東西の重賞を差し置いて、
先週の競馬で最も注目を集めたのはサートゥルナーリアではなかっただろうか。
すでにエピファネイアやリオンディーズといったG1馬を輩出した名牝シーザリオと、
初年度産駒から二冠牝馬アーモンドアイらを出し前途洋々のロードカナロアの間に産まれた仔。
勝つのは当たり前、内容や将来性にどれだけ見どころがあるかという高いハードルを設けられ、
とりあえず無事にデビュー戦を勝利で飾った。

正直そこまで圧倒的に強いと思わせる内容ではなかったが、
かといってまだまだ本気ではないだろうし、
このレースだけを見て将来についてどうこう語るのはさほど意味のないことだろう。


とはいえ、そんな当たり障りのない話をするために、
わざわざ記事を一つ書いたわけではない。

レース映像を見ていて感じたこと。
テンからなかなか行きっぷりがよく、
これは活躍した兄たちと同じく気性面でかなりピリピリしてきそうな気配。
実際、厩舎で過ごしているときもそんな素振りが見られたりするそうだし。

ならばいっそのこと名スプリンターとして育っても、
それはそれで新しいおもしろさがあっていいんじゃなかろうか。
シンボリクリスエスやキングカメハメハの産駒だと短距離転向の決断を下すのは難しくても、
ロードカナロア産駒であれば思い切ったコンバートもまだしやすいはず。
もちろんアーモンドアイやステルヴィオの距離実績は承知の上で話をしていますが。

名牝の仔が名門厩舎で鍛えられ、
約束された戦場・クラシック路線に向かう王道もいいけれど、
たまにはそれを逸れたスターホースにも出会ってみたい。

サートゥルナーリアにはその可能性を感じた。