ユニコーンSのルヴァンスレーヴは相当に危うい。
もし人気が集中するようなら、思い切って嫌うのも手。

「無敗のダート2歳王者が、前走をひと叩きして実績ある東京マイルへ」という事実だけを見れば、
逆らうのを諦めてしまうかもしれないが、
その内容を見れば付け入るスキは十分にある。

この馬、スタート下手でしょ。
全日本2歳優駿でもダッシュがつかず後方からの競馬になった。
まして芝スタートならどうなるか。
プラタナス賞でこの舞台は経験済みとはいえ、
少頭数で力量差も大きい2歳500万下と、
それなりに精鋭が揃う3歳ダート重賞ではテンから激しさが違う。
内枠でも引いて出負けして揉まれ込んだら戦意喪失みたいなシナリオにハマっても、
何ら不思議はない。

ましてソエやらで順調に仕上げきれてなさそうな点まで含めて考えると..

将来が楽しみなダート王候補ではあるが、
今回に関しては疑ってかかるのが正しいと見ている。


代わりに浮上してくるのは、素直にグリムやグレートタイムでいいのでは。
特にグリムはスマハマをマッチレースの末に下した前走が優秀。
3着馬オメガパフュームが先週、1000万下特別で古馬を破ったのも強調材料に。
グレートタイムも東京マイル戦は2回目で今度は余裕あるローテ。改めて。

この2頭にハーベストムーンまで絡めたらそれで問題なさげ。