異質の日本ダービー。

本当なら皐月賞を無敗で制していたはずのダノンプレミアムが、
アクシデントに見舞われ仕切り直しで臨むことになった。
主役不在の皐月賞は、ハチャメチャな展開で前残りの波乱。
あの一戦を経て、次につながるのはどの馬かを見極めるのは、
非常に困難な業である。

そして、「最初から日本ダービー狙い」という異質のローテで、
デビュー3連勝を飾ったブラストワンピースが存在感を放っている。
臨戦過程については、
それこそ二冠牝馬アーモンドアイがシンザン記念→桜花賞の直行ルートを開通させたように、
時代の変化に合わせて多様化が進んでいる。

読めない。

過去の傾向にあれこれ当てはめようとしても、
しっくり来ることもあれば来ないこともある。
昨年もそうだったが、
「荒れた皐月賞の後の日本ダービー」の難しさと向き合わねばならない。


とはいえ、まだ木曜である。
結論は自分の中で出つつあるがそれは出し惜しみするとして、
現時点で各馬について感じていることを率直に書きながら、
もう少し祭典の準備期間を楽しもうではないか。

● ダノンプレミアム
いきなりですけどケンカ売るつもりです。
ローテ云々よりも条件面での適性。
この馬の前進気勢やピリピリした気性で、東京2400mを乗り切るのは困難。
もともと皐月賞を勝っても日本ダービーで評価を下げるつもりだったので、
そのスタンスは不変で。
最内1枠1番。
ロスなく立ち回れるとはいえ、
他の先行馬の並びを見ているとこれ逃げまでありそう。
マイペースで馬群を引っ張れればしめたもんだが、
これまでと違う展開でそう思惑通りの競馬ができるかどうか..

● キタノコマンドール
いかにも東京に替わって良さそうなディープインパクト産駒。
皐月賞でありえないほど外を回されながら5着まで追い上げたあたりに、
何ともいえない可能性を感じる。

● ゴーフォザサミット
青葉賞完勝で権利ゲット。
距離が延びてレースぶりが一気に良化したあたりは、
さすがハーツクライ産駒である。
人気薄ゆえに思い切った競馬ができるのも楽しみな点で、
悲願達成を目指す蛯名騎手は思い切ってチャレンジしてもらいたい。
個人的にも色気を持って買いたいと思っている。
2着3着が限界な感もすごいけどw

● ブラストワンピース
計算通りの特殊ローテで狙いを定めてきた。まさに突風。
正直、勝つのはこれじゃないかと思っている。好枠も得た。
しかし問題は馬体重よ。
木曜の測量では毎日杯から17キロも重い539kg。
陣営が太め残りを懸念している中でのこの数字は心配である。
この忙しい状況下で、
当日の馬体重発表まで結論を待たなければならないのはしんどいぞw

● オウケンムーン
皐月賞は出遅れて馬場の悪いインを通らされる競馬で大敗もやむなし。
東京に替わって巻き返したいところだが、
世代の最強メンバーに混じるとやや小粒な印象も否めない。

● ステイフーリッシュ
藤岡佑騎手の強気の先行策が、大器を覚醒させた。
いつぞやのトーセンホマレボシのような粘り込みがあるかもしれぬ。
ただ、代打の横山典騎手がどう乗ってくるかは謎。
ひょっとしたら逃げもあるかもしれんね。

● エポカドーロ
目指すはサニーブライアンの再現。しかし厳しくないか。
皐月賞は完勝とはいえ、何もかもがうまくいったもの。
今度は見られる目も変わるし、
そもそも血統的にも脚質的にも前回の方が向いているのは明らか。
たまにはこういうタイプが好走してしまうのかもしれないが、
嫌い続けた方が自分の物差しが狂わなくて済むのは確か。

● ステルヴィオ
人気薄のルメールは不気味だが、皐月賞以上を求めるのは厳しいのでは。

● ジェネラーレウーノ
消耗戦に持ち込めるのならば、前走の粘り腰再現があってもいい。
ダノンプレミアムにどう絡んでいくかが見もの。

● ワグネリアン
前走は度外視できる。ここへ向けてメイチの仕上げ。
しかし最近の日本ダービーは正攻法の大外一気では勝てない。
たぶんその競馬しかできないでしょう、このコンビは。
福永騎手の悲願成就も願いたいが、現実的には難しい。

● サンリヴァル
まさか藤岡佑騎手が乗れないことを、これだけ惜しく感じる時が来るとは。
本当に、今の彼は何をするかわからない魅力があっただけに、
サスペンションは無念としか言いようがない。
乗り替わりで魅力半減。



まあ各馬の見立てはこんな感じ。
結論もだいたい固まりつつある。
あとはみんな無事にゲートインできますように。
先週のトーセンブレスみたいなことがあってはならない。