカルマイステージやヒカルダイヤモンドなどヒカル冠名の馬を輩出している他、フーラブライドやヒストリーメイカーなども出ているじゃないか。なかなかおもしろい発見。


<関連エントリ>
■ 【POG】ポルトフィーノの仔ポルトヴェッキオをも上回る評価のバスラットレオン/札幌5R