女性騎手初のJRA重賞制覇なるかと注目を集めた小倉2歳S。
藤田菜七子騎手のフローラルシトラスは、
単勝6番人気と「勝負圏内」の評価を集めたが、
残念ながらシンガリ負けに終わった。

「チャンスはある」とポジられてはいたものの、
現実的には新潟の直千を勝ち上がって小倉への転戦と条件は厳しく、
開催最終週で内枠が当たり、
なおかつ序盤からハイペースを刻まざるを得なくなっては..

とはいえ、ハナを主張して「やることはやった」点は評価しなければならない。
あれがもし、揉まれて戦意喪失みたいな内容では何も残らなかったが、
与えられた条件のもので最善を尽くせたのがせめてもの意地。

少なくともネガティブな印象を与えるレースではなかっただろう。


最終的に主役の座に就いたのはアサクサゲンキの武豊騎手。
このあたりはさすがといったところか。
外枠から好発を決め、
あとはもう馬の行く気に任せるといった立ち回りであった。

リーディング争いでも最後まで幸さんを猛追し、存在感を発揮w
重賞を2勝して、小倉ターフ賞も受賞。
そして今週は韓国へ。
真のスターとはこういう人のことを言うのである。