シルバーステートがいよいよ終了か..
屈腱炎を発症し、再び長期休養を余儀なくされることになってしまった。
秋は毎日王冠からの始動が予定されており、
うまくいけばキタサンブラックらトップクラスとの対戦が待っていたのだが。
未完の大器はまたしてもヴェールを脱ぐことなく戦場を離れる。

現実的にもうワンチャンスを求めるのはしんどい。
早めに戻ってきたとして5歳の暮れ、あるいは6歳。
そこからベストパフォーマンスが発揮できるとは、どうも考えにくい。
もちろん可能性はゼロではないが、
このまま近年を代表する「たらればホース」になってしまいそうだ。

この馬については藤原英昭調教師が、
「とにかくこの馬は運。それだけ」というコメントを残していたのが印象的で。
確か垂水Sを圧勝した後だったかと思う。
脚元の爆弾には細心の注意を払うのは当然。
それでも運がないと走り続けることはできないという悲壮感が漂う言葉だったが、
残念ながらこの馬に運が向くことはなかった..




それでも競馬は続くのである。未来を見据えて札幌2歳S。
ここはあれですかね、
やはりオルフェーヴル産駒の重賞初制覇がという流れですかね。

新潟で超速上がりを刻んだ牝馬ロックディスタウンと、
地味牝系から誕生した大物候補クリノクーニング。
クリノクーニングは初戦で負かしたカレンシリエージョが2戦目を圧勝しており、
これはもしかしたら凄いのかもしれん感がある。
須貝厩舎だし、何となくこっちが勝てばおもしろそう。

そういえば明日は札幌競馬場にゴールドシップが来場するらしいじゃないですか。
場の空気が引き締まりそうw
姪っ子のシスターフラッグも出ることですし、話題には事欠かないですね。

って弟のゴールドフラッグも未勝利戦にwww 持って行き過ぎやろwww