結局モズアスコットの連闘は何だったんだろうか。
矢作調教師のコメントを鵜呑みにすれば、
「追い切りだけでは仕上がらない、安土城Sを使ったのが勝因」ということになるが、
果たして本当にそうなのだろうか。
短い間隔で使わせたら日本一うまい調教師」という、
見出し映えのするコメントも手伝って、
「連闘したから勝てた」という話に落ち着きそうな気配である。

いやいや、それはさすがにミスリードでしょう。

もし仮に2週前の登録段階で出走可能な情勢だったとしても、
同じように「仕上げるために」安土城Sを使っていたとはとても思えない。
あくまで安土城S出走は安田記念に出るための苦肉の策であり、
取りこぼした時点で陣営としては終了を覚悟していたはずだ。

もちろん異例のローテを成功させた陣営の手腕は、
モズアスコットの頑張りと同様に称えられるものだ。
だが、今回の一連のドタバタ劇から察するに、
本質的には「連闘でも勝てた」と捉えるべきではなかろうか。

個人的に矢作厩舎は開業当初から注目していて、
それこそスーパーホーネットやグロリアスノアの時代から大変お世話になったものである。
その後はダービートレーナーになり、リーディングも獲得。
今は坂井瑠星の育成に尽力するなど、着実に成果を挙げてきている。
だからこそ、今回の勝利は手柄を誇張することなく殊勝に振り返ってほしかったというのが、
偽らざる本音である。


「異例のローテ」といえば、
敢然と初距離のG1に挑んだスワーヴリチャード
残念ながら3着に敗れたが、
見せ場は十分に作れたし意義のあるチャレンジだった。
特に驚いたのが、序盤からスムーズに流れに乗って中団インを確保したことw
ポジショニングは完全に思っていたのと違うものだった。
その分だけ末脚を伸ばしきれなかったのかもしれないが..

ともかくポジティブな印象を強く残す敗戦だった。
これなら秋の天皇賞やジャパンCは非常に有力と見ていいのでは。
どうやら宝塚記念は使わず早めに秋に備えるらしいし。

それにしても、
勝ち馬に2着の牝馬アエロリットも含め、
サトノアレス、サングレーザーと掲示板を独占した4歳勢の層は厚い。
これまでマイル路線は古豪がいつまでも幅を利かせている場というイメージがあったが、
今年は一気に勢力図が塗り替えられようとしているのだろうか。