ところで今週末からJリーグはもう開幕するんですよ。早いでしょ。
何だったらACLとかもう始まってるし。
我がガンバ大阪さんは今年どうなるんでしょう。

監督が代わって、目指すサッカーのコンセプトも再び攻撃志向に舵取り。
それはそれでいいんですが、
かといっていきなり形になるかと言われると別の話で、
開幕前の練習試合では1勝もできず、
手応えみたいなものは何も得られぬまま本番を迎えることに。
倉田なんか「降格した時の雰囲気が..」みたいなことも言うてるし。

どれだけポジっても心配は尽きない。


しかし当時は外から見た限りは開幕前そこまで暗雲が立ち込めていたわけではないし、
もちろんセホロペという未知数な首脳陣が不安ではあったものの、
始まる前から危機感みたいなものは強くなかったと記憶している。
だから余計に開幕後の悲惨さが強烈だったわけだがw
それに比べると今回は「自分らは弱い」と、
しっかり足元を見つめた状態からスタートできるのがせめてもの救いだと思っている。

とはいえネガティブなことばかりではない。
今年は若い力の台頭が楽しみだ。
ルーキーの中村、そろそろレギュラーを奪いたい初瀬、
そしてボランチ争いに新風を吹かせたい市丸。
特に市丸みたいな選手は簡単に育つものでもないし、
他から取ってくるのも非常に困難。
彼が一人前になれるかどうかが、
数年先のガンバ大阪を占うといっても過言ではない。
それだけ重要な選手。

土曜日の相手はJ1復帰初戦となる名古屋グランパス。
さすがは永遠のライバル(公認)である。運命。
試合後「まだ慌てる時間じゃないから..」と必死で自分に言い聞かす必要がないように、
結果を残してほしいと心から願う次第。

サッカーの方向性を変え、新戦力の成長を待つ。
そんな実りあるシーズンにしたいものだ。
降格とかそういうのはくれぐれも遠慮したい。