チグハグな内容で新馬戦を落としてしまったアークライト。続戦か、それとも秋に仕切り直しか動向が注目されていたが、札幌で初勝利を目指すことになった。25日の芝1800m戦。今後への期待が膨らむレースが見たい。

ポイントは、一度使われての上積みがどれだけあるか。前走は敗れたアランデルには劣らない能力こそ感じられたものの、世代のトップクラスを争うレベルかと言われると疑問が残った。それだけに、今回は結果は当然のこと、器の大きさを再認識できるような内容も求めたい。変に目標にされることなく、自分のペースで動けるような形が取れればなおよし。タメてどれだけ伸びるか。



1週前の追い切りで何か変化の兆しが見られればいいなと思っていたが、さすがに詰めて使うだけあって今回も安定のふんわりソフト。新馬戦の前と違って函館のウッドコースでさらっと馬なりで。直前は札幌に移動して本馬場でさらっとって感じですかね。馬体重も軽く絞れていたらありがたい。

相手もうまく分散されるかなと思っていたが、わざわざギャラントウォリアが出てくるらしい。中1週で。池添謙一との戦い再び。ソダシには完敗を喫したとはいえラストはそれなりに伸びていたし、スクリーンヒーロー産駒だけに使われて上向きそうな予感もある。とりあえずこの馬を相手にどれだけの競馬ができるか。

ちなみに今週はデビュー戦で一緒に走ったライトニングホークが未勝利戦に出走する。3馬身ほどの差をつけた相手の実力を見るちょうどいい機会である。