しんどいことばかりが続く毎日、
競馬との距離も自然と遠ざかり、
もうかつてのような喜びや楽しさを享受することも難しくなるのかなと、
そんな風に考えていたが..

競馬の神様は僕を見捨てていなかった。
ヴィクトリアマイルでジュールポレールが勝利。
そして馬券も会心の的中。
幸さんのG1勝ちの歓喜を最高の形で分かち合うことができた。

15年にわたり応援している騎手のおかげでこれだけいい想いをさせてもらえるなんて、
競馬ファン冥利に尽きるとはまさにこのこと。
まして、しょっちゅう大舞台に縁がある人ではないからこそ、
その喜びもひとしおであるw

日常に対する不安や不満を紛らわせるために、
競馬をはじめとする娯楽を頼りにするのはあまり健全なメンタルではないと思うが、
今回の勝利は心の底から救われた気がしている。
やることやってればいいことあるんだなと、
そんな気持ちにさせてくれた。

競馬の神様ありがとう。


ちなみにレースは娘と子守ドライブ中に、
ぐっすり寝落ちしたもんだから通りすがりのコンビニの駐車場に車を停めての観戦。
雨音が激しく鳴る中、ひとり静かなガッツポーズでした。

今を象徴するようなシチュエーション、
何から何まで忘れられないヴィクトリアマイルになりました。