2場開催で出馬ラッシュ状態になっている新潟の新馬戦と比べ、まったり落ち着いた雰囲気でくり広げられている札幌の新馬戦。そこでデビューする「非ノーザン」のキズナ産駒が好評価を集めている。

矢作芳人厩舎のバスラットレオンである。このところコンスタントに活躍馬を送り出している広尾レースの所有馬で、すでにこのコンビでは函館でカイザーノヴァが新馬勝ちを収めている。函館で乗られている頃から評判が良く、デビューが待たれていた一頭。欲をいえば坂井瑠星が乗ってくれれば最高だったのだが、まあそれは言うても仕方ない。



相手となるのはノーザンFの良血馬だが、互角以上に走れそうだ。ポルトフィーノの仔ポルトヴェッキオは、例によってどこまで仕上げてきているか疑問が残る。それならまだ洋芝が合いそうなハービンジャー産駒ミルウの方が警戒すべきかも。

余談ながらバスラットレオンは一緒にPOGをやっている友人の出資馬。彼は他にもカイザーノヴァやパンサラッサなどの活躍馬とも縁がある、すばらしい相馬眼の持ち主。これだけコンスタントに走ってくれる馬を持てたらさぞかし楽しそうだ。ちなみにPOGの指名馬にも含まれているだけに、どうかお手柔らかにお願いしたいものだ。