にぎわう夏競馬において、ちょいとローカルな扱いを受けがちな小倉競馬。
どうしても来季のクラシックを狙おうかという素材は新潟や札幌デビューが主流で、
小倉から出てくるのは短距離馬が中心という印象が強い。
もちろん先々週のヴェロックスみたいな例もあるけれど。

それゆえリーディング上位の騎手が揃うこともあまりない。
ミルコやルメールには見向きもされず、
若い頃はここで腕を磨いた福永騎手も、
北橋厩舎や瀬戸口厩舎の解散後は新潟派へ。
武豊騎手は相変わらず忙しそうに海外も含めあちこちへ飛び回っているし、
例年どっしり腰を据えて参戦している川田騎手も今年は英国へ遠征中。
ならば本来エース級としての働きが期待される浜中騎手は、
土曜でわずか3鞍と騎乗馬の確保すらままならぬ状況。何をやってるんだ..

しかも先週日曜に至っては和田騎手や松山騎手まで他場へ遠征とあって、
いよいよ乗り役が心もとないという状況下で神が舞い降りた。


幸英明さん、日曜小倉で【5.0.0.5】の固め打ちである。
朝から単勝1番人気の有力馬をきっちりと勝利に導くなど、
7Rが終わった時点で4勝をマーク。
極めつけは9R筑後川特別、
単勝7番人気の伏兵ウインミレーユとのコンビだったが、
直線で抜群の末脚を見せ、
圧倒的人気のアロハリリーとの追い比べを制した。

たまにはこんな日があってもいいもんだw

勝利馬の馬主や厩舎などを見ていると、
相変わらず地味系な面々がメインで、
こういう人たちからの信頼が変わらず厚いというのは好感が持てるし、
簡単に切られることも考えにくいというのが心強い。
対象的なのが北村友騎手で、
ここ最近すっかりノーザンファーム系の馬主・厩舎の便利屋枠に収まり結果も残しているが、
何かの拍子でいつパッタリ切られても決して不思議ではない境遇であることを思うと、
果たしてどちらが騎手として望ましい姿なのかと考えさせられる。

幸さんの場合、その積み重ねが2年連続でのG1勝利につながっていると思うのだが。
なので今後もこの調子でコツコツ頑張っていただきたい。



ところで話は逸れるのだが、小倉競馬は大丈夫なんだろうか。
前述の通り馬も人も優れたリソースが集まらない条件だからか、
特別戦も軒並み少頭数で、売上もたぶん伸びていないことだろう。
このままじゃJRAさんの売上至上主義路線からして、
ドラスティックなテコ入れが来そうな恐れが。
まったり行こうよたまには。

それとも困ったら竹内涼真氏を呼べばいいのだろうかw