日本ダービー出走権をめぐる熱い争い、これぞ青葉賞の魅力。
今年は特に強い「執念」が感じられるレースだったように思います。

まずは何といっても蛯名騎手の執念。
悲願の日本ダービー制覇へ向け、「その日」が近づきながらも、
今年は牡馬クラシック戦線のお手馬が不在で、
皐月賞当日は福島での騎乗と厳しい状況に追いやられている。

そんな苦境で、一発逆転を狙える頼もしい相棒と出会った。
何としてでもゴーフォザサミットとともに晴れ舞台へ。
気迫みなぎる騎乗で見事に参戦権をもぎ取った。

賞金は足りてはいなかったものの、
早くから重賞戦線で強敵相手に戦ってきたキャリアがあり、
なおかつハーツクライ産駒だけに距離が延びての上積みも大きそう。
皐月賞組やダノンプレミアムが中心視されるであろう構図だが、
もしかしたら善戦以上の結果が待っているかもしれない。

2着ならありそう..w


もうひとつの執念は、デッドヒートとなった2着争い。
よりによって同じ友道厩舎のエタリオウとスーパーフェザーが、
残り1つの枠を巡ってハナ差の勝負を演じることに。
実に際どい差だったが、わずかに先着したのはエタリオウの方。

エタリオウはまだ500万下での勝ち鞍もなかったのだが、
相手なりに走れるのが強みで将来は「最強の1勝馬」と呼ばれているかも。
そして馬主のGリビエールレーシングさんは、
ジェネラーレウーノとの2頭出しが可能に。
まだ新進のオーナーだけに、これは快挙と言えよう。



同じレースでもそこに魂がこもっているかどうかは見ていればわかるもので、
この青葉賞は特にそれがわかりやすく伝わってきた。
他にも、ダービー兄弟制覇を目指すディープインラブの気合の入った逃げなど、
「何とかしたい」という気持ちがあった。

皐月賞が登録段階でフルゲート割れだったのに対し、
日本ダービーはトライアルの段階でこの熱量である。
「競馬の祭典」の威光は、こんなところからもその強さが感じられる。