あっという間に中京開催も終わって今週から小倉競馬である。
それにしても開幕週というのは関係者にとっても特別なのか、
ここに照準を合わせてきましたよと言わんばかりに楽しみな馬が多く出てくる印象がある。
小倉に限らず新潟・札幌も。
おかげさんで今週の競馬はじっくり見ておきたい気分だ。
見られるかは別としてw

札幌の新馬戦のアルママは、
血統的なことを考えるとぜひとも大成してほしい。
調教もしっかり動けているようだし、
ラフィアンの高馬という点を除けば期待は十分。
JRA入りが噂されるジョアン・モレイラの参戦も含め、盛り上がる北の大地である。

新潟の特別戦は関西の強豪が容赦なく参戦。
月岡温泉特別のクリアザトラックやヴゼットジョリーあたりは、
さすがに1000万下では格上なのでは。
佐渡Sのグローリーヴェイズも普通に楽しみ。


ところでミスエルテが1000万下の小倉芝千二に出てくるのって最高に味わい深いですな。
かつて天才少女としてチヤホヤされまくったものの、
その後は鳴かず飛ばずで二段階降級。
クッソ暑い真夏の小倉で、
がちゃがちゃした展開不可避の1200m戦に放り込まれるなんて、誰が想像したことか。
この哀愁感が好き。

そんな降級の妙を楽しめるのもこの夏限りである。
平成最後の夏は降級最後の夏。

あと北村友騎手はすっかりノーザンファーム系の代打枠が板についてきましたねえ。
川田騎手がいないこの夏ですから、引き続き重用されそう。

小倉サマージャンプにはアップトゥデイトさん登場。
思わぬ形で障害界を去った最強のライバルに対し威信を保つためにも、
暮れまで負けられない気持ちではなかろうか。

先週はフランスでまたひと仕事をやってのけた武豊騎手も乗り馬の確保に成功しているようで、
話題に困らぬ一日になりそう。