さすがオルフェーヴル産駒である。
ロックディスタウンが札幌2歳Sを勝ち、重賞初制覇。
同期の新種牡馬の中でも「一番乗り」のタイトル獲得となった。
最初はもうちょっと時間かかるかなと思わせておいて、
きっちり要所は取っていく。

余談ながら、ゴールドシップ産駒の活躍を待つ身からすれば、
うらやましいを通り越してずるい感すらあるw
ここまで順調な滑り出しは望めないだろうなと。

しかし最終レース後のお披露目会の写真なんかを見ていると、
相変わらず元気そうでとりあえずよかったと安心してしまうのであった。


明日は日本競馬の未来が変わるかもしれない、小倉2歳S。
そう、藤田菜七子騎手のJRA重賞制覇がかかる一戦。
まだ女性ジョッキーが誰も成し遂げていない「快挙」が達成されるかどうか。

彼女のキャリアにおいても大きな分岐点となりそうだが、
それ以上に、これからジョッキーを志す少年少女たちに何を伝えられるか。
現在のJRAで一般メディアに通用する騎手として、
武豊騎手の次に名前が挙がる存在。
現時点でも着実にステップアップはできているものの、
ここでデビュー時に比肩するフィーバーを巻き起こすためには、
G3のタイトルを取ったことをぜひ世の中へ知らしめてほしい。

「スターがここにいるぞ」という、夢と話題性が広がる勝利を願う。

相棒フローラルシトラスは新潟の「直千」で未勝利戦を勝ち上がった。
さすがは話題のKTレーシング所有馬、
普段乗せてもらってる根本厩舎のどうしようもない馬とはちょっと質が違うw
3馬身差の完勝で、非凡なスピードを見せたが、
果たして粒ぞろいの重賞でどこまで通用するか。
現時点ではそこそこ上位人気に支持されているようだが、
こればかりはやってみないとわからない。
あとはこの内枠がどうか。
小倉の芝コースは土曜の競馬を軽く見る限り、
そこまで傷んでいるようには見えなかったが、
キャリアの浅い2歳牝馬ゆえ、
内で揉まれて戦意喪失ということも十分に考えられる。

現実的には厳しいかもしれないが、健闘を祈る。