ウオッカやダイワスカーレット、ブエナビスタにジェンティルドンナ..
古馬チャンピオンロードで牡馬を蹴散らし、
年度代表馬級の活躍を見せる牝馬が次々に登場する時代があった。
それも少しひと段落した感があったが、
久々に名牝伝説を継承するであろうチート牝馬が登場した。

アーモンドアイ、文句なしの強さで二冠達成。

圧巻の桜花賞を経て、
血統だの気性だのを持ち出して不安説を唱える向きもあったが、
終わってみれば力が違いすぎた。
桜花賞では上がり3Fの傑出度が「1秒」という話をしたが、今回も「0.7秒」。
それも中団やや前で競馬を進めた上でこの差異をもたらしたのだから、
見た目も中身も圧倒的な勝利だったことがわかる。

無事にさえ事が運べばまず秋華賞で負けることは考えづらいし、
例えばその後ジャパンCに出てきたとして、
普通に勝ち負けできるでしょこれ。

そうなったら自ずと年度代表馬みたいな話に..


もうひとつ触れておきたいのは、
ラッキーライラックやリリーノーブル、マウレアといった好敵手が、
崩れず頑張るからこそアーモンドアイの強さもより際立つということ。
これは皮肉ではなく、健闘を称えてのものだと解釈してもらいたい。
桜花賞とほぼ着順も変わらずの結果ゆえ、
よっぽどこの世代の牝馬たちの序列は確固たるものがあるのだろう。
ヨーイドンの実質スローペースでも、
後続をちぎって入線していることからもそれはわかる。

たぶんトーセンブレスが出ていても4着か5着あたりに滑り込んでいたのだろう..w