残念ながらラジオNIKKEI賞のイェッツトは11着と完敗。
蛯名騎手いわく「ずっと手応えが悪かった」とのことで、
序盤から引き締まったペースについて行くのに精一杯といった感じ。
これが能力の問題なのか適性の問題なのか、
はたまた状態面の問題なのかは判断が難しいところだが。
3〜4角でとんでもない大外を回されてしまった時点で終戦は覚悟したが、
どうやらそれ以前の問題だった様子。

ただ、鞍上の「先々に良くなる」というコメント自体は変わらぬままで、
名手をして非凡な素質の持ち主であることがブレずに触れられていることは、
ポジティブに捉えたい。たとえこんな大敗後であっても。
いつの日かこの雪辱を果たしてくれると信じよう、どこかの舞台で。


それにしても今週末は暑かった。
夏競馬の本格的なスタートに合わせて夏もスイッチオンである。
僕はといえば相変わらず娘の面倒を見るのが週末の業務の一つですが、
もう散歩とか酷暑ですからね。軽く死ねます。
ただ、駅前(家から歩いて15分くらい)に、
子どもたちが遊べる噴水があってそこで遊んでると涼しくて気持ちいですよ。

水遊びは正義。

引き続きやること多くて大変ですが、生き延びねば夏を。