何でもかんでもG1に昇格させてしまう風潮にはうんざりな僕ですが、
こと札幌記念に関しては積極的に推奨していきたいと思っている派です。

夏の決定的なビッグイベントとして機能しませんかね?
お盆シーズンの風物詩的な。
そして馬産地・北海道の競馬場で大レースが行われるという意義。
翌週のWASJとのセットでぜひとも盛り上げていこうではありませんか。
「夏競馬は札幌が頂点」みたいな位置づけになってもいいと思うんですよ。

コース形態も小回りながらマクリも効く、
なかなかトリッキーな設計で馬券的な妙味も十分。
G1しか買わない層からすると、
そろそろ勝負に飢えてくる頃でもあるし売れるでしょw


一番の狙いは、<宝塚記念→札幌記念→天皇賞>のローテを確立させることだったり。
最近の流行である、ぶっつけ天皇賞がどうしても好きになれなくてですね..
かといって毎日王冠を使うと中2週と間隔が詰まるし、
オールカマーなんか使おうと思うと暑い時期からトレセンに戻って調整が必要と。
それも得策でない。
ならば天皇賞直行でええやんというのもわからんではないけど、
そこで一石を投じるべく札幌記念を挟むという選択肢を提示してあげてはどうかという説。
ちょうど大阪杯から2000mカテゴリのG1をコンスタントに使えるし、
2ヶ月おきくらいの間隔ならその後にジャパンCか有馬記念どちらかくらいは出られる余力も。
どうです、悪くない話でしょう。

収容人数やレーティングとかの問題は完全スルーしながらの提案ですが、
興行的には見どころあると思うんですがね。
いつかは実現しそうな、「もしも札幌記念がG1になったら」の話でした。