NHKマイルCのレーティングが低くて、
このままではG1の格を剥奪されてしまうかもしれないという状況らしい。
強豪を輩出し続けるアーリントンCの施行時期をずらしたのも、
少しでも強い馬が皐月賞ではなくNHKマイルCに出てきてほしいという思惑から、
という話を聞いたことがある。

今年に関しては狙い通りといえるのではないだろうか、
単勝1番人気が予想されるタワーオブロンドンをはじめ、
パクスアメリカーナやレッドヴェイロンなど、
上位争いが可能な能力の主が定石通りここに駒を進めてきた。


もうひとつ興味深いのは、
かつての主流だった皐月賞からの転戦組が、
とうとう今年は一頭もいないということ。

クラシック路線の厚い壁にはね返された二線級が、
NHKマイルCでは大威張りしてしまうのがどこか興ざめするところがあっただけに、
最初からマイル路線を狙う決意を固めた「専願化」の流れは歓迎である。

マル外ダービーとしての役割をとうの昔に終えたNHKマイルCが、
これからどんな生き残り方をしていくのか。
そんな分岐点となりそうな年である。
できれば一発屋ではなく、
他のG1でも上位を争えるような器にタイトルが渡ることを願って。



新潟大賞典は追い込み馬に騙されてはいけない。
狙いは好位から速い上がりでまとめられる馬。
トリオンフは大阪杯こそ敗れたが小倉大賞典が圧巻。
3番手あたりに付けられればそのまま押し切れるのでは。
ステファノスは知らんw

あと毎年ながらブリリアントSも面白いですね。
ここは横山典騎手×昆厩舎のトップディーヴォ。